サイト内検索:

豪ドル/円、抱き線出現で反落余地 - 外為リアルタイムレビュー

豪ドル/円、抱き線出現で反落余地

豪ドル/円相場は、17日に日足の一目均衡表の基準線(87.439円)を超えて87.50円台まで値を上げるも一時的となり、この日は実体部が約1円となる陰線を付けました。この陰線は前日の陽線を包む形、いわゆる「抱き線」となっています。11日に85.40円台まで下落した後の自立反発局面でこのような足形が出現したことにより、相場は反落局面に入った可能性が高まっています。

本日の朝方に一時86.00円台まで下落して日足の一目均衡表の雲上限(本日は86.129円)付近まで下落する場面がありました。こうした中、もし本日安値を更新するようならば、短期的には雲下限(同、84.953円)に向けた一段安も考えられます。
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



投資家さまへどどーんと大還元!高金利通貨上限なしキャッシュバックキャンペーン

米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム