サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年11月バックナンバー

2018年11月バックナンバー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/30 金)

WS000240.JPG
------------11/29ドル円相場--------------------------
 
前日のパウエル砲を引きずりドル売り先行。FRB重視のPCEコアデフレーター減速で113.185円まで下押し。その後の買戻しは113.50円台で一巡。米中首脳会談待ちに傾く。
 
OP113.612 HI113.657 LO113.185 CL113.458
 
-----------11/29主な出来事---------------------------
 
09:30  (豪) 7-9月期四半期民間設備投資(前期比) -0.5%
前回-2.5%(-0.9%) 
予想+1.0%  
 
17:19 バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官 
「ブレグジットの交渉は終わった」 「今示されている案が唯一取引き可能な案」
 
17:55  (独) 11月失業率 5.0%
前回5.1%
予想5.1%  
 (独) 11月失業者数(前月比) -1.6万人
前回-1.1万人(-1.2万人) 
予想-1.0万人  
 
22:00  (独) 11月消費者物価指数・速報値(前年比) +2.3%
前回+2.5%
予想+2.4%
 
22:30  (米) 10月個人消費支出(PCE)(前月比) +0.6% 
前回+0.4%(0.2%) 
予想+0.4% 
 (米) 10月個人所得(前月比) +0.5%
前回+0.2% 
予想+0.4%
 (米) 10月コアPCEデフレーター(前年比) +1.8%
前回+2.0%(+1.9%)
予想+1.9%
 
22:30  (米) 前週分新規失業保険申請件数 23.4万件
前回22.4万件 
予想22.0万件  
 
24:00  (米) 10月住宅販売保留指数(前月比) -2.6%
前回0.5%(0.7%) 
予想0.5%  
 
28:00  (米) FOMC議事要旨 
「ほとんどのメンバーは早期利上げは正当化されると認識」 「漸進的な利上げとの文言変更を議論」 「数人のメンバーは利上げ時期について懸念を表明」 「貿易政策の先行き不透明感の強まりに懸念」 「債務や低いインフレ期待のリスクに言及」 
 
 
---------11/29株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22262.6△85.58
豪ASX 5758.416 △33.338
上海総合 2567.443 ▼34.294
英FT  7038.95△34.43
独DAX 11298.23▼0.65
NYダウ 25338.84▼27.59
 
日10年債利回り 0.0820%▼0.0180
豪10年債利回り 2.601%▼0.019
英10年債利回り 1.367%▼0.009
独10年債利回り 0.321%▼0.029
米2年債利回り 2.8086%±0.0000
米10年債利回り 3.0298%▼0.0292
 
NY原油 51.45 △1.16
NY金 1230.40△0.60
 
------------11/30きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:30 10月完全失業率 
08:30 10月有効求人倍率 
08:50 10月鉱工業生産速報
14:00 池田日銀理事、あいさつ 
19:00 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績) 
 
<海外> 
06:45 10月NZ住宅建設許可件数 
10:00 11月中国製造業PMI
16:00 11月英ネーションワイド住宅価格指数
16:00 10月トルコ貿易収支
16:00 10月独小売売上高指数
16:00 10月独輸入物価指数
16:45 10月仏卸売物価指数
16:45 11月仏消費者物価指数(CPI)速報値 
17:00 11月スイスKOF景気先行指数
18:00 11月ノルウェー失業率
19:00 10月ユーロ圏失業率
19:00 11月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
19:00 メルシュECB専務理事、講演 
21:00 10月南アフリカ貿易収支
21:45 クーレECB理事、講演 
22:30 9月カナダGDP
22:30 7-9月期カナダGDP
22:30 10月カナダ鉱工業製品価格
22:30 10月カナダ原料価格指数
23:00 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁、講演 
23:45 11月米シカゴ購買部協会景気指数
----- G20首脳会議(ブエノスアイレス、12月1日まで) 
----- 12月1日 米中首脳会談 
 
------------11/30きょうのひとこと---------------------
 
FOMC議事録で「漸進的な利上げとの文言変更を議論」した事が明らかとなりましたが、これを「利上げ打ち止め議論」と報じるメディアがあった事にややオドロキました。次(12月)の利上げで中立金利レンジ(2.5-3.5%)に到達するので、今後はこれまでのように3カ月に1回の定期的な利上げではなく、データ次第で柔軟に利上げするかしないかを決めるという事だと思いますが・・・まあ、そのあたりは市場も解っているようで、FOMC議事録に対するドルの反応は小さなものでした。これで、1日の米中首脳会談待ちは確定ですね。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/29 木)

WS000238.JPG 
------------11/28ドル円相場--------------------------
 
2週間ぶり高値も114円台の滞空時間は30分未満。その後、パウエル砲でドルが墜落も株急騰が支えに。
 
OP113.761 HI114.033 LO113.436 CL113.667
 
-----------11/28主な出来事---------------------------
 
22:30  (米) 7-9月期GDP・改定値(前期比年率)+ 3.5% 
前回+3.5% 
予想+3.5% 
 
24:00  (米) 10月新築住宅販売件数(年率換算) 54.4万件
前回55.3万件(59.7万件) 
予想57.5万件  
 
24:00  (米) 11月リッチモンド連銀製造業指数 14 
前回15 
予想15 
 
25:30 (英)BOE金融安定報告書
「合意なき(無秩序な)離脱となった場合、英経済が1年以内に8%縮小し、不動産価格が3割程度下落」
 
25:45  (英) カーニーBOE総裁、会見 
「我々の仕事は最善の仕事を期待する事ではなく、最悪に備える事だ」
 
26:00  (米) パウエル米FRB議長、講演 
「政策に規定路線はない」 「金利は中立レンジをわずかに下回る水準」 「利上げの影響は不確実。顕在化に1年以上かかる可能性」 「政策金利は歴史的標準と比べてまだ低い」 
 
 
---------11/28株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22177.02△224.62
豪ASX 5725.078▼3.205
上海総合 2601.737 △27.058
英FT  7004.52▼12.33
独DAX 11298.88▼10.23
NYダウ 25366.43△617.70
 
日10年債利回り 0.1000%△0.0080
豪10年債利回り 2.619%▼0.015
英10年債利回り 1.377%▼0.016
独10年債利回り 0.349%±0.000
米2年債利回り 2.8086%▼0.0243
米10年債利回り 3.0590%△0.0018
 
NY原油 50.29 ▼1.27
NY金 1229.80△9.90
 
------------11/29きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
10:30  政井日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
09:00  11月NBNZ企業信頼感 
09:30  7-9月期豪民間設備投資
15:00  10月南アフリカマネーサプライM3
16:45  7-9月期仏GDP改定値
17:00  デギンドスECB副総裁、講演 
17:30  7-9月期スウェーデンGDP
17:55  11月独雇用統計
18:30  10月英消費者信用残高
18:30  10月英マネーサプライM4 
18:30  10月南アフリカ卸売物価指数
19:00  11月ユーロ圏消費者信頼感指数・確定値
22:00  11月独消費者物価指数(CPI)速報値 
22:30  7-9月期カナダ経常収支
22:30  10月米個人消費支出(PCE) 
22:30  10月米個人所得
22:30  10月米PCEコアデフレーター
22:30  米新規失業保険申請件数
24:00  10月米住宅販売保留指数
28:00  FOMC議事要旨(11月7-8日分) 
28:00  メスター、エバンズ、ハーカー、カシュカリ、各総裁が討論会 
29:05  カプラン米ダラス連銀総裁、ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演 
----   G20財務相・中央銀行総裁会議(アルゼンチン・ブエノスアイレス) 
 
------------11/29きょうのひとこと---------------------
 
パウエルFRB議長が政策金利について「中立金利のレンジを僅かに下回る水準にある」との認識を示した事が話題になっています。中立金利というのは、景気を冷ましもふかしもしないニュートラルな金利水準の事で、FRBはこれを3%前後と推定しています(レンジは2.5?3.5%)。市場は議長の発言を、中立金利に近付いたからそろそろ利上げは打ち止めだと勝手に解釈したフシがありますが、議長は当然そんな事は言っていません。「政策に規定路線はない」「入手する経済・金融データが何を示唆しているのか丹念に精査していく」とも述べているように、中立金利が近い事もあるので、ガンガン利上げする事はない(そもそもこれまでもない)けど、どこまで利上げするかはデータ次第だと、当たり前の事を言っているんですよね。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/28 水)

WS000236.JPG 

------------11/27ドル円相場--------------------------
 
ドルが堅調を維持。クラリダFRB副議長の発言が前回ほどハト派的ではなかったと受け止められた面も。
 
OP113.565 HI113.840 LO113.415 CL113.783
 
-----------11/27主な出来事---------------------------
 
06:45  (NZ) 10月貿易収支 -12.95億NZドル 
前回-15.60億NZドル(-15.96億NZドル) 
予想-8.50億NZドル 
 
22:00 クラリダFRB副議長
「漸進的な利上げを支持、中立金利は不透明」「リスクは3年前ほどダウンサイドに傾斜していない」「インフレ目標上回れば政策見通し調整へ」
 
23:00  (米) 9月ケース・シラー米住宅価格指数(前年比) + 5.1% 
前回+5.5% 
予想+5.3%
 
23:00  (米) 9月住宅価格指数(前月比)+0.2%
前回+0.3%(0.4%) 
予想+0.4%  
 
24:00  (米) 11月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 135.7 
前回137.9 
予想135.9 
 
28:00 クドロー米NEC委員長
「中国が貿易摩擦を巡る新たな是正策を提示すれば、何らかの合意に達する可能性はある」
 
---------11/27株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21952.4△140.40
豪ASX 5728.283 △56.712
上海総合 2574.679 ▼1.131
英FT  7016.85▼19.15
独DAX 11309.11▼45.61
NYダウ 24748.73△108.49
 
日10年債利回り 0.0920%△0.0020
豪10年債利回り2.634%±0.000
英10年債利回り 1.392%▼0.017
独10年債利回り 0.350%▼0.012
米2年債利回り 2.8329%△0.0027
米10年債利回り 3.0572%△0.0036
 
NY原油 51.56 ▼0.07
NY金 1219.90▼8.80
 
------------11/28きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
07:00  オアNZ中銀総裁、会見 
15:30  レーン・アイルランド中銀総裁、講演 
16:00  12月独Gfk消費者信頼感指数
16:00  7?9月期南アBER消費者信頼感指数
18:00  10月ユーロ圏マネーサプライM3
21:05  クーレECB理事、講演 
22:00  デギンドスECB副総裁、講演 
22:30  7-9月期米GDP・改定値
24:00  10月米新築住宅販売件数
24:00  11月米リッチモンド連銀製造業景気指数
24:20  プラートECB専務理事、講演 
24:30  EIA週間原油在庫統計 
25:30  BOE金融安定報告書とストレステストの結果発表 
25:45  カーニーBOE総裁、会見 
26:00  パウエル米FRB議長、講演 
29:00  米財務省、7年債入札 
 
------------11/28きょうのひとこと---------------------
 
113.35-114.10円のゾーンに、今日から明日にかけて期限を迎えるオプションが総額で67億ドルもあるようです。中でも114.00円には本日期限分だけで19億ドルが設定されています。期限が本日24時(日本時間)で、パウエル講演が26時(同)ですから、動きがあるとしたらこのタイミングになるのかもしれません。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/27 火)

WS000234.JPG 
------------11/26ドル円相場--------------------------
 
米感謝祭休暇明けでリスク選好戻る。NY市場では原油・株の反発で113.60円台まで上伸。
 
OP112.890 HI113.649 LO112.876 CL113.594
 
-----------11/26主な出来事---------------------------
 
06:45  (NZ) 7-9月期四半期小売売上高指数(前期比) 0.0%
前回1.1% 
予想1.0%  
 
18:00  (独) 11月IFO企業景況感指数 102.0 
前回102.8(102.9) 
予想102.3 
 
23:00  (ユーロ) ドラギECB総裁 
「大規模な金融緩和政策が依然として必要」 「最近の経済データは予想よりも弱い」 「資産買い入れは最後まで継続すると予想」
 
30:15 トランプ米大統領
「(中国と貿易協議で)合意しなければ、2670億ドル分(に関税)を追加で課すつもりだ」
 
---------11/26株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21812△165.45
豪ASX 5671.571 ▼44.634
上海総合 2575.810 ▼3.673
英FT  7036.00△83.14
独DAX 11354.72△162.03
NYダウ 24640.24△354.29
 
日10年債利回り 0.0900%▼0.0100
豪10年債利回り 2.634%▼0.016
英10年債利回り 1.410%△0.029
独10年債利回り 0.361%△0.021
米2年債利回り 2.8302%△0.0209
米10年債利回り 3.0535%△0.0146
 
NY原油 51.63 △1.21
NY金 1228.70▼0.40
 
------------11/27きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
06:45  NZ10月貿易収支
22:30  クラリダ米FRB副議長、講演 
23:00  米9月住宅価格指数
23:00  米9月ケース・シラー住宅価格指数
24:00  米11月消費者信頼感指数 
25:00  メルシュECB専務理事、講演 
27:00  米5年債入札(400億ドル)
28:30  ボスティック米アトランタ連銀総裁、エバンズ米シカゴ連銀総裁、ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、討議に参加 
 
------------11/27きょうのひとこと---------------------
 
原油高・株高と、米感謝祭休暇が明けてリスク選好の流れが復活しました。と思いきや、米株取引終了後には、そうした良好ムードに水を差すトランプ米大統領の発言が伝わっています。今週末の米中首脳会談の結果を待たざるを得ないという「あきらめムード」が広がってしまうとドル円の114円乗せもお預けになってしまいそうです。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

23日のドル円相場ときょうのひとこと(11/26 月)

1123.PNG 
------------11/23ドル円相場--------------------------
 
勤労感謝の日で東京休場。感謝祭と週末の狭間のブラックフライデーでNY半ドン。原油安・株安で112.662まで下落するも、閑散取引のNY午後は112.90円台まで買い戻されて取引終了。
 
OP112.929 HI113.008 LO112.662 CL112.918
 
-----------11/23主な出来事---------------------------
 
16:00 (独) 7-9月期GDP・改定値(前年比)+1.1%
前回+1.1%
予想+1.1%
 
17:30 (独) 11月サービス業PMI・速報値 53.3
前回54.7
予想54.5
 (独) 11月製造業PMI・速報値 51.6
前回52.2
予想52.2
 
18:00 (ユーロ) 11月サービス業PMI・速報値 53.1
前回53.7
予想53.5
 (ユーロ) 11月製造業PMI・速報値 51.5
前回52.0
予想52.0
 
22:30 (加) 10月消費者物価指数(前年比)+2.4%
前回2.2%
予想2.2%
 
22:30 (加) 9月小売売上高(前月比) +0.2%
前回-0.1%(0.0%)
予想+0.1%
 
23:45 (米) 11月製造業PMI・速報値 55.4
前回55.7
予想55.7  
 
---------11/23株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 -----    
豪ASX   5716.20△24.92
上海総合 2579.48▼65.95
英FT   6,952.86▼7.46
独DAX   11,192.69△54.20
NYダウ   24285.95▼178.74     
 
日10年債利回り -----   
豪10年債利回り 2.650%▼0.014
英10年債利回り 1.380%▼0.05
独10年債利回り 0.34%▼0.03
米2年債利回り  2.81%---   
米10年債利回り 3.04%▼0.02
 
NY原油 50.42▼4.21
NY金 1223.20▼4.80
 
------------11/24きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
06:45  7-9月期NZ小売売上高指数 
07:15  ロウRBA総裁、講演 
18:00  11月独Ifo企業景況感指数
18:00  プラートECB専務理事、講演 
21:30  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、クーレECB理事、講演 
23:00  ドラギECB総裁、議会演説 
27:00  米2年債入札 (390億ドル)
27:30  カーニーBOE総裁、講演 
 
 
------------11/24きょうのひとこと---------------------
 
日米ともに連休明け(米は厳密な意味での連休ではありませんが)となるため、動意の高まりを期待したいところですが、市場の関心は早くも来週末(の米中首脳会談)に向かっているのでしょう。ドル円はテクニカル的にも112.60-70のサポートと113.10-20のレジスタンスに挟まれて動きづらい値位置にあります。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/23 金)

 1122.PNG

 
------------11/22ドル円相場--------------------------
 
決め手がないまま、早朝の高値113.196と夕刻の安値112.882で売買一巡。その後は米国祝日で動意喪失。
 
OP113.035 HI113.196 LO112.882 CL112.940
 
-----------11/22主な出来事---------------------------
 
08:30 (日) 10月全国消費者物価指数 除く生鮮食(前年比)+1.0%
予想1.0%
前回1.0%
 
19:32 トゥスクEU大統領 
「将来のEUと英の関係は基本的に同意した」 
 
2:09 南ア中銀、政策金利を6.50%から6.75%に引き上げ
「現在の経済改革は主に構造的なもので、金融政策だけでは改革できない」 
「最近の経済指標の結果は、第3四半期の成長は9月の予測よりも、より緩やかになっていると示している」 
「2018年の経済成長は0.6%と予測(9月予測は0.7%)」 
「2019年の経済成長は1.9%と予測(9月予測と変わらず)」 
「2020年の経済成長は2.0%と予測(9月予測と変わらず)」 
 
22:21 クガニャゴ南ア中銀総裁 
「MPCメンバーの3人が利上げ支持、3人が据え置き支持」 
「金融政策は依然として緩和的」 
 
24:00 (ユーロ) 11月消費者信頼感(速報値)-3.9
前回-2.7
予想-3.0
 
---------11/22株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21646.55△139.01
豪ASX 5691.28 
上海総合 2645.43▼6.08
英FT  6960.32 ▼89.91 
独DAX 11138.49 ▼105.68
NYダウ -----
 
日10年債利回り 0.0950%
豪10年債利回り 2.66%
英10年債利回り 1.428%
独10年債利回り 0.370%
米2年債利回り -----
米10年債利回り -----
 
NY原油 ----
NY金 ----
 
------------11/23きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 勤労感謝の日の祝日で休場 
特になし
 
<海外> 感謝祭翌日で米債券・株式・商品市場は短縮取引 
16:00  7-9月期独GDP・改定値 
17:15  11月仏製造業PMI・速報値
17:15  11月仏サービス業PMI・速報値
17:30  11月独製造業PMI・速報値
17:30  11月独サービス業PMI・速報値 
18:00  11月ユーロ圏製造業PMI速報値
18:00  11月ユーロ圏サービス業PMI・速報値 
21:00  デギンドスECB副総裁、講演 
22:30  9月カナダ小売売上高
22:30  10月カナダ消費者物価指数
23:00  7-9月期メキシコGDP確定値 
23:45  11月米製造業PMI・速報値
 
 
24日 メイ英首相とユンケル欧州委員長がEU離脱巡りブリュッセルで再会談 
25日 英離脱合意巡る臨時EU首脳会議(ブリュッセル) 
 
------------11/23きょうのひとこと---------------------
 
きょうは勤労感謝の日で日本がお休みです。米国は祝日明けですが、株・債券ともに半ドンで「ほぼ休日」モードです。ある調査では、ブラックフライデーの金曜日に買い物をする予定があると答えた米国人は71%に上るとそうです(仕事してる場合じゃないという日ですね)。来週からのクリスマスラリーに期待するとしましょう。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/22 木)

WS000232.JPG
------------11/21ドル円相場--------------------------
 
世界株安一服で円売り主導の113円台回復。リスク回避のドル買いの反動でドルも軟調につき上値は20日線の113.10円台どまりに。
 
OP112.728 HI113.146 LO112.644 CL113.048
 
-----------11/21主な出来事---------------------------
 
15:52 サルビーニ伊副首相 
「予算の修正に前向き」 
 
17:00  (南ア) 10月消費者物価指数(前年比) +5.1%
前回+4.9% 
予想+5.2% 
 
20:00 欧州委員会、イタリア予算案は「特に深刻な違反」に相当、「過剰財政赤字手続き」にも
 
20:30 米FRB、来年春にも利上げサイクルを終了する可能性---匿名のFRB高官
 
22:30  (加) 9月卸売売上高(前月比) -0.5%
前回-0.1% 
予想+0.3%  
 
22:30  (米) 10月耐久財受注(前月比) -4.4% 
前回+0.8%(-0.1%) 
予想-2.5% 
(米) 10月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比)+0.1% 
前回+0.1%(-0.6%) 
予想+0.4% 
 
22:30  (米) 新規失業保険申請件数 22.4万件
前回21.6万件(22.1万件) 
予想21.5万件  
 
24:00  (米) 10月中古住宅販売件数(年率換算)  522万件
前回515万件 
予想520万件 
 
24:00  (米) 10月景気先行指標総合指数(前月比) +0.1% 
前回+0.5%(0.6%) 
予想+0.1% 
 
24:00  (米) 11月ミシガン大学消費者態度指数・確報値 97.5
前回98.3 
予想98.3  
 
---------11/21株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21507.54▼75.58
豪ASX 5642.773 ▼29.014
上海総合 2651.505 △5.651
英FT  7050.23△102.31
独DAX 11244.17△177.76
NYダウ 24464.69▼0.95
 
日10年債利回り 0.0950%▼0.0070
豪10年債利回り 2.688%▼0.004
英10年債利回り 1.396%△0.013
独10年債利回り 0.376%△0.025
米2年債利回り 2.8139%△0.0102
米10年債利回り 3.0627%±0.0000
 
NY原油 54.63 △1.20
NY金 1228.00△6.80
 
------------11/22きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:30  10月全国消費者物価指数
08:50  対外対内証券売買契約等の状況
-----  11月月例経済報告 
 
<海外> 感謝祭のため米株・米債市場が休場
17:15  7-9月期スイス鉱工業生産
21:30  ECB理事会議事要旨
-----  南ア中銀、政策金利発表
24:00  11月ユーロ圏消費者信頼感指数・速報値 
25:30  バイトマン独連銀総裁、クノット蘭中銀総裁、ビスコ伊中銀総裁、講演 
26:00  メルシュECB専務理事、講演 
29:55  サンダース英MPC委員、講演
 
------------11/22きょうのひとこと---------------------
 
きょうは米国が祝日です。明日は日本が祝日で、米国は祝日でこそありませんが「ほぼ休」のブラック・フライデーです。ドル円は20日移動平均線付近で推移しており、ここ1カ月間の終値平均という値位置から見ても、参加者のポジションに大きな偏りが残っている公算は小さいでしょう。欧州政治不安や世界景気減速懸念などはひとまず脇に置いて、市場は「ロングウイークエンド」モードに入る事になりそうです。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/21 水)

 WS000229.JPG

------------11/20ドル円相場--------------------------
 
市場センチメント悪化で月初来安値を更新するも、ドル全面高の流れに乗って反発。原油大幅安・株大幅安の強烈なアゲンストにもかかわらず陽線引け。
 
OP112.516 HI112.836 LO112.305 CL112.737
 
-----------11/20主な出来事---------------------------
 
09:30 RBA議事録
「短期的に政策金利を変更する強い根拠はない」 「次の金融政策変更はおそらく利上げになるだろう」 「金利の据え置きは安定と信頼の源との認識で一致」 
 
17:20 ロウRBA総裁 
「安定した政策をしばらくの間は継続する」 「経済が予想通りに進行すれば、いつの時点かでは金利は上がるだろう」 「時給はこの6年停滞している」 「賃金上昇がなく、失業率が4.5%まで低下することに疑問」 「信用供与について懸念し始めている」 
 
19:00  (英) カーニーBOE総裁
「金融安定のため、中銀があらゆる手段を講じることに自信」 「合意なきブレグジットのリスクは間もなく判明するだろう」 「合意なきブレグジットの可能性についてはコメント控える」  
 
22:30  (米) 10月住宅着工件数(年率換算) 122.8万件 
120.1万件(121.0万件) 
122.8万件 
 
22:30  (米) 10月建設許可件数(年率換算件数) 126.3万件 
124.1万件(127.0万件) 
126.0万件 
 
---------11/20株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21583.12▼238.04
豪ASX 5671.786 ▼21.874
上海総合 2645.854 ▼57.658
英FT  6947.92▼52.97
独DAX 11066.41▼178.13
NYダウ 24465.64▼551.80
 
日10年債利回り 0.1020%△0.0050
豪10年債利回り 2.693%△0.031
英10年債利回り 1.383%△0.006
独10年債利回り 0.350%▼0.022
米2年債利回り 2.7893%▼0.0105
米10年債利回り 3.0628%±0.0000
 
NY原油 53.43 ▼3.33
NY金 1221.20▼4.10
 
------------11/21きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
17:00  10月南アフリカ消費者物価指数
22:30  9月カナダ卸売売上高
22:30  10月米耐久財受注額
22:30  前週分の米新規失業保険申請件数 
24:00  10月米景気先行指標総合指数
24:00  10月米中古住宅販売件数 
24:00  11月米ミシガン大消費者態度指数・確報値
24:15  カーニーBOE総裁、講演 
24:30  EIA週間在庫統計 
25:30  メイ英首相とユンケル欧州委員長が会談
-----  欧州委、イタリア予算案に対する最終判断を公表
 
------------11/21きょうのひとこと---------------------
 
昨日のNY市場は、原油(WTI)が3%超下落し、ダウも2%を超える下げという超絶リスク回避モードでしたが、ドル円は欧州市場で付けた月初来安値から切り返す堅調な展開となりました。ビットコインも大きく値崩れしており、リスク資産が軒並み売り込まれる中で、ドルと円がいずれも(その他の通貨に対して)安全資産として買われる展開でしたが、安全通貨番付ではドルが円より上位という評価になりました。
 
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/20 火)

WS000226.JPG 
------------11/19ドル円相場--------------------------
 
米株安・米長期金利低下でドル安・円高に。NAHB指数の大幅低下もドルの重しに。
 
OP112.761 HI112.870 LO112.420 CL112.544
 
-----------11/19主な出来事---------------------------
 
06:45  (NZ) 7-9月期生産者物価指数(前期比) +1.5%
前回+0.9%   
 
08:50  (日) 10月貿易統計(通関ベース) -4493億円
前回1396億円(1313億円) 
予想-700億円  
 
17:11 日産自動車のゴーン会長を金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部が逮捕へ
 
18:00  (ユーロ) 9月経常収支+169億ユーロ 
+ 239億ユーロ(243億ユーロ) -- 
 
24:00  (米) 11月NAHB住宅市場指数60 
前回68 
予想67 
 
---------11/19株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21821.16△140.82
豪ASX 5693.660 ▼36.891
上海総合 2703.512 △24.402
英FT  7000.89▼12.99
独DAX 11244.54▼96.46
NYダウ 25017.44▼395.78
 
日10年債利回り 0.0970%▼0.0070
豪10年債利回り 2.662%▼0.016
英10年債利回り 1.378%▼0.034
独10年債利回り 0.373%△0.006
米2年債利回り 2.7893%▼0.0105
米10年債利回り 3.0628%±0.0000
 
NY原油 56.76 △0.30
NY金 1225.30△2.30
 
------------11/20きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
09:30  11月RBA理事会議事要旨 
16:00  10月独生産者物価指数
17:20  ロウRBA総裁、講演 
17:30  10月香港消費者物価指数
19:00  カーニーBOE総裁、カンリフBOE副総裁、ホールデン英MPC委員、サンダース英MPC委員、議会証言 
2:30  10月米住宅着工件数
22:30  10月米建設許可件数
24:00  バイトマン独連銀総裁、講演 
 
------------11/20きょうのひとこと---------------------
 
昨日は、NYダウが一時500ドルを越える下げとなりました。アップルが新型iPhoneの生産縮小との報道で、ハイテク株が総崩れとなったようです。そうした中、ドル/円は112.40円台まで下落して月初来安値を更新しましたが、下落幅は40銭程度。相変わらず株安と円高の連動性が薄い今日この頃です。高い金利を払ってまで、ドルに対して円を買う理由はなかなか見つけられないですよね?
 
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/19 月)

WS000223.JPG 
------------11/16ドル円相場--------------------------
 
FRB副議長発言でドル売り強まる。中立金利接近と世界景気減速に言及で米長期金利が低下する中、113円台を割り込んで下落。金利低下とドル安に支えられた米株高で112円台後半ではなんとか下げ渋る。
 
OP113.594 HI113.609 LO112.644 CL112.863
 
-----------11/16主な出来事---------------------------
 
19:00  (ユーロ) 10月消費者物価指数(HICP)・改定値(前年比) +2.2% 
前回+2.2% 
予想+2.2%  
 
22:30  (加) 9月製造業出荷(前月比) + 0.2% 
前回-0.4%(-0.5%) 
予想+0.3%
 
22:47 クラリダFRB副議長 
「FRBの正常化に向けた動きは行き過ぎでも速過ぎでもない」 
「金利は中立水準に近づいている」 
「今後の政策は経済データ次第」 
「世界経済の成長鈍化傾向が見られる」 
 
22:53 カプラン米ダラス連銀総裁 
「2019?20年の経済成長は今年をいくぶん下回る見通し」 
「世界のリスクは下向き」 
「FRBは数回追加利上げを実施するだろう」 
 
23:15  (米) 10月鉱工業生産(前月比) +0.1% 
前回+0.3%(0.2%) 
予想+0.2% 
 
23:15  (米) 10月設備稼働率 78.4%
前回78.1%(78.5%) 
予想78.2%  
 
25:33 エバンズ米シカゴ連銀総裁 
「今年のGDP成長率見通しは3.25%前後。トレンドを上回る」 
「経済見通しを考えると、政策金利は3.25%まで引き上げることが合理的」 
「インフレ率は2.5%まで上昇しても驚かない」 
「世界経済の鈍化を懸念している人々がいるが、それが経済データに基づくかは不明」 
「この先6カ月の経済指標がとても重要になる」 
 
26:36 トランプ米大統領 
「中国と貿易合意できるだろう」 
「中国を悪い状況にしたくない」 
「中国製品に対しさらなる関税は不要かもしれない」 
 
30:00  (米) 9月対米証券投資(短期債除く)+308億ドル 
前回+1318億ドル(1317億ドル)  
予想+627億ドル
 
---------11/16株式・債券・商品-----------------------
 
 
日経平均 21680.34▼123.28
豪ASX 5730.551 ▼5.467
上海総合 2679.110 △10.940
英FT  7013.88▼24.13
独DAX 11341▼12.67
NYダウ 25413.22△123.95
 
日10年債利回り 0.1040%▼0.0050
豪10年債利回り 2.678%▼0.037
英10年債利回り 1.412%△0.039
独10年債利回り 0.367%△0.007
米2年債利回り 2.7998%▼0.0541
米10年債利回り 3.0628%▼0.0475
 
NY原油 56.46 ±0.00
NY金 1223.00△8.00
 
------------11/19きょうの注目材料---------------------
<国内> 
08:50  10月貿易統計(通関ベース) 
12:30  黒田日銀総裁、講演 
 
<海外> 
06:45  7-9月期ニュージーランド生産者物価指数
18:00  9月ユーロ圏経常収支
19:00  9月ユーロ圏建設支出 
24:00  11月米NAHB住宅市場指数
24:45  ウィリアムズ米NY連銀総裁、講演 
 
------------11/19きょうのひとこと---------------------
 
クラリダ発言でドル円は日足一目均衡表の雲の中に押し込まれてしまいました。きょうは雲上限が112.892円で、下限が112.160円。113円を回復して雲の上に顔を出せれば、下げ止まり感が出そうですが、戻せないようだと雲下限を睨んだ弱持ち合いに移っていきそうな気配です。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/16 金)

 WS000220.JPG 

------------11/15ドル円相場--------------------------
 
ポンドの乱調に巻き込まれて113.10円まで下落するも、米中貿易戦争沈静化期待で113.70円に持ち直すなど、方向感定まらず。
 
OP113.550 HI113.704 LO113.100 CL113.616
 
-----------11/15主な出来事---------------------------
 
 
08:00 パウエルFRB議長 
「経済の状態にとても満足している」 
「経済が引き続きポジティブな方向に進む正当な理由がある」 
「経済界では懸念を表明しているが、FRBは通商論争での影響は今のところあまり見えていない」 
「FRBは両サイドの行き過ぎたリスクを真剣に見なければいけない。回復を遅れさせたり、インフレがコントロールが出来ないようになってはいけない」 
「バランスシートの正常化は非常に順調だが、適切な終了時期はまだ分からない」 
「経済は貿易で利益を得ている、貿易は自由で公平であるべき」 
「全ての米連邦公開市場委員会(FOMC)がこれからライブになる」 
 
09:30  (豪) 10月失業率 5.0%
前回5.0% 
予想5.1%  
  (豪) 10月新規雇用者数 +3.28万人
前回+0.56万人(0.78万人) 
予想+2.00万人  
 
17:54 ラーブ英EU離脱担当相が辞任
 
18:30  (英) 10月小売売上高指数(前月比) -0.5%
前回-0.8%(-0.4%) 
予想+0.2%  
 
19:00 マクベイ英雇用・年金相が辞任
 
19:00  (ユーロ) 9月貿易収支 +131億ユーロ 
前回+117億ユーロ  
 
22:30  (米) 10月小売売上高(前月比) +0.8% 
+0.1%(-0.1%) 
予想+0.5% 
 (米) 10月小売売上高(除自動車)(前月比) + 0.7%
前回-0.1% 
予想+0.5% 
 
22:30  (米) 11月ニューヨーク連銀製造業景気指数 23.3
前回21.1 
予想20.0  
 
22:30  (米) 11月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 12.9
前回22.2 
予想20.0  
 
22:30  (米) 前週分新規失業保険申請件数 21.6万件 
前回21.4万件 
予想21.2万件 
 
24:00  (米) 9月企業在庫(前月比)+0.3%
前回+0.5% 
予想+0.3%  
 
28:00  (メキシコ) メキシコ中銀、政策金利を7.75%から 8.00%に引き上げ
 
---------11/15株式・債券・商品-----------------------
 
 
日経平均 21803.62▼42.86
豪ASX 5736.018 △3.247
上海総合 2668.170 △35.928
英FT  7038.01△4.22
独DAX  11353.67▼58.86
NYダウ 25289.27△208.77
 
日10年債利回り 0.1090%▼0.0020
豪10年債利回り 2.715%△0.015
英10年債利回り 1.373%▼0.133
独10年債利回り 0.360%▼0.038
米2年債利回り 2.8539%▼0.0124
米10年債利回り 3.1103%▼0.0147
 
NY原油 56.46 △0.21
NY金 1215.00△4.90
 
------------11/16きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
16:00  10月独卸売物価指数
16:00  9月トルコ鉱工業生産
17:30  7-9月期香港GDP
17:30  ドラギECB総裁、講演 
19:00  10月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値 
22:00  バイトマン独連銀総裁、講演 
22:30  9月対カナダ証券投資 
22:30  9月カナダ製造業出荷 
23:15  10月米鉱工業生産指数
23:15  10月米設備稼働率) 
25:30  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
30:00  9月対米証券投資動向 
 
------------11/16きょうのひとこと---------------------
 
ポンドは対ドルで今年最大の下げを記録したそうです。英・EUが合意したブレグジット協定に反対する閣僚が相次いで辞任するなど、メイ政権の迷走が重しとなりました。ただ、英国株は小幅高、英国債も買われており、為替以外のマーケットにパニック的な動きは見られません。ドル円もポンド円の下落に113.10円までつれ安しましたが、米国株の反発ですかさず113円台後半に値を戻しています。ブレグジットについては今後の展開次第の面もありますが、いまのところは為替(ポンド)の「独り合点」という見方でよいのではないでしょうか。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/15 木)

WS000217.JPG 
------------11/14ドル円相場--------------------------
 
ポンドに振り回された感はあるにせよ113円台半ばのサポートを一時割り込む軟調推移。
 
OP113.802 HI114.007 LO113.299 CL113.644
 
-----------11/14主な出来事---------------------------
 
 
08:50  (日) 7-9月期GDP速報値(前期比年率) -1.2% 
前回+3.0% 
予想-1.0% 
 
11:00  (中国) 10月小売売上高(前年同月比) +8.6%
前回+9.2%
予想+9.1%  
 (中国) 10月鉱工業生産(前年同月比) +5.9%
前回+5.8% 
予想+5.7%  
 
16:00  (独) 7-9月期国内総生産(GDP、速報値)(前年比) +1.1% 
前回+2.3% 
予想+1.2% 
 
18:30 (英) 10月消費者物価指数(CPI)(前年比) +2.4% 
前回+2.4% 
予想+2.5%
 (英) 10月卸売物価指数(前年比) +3.1%
前回+3.3%
予想+3.1%
 (英) 10月小売物価指数(前年比) + 3.3%
前回+3.3% 
予想+3.4% 
 
19:00  (ユーロ) 7-9月期GDP・改定値(前年比)+ 1.7% 
前回+1.7% 
予想+1.7% 
 
19:00  (ユーロ) 9月鉱工業生産(前月比) -0.3% 
前回+1.0%(1.1%) 
予想-0.4% 
 
20:00  (南ア) 9月小売売上高(前年同月比)  +0.7% 
前回+2.5% 
予想+2.2%
 
22:30  (米) 10月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)+ 2.1%
前回+2.2% 
予想+2.2% 
 
22:30  (米) 10月消費者物価指数(CPI)(前年比) +2.5%
前回+2.3% 
予想+2.5%  
 
26:42 メイ英首相、閣議後の記者発表を行わない見通し
 
27:50 英BBC記者
「英保守党幹部、15日にメイ首相の不信任投票を求める公算大」
 
28:22 メイ英首相、EU離脱協定を閣議了承
 
28:59 メイ英首相
「この先も厳しい日々が続くと承知」
「この決定は精査を受ける事になるが、それは当然で無理のない事だ」
閣議了承は「集団的決定」だった(=全会一致ではなかった)
 
 
---------11/14株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21846.48△35.96
豪ASX 5732.770▼101.456
上海総合 2632.242 ▼22.637
英FT  7033.79▼19.97
独DAX  11412.53▼59.69
NYダウ 25080.50▼205.99
 
日10年債利回り 0.1110%▼0.0030
豪10年債利回り 2.700%▼0.030
英10年債利回り 1.506%▼0.014
独10年債利回り 0.398%▼0.011
米2年債利回り 2.8663%▼0.0248
米10年債利回り 3.1250%▼0.0147
 
NY原油 56.25 △0.56
NY金 1210.10△8.70
 
------------11/15きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
08:00  パウエルFRB議長、討論会出席
09:30  10月豪雇用統計
16:00  8月トルコ失業率
17:30  10月スウェーデン失業率
18:30  10月英小売売上高指数
19:00  9月ユーロ圏貿易収支(季節調整前) 
21:15  クーレECB理事、講演 
22:10  プラートECB専務理事、講演 
22:30  11月米ニューヨーク連銀製造業景気指数 
22:30  11月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30  10月米小売売上高
22:30  10月米輸入物価指数
22:30  米新規失業保険申請件数
23:35  デギンドスECB副総裁、講演 
24:00  9月米企業在庫
24:00  クオールズFRB副議長、議会証言 
25:00  EIA週間原油在庫統計 
27:00  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
28:00  メキシコ中銀、政策金利発表
29:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
 
------------11/15きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は、一時的(かつポンドの乱の余波という面はあるにせよ)とはいえ、113円台半ばのサポートを割り込んだ事で114円台の重さが改めて鮮明になりました。株はともかく、米長期金利が低下する中では上値試しの機運が復活するのは難しそうです。大きく下がる気はしませんが、どちらかと言えば下値警戒モードでしょう。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/14 水)

WS000210.JPG
------------11/13ドル円相場--------------------------
 
米中貿易戦争への懸念が和らぎドル買い・円売り先行も後が続かず。
 
OP113.822 HI114.143 LO113.578 CL113.817
 
-----------11/13主な出来事---------------------------
 
16:00  (独) 10月消費者物価指数・改定値(前年比) +2.5%
前回+2.5%
予想+2.5%
 
18:30  (英) 10月失業保険申請件数 2.02万件
前回1.85万件(2.32万件) 
18:30  (英) 10月失業率 2.7%
前回2.6% 
 
18:30  (英) 7-9月失業率(ILO方式) 4.1%
前回4.0% 
予想4.0%  
 (英) 7-9月週平均賃金(前年比)+3.0%
前回+2.7%(+2.8%)
予想+3.0%
 
19:00  (独) 11月ZEW景況感調査-24.1 
前回-24.7 
予想-25.0  
 
24:43 クドロー米NEC委員長 
「米国は中国と再度貿易について協議する」 
 
英国とEUが離脱草案に合意、英政府は14日午後に臨時閣議召集
 
28:00  (米) 10月月次財政収支 -1000億ドル
前回+1191億ドル 
予想-980億ドル  
 
---------11/13株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21810.52▼459.36
豪ASX 5834.226 ▼107.072
上海総合 2654.879 △24.359
英FT  7053.76△0.68
独DAX  11472.22△146.78
NYダウ 25286.49▼100.69
 
日10年債利回り 0.1140%▼0.0050
豪10年債利回り 2.730%▼0.010
英10年債利回り 1.521%△0.068
独10年債利回り 0.409%△0.011
米2年債利回り 2.8911%▼0.0330
米10年債利回り 3.1397%▼0.0423
 
NY原油 55.69 ▼4.24
NY金 1201.40▼2.10
 
------------11/14きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  7-9月期GDP・一次速報
 
<海外> 
11:00  10月中国鉱工業生産
11:00  10月中国小売売上高
16:00  7-9月期独GDP速報 
16:45  10月仏消費者物価指数・改定値 
17:30  10月スウェーデン消費者物価指数
18:30  10月英消費者物価指数
18:30  10月英小売物価指数
18:30  10月英卸売物価指数
19:00  9月ユーロ圏鉱工業生産
19:00  7-9月期ユーロ圏GDP改定値 
20:00  9月南アフリカ小売売上高
22:30  10月米消費者物価指数
23:00  英離脱草案に関する臨時閣議
24:00  クオールズFRB副議長議会証言 
 
------------11/14きょうのひとこと---------------------
 
米中貿易協議やブレグジットに関する前向き(?)な話が出ている一方、原油の大幅安や米国株の続落(反発スタートからの失速)など、マーケットは引き続き落ち着きません。マーケットが落ち着かない事には、ドル円の113円台の押し目買いと114円台の戻り売りのせめぎあいにもなかなか決着がつきそうにありません。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/13 火)

WS000207.JPG
 ------------11/12ドル円相場--------------------------
 
イタリア・イギリス不安でユーロ安・ポンド安がドルを支援すると114.20円へ上伸。欧米株安が円を支援すると113円台後半へ反落するも下値は堅く、日足は小陽線引け。
 
OP113.797 HI114.204 LO113.661 CL113.841
 
-----------11/12主な出来事---------------------------
 
22:30、バルニエEU首席交渉官、「(ブレグジット離脱協定について)主要項目が13日にも英内閣に示される準備が整った」-FT紙
 
25:18 英首相報道官 
「バルニエ首席交渉官ついてのFT紙報道には懐疑的」 
 
---------11/12株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22269.88△19.63
豪ASX 5941.299 △19.450
上海総合 2630.520△31.648
英FT  7053.08▼52.26
独DAX  11325.44▼203.72
NYダウ 25387.18▼602.12
 
日10年債利回り 0.1190%▼0.0040
豪10年債利回り 2.740%▼0.019
英10年債利回り 1.452%▼0.038
独10年債利回り 0.398%▼0.008
米2年債利回り -----
米10年債利回り -----
 
NY原油 59.93 ▼0.26
NY金 1203.50▼5.10
 
------------11/13きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
-----  安倍首相とペンス米副大統領が会談 
 
<海外> 
09:30  10月豪NAB企業景況感指数 
16:00  10月独消費者物価指数・改定値
16:00  7-9月期ノルウェーGDP
17:00  プラートECB専務理事、講演 
17:45  ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
18:30  10月英雇用統計
18:30  7-9月英失業率(ILO方式) 
18:30  7-9月英週平均賃金
19:00  11月独ZEW景況感指数
19:00  11月ユーロ圏ZEW景況感指数 
24:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
24:00  ブレイナードFRB理事、講演 
28:00  10月米月次財政収 
28:00  デギンドスECB副総裁、講演 
28:20  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
-----  伊予算修正案提出期限 
 
------------11/13きょうのひとこと---------------------
 
昨晩は独DAXが▼1.8%、ダウが▼2.3%といった具合に株安が進行しましたが、ドル/円は底堅く推移。日足はなんと小陽線で引けています。「リスク回避のドル買いを舐めてはいけない」昨日はそんな展開だったように見えました。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

9日のドル円相場ときょうのひとこと(11/12 月)

WS000200.JPG 
------------11/9ドル円相場--------------------------
 
約1カ月ぶりの114円台も戻り売りが優勢。もっとも、原油安・株安・米長期金利低下の逆風下でも下値は113.641円までにとどまるなど、底堅さも維持。
 
OP114.043 HI114.060 LO113.641 CL113.826
 
-----------11/9主な出来事---------------------------
 
09:30  (豪) 9月住宅ローン件数(前月比) -1.0% 
前回-2.1%(-2.2%) 
予想-1.0% 
 
09:30  (豪) RBA四半期金融政策報告 
「短期的に金利を変更する強い根拠はない」 「インフレや雇用の見通しはある時点での利上げの可能性を意味している」 「2018年GDP見通しを3.25%から3.5%へ上方修正」 「2019年インフレ見通しを2.0%から2.25%に引き上げ」 
 
10:30  (中国) 10月消費者物価指数(前年比) +2.5% 
前回+2.5% 
予想+2.5% 
10:30  (中国) 10月生産者物価指数(前年比) +3.3%
前回+3.6% 
予想+3.3%  
 
18:30  (英) 7-9月期GDP速報値(前年比) +1.5% 
前回+1.2% 
予想+1.5% 
18:30  (英) 9月貿易収支 -97.31億ポンド 
前回-111.95億ポンド(-117.24億ポンド) 
予想-112.50億ポンド 
18:30  (英) 9月鉱工業生産指数(前月比) 0.0% 
前回+0.2% 
予想-0.1%
 
22:30  (米) 10月卸売物価指数(前年比) + 2.9% 
前回+2.6% 
予想+2.5%
(米) 10月卸売物価指数・コア(前年比) +2.6% 
前回+2.5% 
予想+2.3% 
 (米) 10月卸売物価指数(前月比) +0.6% 
前回+0.2% 
予想+0.2% 
 
24:00  (米) 11月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 98.3
前回98.6 
予想98.0  
 
24:00  (米) 9月卸売在庫(前月比) + 0.4%
前回+1.0% 
予想+0.3% 
 
ジョー・ジョンソン(ボリス・ジョンソン前英外相の実弟)運輸相が辞任
「国民投票前の公約とメイ首相のブレグジット案には大きな違いがある」
「話を進めるに当たり、再び国民に信を問うことは不可欠だ」
 
 
---------11/9株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22250.25▼236.67
豪ASX 5921.849▼6.387
上海総合 2598.872 ▼36.760
英FT  7105.34▼35.34
独DAX  11529.16△1.84
NYダウ 25989.30▼201.92
 
日10年債利回り 0.1230%△0.0010
豪10年債利回り 2.758%△0.002
英10年債利回り 1.491%▼0.074
独10年債利回り 0.407%▼0.051
 
米2年債利回り 2.9241%▼0.0409
米10年債利回り 3.1819%▼0.0554
 
NY原油 60.19 ▼0.48
NY金 1208.60▼16.50
 
------------11/12きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:10 日銀国債買入れオペ(5-10年) 
----- ペンス米副大統領来日
 
<海外>  米債券休場(ベテランズデーの振替)
18:00  デギンドスECB副総裁、講演 
28:30  デイリー米サンフランシスコ連銀総裁、講演 
 
------------11/12きょうのひとこと---------------------
 
きょうは米振替休日で米債市場が休場(米株、商品は開場)につき、静かな一日になる可能性が高そうです。ただ、先月の演説での対中強硬発言が物議を醸したペンス米副大統領が来日するとの事なので、貿易摩擦絡みの突発発言には念のため注意です。なお、ペンス副大統領の10月4日の演説のごく一部を紹介すると、「中国共産党は関税や為替操作、技術の強制移転、知的財産の盗用、あめ玉のように配る産業補助金など、自由で公正な貿易に反する政策を多用してきた」「中国は他に類を見ない監視国家を築いた。米国の技術の助けを借りて拡大し、侵略的になっている」などと、けっこう過激な内容でした。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(10/9 金)

 WS000192.JPG

 
------------11/8ドル円相場--------------------------
 
FOMC12月利上げ追認で米長期金利が上昇する中、NY市場終盤に10月4日以来の114円台へと上伸。
 
OP113.505 HI114.083 LO113.470 CL114.004
 
-----------11/8主な出来事---------------------------
 
 
05:00  (NZ) RBNZ政策金利 を1.75%に維持
 
08:50  (日) 9月国際収支・経常収支 +1兆8216億円 
前回+1兆8384億円 
予想+1兆7726億円 
 
08:50  (日) 9月国際収支・貿易収支 +3233億円 
前回-2193億円 
予想+3342億円 
 
08:50  (日) 9月機械受注(前月比) -18.3%
前回6.8% 
予想-10.0%  
 
12:01 (中国) 10月貿易収支 +340.1億ドル 
前回+316.9億ドル(317.0億ドル) 
予想+350.0億ドル 
 
16:00  (独) 9月経常収支 + 211億ユーロ
前回+153億ユーロ 
予想+210億ユーロ 
16:00  (独) 9月貿易収支 +184億ユーロ
前回+172億ユーロ(171億ユーロ) 
予想+200億ユーロ  
 
22:15  (加) 10月住宅着工件数20.59万件
前回18.87万件(18.97万件) 
予想20.00万件  
22:30  (加) 9月新築住宅価格指数(前月比) 0.0% 
前回0.0% 
予想0.1% 
22:30  (米) 前週分新規失業保険申請件数 21.4万件 
前回21.4万件(21.5万件) 
予想21.4万件 
 
23:00  (メキシコ) 10月消費者物価指数(CPI)(前月比) 0.52%
前回0.42%
予想0.51%  
 
00:43 ドラギECB総裁 
「ユーロ圏経済は好調」 
「ユーロ圏の成長は依然として概ね均衡している」
 
28:00  (米) FOMC政策金利を2.00-2.25%に維持
「労働市場が引き締まり続け、経済活動が力強い速度で拡大している」 
「委員会はさらなる緩やかなFF金利の目標誘導レンジの引き上げが、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場の状況、中期的に委員会の対称的な目標である2%に近いインフレ率と整合すると予想」 
 
 
---------11/8株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22486.92△401.12
豪ASX 5928.236△31.368
上海総合 2635.632 ▼5.710
英FT  7140.68△23.40
独DAX  11527.32▼51.78
NYダウ 26191.22△10.92
 
日10年債利回り 0.1220%▼0.0010
豪10年債利回り 2.757%△0.030
英10年債利回り 1.565%△0.032
独10年債利回り 0.457%△0.011
 
米2年債利回り 2.9650%△0.0083
米10年債利回り 3.2373%△0.0019
 
NY原油 60.67 ▼1.00
NY金 1225.10▼3.60
 
------------11/9きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  10月マネーストックM2(予想:前年比2.8%) 
 
<海外> 
09:30  RBA四半期金融政策報告 
09:30  9月豪住宅ローン件数 
10:30  10月中国消費者物価指数 
10:30  10月中国生産者物価指数
16:00  10月消費者物価指数 
16:45  9月仏鉱工業生産指数 
18:30  9月英貿易収支 
18:30  9月英鉱工業生産指数 
18:30  9月英製造業生産高
18:30  9月英GDP
18:30  7-9月期英GDP速報値
22:30  10月米生産者物価指数
22:30  ウィリアムズ米NY連銀総裁、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
23:00  クオールズ米FRB副議長、講演 
24:00  11月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 
24:00  9月米卸売売上高
24:00  9月米卸売在庫
 
------------11/9きょうのひとこと---------------------
 
ドル/円は、10月4日に付けた114.55円前後の年初来高値を視界に捉えています。これを上抜ければ、10月の世界同時株安で失った上げ幅を全て取り戻す事になりますね。その意味でも114円台半ばは、大きな節目の115円に向けた最終関門と言えそうです。ただ、今週のドル/円は日足ベースで「陰線知らず」の上昇を続けてきたので、週末を控えて調整が入ってもおかしくないところでしょう。米長期金利の上昇によって、再び株価が値崩れを起こさないか気になるところでもありますね。
 
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/8 木)

WS000190.JPG
------------11/7ドル円相場--------------------------
 
中間選挙開票速報睨みで113円台を割り込んだのち113.80円台に急伸するなど乱高下。その後も一時112.90円台に下落したが、113円割れの買い意欲は根強く下値は堅かった。NY市場では株高で米長期金利が持ち直す中、113.50円台を回復した。
 
OP113.395 HI113.815 LO112.948 CL113.569
 
-----------11/7主な出来事---------------------------
 
06:45  (NZ) 7-9月期四半期失業率 3.9%
前回4.5%(4.4%) 
予想4.5%  
 
12:20 複数メディア「米下院で民主党勝利」
 
16:00  (独) 9月鉱工業生産(前月比)+ 0.2%
前回-0.3% 
予想+0.1%  
 
19:00  (ユーロ) 9月小売売上高(前年同月比) +1.8%(2.2%) 
前回+0.7% 
予想+0.8% 
 
29:00  (米) 9月消費者信用残高(前月比) +201億ドル(229億ドル) 
前回+165億ドル 
予想+109億ドル 
 
29:00 NZ中銀政策金利を1.75%に維持
 
---------11/7株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22085.8▼61.95
豪ASX 5896.868 △21.688
上海総合 2641.342 ▼18.014
英FT  7117.28△76.60
独DAX  11579.1△94.76
NYダウ 26180.30△545.29
 
日10年債利回り 0.1230%▼0.0080
豪10年債利回り 2.727%±0.000
英10年債利回り 1.533%▼0.006
独10年債利回り 0.447%△0.013
米2年債利回り 2.9567%△0.0287
米10年債利回り 3.2355%△0.0079
 
NY原油 61.67 ▼0.54
NY金 1228.70△2.40
 
------------11/8きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  9月機械受注(予想:船舶・電力除く民需 ) 
08:50  9月国際収支速報・経常収支/貿易収支
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
08:50  日銀金融政策決定会合における主な意見(10月30-31日分) 
 
<海外> 
07:45  オアNZ中銀総裁、議会証言 
09:01  10月英RICS住宅価格
未定  10月中国貿易収支
15:45  10月スイス失業率
16:00  9月独貿易収支/経常収支 
16:45  9月仏貿易収支/経常収支 
18:00  11月ECB月報 
22:15  10月カナダ住宅着工件数
22:30  9月カナダ新築住宅価格指数
22:30  前週分の米新規失業保険申請件数
23:00  10月メキシコ消費者物価指数
24:20  ドラギECB総裁、講演 
28:00  米FOMC政策金利発表
 
------------11/8きょうのひとこと---------------------
 
米中間選挙は、上院・共和、下院・民主でねじれが生じる事になりましたが、大方の予想どおりの結果でもありました。欧米株式市場は「ねじれ」の懸念より「アク抜け」を好感した格好で上昇。「ねじれ」でトランプ財政が抑制されるとの見方などから低下していた米長期金利も株価の大幅高を眺めて上昇に転じています。米2年債利回りは、FOMCを前に10年ぶりの3%が目前(2.96%)で、日米金利差がドル/円の下値を支えているようです。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/7 水)

WS000183.JPG 
------------11/6ドル円相場--------------------------
 
株高、米長期金利上昇で堅調推移も、中間選挙待ちで値動き限定。
 
OP113.187 HI113.501 LO113.102 CL113.451
 
-----------11/6主な出来事---------------------------
 
12:30 RBA政策金利を1.50%に維持 
「低水準の政策金利が豪経済を引き続き支えている」 「失業率の低下とインフレの目標達成にさらなる進展が期待されるが、進展は緩やかである可能性」 「政策スタンスを変更しないことが経済の持続可能な成長と、時間をかけてインフレ目標を達成することに一致すると判断」 「今後数年間にわたってインフレは段階的に上昇していくと予想」 「2019年のインフレ見通しは2.25%」 
 
16:00  (独) 9月製造業新規受注(前月比) + 0.3% 
+2.0%(2.5%) 
-0.6%
 
19:00  (ユーロ) 9月卸売物価指数(PPI)(前年同月比) + 4.5% 
+4.2%(4.3%) 
+4.2%
 
22:30  (加) 9月住宅建設許可件数(前月比) +0.4% 
+0.4%(-1.1%) 
+0.4% 
---------11/6株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22147.75△248.76
豪ASX 5875.180 △57.036
上海総合 2659.356 ▼6.075
英FT  7040.68▼63.16
独DAX   11484.34▼10.62
NYダウ 25635.01△173.31
 
日10年債利回り 0.1310%△0.0030
豪10年債利回り 2.727%▼0.014
英10年債利回り 1.539%△0.038
独10年債利回り 0.434%△0.007
米2年債利回り 2.9279%△0.0205
米10年債利回り 3.2276%△0.0268
 
NY原油 62.21 ▼0.89
NY金 1226.30▼6.00
 
------------11/7きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:30  布野日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
06:45  7-9月期NZ失業率
16:00  9月独鉱工業生産
19:00  9月ユーロ圏小売売上高 
24:00  10月カナダIvey購買部協会景気指数 
24:30  EIA週間在庫統計 
27:00  米(190億ドル)入札 30年債
29:00  9月米消費者信用残高
29:00  RBNZ政策金利発表
 
 
------------11/7きょうのひとこと---------------------
 
米中間選挙の開票速報睨みでマーケットは「焦れ気味」です。ドル円が113円台を割り込む場面や、113.70円台に急騰する場面もありました。上下どちらでもいいから動きたくて仕方がない様子です。上院はともかく435議席もが改選される下院の速報に今から一喜一憂しているようでは、この先どうなるのか、ちょっと心配です。
 
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/6 火)

1105.PNG 
------------11/5ドル円相場--------------------------
 
米雇用統計明けで米中間選挙待ち。値幅はわずか26銭にとどまる。
 
OP113.141 HI113.335 LO113.074 CL113.195
 
-----------11/5主な出来事---------------------------
 
10:45 (中国) 10月財新サービス業PMI50.8
前回53.1
予想52.8
 
11:26 黒田日銀総裁 
「米国が正常化を進めているから日本もやらなければいけないということは全くない」 
「市場機能の副作用を減らすことを継続していきたい」 
「デフレではない状況の中で、2013年4月に打ち出したような従来と大きく違う政策を実施する必要はない」
「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続ける」 
 
13:39  黒田日銀総裁
「当面は金利を引き上げると景気が悪くなる」 
「インフレターゲット、常に2%きっちりではなく一定の柔軟性はある」 
「FRBが早期に出口戦略を示したことは生産的ではなかった」
 
16:00 (トルコ) 10月消費者物価指数(前年比) 25.24%
前回24.52%
予想24.50%
 
18:30 (英) 10月サービス業PMI52.2
前回53.9
予想53.3
 
24:00 (米) 10月ISM非製造業景況指数(総合)60.3
前回61.6
予想59.3  
 
---------11/5株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21898.99  ▼344.67     
豪ASX   5818.144▼31.063
上海総合 2665.431▼11.045
英FT   7103.84△9.72
独DAX   11494.96▼24.03
NYダウ   25461.70△190.87      
 
日10年債利回り  0.1280%▼0.0010   
豪10年債利回り 2.741%△0.047
英10年債利回り 1.501%△0.007
独10年債利回り 0.426%▼0.001
米2年債利回り 2.9075%△0.0041   
米10年債利回り 3.2008%▼0.0113
 
NY原油  63.10▼0.04
NY金 1232.30▼1.00
 
------------11/6きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
09:01 10月英BRC小売売上高調査
12:30 RBA政策金利発表
16:00 9月独製造業新規受注
16:30 プラートECB専務理事、講演 
17:50 10月仏サービス業PMI・改定値 
17:55 10月独サービス業PMI・改定値
18:00 10月ユーロ圏サービス業PMI・改定値
19:00 9月ユーロ圏卸売物価指数
20:15 クーレECB理事、講演 
21:00 ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
22:30 9月カナダ住宅建設許可件数
25:00 米10年債入札 (270億ドル)
----- EU財務相理事会(ブリュッセル) 
------ 米中間選挙(大勢判明は7日午後の見込み) 
 
------------11/6きょうのひとこと---------------------
 
きょうのひとことはお休みします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/5 月)

WS000181.JPG 
------------11/2ドル円相場--------------------------
 
良好な米雇用統計を受けて(発表直後の反応は鈍かったが)米長期金利の上昇につれてドル買い優位。
 
OP112.664 HI113.319 LO112.562 CL113.209
 
-----------11/2主な出来事---------------------------
 
09:30 (豪) 7-9月期四半期卸売物価指数(PPI)(前年比)+2.1%
前回1.5%
 
09:30 (豪) 9月小売売上高(前月比)+0.2%
前回0.3%
予想0.3%
 
一部報道
「米大統領が中国との想定される貿易合意の草案作成を指示」
 
17:50 (仏) 10月製造業PMI改定値 51.2
前回51.2
予想51.2
 
17:55 (独) 10月製造業PMI改定値52.2
前回52.3
予想52.3
18:00 (ユーロ) 10月製造業PMI改定値52.0
前回52.1
5予想2.1
 
18:30 (英) 10月建設業PMI53.2
前回52.1
予想52.0
 
21:30 (加) 10月失業率5.8%
前回5.9%
予想5.9%
 (加) 10月新規雇用者数 1.12万人
前回6.33万人
予想1.00万人
 
21:30 (加) 9月貿易収支-4.2億カナダドル
前回5.3億カナダドル(5.5億カナダドル)
予想1.5億カナダドル
 
21:30 (米) 10月非農業部門雇用者数変化(前月比)+25.0万人
前回13.4万人(11.8万人)
予想19.0万人
 (米) 10月失業率3.7%
前回3.7%
予想3.7%
 (米) 10月平均時給(前年同月比) +3.1%
前回+2.8%
予想+3.1%
 (米) 10月平均時給(前月比)+0.2%
前回+0.3%
予想+0.2%
 
21:30 (米) 9月貿易収支-540億ドル
前回-532億ドル(-533億ドル)
予想-536億ドル
 
23:00 (米) 9月製造業新規受注(前月比) +0.7%
前回+2.3%(2.6%)
予想+0.5%
 
一部報道
ECBは、市中銀行に低利で長期の資金を貸し付ける『長期リファイナンスオペ(TLTRO)』の再開を検討している
 
クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
「ホワイトハウスは、中国との貿易合意に備えて草案を作成するような要請は受けていない」
 
トランプ大統領
「米国は貿易問題で中国と合意するだろう」 
 
---------11/2株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22243.66△556.01
豪ASX  5849.207 △8.412
上海総合 2676.476 △70.239
英FT  7094.12▼20.54
独DAX   11518.99△50.45
NYダウ 25270.83▼109.91    
 
日10年債利回り 0.1290%△0.0060
豪10年債利回り 2.694%△0.048
英10年債利回り 1.494%△0.039
独10年債利回り 0.428%△0.029
米2年債利回り 2.9034%△0.0589
米10年債利回り 3.2121%△0.0818
 
NY原油 63.14 ▼0.55
NY金 1233.30▼5.30
 
------------11/5きょうの注目材料---------------------
<国内> 
08:50  9月18-19日分の日銀金融政策決定会合議事要旨 
10:00  黒田日銀総裁、あいさつ 
 
<海外> 
10:45  10月財新中国サービス業PMI 
16:00  10月トルコ消費者物価指数
18:30  10月英サービス業PMI
22:00  デギンドスECB副総裁、講演 
22:25  ポロズ・カナダ中銀総裁、講演 
23:45  10月米サービス業PMI・改定値
24:00  10月米ISM非製造業指数
27:00  米3年債入札 (370億ドル)
 
------------11/5きょうのひとこと---------------------
 
米10月雇用統計を受けて米長期金利が上昇しています。思えば先月も同じような展開で、雇用統計後に米10年債利回りが3.25%に上昇すると株価が崩れてしまい、その後10年債利回りは3.00%台に押し戻されるという展開でした。今回も、平均時給が前年比で9年半ぶりの高い伸びとなった事などから、米10年債利回りが3.22%へ上昇しています。2日のNYダウの下げ幅は109ドルでしたから、株式市場の金利上昇に対する拒絶反応は弱まりつつあると見る事もできますが、きょうのアジア株や欧州株の動きへの影響も確認したいところです。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/2 金)

 WS000175.JPG

------------11/1ドル円相場--------------------------
 
ポンドの急伸や米ISM指数の悪化などが重しとなりドル売り優位の展開。ただ、米株高で円売りも見られ、112円台後半で「弱もちあい」の展開に。
 
OP112.911 HI113.000 LO112.601 CL112.695
 
-----------11/1主な出来事---------------------------
 
09:30 「英とEUが金融サービス分野で暫定合意」-英タイムズ
 
09:30  (豪) 9月貿易収支 +30.17億豪ドル
前回+16.04億豪ドル(23.42億豪ドル) 
予想+17.00億豪ドル  
 
10:45  (中国) 10月財新製造業PMI50.1
前回50.0 
予想49.9  
 
18:30  (英) 10月製造業PMI51.1
前回53.8(53.6) 
予想53.0  
 
20:30  (米) 10月チャレンジャー人員削減数(前年比)153.6% 
予想70.9%  
 
21:00  BOE政策金利を 0.75%に維持
 
21:00  BOE議事録
「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定」 
「いかなる利上げも緩やかなペースで、限られた範囲となる可能性が高い」 
「景気が予想通りに進展すれば継続的な引き締めが必要」 
「生産ギャップは解消しており、景気は2019年遅くに過熱する見込み」 
 
21:00  BOE四半期インフレリポート
「2018年のGDP見通しは+1.3%に下方修正」 
「2019年のGDP見通しは+1.7%に下方修正」 
「2020年のGDP見通しを+1.7%に据え置き」 
「2021年のGDP見通しは+1.7%」 
「1年後のインフレ率は2.10%(前回2.15%)」 
「2年後のインフレ率は2.12%(前回2.09%)」 
「3年後のインフレ率は2.03%(前回2.03%)」 
 
21:30  (英) カーニーBOE総裁会見 
「ブレグジット後に何が起ころうとも、英中銀は物価安定を維持するために行動」 
「もし円滑なEU離脱となればポンドは強含む可能性も、そして、その逆もあり得る」 
「英経済は均衡しており、インフレも目標値を上回っている」 
「合意なき離脱とはならないだろうが、そのための準備は必要」 
「ブレグジット後の状況に対し、利上げも利下げもあり得る」 
「英経済指標を受けて、短期的には通常より大きなボラティリティとなる可能性」 
「EU離脱後に需要は回復するだろう」 
「市場金利はBOE目標値より高めのインフレ上昇を織り込んでいる」 
「合意なき離脱となれば、多くの企業のオペレーションに支障をきたす」 
 
 
21:30  (米) 7-9月期四半期単位労働コスト・速報値(前期比年率) +1.2%
前回-1.0% 
予想+1.0%  
 
21:30  (米) 7-9月期四半期非農業部門労働生産性・速報値(前期比) +2.2% 
前回+2.9%(3.0%) 
予想+2.2% 
 
21:30  (米) 前週分新規失業保険申請件数 21.4万件 
21.5万件(21.6万件) 
予想21.3万件 
 
23:00  (米) 10月ISM製造業景況指数 57.7
前回59.8 
予想59.0  
 
23:00  (米) 9月建設支出(前月比) 0.0%
前回0.1%(0.8%) 
予想0.1%  
 
---------11/1株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21687.65▼232.81
豪ASX   5840.796 △10.489
上海総合 2606.237 △3.454
英FT 7114.66▼13.44
独DAX 11468.54△21.03
NYダウ  25380.74△264.98
 
日10年債利回り 0.1230%▼0.0040
豪10年債利回り 2.627%△0.046
英10年債利回り 1.455%△0.018
独10年債利回り 0.399%△0.014
米2年債利回り 2.8445%▼0.0224
米10年債利回り 3.1303%▼0.0132
 
NY原油 63.69 ▼1.62
NY金 1238.60△23.60
 
------------11/2きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  10月マネタリーベース 
 
<海外> 
09:30  7-9月期豪卸売物価指数(PPI) 
09:30  9月豪小売売上高 
16:00  9月独輸入物価指数
16:45  9月仏財政収支 
17:15  9月スイス小売売上高
17:50  10月仏製造業PMI改定値 
17:55  10月独製造業PMI改定値
18:00  10月ユーロ圏製造業PMI改定値
18:00  10月ノルウェー失業率
18:30  10月英建設業PMI
21:30  9月カナダ貿易収支
21:30  10月カナダ新規雇用者数
21:30  10月カナダ失業率 
21:30  9月米貿易収支
21:30  10月米非農業部門雇用者数
21:30  10月米失業率
21:30  10月米平均時給
23:00  9月米製造業新規受注 
24:30  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、レーン・フィンランド中銀総裁、スメッツ・ベルギー中銀総裁、ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁、講演 
 
------------11/2きょうのひとこと---------------------
 
昨日のドル安は、米10月ISM製造業景況指数の悪化も影響したと思われますが、やはり重要イベント前のポジション調整という面が強いのでしょう。ドルインデックスが前日に16カ月ぶり高値を付けていた経緯を考えれば「健全な調整」と言えそうです。そして今夜は重要イベント第1弾の米10月雇用統計ですが、雇用統計を確認したら確認したで、マーケットは来週6日の中間選挙待ちに移行しそうな気もします。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/1 木)

WS000169.JPG 
------------10/31ドル円相場--------------------------
 
何度か上値を試すも113.30円台で跳ね返されると、月末のロンドンフィキシングで113円割れへと反落。112.90円台で10月の取引を終えた。
 
OP113.121 HI113.382 LO112.806 CL112.961
 
-----------10/31主な出来事---------------------------
 
06:45  (NZ) 9月住宅建設許可件数(前月比) -1.5% 
前回7.8%(6.8%) 
 
08:50  (日) 9月鉱工業生産・速報値(前月比) -1.1% 
前回0.2% 
予想-0.3% 
 
09:30  (豪) 7-9月期四半期消費者物価(CPI)(前年同期比)+1.9% 
前回+2.1% 
予想+1.9% 
 
10:00  (中国) 10月製造業購買担当者景気指数(PMI) 50.2 
前回50.8 
予想50.6 
 
12:08 日銀、金融政策の現状維持を発表
 
15:30  (日) 黒田日銀総裁、会見 
「経済、物価ともに下ブレリスクのほうが大きい」「具体的に大きな下方リスクが顕在化した場合は金融政策を調整」「金融緩和の手段は、金利引き下げやマネタリーベース拡大、資産買入の拡大などいろいろとある」「副作用が大きくなりすぎて緩和効果を阻害しないか市場動向を点検」「長期金利の変動幅拡大、今は考えていない」
 
16:00  (独) 9月小売売上高指数(前月比) +0.1%
前回-0.1%(-0.3%) 
予想+0.5%  
 
19:00  (ユーロ) 10月消費者物価指数(HICP、速報値、前年比) +2.2%
前回+2.1% 
予想+2.2% 
 
19:00  (ユーロ) 9月失業率 8.1%
前回8.1% 
予想8.1%  
 
21:15  (米) 10月ADP雇用統計(前月比) +22.7万人
前回+23.0万人(21.8万人) 
予想+18.7万人  
 
21:30  (加) 8月GDP(前月比) +0.1%
前回+0.2% 
予想0.0%  
 
21:30  (米) 7-9月期期雇用コスト指数(前期比) +0.8%
前回+0.6% 
予想+0.7%  
 
22:45  (米) 10月シカゴ購買部協会景気指数  58.4 
前回60.4 
予想60.0
 
24:31 ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
「英EU離脱を巡る交渉は11月21日までに合意すると期待」 
 
---------10/31株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 21920.46△463.17
豪ASX   5830.307 △25.205
上海総合 2602.783△34.735
英FT 7128.10△92.25
独DAX 11447.51△160.12
NYダウ  25115.76△241.12
 
日10年債利回り 0.1270%△0.0050
豪10年債利回り 2.627%△0.046
英10年債利回り 1.437%△0.037
独10年債利回り 0.385%△0.016
米2年債利回り 2.8669%△0.0161
米10年債利回り 3.1435%△0.0208
 
NY原油 65.31 ▼0.87
NY金 1215.00▼10.30
 
------------11/1きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
09:30  7-9月期豪輸入物価指数
09:30  9月豪貿易収支 
10:45  10月財新中国PMI 
16:00  10月英ネーションワイド住宅価格指数
17:15  10月スイス消費者物価指数
17:30  10月スイスSVME購買部協会景気指数
18:30  10月英製造業PMI
20:30  10月米チャレンジャー人員削減数
21:00  英中銀金融政策委員会(MPC)政策金利発表
21:00  MPC議事要旨 
21:00  BOE四半期インフレリポート
21:30  カーニーBOE総裁、記者会見 
21:30  米新規失業保険申請件数
21:30  7-9月期米非農業部門労働生産性・速報値 
21:30  7-9月期米単位労働コスト・速報値 
22:45  10月米製造業PMI改定値
23:00  9月米建設支出
23:00  10月米ISM製造業景気指数
29:30  アップル7?9月期決算 
 
------------11/1きょうのひとこと---------------------
 
今年の10月の月足は陰線引けとなり、連続陽線記録は7年でストップしてしまいました。ちなみに11月は過去10年で陽線6、陰線4と、特に規則性は認められません。
 
本日もよろしくお願いします。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム