サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: ドルの最近のブログ記事

ドルの最近のブログ記事

今夜の注目材料は 1/18

 東京市場のドル/円は、前日終盤の上げ基調を引き継いで始まると111.50円目前へと上昇しました。しかし、26年ぶりに24000円台に乗せた日経平均株価が利益確定の売りに押されて反落すると111.10円前後まで弱含む冴えない展開となりました。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/18(木)
17:15☆ バイトマン独連銀総裁、クーレECB理事、講演
20:00   トルコ中銀政策金利発表
21:00   モルガン・スタンレー10-12月期決算
22:30☆ 米12月住宅着工件数
22:30   米12月建設許可件数
22:30   米1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30   米新規失業保険申請件数
未定    南ア中銀(SARB)政策金利発表
25:00   米EIA週間原油在庫統計
26:30☆ ビルロワ仏中銀総裁、記者会見
 
※☆は特に注目の材料
 
昨日の欧米市場でドルが全面的に反発したきっかけのひとつが欧州中銀(ECB)高官によるユーロ高けん制発言でした。本日は米12月住宅着工件数の結果も気になりますが、バイトマン独連銀総裁やクーレECB理事やビルロワ仏中銀総裁の発言にも注意です。そのほか、昨日大幅高を演じた米国株の動きにも注目しておきたいところです。
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/18 木)

WS001543.JPG  

 
----------1/17ドル円相場------------------------
 
米株買戻しとECB高官のユーロ高けん制でドルが反発
 
OP110.473 HI111.334 LO110.195 CL111.329
  
-----------1/17主な出来事--------------------------
 
08:50 (日) 11月機械受注 (前月比) +5.7%
前回+5.0% 
予想-1.4%  
 
09:30 (豪) 11月住宅ローン貸出 (前月比) +2.1%
前回-0.6% 
予想0.0%  
 
15:54 コンスタンシオ欧州中央銀行(ECB)副総裁
「フォワードガイダンス変更は差し迫っていない」「ユーロの上昇はファンダメンタルズに即してない」
 
17:59 ノボトニー・オーストリア中銀総裁
「ユーロの水準を監視する必要がある」
 
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) +1.4% 
前回+1.4% 
予想+1.4% 
 
20:00 (南ア) 11月小売売上高 (前年比) +8.2% 
前回+3.2%→+3.5%
予想+3.5% 
 
23:15 (米) 12月鉱工業生産 (前月比) +0.9%
前回+0.2%→-0.1%
予想+0.5% 
 
23:15 (米) 12月設備稼働率 77.9%
前回77.1%→77.2%
予想77.4%  
 
24:00 (加) 加中銀政策金利を1.00%から1.25%へ引き上げ
 
24:00 (米) 1月NAHB住宅市場指数 72
前回74 
予想72  
 
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・昨年11月から年末にかけて経済成長は継続
・ほとんどの地域で、物価は緩慢から緩やかに上昇している
・ほとんどの地域で、労働市場は引き締め傾向
・ほとんどの地域では、賃金上昇は緩やか
 
------------1/17株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23868.34▼83.47
豪ASX 6015.814▼32.824
上海総合 3444.671△8.077
英FT 7725.43▼30.50
独DAX  13183.96▼62.37
NYダウ 26115.65△322.79
 
日10年債利回り 0.0900%△0.0070
豪10年債利回り 2.789%△0.015
英10年債利回り 1.308%△0.005
独10年債利回り0.562%±0.000
米2年債利回り 2.0431%△0.0290
米10年債利回り 2.5904%△0.0534
 
NY原油 63.97 △0.24
NY金 1339.20△2.10
 
------------1/18きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
13:30    11月鉱工業生産確報
 
<海外>
06:30    メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
09:01    12月英RICS住宅価格
09:30    12月豪雇用統計
 
16:00    10-12月期中国GDP
16:00    12月中国小売売上高
16:00    12月中国鉱工業生産
17:15    バイトマン独連銀総裁、クーレECB理事、講演
20:00    トルコ中銀、政策金利発表
21:00    モルガン・スタンレー第4四半期決算
22:30    12月米住宅着工件数
22:30    12月米建設許可件数
22:30    1月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30    米新規失業保険申請件数
未定     南ア中銀(SARB)政策金利発表
25:00    EIA週間在庫統計
26:30     ビルロワ・フランス中銀総裁、記者会見
 
------------1/18きょうのひとこと----------------------
 
ドル円の日足チャート上には、相場の反転シグナルになりうる「下ヒゲ大陽線」が出現しましたが、7日続落のあとだけに半信半疑の念も拭えません。単なる「アヤ戻し」の可能性も排除せずに今日の動きをウォッチしたいところです。200日線や一目転換線が集まる111.70円台がポイントでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 

今夜の注目材料は?

京市場のドル/円は約4カ月ぶり安値水準である110.20円前後まで下押すも、その後はショートカバーが優勢となって110.90円台まで値を戻しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/17(水)
19:00  11月ユーロ圏建設支出
19:00  12月ユーロ圏消費者物価指数・確報
20:00  11月南アフリカ小売売上高
20:45  サンダース英MPC委員、講演
20:45  バンク・オブ・アメリカ決算
21:30  ゴールドマン・サックス決算
23:15☆12月米鉱工業生産
23:15  12月米設備稼働率
24:00☆カナダ中銀政策金利発表
24:00  1月米NAHB住宅市場指数
28:00  米地区連銀経済報告(ベージュブック)
29:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、カプラン米ダラス連銀総裁、講演
30:00  11月対米証券投資
30:30 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

東京市場では値を戻したとはいえ、昨日に続き111円ちょうどを前に伸び悩んでおり、上値は重めです。110円台を上下どちらにブレイクするか、欧米株価や米長期金利を眺めて方向感を模索する展開が続く見通しです。

なお、本日のカナダ中銀理事会について、市場では0.25%利上げが確実視されています。その際に発表される声明で、今後の政策スタンスに関する文言に注目です。

今夜から明朝の注目材料は?1/16

 東京市場のドル/円は、本邦輸入企業のドル買い観測などを支えに110.50円割れで下げ渋ると、買戻しに弾みが付き111円台目前まで反発しました。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/16(火)
18:30☆ 英12月消費者物価指数
18:30   英12月小売物価指数
18:30   英12月生産者物価指数
20:00   リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:00   シティ・グループ第4四半期決算
22:30☆ 米1月NY連銀製造業景況指数
 
1/17(水)
08:50  日本11月機械受注 
09:30  豪11月住宅ローン件数
 
※☆は特に注目の材料
 
東京市場のドル買いの流れが本物かどうか(一時的なものか)を確認する上でも米1月NY連銀製造業景況指数の結果が注目されるところです。市場予想は19.0となっており、前回(18.0)から上昇する見込みです。そのほか、休場明けの米国株や米国債の動きにも注目しましょう。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/16 火)

WS001537.JPG  

 
----------1/15ドル円相場------------------------
 
米祝日でもドル安止まらず4カ月ぶり安値
 
OP111.072 HI111.183 LO110.328 CL110.513
  
-----------1/15主な出来事--------------------------
 
09:24 黒田日銀総裁
「物価は2%に向けて上昇率を高めていく」「2%の物価実現を目指して必要な時まで緩和を継続する」
 
19:00 (ユーロ圏) 11月貿易収支(季調前) +263億EUR 
前回+189億EUR 
 
25:17 ハンソン・エストニア中銀総裁
「経済とインフレが現在のように進展すれば、量的緩和(QE)は9月以降に終了する可能性がある」
 
27:16 テンレイロ英MPC委員
「今後3年で2回の利上げが必要になるだろう」
 
------------1/15株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23714.88△61.06
豪ASX 6077.082 △7.029
上海総合 3410.488 ▼18.453
英FT 7769.14▼9.50
独DAX  13200.51▼44.52
NYダウ -----
 
日10年債利回り 0.0770%▼0.0010
豪10年債利回り 2.771%△0.018
英10年債利回り 1.323%▼0.016
独10年債利回り0.587%△0.007
米2年債利回り -----
米10年債利回り -----
 
NY原油 -----
NY金 -----
 
------------1/16きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
なし
 
<海外>
16:00    独12月卸売物価指数
16:00    独12月消費者物価指数・改定値
18:30    英12月消費者物価指数
18:30    英12月小売物価指数
18:30    英12月生産者物価指数
20:00    リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:00    シティ・グループ第4四半期決算
22:30    米1月NY連銀製造業景気指数
 
------------1/16きょうのひとこと----------------------
 
ドル円は、祝日のNY市場で4カ月ぶりの安値に沈みましたが、20日移動平均との下方乖離が1.8%に達した点(2%超の乖離は稀)や、RSI(短期=9日)が20%台前半に低下した点(中期=14日でも20%台後半)からは、「売られ過ぎ」のシグナルが読み取れました。そんな見方も影響してか今朝は反発していますが、あとはどこまで戻せるかに注目です。中長期トレンドの要、200日移動平均線(111.70円前後)はまだ遠いイメージですね。
 
本日もよろしくお願いいたします。 

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、対ユーロを中心にドル売りが強まった影響などから昨年9月以来となる110.50円台まで下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/15(月)
19:00  11月ユーロ圏貿易収支
27:15  テンレイロ英MPC委員、講演
※☆は特に注目の材料

本日米国はキング牧師誕生日のため祝日であり、株式・債券市場が休場です。また、欧州でも目玉となりそうな経済イベントが見当たりません。ドル/円は引き続き、ユーロやポンドの動きを眺めて方向感を模索する事となりそうです。
 

今日のテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は、112円ちょうど前後を割り込んだあたりから下げが加速し、本日は110.60円台まで続落しています。

中長期的には、(1)概ね107-114円のレンジ、(2)2015年高値を基点とする三角もち合い、の2つがあります。三角もち合い下限(109.80円前後)を割るようならば下落局面入りの可能性が高まると共に、目先はレンジ下限と目される107円台前半割れがいやおうなく意識されると見ます。

USDJPY_180115.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは1/15の11:17現在)


○下値目処について
9/8安値107.318円-1/6高値114.732円の上げ幅61.8%押し(110.150円)を割ると、三角もち合い下限(109.80円前後)が試されると見ます。すぐ上に週足の一目均衡表の雲下限(109.927円)もわり、下押しが弱いと反発の可能性があるものの、明確に割り込むようならば、昨年春以降のレンジ下限(9/8安値107.318円)が次の目処となりそうです。

○上値目処について
現状はボリンジャーバンド-2シグマ(110.934円)より下で推移しており、下げが級との印象があります。同線を回復して終わるようならば、下げが一服する事も考えられます。もっとも、6日線(111.696円)や20日線(112.577円)が下向となる中、いずれも上値抵抗となる事が予想されます。したがって、三角もち合い上限113.10円台)は近くて遠い水準にあるように見えます。


○下値目処
110.623円(現時点での、1/15安値)
110.150円(9/8安値107.318円-1/6高値114.732円の上げ幅61.8%押し)
109.927円(週足の一目均衡表の雲下限)
109.80円前後(三角もち合い下限
107.318円(9/8安値)

○上値目処
110.934円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
111.025円(月足の一目均衡表の転換線、週足の一目均衡表の基準線)
111.068円(11/23安値)
111.233円(月足の一目均衡表の基準線)
111.523円(日足の一目均衡表の雲下限)
111.696円(6日線)
111.704円(200日線)
111.714円(26週線)
111.729円(週足の一目均衡表の雲上限)
111.858円(52週線)
112.017円(日足の一目均衡表の転換線)
112.197円(週足の一目均衡表の転換線、日足の一目均衡表の基準線)
112.577円(20日線)
112.624円(13週線)
112.781円(75日線)
112.787円(日足の一目均衡表の雲上限)
112.956円(10/31安値)
113.10円台(三角もち合い上限

12日のドル円相場ときょうのひとこと(1/15 月)

WS001534.JPG  

 
----------1/12ドル円相場------------------------
 
米コアCPI上ブレでもドル安止まらず
 
OP111.256 HI111.693 LO110.914 CL111.044
  
-----------1/12主な出来事--------------------------

08:50 (日) 11月国際収支-経常収支 +1兆3473億円 
前回+2兆1764億円 
予想+1兆8361億円 
 
08:50 (日) 11月国際収支-貿易収支  +1810億円 
前回+4302億円 
予想+3106億円
 
12:03 (中国) 12月貿易収支 +546.9億USD 
前回+402.1億USD→+389.8億USD
予想+370.0億USD 

17:30 メルケル独首相と社会民主党(SPD)、連立に向けた予備協議で暫定合意
 
22:30 (米) 12月消費者物価指数 (前月比) +0.1% 
前回+0.4%
予想 +0.1% 
(米) 12月消費者物価指数 (前年比) +2.1%
前回+2.2% 
予想+2.1%  
(米) 12月消費者物価指数 (コア:前年比) +1.8% 
前回+1.7% 
予想+1.7% 
 
22:30 (米) 12月小売売上高 (前月比) +0.4%
前回+0.8%→+0.9%
予想+0.5%  
 
(米) 12月小売売上高 (前月比:除自動車) +0.4%
前回+1.0%→+1.3%
予想+0.3%  
 
24:00 (米) 11月企業在庫 (前月比) +0.4%
前回-0.1%
予想 +0.4%  
 
 
「オランダとスペイン財務省は、英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)交渉において、英国とEUとの関係を極力近づける努力をする点で協力すると合意した」
 
------------1/12株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23653.82▼56.61
豪ASX 6070.053 △2.431
上海総合 3428.941 △3.596
英FT 7778.64△15.70
独DAX  13245.03△42.13
NYダウ 25803.19△228.46
 
日10年債利回り 0.0780%△0.0060
豪10年債利回り 2.753%△0.019
英10年債利回り 1.339%△0.030
独10年債利回り 0.581%±0.000
米2年債利回り 1.9976%△0.0190
米10年債利回り 2.5462%△0.0094
 
NY原油 64.30 △0.50
NY金 1334.90△12.40
 
------------1/15きょうの注目材料---------------------
<国内>
09:30頃    黒田日銀総裁、あいさつ
10:10  日銀国債買入れオペ
14:00    日銀地域経済報告(さくらレポート)
 
<海外>米国(キング牧師誕生日)、休場
09:01    1月ライトムーブ英住宅価格
19:00    11月ユーロ圏貿易収支
27:15    テンレイロ英MPC委員、講演
 
------------1/15きょうのひとこと----------------------
 
黒田日銀総裁は、今朝の日銀支店長会議の挨拶で「2%の物価実現を目指して必要な時まで緩和を継続」と改めて発言。また、日銀は国債買い入れオペの金額を据え置き(減額せず)ましたが、円買いの勢いは弱まりません。きょうは米国が祝日のため、流れを反転させる(ドル反発の)きっかけも見出しにくいのでしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は111.30円台まで値を上げるも、日経平均が軟調に推移する中では上値は重く、その後はやや押し戻されています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/12(金)
22:30☆12月米消費者物価指数
22:30☆12月米小売売上高
24:00  11月米企業在庫
25:30  バイトマン独連銀総裁、講演
26:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
30:15  ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

米国で12月消費者物価指数が発表されます。昨日の米12月生産者物価指数・前月比が予想外の低下となった事でインフレ低迷が懸念される中、市場予想(前年比+2.1%、コア・前年比+1.7%)を下回る伸びに留まるようですと、ドル売りが一段と加速する事も考えられます。同時刻に発表される米12月小売売上高(同:前月比+0.5% 除自動車・前月比+0.4%)は、米国の消費動向を知る上で注目です。
 

今夜の注目材料は 1/11

 東京市場のドル/円は、中国が米国債投資に消極姿勢とする前日の報道を政府筋が否定した事を受けてドルに買戻しが入り、111.80円台まで反発しました。ただ、日本株が弱含む中で上値は伸びず112円台の回復には至りませんでした。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/11(木)
19:00   ユーロ圏11月鉱工業生産
21:30☆ ECB理事会議事要旨
22:30   カナダ11月新築住宅価格指数
22:30☆ 米12月生産者物価指数
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
27:00   米30年債入札(120億ドル)
28:00   米12月月次財政収支
29:30☆ 米ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演
30:45  NZ11月住宅建設許可
 
1/12(金)
08:50  日本11月国際収支(経常収支・貿易収支)
 
※☆は特に注目の材料
 
まずは、中国絡みの報道に対する欧米勢の反応が注目されます。改めてドル買い材料となれば112円台の回復が視野に入りそうです。その他、今夜は米12月生産者物価指数が発表されます。明日の消費者物価指数のほうが市場の関心は高そうですが、米国の懸案事項のひとつが低インフレですから本日の結果にも要注目です。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/11 木)

WS001525.JPG  

 
----------1/10ドル円相場------------------------
 
日銀の出口観測に中国の米債投資停止観測で円高・ドル安加速
 
OP112.632 HI112.783 LO111.270 CL111.483
  
-----------1/10主な出来事--------------------------
 
10:30 (中国) 12月消費者物価指数 (前年比) +1.8%
前回+1.7% 
予想+1.9%  
10:30 (中国) 12月生産者物価指数 (前年比) +4.9%
前回+5.8% 
予想+4.8%  
 
18:30 (英) 11月鉱工業生産 (前月比) +0.4%
前回0.0%→+0.2%
予想+0.4%  
 
18:30 (英) 11月製造業生産 (前月比) +0.4%
前回+0.1%→+0.3%
予想+0.3%  
 
18:30 (英) 11月貿易収支 -122.31億GBP
前回-107.81億GBP→-116.77億GBP
予想-109.50億GBP  
 
19:30 中国の外貨準備を見直す当局者らが米国債の購入を減らすか停止することを勧告
 
22:30 (加) 11月建設許可件数 (前月比)-7.7%
前回 +3.5%→+4.4%
予想-1.0%  
 
22:30 (米) 12月輸入物価指数 (前月比) +0.1%
前回+0.7%→+0.8%
予想+0.4%  
 
28:30 トランプ大統領はまもなくNAFTA離脱を公表するだろう
 
------------1/11株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23788.2▼61.79
豪ASX 6096.678 ▼39.129
上海総合 3421.834 △7.935
英FT 7748.51△17.49
独DAX  13281.34▼104.25
NYダウ 25369.13▼16.67
 
日10年債利回り 0.0860%△0.0150
豪10年債利回り 2.719%△0.046
英10年債利回り 1.286%△0.004
独10年債利回り 0.543%△0.077
米2年債利回り  1.9724%△0.0042
米10年債利回り 2.5568%△0.0037
 
NY原油 63.57 △0.61
NY金  1319.30△5.60
  
------------1/11きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    12月外貨準備高
10:10    日銀国債買いオペ(1-3年、3-5年、5-10年)
 
<海外>
09:30    豪11月小売売上高
19:00    ユーロ圏11月鉱工業生産
21:30    ECB理事会議事要旨
22:30    カナダ11月新築住宅価格指数
22:30    米12月卸売物価指数
22:30    米新規失業保険申請件数
27:00    米30年債入札(120億ドル)
28:00    米12月月次財政収支
29:30    ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
 
 
------------1/10きょうのひとこと----------------------
 
日銀が9日の国債買い入れオペを減額した事が円高材料となっていますが、(やや上向いたとはいえ)インフレ率が日銀目標を大きく下回る中で、デフレ圧力となりうる円高政策に敢えて踏み込む可能性は極めて低いと思います。また、中国が米債投資を停止するかもしれないとする理由のひとつに貿易摩擦を挙げており、政治的な「けん制」を狙った発言のように思われます。実際に、発言の後に行われた米債入札(10年)には旺盛な需要が見られ、市場が中国の動きを強く警戒している様子は感じられません。ドル円は200日移動平均線を割れた事で短期的には見方を弱気化せざるを得ませんが、材料を吟味すると弱気相場は長続きしそうにありません。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は日経平均の軟調推移や、仲値公示に絡んだドル売りの動きなどを受けて一時112.10円台に下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/10(水)
18:30  11月英鉱工業生産
18:30  11月英製造業生産
18:30  11月英貿易収支
22:30  11月カナダ建設許可件数
22:30  12月米輸入物価指数
23:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
23:10  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
24:00  11月米卸売売上高
24:30☆米EIA週間原油在庫統計
27:00  米10年債入札(200億ドル)
27:30  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
--:--☆南アANC全国執行委員会

1/11(木)
09:30☆豪11月小売売上高
※☆は特に注目の材料

米国では主だった経済イベントの発表が予定されていません。したがって、ドル/円は欧米株価や米長期金利を眺め方向感を模索する事となりそうです。ただ、市場で日銀の「ステルス・テーパリング(密かな緩和縮小)」の観測が浮上する中、関連報道に注意が必要です。

なお、南アフリカでは与党アフリカ民族会議(ANC)全国執行委員会があります。ズマ大統領に早期退陣を迫るか注目です。

 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム