サイト内検索:

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/15 木) - 外為リアルタイムレビュー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/15 木)

 WS000802.JPG
--------------8/14ドル円相場-------------------

 
中国は鉱工業生産が17年ぶりの低水準となり、ドイツはGDPがマイナス成長。これらを受けて景気後退懸念が強まり欧米株が大幅安。米2-10年債利回りは一時、景気後退の予兆とされる逆イールドに。リスク回避の円買いで105.655円まで下落した。
 
OP106.722 HI106.753  LO105.655 CL105.901
 
-----------8/14主な出来事---------------------------
 
08:50 日本6月機械受注(前月比) +13.9%
前回-7.8%
予想-1.3%
 
11:00 中国7月小売売上高(前年同月比) +7.6%
前回+9.8%
予想+8.6%
11:00 中国7月鉱工業生産(前年同月比) +4.8%
前回+6.3%
予想+5.8%
 
15:00 ドイツ4-6月期GDP・速報値(前期比) -0.1%
前回+0.4%
予想-0.1%
 
17:30 イギリス7月消費者物価指数(前月比)0.0%
前回0.0%
予想-0.1%
イギリス7月消費者物価指数(前年比)+2.1%
前回+2.0%
予想+1.9%
 
17:30 イギリス7月小売物価指数(前年比)
前回
予想
17:30 イギリス7月卸売物価指数(前年比)
前回
予想
18:00 ユーロ6月鉱工業生産(前月比) -1.6%
前回+0.9% (0.8%)
予想-1.4%
 
18:00 ユーロ4-6月期GDP・改定値(前期比) +0.2%
前回+0.2%
予想+0.2%
 
21:30 アメリカ7月輸入物価指数(前月比) +0.2%
前回-0.9% (-1.1%)
予想0.0%
 
28:24 トランプ米大統領
「米国の問題は中国ではなくFRB」 
「FRBの利上げは早かったが利下げは遅すぎた」 
「逆イールドは狂っている」 
---------8/14株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 20655.13△199.69
豪ASX  6595.898△27.360
上海総合 2808.915 △11.655
英FT  7147.88▼103.02
独DAX 11492.66▼257.47
NYダウ 25479.42▼800.49
 
日10年債利回り -0.2190%△0.0140
豪10年債利回り 0.942%△0.009
英10年債利回り 0.448%▼0.046
独10年債利回り -0.650%▼0.042
米2年債利回り 1.5771%▼0.0895
米10年債利回り 1.5792%▼0.1242
 
NY原油 55.23 ▼1.87
NY金 1527.80△13.70
 
------------8/15注目材料---------------------------
 
<国内> 
13:30  6月鉱工業生産確報 
13:30  6月設備稼働率 
 
<海外> 
10:30  7月豪雇用統計 
15:30  7月スイス生産者輸入価格
16:00  5月トルコ失業率
17:00  ノルウェー中銀、政策金利
17:30  7月英小売売上高
21:30  8月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
21:30  4-6月期米非農業部門労働生産性・速報値
21:30  4-6月期米単位労働コスト・速報値 
21:30  8月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
21:30  7月米小売売上高
21:30  前週分の米新規失業保険申請件数
22:15  7月米鉱工業生産指数
22:15  7月米設備稼働率
23:00  8月米NAHB住宅市場指数
23:00  6月米企業在庫
27:00  メキシコ中銀、政策金利
29:00  6月対米証券投資動向 
 
------------8/15きょうのひとこと---------------------
 
市場の話題をさらったのは米債の「逆イールド」です。10年債利回りが2年債利回りより低くなる逆転現象の事で、景気後退の予兆と言われています。前回「逆イールド」が発生したのはリーマンショック前夜の2007年の事でした。金利は期間(満期)が長いほど高くなるのが普通なので、2年債が10年債より金利が高いというのはちょっとした異常事態です。2年債利回りが足元の金融政策の影響を受けやすい一方、10年債は市場参加者の予測(思惑)が反映されやすいので、10年債利回りの低下による「逆イールド」は市場からの景気後退に対する警告、利下げの催促という事もできるのです。もちろん、市場の見方が常に正しいとは限りません。中には逆イールドが景気後退に繋がらなかったケースもありました。また、その正解が出るのは11-25ヵ月後(これまでに逆イールド発生から実際に景気後退が始まるまでにかかった期間)と実は結構時間がかかるのです。
 
「ひとこと」では収まらずに長くなってしまいましたが、本日もよろしくお願いします。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム