サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年8月22日バックナンバー

2017年8月22日バックナンバー

今夜の注目材料は?8/22

 東京市場のドル/円は、国内実需筋の買い観測などから109.30円台へと上昇しました。欧米市場の動きが注目されますが、まずはイベントを確認しておきましょう。

 
8/22(火)
18:00☆ 独8月ZEW景気期待指数
18:00   ユーロ圏8月ZEW景気期待指数
21:00   コンスタンシオECB副総裁、講演
21:30   カナダ6月小売売上高
22:00   米6月住宅価格指数
23:00   米8月リッチモンド連銀製造業景気指数
 
※☆は特に注目の材料
 
米6月住宅価格指数や米8月リッチモンド連銀製造業景気指数は小粒な印象が否めず、どうしても注目度が落ちてしまいます。ドル/円は今夜も方向感が出づらく、109.00円を挟んだもみ合いが続きそうです。
 
また、ドイツ景気の先行きを占う独8月ZEW景気期待指数は3カ月連続での低下(予想15.0)が見込まれています。

ユーロ/ドル、下げ一服の兆し

ユーロ/ドル相場は、今月2日に2015年1月以来の高値となる1.19099ドルに上昇しました。その後17日に1.1660ドル台まで下押すも、日足の一目均衡表の基準線を割り込むことなく反発。転換線を突破すると、昨日約1週間ぶりに1.18ドル台を回復した事で、足元の調整は一服した可能性があります。

こうした中、目先は11日に付けた直近高値(1.18459ドル)がポイントとなるでしょう。もし超える事が出来れば、調整完了との見方が強まると共に、2日高値更新に向けて上値模索の動きが再開する事が予想されます。
 

今日のテクニカル見通し:ポンド/ドル

ポンド/ドル相場は、今月3日に1.3260ドル台まで上昇した後は伸び悩み。17日に1.2830ドル台まで反落しています。

足形的には1.28ドル台前半から半ばでした下ヒゲを連発している事や、日足の一目均衡表で雲がサポートとなっている事から、下値の堅さが確認されれば自立反発の可能性があります。そのためには、足下で上値抵抗となっている200日線や日足一目均衡表の転換線などが位置する1.29ドル台前半を越えてゆけるかがカギとなるでしょう。

GBPUSD_170822.JPG
(上記ポンド/ドル・日足の外貨ネクストネオのチャートは8/22の10:47現在)

GBPUSD_i170822.JPG
(上記ポンド/ドル・日足の外貨ネクストネオのチャートは8/22の10:53現在)


○上値目処について
冒頭で触れた1.29ドル台前半から半ばが、まずはポイントです。日足の一目均衡表の雲上限(1.29125ドル)を始め、200日線(1.29261ドル)や日足の一目均衡表の転換線(1.29313ドル)など、複数の目標値があり、上値を抑えそうです。もし突破できれば、目先は20日線(1.30208ドル)や日足一目均衡表の基準線(1.30495ドル)が位置する1.30ドル台前半に向けた一段高も考えられます。

○下値目処について
足下で、日足一目均衡表の雲下限(1.28568ドル)がサポートとなっています。もし割り込んだ上、8/18安値(1.28312ドル)でも下げとなまらない場合は、下押しが強まる事も考えられます。その場合は6月の下押し局面でサポートとなった26週線(1.27824ドル)に注目です。


○上値目処
1.29125ドル(日足の一目均衡表の雲上限)
1.29261ドル(200日線)
1.29302ドル(13週線)
1.29313ドル(日足の一目均衡表の転換線)
1.29401ドル(75日線)
1.29870ドル(週足の一目均衡表の転換線)
1.30208ドル(20日線)
1.30495ドル(日足の一目均衡表の基準線)
1.31246ドル(7/18高値)
1.31393ドル(16年6月高値1.50150ドル-10月安値1.19799ドルの下げ幅38.2%戻し)
1.32096ドル(14年7月高値1.71903ドル-16年10月安値1.19799ドルの下げ幅23.6%戻し)
1.32604ドル(ボリンジャーバンド+2シグマ)
1.32677ドル(8/3安値)

○下値目処
1.28827ドル(6日線)
1.28568ドル(日足の一目均衡表の雲下限)
1.28312ドル(8/18安値)
1.27812ドル(ボリンジャーバンド-2シグマ)
1.27824ドル(26週線)
1.26631ドル(52週線)
1.26883ドル(週足の一目均衡表の基準線)
1.25292ドル(週足の一目均衡表の雲下限)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/22 火)

 WS000962.JPG

----------8/21ドル円相場概況---------------------

OP 109.251
HI 109.420
LO 108.636
CL 108.965
 
東京市場は、米韓軍事合同演習に対する北朝鮮の出方を気にして様子見ムード。早朝に付けた109.420円を高値に109円台前半で方向感なく推移した。欧州市場は北朝鮮情勢の緊迫化や米政権の内紛を嫌気して株安・円高が進行。109円台を割り込むと108.80円台へと下落した。NY市場に入っても、序盤はドル売りの流れが継続。108.636円まで下落して18日に付けた月初来安値に迫ったが、安く始まったNYダウがプラス圏に切り返すと下げ渋った。ただ、米長期金利の低下が重しとなり109円台に乗せると上値が抑えられ、終値では109円台を維持できなかった。
 
-----------8/21主な出来事----------------------------
 
09:00 米韓軍事合同演習が開始、北朝鮮は「火に油」と反発
 
19:20 ブレグジットは10月までに協議を進展させ次の段階に進む-メイ英首相報道官

21:30 (加) 6月卸売売上高 (前月比) -0.5% 
前回+0.9%→+1.0%
前回-0.5%
 
-----------8/21株式・債券・商品-----------------------
WS000961.JPG
 
---------8/22きょうの注目材料-------------------------
 
<国内>
なし
 
<海外>
15:00    7月スイス貿易収支
17:30    7月香港消費者物価指数
18:00    8月独ZEW景況感指数
18:00    8月ユーロ圏ZEW景況感指数
21:00    コンスタンシオECB副総裁、講演
21:30    6月カナダ小売売上高
22:00    6月米住宅価格指数
23:00    8月米リッチモンド連銀製造業景気指数
 
--------8/22きょうのひとこと-------------------------
 
昨日のドル円は一時月初来安値(108.604)に迫りましたが、下値追求ムードは高まらずに下げ渋りました。とはいえ、クローズで109円台には戻せず上値の重さも不変でした。北朝鮮に動きがなければ、きょうも109.00円を挟んでもみ合う展開となりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



投資家さまへどどーんと大還元!高金利通貨上限なしキャッシュバックキャンペーン

米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム