サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2019年5月15日バックナンバー

2019年5月15日バックナンバー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/15 水)

WS000624.JPG

 ------------5/14ドル円相場--------------------------
 
トランプ発言で市場心理悪化に歯止め。欧米株は反発もドル円の戻りは109.70円台までにとどまる。
 
OP109.255 HI109.770  LO109.145 CL109.604
 
-----------5/14主な出来事---------------------------
 
08:50 日本3月国際収支・貿易収支 +7001億円
前回+4892億円
予想+8395億円
 
09:49 トランプ米大統領 
「中国との協議は成功すると思う。それは3-4週間後に分かる」 
 
16:54 中国外務省 
「米中は対話の進行を続けることに合意」 
「外国企業が中国で投資を広げることを歓迎する」 
「中国が自国の利益を守ることに、米国が過小評価をしないことを望んでいる」
 
17:30 イギリス4月失業保険申請件数 2.47万件
2.83万件 (2.26万件)
イギリス4月失業率3.0%
3.0%
イギリス1-3月失業率(ILO方式)3.8%
前回3.9%
予想3.9%
イギリス1-3月週平均賃金(前年比)+3.2%
前回+3.5%
予想+3.4%
 
18:00 ユーロ 3月鉱工業生産(前月比) -0.3%
前回-0.2% (-0.1%)
予想-0.3%
 
18:00 ドイツ5月ZEW景況感調査(期待指数)-2.1
前回3.1
予想5.0
 
21:15 サルビーニ伊副首相
「財政赤字の対国内総生産(GDP)比率が3%、もしくは債務の対GDP比率が130─140%というように、財政規律を超える必要性に迫られた場合、われわれにはその用意ができている。失業率が5%に低下するまで、必要な財政出動を実施する。EUが苦言を呈する可能性があるが、われわれは気にしない」
 
21:30 アメリカ4月輸入物価指数(前月比) +0.2%
前回+0.6%
予想+0.7%
 
21:35 トランプ米大統領(ツイート)
「中国は国内のシステムにマネーを供給し、恐らく金利を引き下げるだろう。FRBが『同等の措置』を講じれば、ゲームオーバーだ。われわれが勝利する!」
 
24:00 トランプ米大統領
「若干の量的緩和(QE)があれば米経済の成長率は5%に達するだろう」
---------5/14株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21067.23▼124.05
豪ASX  6239.913▼57.679
上海総合 2883.611 ▼20.102
英FT  7241.60△77.92
独DAX 11991.62△114.97
NYダウ 25532.05△207.06
 
日10年債利回り -0.0500%▼0.0020
豪10年債利回り 1.699%▼0.024
英10年債利回り 1.105%△0.004
独10年債利回り -0.070%±0.000
米2年債利回り 2.1965%△0.0081
米10年債利回り 2.4104%△0.0089
 
NY原油 61.78 △0.74
NY金 1296.30▼5.50
 
------------5/15注目材料-----------------------
<国内> 
特になし
 
<海外> 
07:00 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁、講演 
09:30 5月豪ウエストパック消費者信頼感指数 
11:00 4月中国鉱工業生産 
11:00 4月中国小売売上高 
15:00 1-3月期独GDP・速報値
15:45 4月仏消費者物価指数・改定値
16:00 2月トルコ失業率
18:00 1-3月期ユーロ圏GDP改定値
20:00 3月南アフリカ小売売上高
21:30 4月カナダ消費者物価指数
21:30 4月米小売売上高
21:30 5月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15 4月米鉱工業生産指数
22:15 4月米設備稼働率
22:30 クオールズ米FRB副議長、米上院銀行委員会で証言 
23:00 5月米NAHB住宅市場指数
23:00 3月米企業在庫
23:15 クーレECB理事、講演 
23:30 EIA週間在庫統計 
25:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁、講演 
25:30 プラートECB専務理事、講演 
29:00 米3月対米証券投資動向 
 
------------5/15きょうのひとこと---------------
 
トランプ大統領の相次ぐ火消し発言などで米中貿易戦争への懸念は和らいでいます。和らいだというより、米中協議の次のヤマ場は6月のG20(大阪)になるとの見方が強いため、この問題はひとまず棚上げといったところかもしれません。そうした中、昨日は欧米株価が反発しましたが、今朝の日本株は高寄り後に失速してしまいました。令和時代になって1週間余りですが日経平均は上昇して終えた日が一度もありません。令和場所の初日が出るのはいつになるのでしょうか。
 
本日もよろしくお願いします。
 
 
 

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

FXってなに? | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



業界最狭水準スプレッド

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム