サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2020年1月バックナンバー

2020年1月バックナンバー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/31 金)

 WS000084.JPG

 
-------------1/30ドル円相場-------------------------
 
新型ウイルスリスクで上値の重い展開。NY市場では米国初のヒトヒト感染が報じられ108.584まで下落。しかし、WHOの緊急事態宣言の後は、株価の反発とともに買戻しが強まった。それでも東京高値109.063は超えられなかった。
 
OP109.002 HI109.063  LO108.584 CL108.954
 
-----------1/30主な出来事---------------------------
 
08:43 新型肺炎感染者、中国本土で7711人、死者170人
 
17:55 ドイツ1月失業者数(前月比)-0.2万人
前回+0.8万人
予想+0.5万人
17:55 ドイツ1月失業率 5.0%
前回5.0%
予想5.0%
 
19:00 ユーロ圏12月失業率 7.4%
前回7.5%
予想7.5%
 
21:00 BOE政策金利を0.75%に維持、資産買取プログラム規模も4350億ポンドに維持
 
21:00 BOE議事録
「7対2で据置きを決定」
「2名は利下げを主張」
21:00 BOEインフレリポート
「2020年のGDP見通しを+1.2%から+0.8%に下方修正」
「2021年のGDP見通しは+1.8%から+1.4%に下方修正」
「2022年のGDP見通しは+2.0%から+1.7%に下方修正」
「1年後のインフレ率は1.53%(前回1.51%)」
「2年後のインフレ率は2.01%(前回2.03%)」
「3年後のインフレ率は2.15%(前回2.25%)」
21:30 カーニーBOE総裁
「ブレグジットの不確実性が成長の足かせとなる」
「コアインフレ率は低迷」
「新型コロナウイルスの影響には要警戒」
「インフレ率は、今年、目標の2.0%を下回ったままと予想」
「英経済は回復基調にあり、第1・四半期の成長見通しは+0.2%と見込まれる」
 
22:00 ドイツ 1月消費者物価指数・速報値(前年比)+1.7%
前回+1.5%
予想+1.7%
 
22:30 アメリカ10-12月期GDP・速報値(前期比年率) +2.1%
前回+2.1%
予想+2.0%
アメリカ10-12月期個人消費・速報値 +1.8%
前回+3.2%
予想+2.0%
 
22:30 アメリカ前週分新規失業保険申請件数21.6万件
前回21.1万件(22.3万件)
予想21.5万件
 
28:46 世界保健機関(WHO)
「新型コロナウイルスについて緊急事態を宣言」
 
--------1/30株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 22977.75▼401.65
豪ASX  7008.429 ▼23.094
上海総合 ----
英FT   7381.96▼101.61
独DAX  13157.12▼187.88
NYダウ 28859.44△124.99
 
日10年債利回り -0.0580%▼0.0190
豪10年債利回り 0.963%▼0.049
英10年債利回り 0.542%△0.026
独10年債利回り -0.406%▼0.029
米02年債利回り 1.4128%±0.0000
米10年債利回り 1.5856%△0.0017
 
NY原油 52.14 ▼1.19
NY金  1589.20△13.20
 
------------1/31注目材料----------------------------
 
<国内>
08:30  12月完全失業率
08:30  12月有効求人倍率
08:30  1月東京都区部消費者物価指数
08:50  12月鉱工業生産速報
14:00  12月新設住宅着工戸数
19:00  外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
 
<海外>
09:01  1月英Gfk消費者信頼感指数
09:30  10-12月期豪生産者物価指数
10:00  1月中国製造業PMI
15:30  10-12月期仏GDP速報値
16:00  12月トルコ貿易収支
16:00  12月独小売売上高指数
16:30  12月スイス小売売上高
16:45  12月仏生産者物価指数
16:45  12月仏消費支出
16:45  1月仏消費者物価指数速報値
18:00  1月ノルウェー失業率
18:30  12月英消費者信用残高
18:30  12月英マネーサプライM4
19:00  10?12月期ユーロ圏GDP速報値
19:00  1月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
20:00  パネッタECB専務理事、シュナーベルECB専務理事、メルシュECB専務理事講演
21:00  11月南アフリカ貿易収支
22:30  11月カナダGDP
22:30  12月カナダ鉱工業製品価格
22:30  12月カナダ原料価格指数
22:30  10?12月期米雇用コスト指数)
22:30  12月米個人消費支出(PCE)
22:30  12月米個人所得
22:30   12月米PCEデフレーター
23:45  1月米シカゴPMI
24:00  1月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
-----  英国がEUから離脱
 
------------1/31きょうのひとこと--------------------
 
新型コロナウイルスに対する悲観と楽観の繰り返しで市場は混乱気味です。WHOの緊急事態宣言で市場心理が改善するというのも腹落ちしない部分はありますが、「総悲観の反動」と考えれば納得できるところです。週末を控えて、このまま一気に楽観に傾く事は考えにくいですが、現時点での致死率の低さ≒毒性の弱さを踏まえれば、ここから再び総悲観に振れるという事もなさそうです。いずれにしても、中国をはじめ各国の感染状況を注視するしかありません。
 
本日もよろしくお願いいたします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/30 木)

 WS000081.JPG

-------------1/29ドル円相場-------------------------
 
109.263まで買いが先行するもNY市場では108.973まで弱含んだ。その後、FOMC据え置きで109.20円台に持ち直すも、パウエル議長が会見で新型ウイルスに懸念を表明すると109円台を割り込むなど、狭い値幅で一進一退の展開。
 
OP109.129 HI109.263  LO108.973 CL109.039
 
-----------1/29主な出来事---------------------------
 
09:30 オーストラリア10-12月期消費者物価指数(前年比) +1.8%
前回+1.7%
予想+1.7%
 
16:00 ドイツ2月GFK消費者信頼感調査 9.9
前回9.6(9.7)
予想9.6
 
18:00 ユーロ12月マネーサプライM3(前年比)+5.0%
前回+5.6%
予想+5.5%
 
24:00 アメリカ12月中古住宅販売成約指数(前月比)-4.9%
前回+1.2%
予想+0.5%
 
28:00 FOMC声明
「労働市場が力強く推移し、経済活動が緩やかなペースで拡大していることを示唆」
「金融政策の現在のスタンスは、経済活動の持続的な拡大、強い労働市場の状況、および委員会の対称的な2パーセント目標に近いインフレをサポートするのに適切であると判断」
「委員会はFF金利の目標誘導レンジの適切な道筋を見極めるに当たり、経済の見通しについて今後もたらされる情報の意味合いを引き続き注意深く監視する」
 
28:30 パウエルFRB議長
「新型コロナウイルスなど不確実性は残る」
「現在の金融スタンスは適切」
「今後数カ月でインフレは2%に近づくと予想」
「バランスシートは徐々に拡大するだろう」
「今年上期にレポ取引の規模を調整する予定」
「新型コロナウイルスの感染拡大による影響を注意深く監視」
 
 
--------1/29株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 23379.4△163.69
豪ASX  7031.523 △37.068
上海総合 ----
英FT   7483.57△2.88
独DAX  13345△21.31
NYダウ 28734.45△11.60
 
日10年債利回り -0.0390%±0.0000
豪10年債利回り 1.012%△0.060
英10年債利回り 0.516%▼0.036
独10年債利回り -0.377%▼0.036
米02年債利回り 1.4128%▼0.0497
米10年債利回り 1.5839%▼0.0723
 
NY原油 53.33 ▼0.15
NY金  1576.00△0.20
 
------------1/30注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
16:00頃  雨宮日銀副総裁講演
 
<海外>
09:30  10-12月期豪輸入物価指数
11:30  10-12月期シンガポール失業率
15:00  12月南アフリカマネーサプライM3
17:00  1月スイスKOF景気先行指数
17:55  1月独雇用統計
18:30  12月南アフリカ卸売物価指数
19:00  1月ユーロ圏消費者信頼感指数・確定値
19:00  12月ユーロ圏失業率
21:00  10-12月期メキシコGDP・速報値
21:00  BOE政策金利発表
21:00  BOE議事録
21:00  BOEインフレリポート
21:30  カーニーBOE総裁会見
21:30  WHO緊急委員会
22:00  1月独CPI速報値
22:30  10-12月期米GDP速報値
22:30  10-12月期米個人消費・速報値
22:30  米新規失業保険申請件数
27:00  バイトマン独連銀総裁、講演
-------  アマゾン10-12月期決算
 
------------1/30きょうのひとこと--------------------
 
FOMCは大きな動きこそなかったものの、パウエル議長が新型コロナウイルスの感染拡大は経済活動の阻害要因になり得るとして「非常に慎重に注視する」と述べた事でドルが小緩みました。その新型ウイルスは今朝の時点で中国の感染者が7711人、死者は170人に増えており、ドル/円は上値の重い展開が続きそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/29 水)

 WS000080.JPG

-------------1/28ドル円相場-------------------------
 
新型肺炎リスクで108.730まで下落。リスクオフムードの中、その後の戻りは109.136までに留まったが、リスク回避のドル買いの流れに支えられて下値も堅かった。
 
OP108.886 HI109.201  LO108.752 CL109.151
 
-----------1/28主な出来事---------------------------
 
15:30 テドロスWHO事務局長
「中国には新型ウイルスの感染を管理・抑制できる力があると確信」
「中国政府の感染対策を支持」
「現在中国にいる外国人の退避は推奨しない」
 
18:00 厚労省、武漢渡航歴ない新型ウイルス感染者を確認
 
22:30 アメリカ12月耐久財受注(前月比) +2.4%
前回-2.0%(-3.1%)
予想+0.3%
アメリカ12月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比) -0.1%
前回0.0%(-0.4%)
予想+0.2%
 
23:00 アメリカ11月ケース・シラー米住宅価格指数(前年比)+2.6%
前回+2.2%
予想+2.4%
24:00 アメリカ1月消費者信頼感指数 131.6
前回126.5(128.2)
予想128.0
 
24:00 アメリカ1月リッチモンド連銀製造業指数 20
前回-5
予想-3
 
--------1/28株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 23215.71▼127.80
豪ASX  6994.455 ▼96.088
上海総合 ----
英FT   7480.69△68.64
独DAX  13323.69△118.92
NYダウ 28722.85△187.05
 
日10年債利回り -0.0390%△0.0050
豪10年債利回り 0.952%▼0.135
英10年債利回り 0.552%△0.044
独10年債利回り -0.341%△0.044
米02年債利回り 1.4625%△0.0216
米10年債利回り -0.0390%△0.0050
 
NY原油 53.48 △0.34
NY金  1575.80▼7.90
 
------------1/29注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  日銀金融政策決定会合における主な意見(1月20?21日分)
 
<海外>
09:30 豪10-12月期消費者物価指数
16:00 独12月輸入物価指数
16:00 独2月Gfk消費者信頼感指数
16:00 英1月ネーションワイド住宅価格指数
16:45 仏1月消費者信頼感指数
18:00 ユーロ圏12月マネーサプライM3
22:30 米12月卸売在庫
24:00 米12月住宅販売保留指数
24:30 EIA週間原油在庫統計
28:00 FOMC政策金利発表
28:30 パウエルFRB議長会見
----- フェイスブック10-12月期決算
----- マイクロソフト10-12月期決算
----- 欧州議会、英EU離脱案を採決
 
------------1/29きょうのひとこと--------------------
 
新型コロナウイルスの感染拡大は続いていますが、致死率は3%程度と低く、中国国外への拡散も限定的という事で、リスク資産売りの動きが反転しています。過度に楽観視する訳にはいかないものの、過度に悲観的になるのはもっと良くない、そんな状況でしょうか。アップル好決算で世界の株価動向が注目されますが、中でも旧正月休みから復帰する香港株の動きが気になります。なお、きょうはFOMCですが、現状維持が確実で波風は立ちそうもありません。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/28 火)

WS000079.JPG 

 
-------------1/27ドル円相場-------------------------
 
新型肺炎リスクで108.730まで下落。リスクオフムードの中、その後の戻りは109.136までに留まったが、リスク回避のドル買いの流れに支えられて下値も堅かった。
 
OP108.909 HI109.136  LO108.730 CL108.895
 
-----------1/27主な出来事---------------------------
 
中国湖北省新型ウイルスによる死者は少なくとも80人に-CCTV
 
中国、春節連休を2月2日まで延長-CCTV
 
18:00 ドイツ1月IFO企業景況感指数 95.9
前回96.3
予想97.0
 
24:00 アメリカ12月新築住宅販売件数(年率換算) 69.4万件
前回71.9万件(69.7万件)
予想73.0万件
 
--------1/27株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 23343.51▼483.67
豪ASX  ----
上海総合 ----
英FT   7412.05▼173.93
独DAX  13204.77▼371.91
NYダウ 28535.80▼453.93
 
日10年債利回り -0.0440%▼0.0240
豪10年債利回り ------
英10年債利回り 0.508%▼0.055
独10年債利回り -0.385%▼0.050
米02年債利回り 1.4409%▼0.0538
米10年債利回り 1.6080%▼0.0759
 
NY原油 53.14 ▼1.05
NY金  1583.70△5.50
 
------------1/28注目材料----------------------------
 
<国内>
17:42 黒田日銀総裁衆院で答弁
 
<海外>
09:30  12月豪NAB企業景況感指数
20:15  ビルロワ仏中銀総裁講演
21:00  12月メキシコ貿易収支
22:30  12月米耐久財受注
23:00  11月米ケース・シラー住宅価格指数
24:00  1月米消費者信頼感指数
24:00  1月米リッチモンド連銀製造業景気指数
24:00  レーンECB理事講演
27:00  デコス・スペイン中銀総裁、講演
27:00  米7年債入札(320億ドル)
------  アップル10-12月期決算
 
------------1/28きょうのひとこと--------------------
 
世界的な株安に、原油や大豆などのコモディティ安と、資産市場は中国の新型ウイルスリスクで不穏なムードです。安全資産の米国債には買いが集まり、米10年債利回りは昨年10月以来の水準に低下しています。そんな中でもドル円が108円台後半で下げ渋っているのは「リスク回避のドル高」によるものでしょう。中国絡みの弱ネタは、豪ドル安・米ドル高(人民元安・米ドル高)要因であると同時に、豪ドル安・円高(人民元安・円高)要因です。足元では、ドルと円がいずれも強い通貨なので、相撲で言えば「がっぷり四つ」という状態です。この「がっぷり四つ」が崩れるきっかけが何になるのかが、ここからの焦点となります。
 
本日もよろしくお願いいたします。

24日のドル円相場ときょうのひとこと(1/27 月)

 WS000077.JPG

 
 
-------------1/24ドル円相場-------------------------
 
欧州市場で109.651まで上昇するも、NY市場は新型肺炎感染拡大への懸念で109.174まで反落。
 
OP109.488 HI109.651  LO109.174 CL109.284
 
-----------1/24主な出来事---------------------------
 
08:30 日本12月消費者物価指数・除生鮮食(前年比)+0.7%
前回+0.5%
予想+0.7%
 
17:30 ドイツ1月製造業PMI・速報値 45.2
前回43.7
予想44.5
ドイツ1月サービス業PMI・速報値 54.2
前回52.9
予想53.0
 
18:00 ユーロ1月製造業PMI・速報値 47.8
前回46.3
予想46.8
ユーロ 1月サービス業PMI・速報値 52.2
前回52.8
予想52.8
 
18:30 イギリス1月製造業PMI・速報値 49.8
前回47.5
予想48.9
イギリス1月サービス業PMI・速報値) 52.9
前回50.0
予想51.0
 
22:30 カナダ11月小売売上高(前月比)+0.9%
前回-1.2%(-1.1%)
予想+0.4%
 
23:45 アメリカ1月製造業PMI・速報値 51.7
前回52.4
予想52.5
アメリカ1月サービス業PMI・速報値 53.2
前回52.8
予想52.9

2
4:15 米国で2人目の新型ウイルス感染を確認
 
--------1/24株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 23827.18△31.74
豪ASX  7090.542 △2.579
上海総合 -----
英FT   7585.98△78.31
独DAX  13576.68△188.26
NYダウ 28989.73▼170.36
 
日10年債利回り -0.0200%▼0.0030
豪10年債利回り 1.087%▼0.017
英10年債利回り 0.563%▼0.028
独10年債利回り -0.335%▼0.027
米02年債利回り 1.4947%▼0.0190
米10年債利回り 1.6839%▼0.0486
 
NY原油 54.19 ▼1.40
NY金  1578.20△6.60
 
------------1/27注目材料----------------------------
 
<国内>
特になし
 
<海外>中国、香港、シンガポール、豪州が休日
18:00  1月独Ifo企業景況感指数
24:00  12月米新築住宅販売件数
 
------------1/27きょうのひとこと--------------------
 
中国新型肺炎リスクで108.70円台に続落中です(8:25時点)。この円高が、どこまで進むかはウイルス感染の拡大度合い次第といったところですが、先ほどは死者が80人になったとの速報が流れており、まだピークを越えたとは言えないようです。ただ、中国以外での感染者は今のところ少なく、世界保健機関(WHO)も25日時点では「世界的なリスクではない」と評価しています。もし、ワクチン開発成功などのニュースがあればムードが一気に好転する可能性もあるだけに、関連報道を注視せざるを得ません。
 
本日もよろしくお願いいたします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/24 金)

 WS000076.JPG

------------1/23ドル円相場-------------------------
 
新型肺炎リスクで中国株が大幅に下落。NY市場では米長期金利の低下で109.267まで下値を拡大。米株が下げ渋ると109円台半ばへと小戻してクローズ。
 
OP109.837 HI109.848  LO109.267 CL109.474
 
-----------1/23主な出来事---------------------------
 
08:50 日本12月貿易統計(通関ベース、季調前) -1525億円
前回-821億円(-852億円)
予想-1500億円
 
09:30 オーストラリア 12月新規雇用者数 +2.89万人
前回+3.99万人(3.85万人)
予想+1.00万人
09:30 オーストラリア 12月失業率 5.1%
前回5.2%
予想5.2%
 
21:45 ECB、金融政策の現状維持を発表
「インフレが目標に近づくまで政策金利を現行かさらに低い水準にする」
 
22:30 ラガルドECB総裁会見
「基調インフレに緩やかな上昇の兆しがある」
「必要ならあらゆる手段を講じる用意」
「非常に緩和的な政策が長期に渡り必要」
「成長見通しのリスクは依然として下向き」
「成長見通しのリスクは以前ほど深刻ではない」
「目先の成長率はここ数四半期と同様の水準」
「インフレ期待の指標は安定している」
「広範な戦略検証を開始する」
「インフレ回復せず政策を再検討する」
「戦略巡り11月か12月に合意できることを期待」
「金利階層化の変更について議論はなかった」
22:30 アメリカ前週分新規失業保険申請件数 21.1万件
前回20.4万件(20.5万件)
予想21.5万件
 
24:00 アメリカ12月景気先行指数(前月比)-0.3%
前回0.0%(0.1%)
予想-0.2%
 
24:00 ユーロ 1月消費者信頼感(速報値)-8.1
前回-8.1
予想-7.8
-----------1/23株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23795.44▼235.91
豪ASX  7087.963 ▼44.764
上海総合 2976.528 ▼84.226
英FT  7507.67▼64.25
独DAX  13388.42▼127.33
NYダウ 29160.09▼26.18
 
日10年債利回り -0.0170%▼0.0190
豪10年債利回り 1.104%▼0.011
英10年債利回り 0.591%▼0.044
独10年債利回り -0.308%▼0.048
米02年債利回り 1.5137%▼0.0146
米10年債利回り 1.7325%▼0.0366
 
NY原油 55.59 ▼1.15
NY金 1571.60△8.70
 
------------1/24注目材料----------------------------
 
<国内>
08:30  12月全国消費者物価指数
08:50  12月18-19日分の日銀金融政策決定会合議事要旨
 
<海外>
17:15  1月仏製造業PMI・速報値
17:15  1月仏サービス業PMI・速報値
17:30  1月独製造業PMI・速報値
17:30  1月独サービス業PMI・速報値
18:00  1月ユーロ圏製造業PMI・速報値
18:00  1月ユーロ圏サービス業PMI・速報値
18:30  1月英製造業PMI・速報値
18:30  1月英サービス業PMI・速報値
18:30  ハスケル英MPC委員、ビルロワ仏中銀総裁、クノット蘭中銀総裁講演(ダボス会議)
19:30  ラガルドECB総裁、ムニューシン米財務長官、黒田日銀総裁講演(ダボス会議)
22:30  11月カナダ小売売上高
23:45  1月米製造業PMI・速報値
23:45  1月米サービス業PMI・速報値
 
------------1/24きょうのひとこと--------------------
 
きょうから中国は旧正月休みに入ります。人民大移動のシーズンということで新型肺炎の感染拡大が懸念されています。とはいえ、現時点では新型肺炎が世界経済に及ぼす負の影響はそれほど大きくないと見られ、昨日の欧米市場はアジア市場に比べると比較的落ち着いた動きでした(震源地から地理的に遠い事もあるのでしょうか)。ドル円については、新型肺炎リスクは上値抑制要因ではあるものの下値拡大要因ではないというのが現時点での評価で、「要経過観察」といったところでしょう。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/23 木)

 WS000070.JPG

 
------------1/22ドル円相場-------------------------
 
アジア株の落ち着きで110.094まで上昇も、新型ウィルス巡る懸念で上値は重く、NY市場で109.825まで押し戻された。
 
OP109.846 HI110.094  LO109.825 CL109.846
 
-----------1/22主な出来事---------------------------
 
19:00 トランプ米大統領
「EUと貿易合意できない場合、自動車に25%の関税を上乗せせざるを得ない」
「中間層の減税案を90日以内に発表」
「ドルは非常に強い」
「ドルが強いのは望ましい事だが、金利を下げればとても多くの良いことが起きる」
 
22:30 カナダ12月新築住宅価格指数(前月比)+0.2%
前回-0.1%
予想+0.0%
 
22:30 カナダ12月消費者物価指数(前月比)0.0%
前回-0.1%
予想+0.1%
 
22:30 カナダ12月消費者物価指数(前年比)+2.2%
前回+2.2%
予想+2.2%
 
23:00 アメリカ11月住宅価格指数(前月比)+0.2%
前回+0.2%(0.4%)
予想+0.3%
 
24:00 カナダ中銀、政策金利を1.75%に維持
声明から「政策金利の水準は適切」の文言を削除
「景気減速がより持続的になるのかを注意深く見ている」
「第1四半期経済成長見通し、10月時点の+1.7%から+1.3%に引き上げ」
 
24:00 アメリカ12月中古住宅販売件数(年率換算) 554万件
前回535万件
予想543万件
-----------1/22株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 24031.35△166.79
豪ASX  7132.727 △66.382
上海総合 3060.754 △8.612
英FT  7571.92▼38.78
独DAX  13515.75▼40.12
NYダウ 29186.27▼9.77
 
日10年債利回り 0.0020%▼0.0030
豪10年債利回り 1.115%▼0.043
英10年債利回り 0.635%△0.004
独10年債利回り -0.260%▼0.011
米02年債利回り 1.5283%▼0.0022
米10年債利回り 1.7691%▼0.0052
 
NY原油 56.74 ▼1.60
NY金 1556.70▼1.20
 
------------1/23注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  12月貿易収支(通関ベース)
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
 
<海外>
09:30 12月豪雇用統計
14:00 12月シンガポール消費者物価指数
17:30 12月スウェーデン失業率
18:00 ノルウェー中銀政策金利
21:45 ECB政策金利
22:00 12月ロシア鉱工業生産
22:30 ラガルドECB総裁会見
22:30 米新規失業保険申請件数
24:00 12月米景気先行指標総合指数
24:00 1月ユーロ圏消費者信頼感指数・速報値
25:00 EIA週間在庫統計
----- 世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、24日まで)
----- WHO新型コロナウィルスに関する緊急会合(ジュネーブ)
 
------------1/23きょうのひとこと--------------------
 
新型コロナウィルス感染拡大への懸念がくすぶり続けています。過去のパンデミック騒動を思い起こせば、大きな市場混乱はないと思われるものの、明日から中国旧正月(の人民大移動)という事で、不安が隠せないのでしょう。間もなく取引が始まる香港・上海株も長期の休場に入る(香港は明日午後から)ため、本日の動きに注目です。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/22 水)

0121.PNG
-------------1/21ドル円相場-------------------------
 
中国新型肺炎拡大でリスクオフ。
 
OP110.165 HI110.220  LO109.761 CL109.861
 
-----------1/21主な出来事---------------------------
 
12:03 日銀、金融政策現状維持を発表
展望リポート
・20年GDP見通しを+0.9%に上方修正(従来+0.7%)
・20年インフレ(除生鮮食)見通しを+1.0%に下方修正(従来+1.1%)
 
15:30 黒田日銀総裁会見
「物価の見通しは下振れリスクのほうが大きい」
「景気先行き、当面の海外の影響あるものの国内への波及は限定的」
「低金利の長期化の副作用に留意は必要だが、政策の効果がコストを上回っている」
「引き続き緩和方向を意識した政策運営を行う」
18:30 イギリス12月失業保険申請件数 1.49万件
前回2.88万件(1.49万件)
予想2.26万件
18:30 イギリス12月失業率 3.5%
前回3.5%(3.4%)
18:30 イギリス9-11月失業率(ILO方式) 3.8%
前回3.8%
予想3.8%
 
19:00 ドイツ1月ZEW景況感調査(期待指数) 26.7
前回10.7
予想15.0
 
19:00 ユーロ 1月ZEW景況感調査 25.6
前回11.2

19:55 トランプ米大統領 「米国は好景気の真っただ中」 「米国は今まで見たことのないような好景気」 「FRBの利上げが早すぎたにもかかわらず、米国経済は好調」 「中国との関係はこれまでになく良い」 「第2段階の交渉はまもなく開始される」 27:30 中国発の新型コロナウイルスの感染例がワシントン州で報告
 
--------1/21株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 23864.56▼218.95
豪ASX   7066.345 ▼13.170
上海総合 3052.142▼43.645
英FT   7610.70▼40.74
独DAX  13555.87△6.93
NYダウ 29196.04▼152.06
 
日10年債利回り 0.0050%▼0.0050
豪10年債利回り 1.158%▼0.015
英10年債利回り 0.631%▼0.019
独10年債利回り -0.248%▼0.030
米02年債利回り 1.5304%▼0.0288
米10年債利回り 1.7743%▼0.0472
 
NY原油 58.34 ▼0.20
NY金  1557.90▼2.40
 
------------1/22注目材料----------------------------
 
<国内>
未定  1月月例経済報告
 
<海外>
08:30 1月豪ウエストパック消費者信頼感指数
16:40 カーニーBOE総裁講演
17:00 12月南アフリカ消費者物価指数
22:30 12月カナダ新築住宅価格指数
22:30 11月カナダ卸売売上高
22:30 12月カナダ消費者物価指数
23:00 11月米住宅価格指数
24:00 カナダ中銀政策金利
24:00 12月米中古住宅販売件数
25:15 ポロズBOC総裁、会見
----- WHOが新型肺炎に関する緊急委員会(ジュネーブ)
----- 世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、24日まで)
 
------------1/22きょうのひとこと--------------------
 
今回の新型肺炎は感染者が300人を超えましたが、死者はいまのところ6人で、致死率としてはSARS(9.6%)やMERS(35%)、鳥インフルエンザ(63%)より低く、毒性はそれほど強くなさそうです。中国旧正月の人民大移動による感染拡大を警戒する必要はありますが、致死率が上がらなければ「パンデミックリスク」は短期で終息に向かいそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/21 火)

WS000068.JPG
------------1/20ドル円相場-------------------------
 
東京仲値前に110.076から110.216を上下。その後はNY休場の影響もあってほぼ110.10円台で膠着。
 
OP110.077 HI110.216  LO110.076 CL110.176
 
-----------1/20主な出来事---------------------------
 
16:00 ドイツ12月生産者物価指数(前月比)+0.1%
前回0.0%
予想+0.2%
 
22:00 国際通貨基金(IMF)
「2020年の世界経済成長見通しを10月の3.4%から3.3%へ引き下げ」
「2021年の世界経済成長見通しを10月の3.6%から3.4%へ引き下げ」
 
27:56 マクロン仏大統領
「デジタル課税に関してトランプ米大統領と素晴らしい議論を行った」
「関税のエスカレートを回避するため良好な合意に向けて協力する」
-----------1/20株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 24083.51△42.25
豪ASX  7079.515△15.385
上海総合 3095.787△20.291
英FT  7651.44▼23.12
独DAX  13548.94△22.81
NYダウ -----
 
日10年債利回り 0.0100%△0.0070
豪10年債利回り 0.0100%△0.0070
英10年債利回り 0.650%△0.018
独10年債利回り -0.218%▼0.003
米02年債利回り -----
米10年債利回り -----
 
NY原油 58.82△0.28
NY金 1560.60△0.30
 
------------1/21注目材料----------------------------
 
<国内>
未定  日銀金融政策決定会合
未定  経済・物価情勢の展望(展望リポート)
15:30  黒田日銀総裁定例記者会見
 
<海外>
17:30 12月香港消費者物価指数
18:30 12月英雇用統計
18:30 9-11月英失業率(ILO方式)
18:30 9-11月英週平均賃金
19:00 1月独ZEW景況感指数
19:00 1月ユーロ圏ZEW景況感指数
21:00 12月メキシコ失業率
22:30 11月カナダ製造業出荷
24:00 カーニーBOE総裁講演
30:00 NETFLIX10-12月期決算
----- IBM10-12月期決算
----- EU財務相理事会(ルクセンブルク)
----- 米大統領弾劾裁判審理開始
----- 世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、24日まで)
 
------------1/21きょうのひとこと--------------------
 
8カ月ぶり高値圏の110円台前半でドルを買う動きは鈍いようです。いわゆる「買い控え」がドル円の上値の重さに繋がっていると見られます。ただ、米株の上昇が止まらない中ではドル円の下値も限定的でしょう。「買い控え」が「買い遅れ」となり、どこかで目を瞑って買わざるを得なくなる。そんな妄想も膨らむ足元の膠着相場です。
 
 
本日もよろしくお願いします。

17日のドル円相場ときょうのひとこと(1/20 月)

 WS000067.JPG

------------1/17ドル円相場-------------------------
 
東京仲値に向けて110.287まで買い先行もフォローなく伸び悩む。3連休前のNY市場では110.046まで小緩むがリスクオン地合いの中で下値も限定的。
 
OP110.157 HI110.287  LO110.046 CL110.168
 
-----------1/17主な出来事---------------------------
 
08:50 日本対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)+2兆3224億円
前回-1927億円(-1930億円)
 
11:00 中国12月小売売上高(前年同月比) +8.0%
前回+8.0%
予想+7.8%
 
11:00 中国12月鉱工業生産(前年同月比) +6.9%
前回+6.2%
予想+5.9%
 
11:00 中国10-12月期GDP(前年比) +6.0%
前回+6.0%
予想+6.0%
 
18:30 イギリス12月小売売上高(前月比) -0.6%
前回-0.6%(-0.8%)
予想+0.5%
イギリス12月小売売上高(除自動車)(前月比) -0.8%
-0.6%(-0.8%)
予想+0.8%
 
19:00 ユーロ12月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年比) +1.3%
前回+1.0%
予想+1.3%
 
22:30 アメリカ12月住宅着工件数(年率換算) 160.8万件
前回136.5万件(137.5万件)
予想137.5万件
アメリカ12月建設許可件数(年率換算) 141.6万件
前回148.2万件(147.4万件)
予想146.8万件
 
23:15 アメリカ12月鉱工業生産(前月比) -0.3%
前回+1.1%(0.8%)
予想-0.2%
アメリカ12月設備稼働率 77.0%
前回77.3%(77.4%)
予想77.1%
 
24:00 アメリカ1月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 99.1
前回99.3
予想99.3
 
-----------1/17株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 24041.26△108.13
豪ASX  7064.130 △22.350
上海総合 3075.496 △1.415
英FT  7674.56△64.75
独DAX  13526.13△96.70
NYダウ 29348.10△50.46
 
日10年債利回り 0.0030%▼0.0120
豪10年債利回り 1.177%▼0.006
英10年債利回り 0.632%▼0.011
独10年債利回り -0.215%△0.003
米02年債利回り 1.5592%▼0.0065
米10年債利回り 1.8215%△0.0141
 
NY原油 58.54 △0.02
NY金 1560.30△9.80
 
------------1/20注目材料----------------------------
 
<国内>
10:10  日銀国債買い入れオペ(1-3年、3-5年)
13:30  11月鉱工業生産確報
 
 
<海外>米国祝日(キング牧師誕生日)
09:01  1月ライトムーブ英住宅価格
16:00  12月独生産者物価指数
27:30  ラガルドECB総裁講演
-----  ユーロ圏財務相会合(ルクセンブルク)
-----  IMF世界経済見通し
 
------------1/20きょうのひとこと--------------------
 
ドル円は、110円台前半で小競り合いが続いていますが、前週末の動きについて、リスクオンでも110.29円までしか上げられなかったと見るか、米3連休前でも110.05までしか調整しなかったと見るかで、足元のドル円の相場つきの評価が分かれそうです。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/17 金)

WS000065.JPG
------------1/16ドル円相場-------------------------
 
米指標の好結果が続きNY市場で110.176まで上昇。米株は史上最高値を再び更新。
 
OP109.880 HI110.176  LO109.850 CL110.168
 
-----------1/16主な出来事---------------------------
 
08:50 日本11月機械受注(前月比)+18.0%
前回-6.0%
予想+3.2%
 
21:30 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(12月11日?12日分)
「政策は不必要な副作用を軽減するために調整されるだろう」
「指標は弱いが、成長の勢いは安定している」
「コアインフレが緩やかに上昇する兆しがある」
 
22:30 アメリカ12月小売売上高(前月比) +0.3%
前回+0.2%(0.3%)
予想+0.3%
アメリカ12月小売売上高・除自動車(前月比)+0.7%
前回+0.1%(0.0%)
予想+0.5%
 
22:30 アメリカ前週分新規失業保険申請件数 20.4万件
前回21.4万件
予想21.6万件
 
22:30 アメリカ1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 17.0
前回0.3(2.4)
予想3.8
 
24:00 アメリカ11月企業在庫(前月比) -0.2%
前回+0.2%(0.1%)
予想-0.2%
 
-----------1/16株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23933.13△16.55
豪ASX  7041.780 △46.940
上海総合 3074.081 ▼15.957
英FT  7609.81▼32.99
独DAX  13429.43▼2.87
NYダウ 29297.64△267.42
 
日10年債利回り 0.0150%△0.0050
豪10年債利回り 1.183%▼0.028
英10年債利回り 0.643%▼0.012
独10年債利回り -0.219%▼0.019
米02年債利回り 1.5657%△0.0121
米10年債利回り 1.8074%△0.0244
 
NY原油 58.52 △0.71
NY金 1550.50▼3.50
 
------------1/17注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
 
<海外>
11:00  10-12月期中国GDP
11:00  12月中国鉱工業生産
11:00  12月中国小売売上高
16:30  12月スイス生産者輸入価格
16:45  11月仏財政収支
18:00  11月ユーロ圏経常収支
18:30  12月英小売売上高
19:00  11月ユーロ圏建設支出
19:00  12月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
22:30  11月対カナダ証券投資
22:30  12月米住宅着工件数
22:30  12月米建設許可件数
23:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁講演
23:15  12月米鉱工業生産指数
23:15  12月米設備稼働率
24:00  1月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
26:45  クオールズFRB副議長講演
 
------------1/17きょうのひとこと--------------------
 
昨日は米指標が揃って改善し、モルスタ決算も良好で米株が史上最高値を更新。今朝は日経平均が24100円台に上昇と、流れは完全にリスクオンです。ドル/円は仲値を前に110.29円前後まで上昇して昨年5月23日以来の高値を付けています。リスクオンの流れの強さの割にはやや勢いが鈍いようにも感じられますが、このあと11時に発表される中国GDP以下一連の経済指標待ちという面もあるのでしょう。110円台前半で伸び悩むようだと、3連休を控えたNY市場は調整主体の動きになる可能性もあるだけに、中国経済指標の結果とドル円の動きに注目です。
 
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/16 木)

WS000063.JPG
------------1/15ドル円相場-------------------------
 
米中が第1段階の通商合意に署名も織り込み済みで反応薄。トランプ弾劾も上院否決が濃厚で材料視されず。
 
OP109.982 HI110.003  LO109.788 CL109.906
 
-----------1/15主な出来事---------------------------
 
18:30 イギリス12月消費者物価指数(前月比)0.0%
前回+0.2%
予想+0.2%
18:30 イギリス12月消費者物価指数(前年比)+1.3%
前回+1.5%
予想+1.5%
18:30 イギリス12月小売物価指数(前月比)+0.3%
前回+0.2%
予想+0.4%
18:30 イギリス12月生産者物価指数(前月比)0.0%
前回-0.2%
予想+0.1%
 
19:00 ユーロ11月鉱工業生産(前月比)+0.2%
前回-0.5%(-0.9%)
予想+0.3%
 
19:00 ユーロ11月貿易収支(季調済)+192億ユーロ
前回+245億ユーロ(240億ユーロ)
予想+220億ユーロ
 
22:30 アメリカ12月生産者物価指数(前月比)+0.1%
前回0.0%
予想+0.2%
アメリカ12月生産者物価指数(前年比)+1.3%
前回+1.1%
予想+1.3%
アメリカ12月生産者物価指数・コア(前年比)+1.1%
前回+1.3%
予想+1.3%
 
22:30 アメリカ1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 4.8
前回3.5(3.3)
予想3.6
 
25:54 トランプ米大統領
「そう遠くない将来に中国を訪問する」
「合意が発効し次第、『第2段階』の交渉を開始へ」
「すべての関税は第2段階の合意をまとめた時点で引き下げ」
「中国との第3段階交渉は不要と考える」
 
27:00 米中両国が第1段階の通商合意に署名
 
-----------1/15株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23916.58▼108.59
豪ASX  6994.840 △32.640
上海総合 3090.038 ▼16.782
英FT  7642.80△20.45
独DAX  13432.3▼24.19
NYダウ 29030.22△90.55
 
日10年債利回り 0.0100%▼0.0060
豪10年債利回り 1.211%▼0.044
英10年債利回り 0.654%▼0.066
独10年債利回り -0.200%▼0.028
米02年債利回り 1.5536%▼0.0164
米10年債利回り 1.7830%▼0.0279
 
NY原油 57.81 ▼0.42
NY金 1554.00△9.40
 
------------1/16注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  11月機械受注
 
<海外>
09:01  12月英RICS住宅価格
16:00  12月独消費者物価指数・改定値
20:00  トルコ中銀政策金利
21:30  ECB理事会議事要旨(12月11日-12日分)
未定  南ア中銀(SARB)政策金利
22:30  1月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30  12月米輸入物価指数
22:30  12月米小売売上高
22:30  前週分の米新規失業保険申請件数
24:00  11月米企業在庫
24:00  1月米NAHB住宅市場指数
27:00  ラガルドECB総裁、講演
30:00  11月対米証券投資動向
 
------------1/16きょうのひとこと--------------------
 
米中第1段階通商合意には、中国側の約束として、2年で2000億ドル超の米農産品・エネルギーを輸入、知的財産権の保護強化、為替操作排除などが盛り込まれました。米国は1200億ドル相当の中国産品への関税を15%から7.5%へ引き下げる事になりました(2500億ドル×25%は維持)。ただ、市場は目立った反応を見せず、ドル円もほぼスルー。また、先ほど米下院がトランプ大統領弾劾条項の上院送付を可決(21日から上院で弾劾裁判開始)しましたが、市場はこちらもスルーしています。こうなると、市場がスルーせずにしっかり反応しそうな材料は目先的に見当たりません。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/15 水)

 WS000062.JPG

 
------------1/14ドル円相場-------------------------
 
米「為替操作国」から中国を除外で5月23日以来の110円台を回復して110.206まで上昇。ただ、米は対中関税を11月の大統領選まで維持する方針と伝わり109.854に押し戻されるなど伸び悩んだ。
 
OP109.916 HI110.206  LO109.854 CL110.000
 
-----------1/14主な出来事---------------------------
 
08:50 日本11月国際収支・貿易収支 -25億円
前回+2540億円
予想+1015億円
 
12:26 中国12月貿易収支 +467.9億ドル
前回+387.3億ドル(+376.2億ドル)
予想+457億ドル
 
17:24 ジョンソン英首相
「年末までにEUとの通商合意を確保する可能性が非常に高い」
 
22:30 アメリカ12月消費者物価指数(前月比)+0.2%
前回+0.3%
予想+0.3%
アメリカ12月消費者物価指数(前年比)+2.3%
前回+2.1%
予想+2.4%
アメリカ12月消費者物価指数・コア(前年比)+2.3%
前回+2.3%
予想+2.3%
 
27:40 既存の対中関税、大統領選まで継続へ-関係者
 
-----------1/14株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 24025.17△174.60
豪ASX  6962.152 △58.483
上海総合 3106.82▼8.75
英FT  7622.35△4.75
独DAX  13456.49△4.97
NYダウ 28939.67△32.62
 
日10年債利回り 0.0160%△0.0160
豪10年債利回り 1.255%△0.042
英10年債利回り 0.720%▼0.030
独10年債利回り -0.171%▼0.012
米02年債利回り 1.5700%▼0.0143
米10年債利回り 1.8109%▼0.0350
 
NY原油 58.23 △0.15
NY金 1544.60▼6.00
 
------------1/15注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  12月マネーストックM2
09:30頃  黒田日銀総裁、あいさつ
14:00  日銀地域経済報告(さくらレポート)
 
<海外>
16:45  12月仏消費者物価指数・改定値
17:30  12月スウェーデン消費者物価指数
17:40  ホルツマン・オーストリア中銀総裁、講演
17:40  サンダース英MPC委員、講演
18:30  12月英消費者物価指数
18:30  12月英小売物価指数
18:30  12月英生産者物価指数
19:00  11月ユーロ圏鉱工業生産
20:00  11月南アフリカ小売売上高
------   バンクオブ・アメリカ10-12月期決算
21:30  ゴールドマン・サックス10-12月期決算
22:30  12月米生産者物価指数
22:30  1月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
24:30  EIA週間原油在庫統計
24:30  ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
25:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
25:00  デイリー米サンフランシスコ連銀総裁、講演
26:00  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
28:00  米地区連銀経済報告(ベージュブック)
-----  米中貿易協議「第1段階合意」署名式
 
------------1/15きょうのひとこと--------------------
 
本日は、米中両国が貿易協議「第1段階」の合意文書に署名します。とはいえ、中国政府の国営企業に対する補助金など、より根が深い問題は「第2段階」以降の協議へと先送りされる模様です。米国による対中関税の引き下げも報道どおりに当面ないとすれば、市場の楽観ムードがさらに高まる事は考えにくいところです。「第1段階」の合意署名を受けてひとまず材料出尽くしとならないか、少し警戒しておいたほうが良さそうです。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/14 火)

WS000059.JPG 

------------1/13ドル円相場-------------------------
 
ポンドに対するドル買いと、米国が中国を為替操作国から除外するとの報道を受けた円売りで8カ月ぶりに109.943まで上伸。
 
OP109.507 HI109.943  LO109.495 CL109.935
 
-----------1/13主な出来事---------------------------
 
(1/12付けFT紙)ブリハ英MPC委員
「国内の成長に関するデータに早期かつ著しい改善が見られない限り、今月の政策会合で利下げに票を投じる」
 
16:00 ドイツ12月卸売物価指数(前月比) 0.0%
前回-0.1%
18:30 イギリス11月GDP(前月比) -0.3%
前回0.0%(0.1%)
予想0.0%
 
18:30 イギリス11月鉱工業生産指数(前月比)-1.2%
前回+0.1%(0.4%)
予想-0.1%
 
18:30 イギリス11月貿易収支 -52.56億ポンド
前回-144.86億ポンド(-109.47億ポンド)
予想-117.00億ポンド
 
25:30 米政府は中国を『為替操作国』の指定から外す計画」-関係者
 
28:00 アメリカ12月月財政収支 -133億ドル
前回-2088億ドル
予想-150億ドル
 
-----------1/13株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 -----
豪ASX  6903.669 ▼25.358
上海総合 3115.570 △23.279
英FT  7617.60△29.75
独DAX  13451.52▼31.79
NYダウ 28907.05△83.28
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 1.213%▼0.041
英10年債利回り 0.750%▼0.019
独10年債利回り -0.159%△0.040
米02年債利回り 1.5843%△0.0141
米10年債利回り 1.8459%△0.0263
 
NY原油 58.08 ▼0.96
NY金 1550.60▼9.50
 
------------1/14注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  11月経常収支/貿易収支
14:00  12月景気ウオッチャー調査
 
<海外>
06:45  11月NZ住宅建設許可件数
未定  12月中国貿易収支
16:00  11月トルコ鉱工業生産
17:30  メルシュECB専務理事講演
22:30  12月米消費者物価指数
23:00  ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁講演
26:30  ビルロワ・フランス中銀総裁講演
27:00  ジョージ米カンザスシティー連銀総裁講演
28:30  デコス・スペイン中銀総裁講演
 
------------1/14きょうのひとこと--------------------
 
ドル円は、今朝の東京市場で意外にあっさり110円台に乗せてきました。もう少し抵抗が強いのかと思いましたがそうでもなかったようです。ただ、抵抗が少なかった分だけ110.00円を上抜けても上昇に弾みはついていません。ここからの動きに注目です。
 
本日もよろしくお願いします。

10日のドル円相場ときょうのひとこと(1/13 月)

0110.PNG
-------------1/10ドル円相場-------------------------
 
米雇用者数が予想に届かなかった事でややドル売りに傾くも109.436どまり。
 
OP109.535 HI109.687  LO109.436 CL109.502
 
-----------1/10主な出来事---------------------------
 
09:30 オーストラリア11月小売売上高(前月比) +0.9%
前回0.0%(0.1%)
予想+0.4%
 
22:30 アメリカ12月非農業部門雇用者数 +14.5万人
前回+26.6万人(25.6万人)
予想+16.0万人
アメリカ12月失業率 3.5%
前回3.5%
予想3.5%
アメリカ12月平均時給(前月比)+0.1%
前回+0.2%(0.3%)
予想+0.3%
アメリカ12月平均時給(前年比) +2.9%
前回+3.1%
予想+3.1%
 
22:30 カナダ 12月新規雇用者数 +3.52万人
前回-7.12万人
予想+2.50万人
カナダ12月失業率 5.6%
前回5.9%
予想5.8%
 
24:00 アメリカ11月卸売在庫(前月比) -0.1%
前回+0.1%
予想+0.1%
アメリカ11月卸売売上高(前月比) +1.5%
前回-0.7%(-0.9%)
予想+0.2%
 
--------1/10株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 23,850.57△110.70
豪ASX   6,929.026
上海総合 6,881.500▼2.591
英FT   7,587.85▼10.27
独DAX  13,483.31▼11.75
NYダウ 28,823.77▼133.13
 
日10年債利回り 0.000%▼0.010
豪10年債利回り 1.254%
英10年債利回り 0.769%▼0.051
独10年債利回り -0.199%▼0.020
米02年債利回り 1.5702%▼ 0.0083
米10年債利回り 1.8196▼0.0349
 
NY原油 59.04▼0.52
NY金  1560.10△5.80
 
------------1/13注目材料----------------------------
 
<国内>成人の日の祝日で休場
特になし
 
<海外>
16:00  12月独卸売物価指数
16:00  11月トルコ経常収支
18:30  11月英GDP
18:30  11月英鉱工業生産指数
18:30  11月英製造業生産高
18:30  11月英英貿易収支
24:00  ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演
26:40  ボスティック米アトランタ連銀総裁講演
30:00  12月米月次財政収支
 
------------1/13きょうのひとこと--------------------
 
10日金曜日のドル円の値幅は25銭ほどでした。米雇用統計の発表があったとは思えないほどの小動きで、「動かないドル円」を象徴する一日でした。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/10 金)

WS000049.JPG
 ------------1/9ドル円相場-------------------------

 
米イランの緊張緩和でリスクオン。米中通商合意(第1段階)も正式署名の運びとなった。世界的に株価が上昇する中、NY市場で109.579まで上値を伸ばした。
 
OP109.069 HI109.579  LO109.010 CL109.518
 
-----------1/9主な出来事---------------------------
 
09:30 オーストラリア11月貿易収支 +58.00億豪ドル
前回+45.02億豪ドル(40.75億豪ドル)
予想+41.00億豪ドル
 
10:30 中国12月消費者物価指数(前年比) +4.5%
前回+4.5%
予想+4.7%
 
10:30 中国12月生産者物価指数(前年比) -0.5%
前回-1.4%
予想-0.4%
 
16:00 ドイツ11月貿易収支+183億ユーロ
前回+215億ユーロ(213億ユーロ)
予想+213億ユーロ
 
16:00 ドイツ11月鉱工業生産(前月比)+1.1%
前回-1.7%(-1.0%)
予想+0.7%
 
16:07 中国商務省
「米中合意署名のため、劉副首相が13日-15日に訪米」
 
17:54 バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
「今後の日程は極めて厳しい」
「1年足らずで新たなパートナーシップのあらゆる項目で合意を見込むことは単純に無理だ」
 
18:30 カーニーBOE総裁
「MPCは近い将来に金融緩和を行う利点について議論している」
 
22:15 カナダ12月住宅着工件数 19.73万件
前回21.00万件(20.43万件)
予想20.13万件
22:30 アメリカ前週分新規失業保険申請件数 21.4万件
前回22.2万件(22.3万件)
予想22.0万件
 
-----------1/9株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23739.87△535.11
豪ASX  6874.230 △56.605
上海総合 3094.882△27.989
英FT  7598.12△23.19
独DAX  13495.06△174.88
NYダウ 28956.90△211.81
 
日10年債利回り 0.0100%△0.0120
豪10年債利回り 1.236%△0.053
英10年債利回り 0.820%△0.003
独10年債利回り -0.179%△0.028
米02年債利回り 1.5785%▼0.0021
米10年債利回り 1.8545%▼0.0193
 
NY原油 59.56▼0.05
NY金 1554.30▼5.90
 
------------1/10注目材料----------------------------
 
<国内>
08:30  11月家計調査
08:50  12月外貨準備高
14:00  11月景気動向指数速報値
 
<海外>
09:30  11月豪小売売上高
15:45  12月スイス失業率
16:00  12月ノルウェー消費者物価指数
16:00  10月トルコ失業率
16:45  11月仏鉱工業生産指数
18:30  テンレイロ英MPC委員、講演
21:00  11月インド鉱工業生産
21:00  11月メキシコ鉱工業生産
22:30  12月カナダ雇用統計
22:30  12月米雇用統計
24:00  11月米卸売在庫
24:00  11月米卸売売上高
 
------------1/10きょうのひとこと--------------------
 
ドル/円は、年末年始の下げをそっくり埋めて12月高値の109.73円前後に再接近中です。今夜の米12月雇用統計で米経済の強さが再確認できれば、高値更新とともに約8カ月ぶりの110円台回復も見えきそうです。ただ、12月中に何度も跳ね返されたこの水準を今回も抜けきれないようだと、もういちど下値を探りに行く事になるかもしれません。雇用統計が弱かった場合の見切売りも強そうなだけに結果が気になります。なお、米12月雇用統計の主な項目の市場予想は、非農業部門雇用者数が16.0万人増、失業率は3.5%、平均時給は前月比+0.3%などとなっています。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/9 木)

WS000048.JPG
------------1/8ドル円相場-------------------------

 
イランの米軍攻撃で107.652まで急落も、本格衝突回避への期待で急速に持ち直す。イラン外相、トランプ米大統領の発言で109.239へと反発した。
 
OP108.454 HI109.239  LO107.652 CL109.134
 
-----------1/8主な出来事---------------------------
 
08:20 イラン、米軍駐留のイラク基地に攻撃開始
 
09:30 オーストラリア11月住宅建設許可件数 (前月比) +11.8%
-8.1%(-7.9%)
+2.0%
 
11:41 ザリフ・イラン外相
「イランは均衡の取れた措置を終了、戦争を求めてはいない」
「米軍基地への攻撃は自己防衛だった」
 
16:00 ドイツ11月製造業新規受注(前月比)-1.3%
-0.4%(0.2%)
+0.3%
 
22:15 アメリカ12月ADP雇用統計 +20.2万人
+6.7万人(12.4万人)
+16.0万人
 
25:30 トランプ米大統領
「イランは攻撃後、行動を抑制しているようだ」
「イランの攻撃で米国人に死傷者はなかった」
「イランに経済制裁を課す」
 
ジョンソン英首相
「EU離脱の移行期間は延長しないと明確にしている」
 
フォンデアライエン欧州委員長
「年内に英国とEUが貿易協定を締結するのは不可能」
 
-----------1/8株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23204.76▼370.96
豪ASX  6817.625▼8.813
上海総合 3066.893▼37.909
英FT  7574.93△1.08
独DAX  13320.18△93.35
NYダウ 28745.09△161.41
 
日10年債利回り -0.0020%△0.0030
豪10年債利回り 1.183%▼0.033
英10年債利回り 0.817%△0.025
独10年債利回り -0.207%△0.078
米02年債利回り 1.5806%△0.0402
米10年債利回り 1.8738%△0.0560
 
NY原油 59.61▼3.09
NY金 1560.20▼14.10
 
------------1/9注目材料----------------------------
 
<国内>
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
 
<海外>
09:01 12月英BRC小売売上高調査
09:30 11月豪貿易収支
10:30 12月中国消費者物価指数
10:30 12月中国生産者物価指数
16:00 11月独貿易収支
16:00 11月独経常収支
16:00 11月独鉱工業生産
16:30 11月スイス小売売上高
18:30 カーニーBOE総裁、講演
19:00 11月ユーロ圏失業率
21:00 12月メキシコ消費者物価指数
22:00 クラリダFRB副議長、講演
22:15 12月カナダ住宅着工件数
22:30 11月カナダ住宅建設許可件数
22:30 前週分の米新規失業保険申請件数
23:30 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
25:30 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁、講演
26:00 ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
26:45 バーキン米リッチモンド連銀総裁、講演
27:00 米30年債入札
27:00 シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
27:20 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
27:45 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、講演
28:00 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
28:10 バイトマン独連銀総裁、講演
-----  英下院、欧州連合(EU)離脱関連法案の採決
 
------------1/9きょうのひとこと--------------------
 
昨日のドル/円は、長い下ヒゲを伸ばした大陽線で引けました。日足チャートは下ヒゲだけで80銭、ロウソク足の実体部は70銭に及んでいます。下げ止まりからの上値模索再開を示唆する足型と言えそうです。米・イラン間の緊張緩和で、次は明日の米雇用統計に関心が集まると見られますが、雇用統計次第では12月抵抗の109.70円台突破や110円台回復というドラマチックな展開になるのでしょうか。
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/8 水)

WS000046.JPG
 ------------1/7ドル円相場-------------------------

 
米ISM非製造業景況指数の好結果で108.631まで上昇も、中東懸念拭えず伸び悩んだ。
 
OP108.346 HI108.631  LO108.262 CL108.487
 
-----------1/7主な出来事---------------------------
 
15:01 ザリーフ・イラン外相
「米国のソレマイニ司令官への攻撃で世界と米国はより安全ではなくなった」

16:30 イランは米国に対する13の報復シナリオを検討
 
19:00 ユーロ12月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比)+1.3%
前回+1.0%
予想+1.3%
 
22:30 カナダ11月貿易収支 -10.9億カナダドル
前回-10.8億カナダドル(-16.1億カナダドル)
予想-11.5億カナダドル
22:30 アメリカ11月貿易収支 -431億ドル
前回-472億ドル(-469億ドル)
予想-438億ドル
 
24:00 アメリカ11月製造業新規受注(前月比)-0.7%
前回+0.3%(0.2%)
予想-0.8%
 
24:00 アメリカ12月ISM非製造業景況指数 55.0
前回53.9
予想54.5
 
-----------1/7株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23575.72△370.86
豪ASX  6826.438 △90.731
上海総合 3104.802 △21.394
英FT  7573.85▼1.49
独DAX  13226.83△99.84
NYダウ 28583.68▼119.70
 
日10年債利回り -0.0050%△0.0150
豪10年債利回り 1.216%△0.014
英10年債利回り 0.792%△0.024
独10年債利回り -0.285%△0.002
米02年債利回り 1.5404%▼0.0041
米10年債利回り 1.8177%△0.0087
 
NY原油 62.70 ▼0.57
NY金 1574.30△5.50
 
------------1/8注目材料----------------------------
 
<国内>
 
14:00  12月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯)
 
<海外>
09:30  11月豪住宅建設許可件数
16:00  11月独製造業新規受注
16:45  12月仏消費者信頼感指数
16:45  11月仏貿易収支
16:45  11月仏経常収支
19:00  12月ユーロ圏消費者信頼感指数
19:00  12月ユーロ圏経済信頼感指数
22:00  デギンドスECB副総裁講演
22:15  12月ADP全米雇用報告
24:00  ブレイナードFRB理事講演
24:30  EIA週間在庫統計
27:00  米財務省、10年債入札
29:00  11月米消費者信用残高
 
------------1/8きょうのひとこと--------------------
 
今朝方、イランが米軍のイラク駐留基地をミサイルで攻撃しました。先日の米軍の空爆によってイラン精鋭部隊司令官が殺害された事への報復です。ある程度想定していた割に市場の反応は大きく、日経平均は600円近く下落、ドル円も3カ月ぶりに107.60円台へと下落しています。中東の動乱は、短期で収束するなら絶好の押し目となるケースが多いのですが、今回はどうでしょうか。とりあえず米国の反応待ちといったところです。
 
 
本日もよろしくお願いします。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/7 火)

 WS000042.JPG
------------1/6ドル円相場-------------------------

 
中東リスクを懸念して円買い先行も、ドルの押し目買いで下げ渋るとNY市場で反発。
 
OP107.850 HI108.502  LO107.770 CL108.378
 
-----------1/6主な出来事---------------------------
 
10:45 中国12月財新サービス業PMI 52.5
前回53.5
予想53.2
 
16:00 ドイツ11月小売売上高指数(前月比)+2.1%
前回-1.9%(-1.6%)
予想+1.0%
 
17:55 ドイツ12月サービス業PMI・改定値 52.9
前回52.0
予想52.0
 
18:00 ユーロ建12月サービス業PMI・改定値 52.8
前回52.4
予想52.4
 
18:30 イギリス12月サービス業PMI・改定値 50.0
前回49.0
予想49.1
 
19:00 ユーロ圏11月生産者物価指数(前月比)+0.1%
前回+0.1%
予想+0.2%
 
23:45 アメリカ12月サービス業PMI・改定値 52.8
前回52.2
予想52.2
 
-----------1/6株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23204.86▼451.76
豪ASX  6735.707△2.207
上海総合 3083.408 ▼0.378
英FT  7575.34▼47.06
独DAX  13126.99▼92.15
NYダウ 28703.38△68.50
 
日10年債利回り -0.0200%▼0.0090
豪10年債利回り 1.202%▼0.050
英10年債利回り 0.768%△0.030
独10年債利回り -0.287%▼0.009
米02年債利回り 1.5445%△0.0199
米10年債利回り 1.8090%△0.0209
 
NY原油 63.27 △0.22
NY金 1568.80△16.40
 
------------1/7注目材料----------------------------
 
 <国内>
特になし
 
<海外>
16:30  11月スイス消費者物価指数
19:00  11月ユーロ圏小売売上高
19:00  12月ユーロ圏HICP速報値
22:30  11月カナダ貿易収支
22:30  11月米貿易収支
24:00  12月カナダIvey購買部協会景気指数
24:00  12月米ISM非製造業指数
24:00  11月米製造業新規受注
27:00  米3年債入札
-----  英下院、EU離脱関連法案審議(9日まで)
 
------------1/7きょうのひとこと--------------------
 
昨日のドル円の反発が「底入れ」のシグナルなのか、「あや戻し」に過ぎないのか、正直なところ判断がつきません。イランが捨て身の報復に打って出るリスクを考えると「あや戻し」にも思えますが、大きな衝突さえなければ緩やかな反発が続きそうで「底入れ」だった可能性も。いずれにしても中東睨みという事になりそうです。
 
本日もよろしくお願いします。

2日・3日のドル円相場ときょうのひとこと(1/6 月)

0102.PNG
-------------1/2ドル円相場-------------------------
 
ドル買い続かず。米株高にもかかわらず108.212まで軟化。
 
OP108.742 HI108.864  LO108.212 CL108.541
 
-----------1/2主な出来事---------------------------
 
10:45 中国12月財新製造業PMI 51.5
前回51.8
予想51.6
 
17:55 ドイツ12月製造業PMI・改定値 43.7
前回43.4
予想43.4
 
18:00 ユーロ12月製造業PMI・改定値 46.3
前回45.9
予想45.9
 
18:30 イギリス12月製造業PMI・改定値 47.5
前回47.4
予想47.6
 
22:30 アメリカ新規失業保険申請件数 22.2万件
前回22.2万件(22.4万件)
予想22.5万件
 
23:45 アメリカ12月製造業PMI・改定値 52.4
前回52.5
予想52.5
 
--------1/2株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 -----
豪ASX   6690.58△6.49
上海総合 3085.19△35.07
英FT   7604.30△61.86
独DAX  -----
NYダウ 28868.80△330.36
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 1.343%
英10年債利回り 0.793%
独10年債利回り -0.223%
米02年債利回り 1.5690%
米10年債利回り 1.8771%
 
NY原油 61.18△0.12
NY金  1528.10△5.00




0103.PNG
-------------1/3ドル円相場-------------------------
 
中東リスクが意識されて円買い優位。米債利回り低下で107.843まで下値を拡大。
 
OP108.555 HI108.627  LO107.843 CL108.111
 
-----------1/3主な出来事---------------------------
 
10:30 米軍、イラクの首都バグダッド空爆
イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害
 
14:13 イランの最高指導者ハメネイ師
「ソレイマニ司令官の殺害に対して容赦ない報復措置をとる」
 
17:55 ドイツ12月失業者数(前月比)+0.8万人
前回-1.6万人(-1.4万人)
予想+0.2万人
17:55 ドイツ12月失業率 5.0%
前回5.0%
予想5.0%
 
18:30 イギリス12月建設業PMI44.4
前回45.3
予想45.9
 
22:00 ドイツ12月消費者物価指数・速報値(前年比)1.5%
前回1.1%
予想1.4%
 
24:00 アメリカ12月ISM製造業景況指数
前回48.1
予想49.0
 
28:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録
「現在の金融政策は適切」
「多くのメンバーはリスクはやや下向きと判断」
「大きな変化がない限り、金利は当面適切な水準」
「少なくとも4月まではレポが必要」
「低金利を長期間続けると金融セクターの不均衡を悪化させる可能性との指摘も」
「ここ数カ月でいくぶんリスクが和らいだ」
 
--------1/3株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 -----
豪ASX  6733.500△ 42.917 
上海総合 3083.786▼1.412 
英FT   7622.40△18.10
独DAX  13219.14▼166.79
NYダウ 28634.88▼233.92
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 1.252%▼0.091
英10年債利回り 0.738%▼0.055
独10年債利回り -0.278%▼0.055
米02年債利回り 1.5246▼0.0444
米10年債利回り 1.7881%▼0.0890
 
NY原油 63.00△1.82 
NY金  1552.70 △24.60
 
------------1/6注目材料----------------------------
 <国内>
特になし
 
<海外>
10:45  12月財新中国サービス業PMI
16:00  11月独小売売上高指数
17:50  12月仏サービス業PMI・改定値
17:55  12月独サービス業PMI・改定値
18:00  12月ユーロ圏サービス業PMI・改定値
18:30  12月英サービス業PMI・改定値
19:00  11月ユーロ圏卸売物価指数
22:30  11月カナダ鉱工業製品価格
22:30  11月カナダ原料価格指数
23:45  12月米サービス業PMI・改定値
 
------------1/6きょうのひとこと--------------------
 
 今年も昨年に続き円高でスタートしました。1月のドル円は過去10年中7年が月足陰線となっており、「年始のドル安・円高」というアノマリーが確認できます。米イランの緊迫化を受けて、アノマリーが今年も再現されそうな2020年相場のスタートです。
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
 

31日のドル円相場ときょうのひとこと(1/2 木)

1231.PNG 

-------------12/31ドル円相場-------------------------
 
主要通貨に対するドル売り継続。108.648で2019年の取引を終了。
 
OP108.867 HI108.881  LO108.471 CL108.648
 
-----------12/31主な出来事---------------------------
 
10:00 中国12月製造業PMI 50.2
前回50.2
予想50.1
 
23:00 アメリカ10月住宅価格指数(前月比)+0.2%
前回+0.6%(0.7%)
予想+0.4%
 
23:00 アメリカ10月ケース・シラー米住宅価格指数(前年比)+2.2%
前回+2.1%
予想+2.2%
 
24:00 アメリカ12月消費者信頼感指数 126.5
前回125.5(126.8)
予想128.2
 
--------12/31株式・債券・商品-------------------------
 
日経平均 -----
豪ASX   6684.100▼120.755
上海総合 3050.124△10.100
英FT   7542.44▼44.61
独DAX  -----
NYダウ 28538.44△76.30
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 1.370%
英10年債利回り 0.822%▼0.045
独10年債利回り -----
米02年債利回り 1.5691%△0.0038
米10年債利回り 1.9175%△0.0387
 
NY原油 61.68 ▼0.04
NY金  1518.60△0.50
 
------------1/2注目材料----------------------------
 
<国内>
特になし
 
<海外>
09:00  10?12月期シンガポールGDP・速報値
09:00  シンガポール金融通貨庁(MAS)金融政策発表
10:45  12月財新中国製造業PMI
16:00  12月トルコ製造業PMI
17:50  12月仏製造業PMI改定値
17:55  12月独製造業PMI改定値
18:00  12月ユーロ圏製造業PMI改定値
18:30  12月英製造業PMI改定値
22:30  前週分の米新規失業保険申請件数
23:45  12月米製造業PMI改定値
 
------------1/2きょうのひとこと--------------------
 
2019年のドル円は年足小陰線で引けました。年間の値幅は8円程度で変動相場制移行後の最低記録を更新する歴史的な小動きの1年でした。そうした中、月足ボリンジャーバンドの幅(+2シグマ?-2シグマ)が狭まっており、テクニカル面からも「煮詰まり感」が窺えます。なお、12月末時点の月足ボリンジャーバンドの幅は8.2円ほどで、これはアベノミクス相場がスタートした2012年11月以来の狭さです。小動きが長引いた事で動意のマグマを内に溜め込んだドル円相場は、そろそろ大きく動き出してもおかしくないタイミングなのかもしれません。
 
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
 

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム