サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年9月バックナンバー

2018年9月バックナンバー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/21 金)

WS000024.JPG  

------------9/20ドル円相場--------------------------
 
持ち高調整で軟化するも、米指標の好結果などで下げ渋ると、NYダウの史上最高値更新を受けて節目の112.50円を突破。
 
OP112.242 HI112.583 LO112.040 CL112.493
 
-----------9/20主な出来事---------------------------
 
07:45  (NZ) 4-6月期GDP(前年同期比) +2.8%
前回+2.7%(2.6%) 
予想+2.5%  
 
17:30  (英) 8月小売売上高指数(前月比) +0.3%
前回+0.7%(0.9%) 
予想-0.2%  
 
21:30  (米) 9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 22.9 
前回11.9 
予想17.0 
 
21:30  (米) 新規失業保険申請件数 20.1万件
前回20.4万件 
予想21.0万件  
 
23:00  (ユーロ) 9月消費者信頼感(速報値) -2.9 
前回-1.9
予想 -2.0 
 
22:08 南ア中銀SARB、政策金利を6.50%に維持 
「2019年コアインフレ見通しを前回の5.5%から5.6%に上方修正」 
「2020年コアインフレ見通しを前回の5.3%から5.5%に上方修正」 
 
22:13 クガニャゴSARB総裁 
「MPC委員の内3人のメンバーは利上げに投票。4人は据え置き」 
「利下げについての討論は全く無かった」 
「金融政策ではこれ以上経済を刺激する余地は無い」 
 
23:00  (米) 8月中古住宅販売件数(年率換算件数) 534万件 
前回534万件 
予想535万件 
 
23:00  (米) 8月景気先行指標総合指数(前月比)+0.4%
前回+0.6%(0.7%) 
予想+0.5%  
 
---------9/20株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 23674.93△2.41
豪ASX  6169.452 ▼20.509
上海総合 2729.244 ▼1.606
英FT  7367.32△36.20
独DAX 12326.48△107.46
NYダウ 26656.98△251.22
 
日10年債利回り 0.1230%▼0.0010
豪10年債利回り 2.715%△0.003
英10年債利回り 1.585%▼0.023
独10年債利回り 0.471%▼0.016
米2年債利回り 2.8034%△0.0127
米10年債利回り 3.0626%±0.0000
 
NY原油 70.80 ▼0.32
NY金 1211.30△3.00
 
------------9/21きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:30  8月全国消費者物価指数(生鮮食品を除く) 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
15:45  4-6月期仏GDP・確定値
16:15  9月仏製造業PMI・速報値 
16:15  9月仏サービス業PMI・速報値
16:30  9月独製造業PMI・速報値
16:30  9月独サービス業PMI・速報値 
17:00  9月ユーロ圏製造業PMI・速報値
17:00  9月ユーロ圏サービス業PMI・速報値
21:30  7月カナダ小売売上高 
21:30  8月カナダ消費者物価指数
22:45  9月米製造業PMI速報値
22:45  9月米サービス業PMI・速報値
22:45  9月米総合PMI・速報値 
 
------------9/21きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は年初来高値(113.39円)まで1円弱の水準に上昇しています。きょうは3連休前の持ち高調整のドル売りや中間期末を控えた輸出企業の円買いをこなす事ができるのか注目です。欧米市場では、貿易戦争リスクを無視する格好の株高が続くのか注目したいですね。そう考えると、年初来高値は近くて遠い存在のように感じてしまいます。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/20 木)

 WS000020.JPG 

------------9/19ドル円相場--------------------------
 
貿易戦争懸念が和らぎリスクオンで2カ月ぶり高値を示現。ただ、リスクオンのドル売りも入り伸び悩んだ。
 
OP112.353 HI112.445 LO112.158 CL112.298
 
-----------9/19主な出来事---------------------------
 
07:45  (NZ) 4-6月期経常収支  -16.19億NZドル 
前回1.82億NZドル(0.88億NZドル) 
予想-10.50億NZドル
 
08:50  (日) 8月貿易統計(通関ベース)-4446億円
前回 -2312億円(-2319億円) 
予想-4687億円  
 
12:18 李中国首相 
「いかなる一方的な行動も問題を解決することはない」 
「中国経済は安定的な成長を維持しており、ファンダメンタルズは健全」 
「輸出を促進するために通貨を切り下げることはない」 
「競争的な通貨の切り下げは行わない」 
「中国は一部製品に対する輸入関税を引き下げ続ける」 
 
15:30  (日) 黒田日銀総裁、会見 
「今回のタイミングで政策修正の効果を測るにはやや性急」 
「8月にETFの買い入れ額が減少したことについて、購入額の予断は持っていない」 
「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが不可欠」 
「通商問題などのリスク要因がメインシナリオを変える状況ではない」 
「自然災害の影響は政策会合でも議論したが、経済的な影響は一時的と見ている」 
「(安倍首相による出口戦略の発言について)具体的なコメントは控えたい」 
「物価2%を達成しても異次元緩和を続けることはない」 
「2019年度の2%達成見通しは先送り」 
 
17:00  (ユーロ) 7月経常収支 + 210億ユーロ
前回+235億ユーロ(240億ユーロ) 
 
17:00  (南ア) 8月消費者物価指数(前年比) +4.9% 
前回+5.1% 
予想+5.2% 
 
17:30  (英) 8月消費者物価指数(前年比)+2.7%
前回+2.5% 
予想+2.4%  
 (英) 8月消費者物価指数(前月比) +0.7%
前回0.0% 
予想+0.5%  
 (英) 8月卸売物価指数(前年比) +2.9%
前回+3.1%
予想+2.9%
 (英) 8月小売物価指数(前年比) +3.5%
前回+3.2% 
予想+3.2%  
 
20:21 「英首相、アイルランド国境問題で欧州連合(EU)側の改善案を拒否の構え」-英タイムズ
 
21:30  (米) 4-6月期経常収支  -1015億ドル 
前回-1241億ドル(-1217億ドル)
予想-1035億ドル
 
21:30  (米) 8月住宅着工件数(年率換算) 128.2万件
前回116.8万件(117.4万件) 
予想123.5万件  
(米) 8月建設許可件数(年率換算) 122.9万件
前回131.1万件(130.3万件) 
予想131.0万件  
 
---------9/19株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 23672.52△251.98
豪ASX  6189.961△28.508
上海総合 2730.850 △30.900
英FT  7331.12△30.89
独DAX 12219.02△61.35
NYダウ 26405.76△158.80
 
日10年債利回り 0.1240%△0.0070
豪10年債利回り 2.712%△0.051
英10年債利回り 1.608%△0.040
独10年債利回り 0.487%△0.007
米2年債利回り 2.7907%▼0.0081
米10年債利回り 3.0626%△0.0075
 
NY原油 71.12 △1.27
NY金 1208.30△5.40
 
------------9/20きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
13:00-  自民党総裁選投開票(自民党本部) 
 
<海外> 
07:45 4-6月期NZGDP 
16:30 スイス中銀政策金利発表 
17:00 ノルウェー中銀、政策金利発表
17:30 8月英小売売上高指数 
17:30 8月香港消費者物価指数
21:30 9月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
21:30 米新規失業保険申請件数
未定  南ア中銀政策金利発表
23:00 9月ユーロ圏消費者信頼感指数
23:00 8月米景気先行指標総合指数
23:00 8月米中古住宅販売件数
24:15 バイトマン独連銀総裁、講演 
26:20 プラートECB専務理事、講演 
----- EU非公式首脳会議(オーストリア・ザルツブルク) 
 
------------9/20きょうのひとこと---------------------
 
昨日は、世界的な株高に米債安(長期金利上昇)という、絶好の環境だったにもかかわらず、ドル円は小幅に下落してしまいました。ポジション調整のドル売りが主体とはいえ、上値の重さを意識せざるを得ない動きでした。112.50円より上には中間期末を控えた本邦輸出企業の売りオーダーが並んでいるとの観測もあるようです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/19 水)

WS000017.JPG  

------------9/18ドル円相場--------------------------
 
米中の報復関税の応酬でもリスクオンの流れが継続。米長期金利の上昇を支えに7月20日以来の高値112.386円まで上値を伸ばした。
 
OP111.853 HI112.386 LO111.665 CL112.359
 
-----------9/18主な出来事---------------------------
 
07:37 トランプ米大統領、2000億ドル相当の中国製品への10%関税を発表
・年内10%、その後25%に引き上げ
・24日に発動
 
10:30  (豪) 4-6月期四半期住宅価格指数(前期比) -0.7% 
前回-0.7% 
予想-0.7% 
 
10:30  (豪) RBA議事録
「短期的な政策調整の強力な根拠は見当たらない」
「豪ドルの緩やかな下落は国内の成長の助けに」
「金利の次の動きは引き上げとなる公算が大きい」
 
19:56 ロス米商務長官
「関税の目的は中国の慣行を変えさせる事」
「中国の慣行修正の要求にはEUと日本も同調」
「関税、インフレにはごく僅かな影響」
 
21:30  (加) 7月製造業出荷(前月比) +0.9%
前回+1.1%(1.3%) 
予想+0.6%  
 
22:00 中国、600億ドル相当の米製品に関税賦課へ-24日発動
 
23:00  (米) 9月NAHB住宅市場指数 67
前回67 
予想66  
 
29:00  (米) 7月対米証券投資(短期債除く) +748億ドル
前回-365億ドル  
 
---------9/18株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 23420.54△325.87
豪ASX  6161.453▼23.520
上海総合 2699.950△48.161
英FT  7300.23▼1.87
独DAX 12157.67△61.26
NYダウ 26246.96△184.84
 
日10年債利回り 0.1170%▼0.0010
豪10年債利回り 2.661%△0.037
英10年債利回り 1.568%△0.033
独10年債利回り 0.480%△0.022
米2年債利回り 2.7988%△0.0210
米10年債利回り 3.0551%△0.0685
 
NY原油 69.85 △0.94
NY金 1202.90▼2.90
 
------------9/19きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  8月貿易統計(通関ベース) 
未定  日銀金融政策決定会合
15:30  黒田日銀総裁、定例記者会見 
 
<海外> 
07:45  4-6月期NZ経常収支 
17:00  8月南アフリカ消費者物価指数 
17:00  7月ユーロ圏経常収支 
17:00  ホールデン英MPC委員、講演 
17:30  8月英消費者物価指数  
17:30  8月英小売物価指数 
17:30  8月英卸売物価指数
18:00  7月ユーロ圏建設支出 
21:30  4-6月期米経常収支
21:30  8月米住宅着工件数 
21:30  8月米建設許可件数
22:00  ドラギECB総裁、講演 
23:30  EIA週間在庫統計 
-----  EU非公式首脳会議(20日まで) 
 
------------9/19きょうのひとこと---------------------
 
米中の関税の応酬にも市場は至って冷静です。このところ、市場には、貿易戦争に対する「免疫」ができた感もありましたが、昨日については、冷静というより完全に無視する格好でリスクオンに傾きました。ロス米商務長官が言うように、中国の貿易慣行是正が狙いの措置という事であれば、市場が短期的な視点で(中長期的な影響はひとまず置いて)好感したのも頷けないではありません。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/18 火)

WS000013.JPG  

------------9/17ドル円相場--------------------------
 
米中貿易戦争への懸念が重しとなり112円台を維持できずに反落。トランプ米大統領が17日NY市場終了後に対中関税に付いてアナウンスすると予告した事を受けて株安・円高に振れ、一時111.763円まで弱含んだ。
 
OP112.204 HI112.119 LO111.763 CL111.852
 
-----------9/17主な出来事---------------------------
 
18:00  ユーロ圏8月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年比)   +2.0%   
+2.0%  
+2.0% 
 
バルニエ首席交渉官
「EUの単一市場の統合性を保全できるなら、EUは英国と離脱条件などについて合意できる可能性がある」
 
「中国は米国からの通商交渉の提案拒否を検討」-米WSJ紙
 
トランプ米大統領
「引け後に対中関税について発表」
 
---------9/17株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 ------
豪ASX  6184.973△19.644
上海総合 2651.789 ▼29.854
英FT  7302.10▼1.94
独DAX 12096.41▼27.92
NYダウ 26062.12▼92.55
 
日10年債利回り ------
豪10年債利回り 2.624%△0.022
英10年債利回り 1.536%△0.006
独10年債利回り 0.458%△0.008
米2年債利回り 2.7779%△0.0002
米10年債利回り 2.9867%▼0.0092
 
NY原油 68.91 ▼0.08
NY金 1205.80△4.70
 
------------9/18きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
10:30  4-6月期豪住宅価格指数
10:30  RBA議事録
16:00  ビルロワ仏中銀総裁、ドラギECB総裁、講演 
16:30  8月スウェーデン失業率
21:30  7月カナダ製造業出荷 
23:00  9月米NAHB住宅市場指数
29:00  7月対米証券投資動向 
 
------------9/18きょうのひとこと---------------------
 
トランプ米政権は対中関税第3弾として、2000億ドルの中国製品に10%の関税を賦課する事を決めました。前週末からのガス抜き報道などでおおむね織り込み済みにつき、いまのところ市場への悪影響は小さめです。後は中国政府の対応(報復措置)や中国市場(人民元、上海株)の反応がカギとなりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

14日のドル円相場ときょうのひとこと(9/17 月)

0914.PNG 

 
------------9/14ドル円相場--------------------------
 
安倍首相の金融緩和継続否定発言などで弱含むも111.70円台の下値は堅かった。NY市場では重要統計3連発の好結果を確認すると112.167円まで反発して7月20日以来の高値を付けた。その後、トランプ大統領が対中追加関税を指示との報道で112円台を割り込む場面もあったが、貿易戦争を懸念したドル買い圧力に下値を支えられ、112.00円台に値を戻して越週態勢に入った。
 
OP111.893 HI112.167 LO111.752 CL112.053
 
-----------9/14主な出来事---------------------------
 
11:00 (中国) 8月小売売上高(前年同月比)+9.0%
+8.8%
+8.8%
 
11:00 (中国) 8月鉱工業生産(前年同月比)+6.1%
+6.0%
+6.0%
 
11:24 安倍首相 
「異次元の金融緩和をずっとやってよいとは思わない」 
 
18:00 (ユーロ) 7月貿易収支176億ユーロ
225億ユーロ
 
19:00 (英) カーニーBOE総裁
足もとのデータは賃金上昇が加速するという予測を支援
 
21:30(米) 8月小売売上高(前月比) +0.1%
+0.5%(0.7%)
+0.4%
 (米) 8月小売売上高(除自動車)(前月比)+0.3%
+0.6%(0.9%)
+0.5%
 
22:15 (米) 8月鉱工業生産(前月比)+0.4%
+0.1%(0.4%)
+0.3%
 (米) 8月設備稼働率78.1%
78.1%(77.9%)
78.2%
 
23:00(米) 7月企業在庫(前月比)0.6%
+0.1%
+0.6%
 
23:00(米) 9月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 100.8
96.2
96.6
 
25:00 トランプ米大統領、2000億ドルの中国製品に追加関税指示=関係筋
 
---------9/14株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 23094.67△273.35    
豪ASX   6165.30△36.60
上海総合 2681.64▼4.93
英FT   7304.04△22.47
独DAX   12124.33△68.78
NYダウ  26154.67 △8.68
 
日10年債利回り 0.11%
豪10年債利回り 2.60%
英10年債利回り 1.530%
独10年債利回り 0.45%
米2年債利回り 2.7860%
米10年債利回り  2.9995%
 
NY原油 68.99△0.40
NY金   1201.10▼7.10
 
------------9/17きょうの注目材料---------------------
<国内> 
敬老の日の祝日で休場 
 
<海外> 
16:00  7月トルコ鉱工業生産
16:00  6月トルコ失業率 
18:00  8月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
19:15  プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演 
21:30  7月対カナダ証券投資 
21:30  9月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
 
------------9/17きょうのひとこと---------------------
 
トランプ米政権は、本日にも対中関税第4弾(2000億ドル×10%)の発動を発表する模様です。その割に市場が冷静なのは、2000億ドル×25%を想定したいたためでしょうか。それと、週末で市場が閉まっている間に予告報道を流して「ガス抜き」を計るあたりにも、トランプ政権の株価への配慮が覗えます。市場はそのあたりの空気をなんとなく察知しているのかもしれません。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/14 金)

WS000005.JPG  

------------9/13ドル円相場--------------------------
 
米中貿易協議再開への期待と新興国不安の緩和で円売り優位。米CPI鈍化でドルも売られたが、それ以上に円売りが強く、112.00円前後まで上昇した。
 
OP111.237 HI111.998 LO111.167 CL111.938
 
-----------9/13主な出来事---------------------------
 
08:50  (日) 7月機械受注(前月比) 11.0% 
前回-8.8% 
予想+5.7% 
 
10:30  (豪) 8月失業率 5.3% 
前回5.3% 
予想5.3% 
 
10:30  (豪) 8月新規雇用者数 + 4.40万人
前回-0.39万人(-0.43万人) 
予想+1.90万人 
 
18:03 エルドアン・トルコ大統領 
「トルコリラのボラティリティに対する新たな措置を取る予定」 
「金利については同じ立ち位置のまま」 
「金利がインフレの原因」 
「中銀はインフレを正確に予測していない」 
「インフレは中銀の間違った対応の結果」 
「金利は低くするべき」 
 
20:00  (トルコ) トルコ中銀、政策金利 を24.00% に引き上げ(+6.25%)
「物価安定を支えるために力強い金融引き締めを実施することを決定した」
「必要なら一段の金融引き締めを行う」
 
20:00  BOE政策金利を 0.75%に維持
 BOE議事録 
「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」 
「いかなる利上げも緩やかなペースで、限られた範囲となる可能性が高い」 
「継続的な引き締めが必要」 
「貿易や新興国市場など世界的なリスクが増している」 
「第3四半期のGDP見通しを0.4%から0.5%に引き上げ」 
 
20:45  (ユーロ) ECB政策金利 を0.00%に維持
 
21:30  (ユーロ) ドラギECB総裁会見 
「ECBは必要ならあらゆる手段を調整する用意がある」 
「経済の基調的な強さは信頼を支え続けている」 
「足もとの指標は成長が継続していることを確認」 
「GDP見通しについて2018年を2.1%から2.0%、2019年を1.9%から1.8%に引き下げ、2020年は1.7%で据え置き」 
「成長リスクは概ね均衡」 
「インフレ見通しのリスクは後退している」 
「保護主義や新興国市場のリスクが顕著になっている」 
「年末にかけて基調的なインフレは上昇していくと予想」 
「2018年・2019年・2020年のインフレ見通しはいずれも1.7%で据え置き」 
「ユーロ圏の経済成長はしばらくの間、潜在力を上回る」 
「インフレが目標値に収束することに自信」 
「オペレーション・ツイストについては議論しなかった」 
「トルコやアルゼンチンの波及は持続しない」 
「政策変更による金融市場の影響はリスク」 
「保護主義が不確実性の主な源」 
 
21:30  (加) 7月新築住宅価格指数(前月比) 0.1% 
前回0.1% 
 
21:30  (米) 8月消費者物価指数(前月比) + 0.2%
前回+0.2% 
予想+0.3% 
 (米) 8月消費者物価指数(前年比) +2.7%
前回+2.9% 
予想+2.8%  
 (米) 8月消費者物価指数・コア(前年比) +2.2%
前回2.4% 
予想2.4%  
 
21:30  (米) 前週分新規失業保険申請件数 20.4万件
前回20.3万件(20.5万件) 
予想21.0万件 
 
27:00  (米) 8月財政収支 -2141億ドル 
前回-769億ドル 
予想-1565億ドル 
 
---------9/13株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22821.32△216.71
豪ASX  6128.717 ▼47.204
上海総合 2686.578 △30.468
英FT  7281.57▼31.79
独DAX 12055.55△23.25
NYダウ 26145.99△147.07
 
日10年債利回り 0.1120%▼0.0010
豪10年債利回り 2.604%△0.015
英10年債利回り 1.504%△0.020
独10年債利回り 0.423%△0.012
米2年債利回り 2.7565%△0.0084
米10年債利回り 2.9700%△0.0074
 
NY原油 68.59 ▼1.78
NY金 1208.20▼2.70
 
------------9/14きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
未定  9月月例経済報告 
 
<海外> 
11:00  8月中国鉱工業生産
11:00  8月中国小売売上高
16:30  8月スウェーデンCPI
17:00  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
18:00  7月ユーロ圏貿易収支
19:00  カーニーBOE総裁、講演 
21:30  8月米小売売上高
21:30  8月米輸入物価指数
22:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
22:15  8月米鉱工業生産指数
22:15  8月米設備稼働率
23:00  7月米企業在庫 
23:00  9月米ミシガン大消費者態度指数・速報値
23:00  ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演 
 
------------9/14きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は今度こそ日足一目均衡表の雲上抜けに成功した模様です。2カ月近く続く、約110-112円のレンジ上放れを期待したい展開になってきました。ただ、足元のドル売り+円売りの動きでは推進力が弱いのも事実です。ドル買い+円売りの流れになるためには、米小売売上高の好結果(と米長期金利上昇)は欠かせないところでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/13 木)

WS000000.JPG  

------------9/12ドル円相場--------------------------
 
一目雲の上抜けでも上昇機運高まらず。米生産者物価の下ブレや欧州通貨に対するドル売りが重しとなり、前日の上昇分の大半を吐き出した。
 
OP111.579 HI111.649 LO111.111 CL111.250
 
-----------9/12主な出来事---------------------------
 
18:00  (ユーロ) 7月鉱工業生産(前月比) -0.8%
前回-0.7%(-0.8%) 
予想-0.5%  
 
20:00  (南ア) 7月小売売上高(前年同月比) +1.3% 
前回+0.7%(1.8%) 
予想+1.3% 
 
21:30  (米) 8月卸売物価指数(前月比) -0.1% 
前回0.0% 
予想+0.2% 
 (米) 8月卸売物価指数(前年比) +2.8%
前回+3.3% 
予想+3.2%
 (米) 8月卸売物価指数・コア(前年比) +2.3%
+2.7% 
+2.7% 
 
24:10 「米国は近い将来に中国と新たな通商交渉を行う事を提案している」
 
27:00  (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック) 
「米経済活動は緩やかなペースで拡大」 
「労働市場は引き締まっている。賃金上昇は緩やか」 
「ほとんどの地域で物価上昇は緩やか」 
「貿易めぐる懸念で一部企業が投資を抑制」 
「すべての地区で投入物価圧力拡大を認識」 
「ほとんどの地域で製造業以外だけではなく他業種でも貿易摩擦を懸念」 
 
---------9/13株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22604.61▼60.08
豪ASX  6175.921 ▼3.755
上海総合 2656.110 ▼8.690
英FT  7313.36△39.82
独DAX 12032.3△62.03
NYダウ 25998.92△27.86
 
日10年債利回り 2.9626%▼0.0128
豪10年債利回り 2.586%△0.003
英10年債利回り 1.484%▼0.016
独10年債利回り 0.411%▼0.020
米2年債利回り 2.7481%△0.0043
米10年債利回り 2.9626%▼0.0128
 
NY原油 70.37 △1.12
NY金 1210.90△8.70
 
------------9/13きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  7月機械受注
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
10:30  8月豪雇用統計
15:00  8月独消費者物価指数・改定値
20:00  BOE政策金利発表
20:00  BOE議事録 
20:00  トルコ中銀政策金利発表 
20:45  ECB理事会政策金利発表
21:30  ドラギECB総裁会見 
21:30  7月カナダ新築住宅価格指数 
21:30  8月米消費者物価指数
21:30  米新規失業保険申請件数 
26:00  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
26:00  米30年債入札 (150億ドル)
27:00  8月米月次財政収支
 
------------9/13きょうのひとこと---------------------
 
昨日のドル円は、一昨日の上げの大半を吐き出す格好で反落しました。チャート好転で上値試しの展開を期待しましたが、「一目雲抜け」はまたしても「ダマシ」に終わりました。112円の壁に挑む事なく再び雲の中に押し戻されており、すぐに上昇再開という機運にはなりくいのかもしれません。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/12 水)

WS002336.JPG  

------------9/11ドル円相場--------------------------
 
日本企業による海外M&Aや、原油高・米株高・米債安によって111.60円台へ上昇。米求人が過去最高を記録し賃金上昇加速観測も。
 
OP111.104 HI111.641 LO111.056 CL111.585
 
-----------9/11主な出来事---------------------------
 
ルネサス、米IDTを67億ドルで買収
 
17:30  (英) 5-7月失業率(ILO方式) 4.0% 
前回4.0% 
予想4.0%
(英) 5-7月週平均賃金(前年比)+2.7%
前回+2.6%
予想+2.6% 
 (英) 8月失業保険申請件数 0.87万件 
前回0.62万件(1.02万件) 
 (英) 8月失業率 2.6%
前回2.5%   
 
18:00  (独) 9月ZEW景況感調査(期待指数)-10.6 
前回 -13.7 
予想-14.0 
(ユーロ) 9月ZEW景況感調査 -7.2
前回-11.1  
 
21:15  (加) 8月住宅着工件数 20.10万件
前回20.63万件(20.58万件)
予想 21.03万件  
 
23:00  (米) 7月卸売在庫(前月比) +0.6%
前回+0.7% 
予想+0.7%  
 
23:00 米7月JOLT求人件数、693.9万件と過去最高を記録
 
---------9/11株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22664.69△291.60
豪ASX  6179.676 △37.979
上海総合 2664.800 ▼4.685
英FT  7273.54▼5.76
独DAX 11970.27▼16.07
NYダウ 25971.06△113.99
 
日10年債利回り 0.1150%▼0.0030
豪10年債利回り 2.581%△0.004
英10年債利回り 1.500%△0.031
独10年債利回り 0.430%△0.029
米2年債利回り 2.7438%△0.0330
米10年債利回り 2.9755%△0.0440
 
NY原油 69.25 △1.71
NY金 1202.20△2.40
 
------------9/12きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
 特になし
 
<海外> 
18:00  7月ユーロ圏鉱工業生産
20:00  7月南アフリカ小売売上高
21:00  7月インド鉱工業生産
21:30  4-6月期カナダ設備稼働率
21:30  8月米卸売物価指数
22:40  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
23:30  EIA週間原油在庫統計 
25:45  ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事、講演 
26:00  米10年債入札 
27:00  米地区連銀経済報告(ベージュブック) 
 
------------9/12きょうのひとこと---------------------
 
米7月JOLT求人件数が過去最高を記録した事が話題となっています。求人件数が増加しただけでなく離職率も増加しており、中でも会社都合ではなく自己都合の「自発的離職率」が増加しています。少し大げさに言えば米国では労働者の奪い合いが起きているようで、賃金の伸びが加速する兆候と受け止められました。これを受けて米10年債利回りは再び3.0%に接近しており、先日の米8月雇用統計(で賃金上昇率が9年ぶりの高水準となった)以来、日米金利差がドル円相場のエンジンとして復活しつつあるように感じます。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/11 火)

WS002332.JPG  

------------9/10ドル円相場--------------------------
 
110.80円台では下げ渋り111.20円台へ切り返すも、ドル売り・円売りで動きは鈍い。
 
OP111.043 HI111.244 LO110.848 CL111.123
 
-----------9/10主な出来事---------------------------
 
08:50  (日) 4-6月期GDP・二次速報(年率換算)+ 3.0% 
前回+1.9% 
予想+2.6% 
 
08:50  (日) 7月経常収支+2兆0097億円 
前回+ 1兆1756億円 
予想+1兆8520億円 
08:50  (日) 7月貿易収支 -10億円 
前回+8205億円 
予想-477億円 
 
10:30  (中国) 8月消費者物価指数(前年比) +2.3% 
前回+2.1% 
予想+2.2% 
 
16:00  (トルコ) 4-6月期GDP(前年比) +5.2%
前回+7.4%(+7.3%) 
予想+5.3%  
 
17:30  (英) 7月GDP(前月比) + 0.3% 
前回+0.1% 
予想+0.2%
 
17:30  (英) 7月貿易収支 -99.73億ポンド 
前回-113.83億ポンド(-106.79億ポンド) 
予想-117.50億ポンド 
 
17:30  (英) 7月鉱工業生産指数(前月比) + 0.1%
前回+0.4% 
予想+0.2% 
 
28:00  (米) 7月消費者信用残高(前月比) +166億ドル
前回+102億ドル(85億ドル)
予想+144億ドル  
 
21:56 バルニエEU首席交渉官 
「6?8週間でのブレグジット合意が現実的」 
 
27:55 サンダース米大統領報道官 
「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からトランプ大統領に2回目の会合を打診する連絡があった」 
 
---------9/10株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22373.09△66.03
豪ASX  6141.697 ▼2.117
上海総合 2669.485 ▼32.816
英FT  7279.30△1.60
独DAX 11986.34△26.71
NYダウ 25857.07▼59.47
 
日10年債利回り 0.1180%△0.0050
豪10年債利回り 2.577%△0.029
英10年債利回り 1.469%△0.010
独10年債利回り 0.401%△0.014
米2年債利回り 2.7108%△0.0083
米10年債利回り 2.9314%▼0.0073
 
NY原油 67.54 ▼0.21
NY金 1199.80▼0.60
 
------------9/11きょうの注目材料---------------------
<国内> 
特になし
 
<海外> 
10:30  8月豪NAB企業景況感指数 
17:30  8月英雇用統計 
17:30  5-7月英失業率(ILO方式) 
17:30  5-7月英週平均賃金
18:00  9月独ZEW景況感指数
18:00  9月ユーロ圏ZEW景況感指数 
21:15  8月カナダ住宅着工件数
23:00  7月米卸売売上高
23:00  7月米卸売在庫
26:00  米3年債入札 
----   NAFTA再交渉の米加2国間協議 
 
------------9/11きょうのひとこと---------------------
 
昨日の為替市場は、イタリアの財政問題とイギリスのEU離脱問題への懸念が後退する中、ユーロとポンドが勝ち組で、ドルと円は負け組という展開でした。こうした中、負け組同士のペアであるドル円は、ポンド円が約2円上昇する間に約20銭しか上昇できないという値動きの鈍さを露呈してしまいました。きょうも、焦点は米加通商協議でしょうから、ドル円は決定力不足に悩まされる展開が続きそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

7日のドル円相場ときょうのひとこと(10日 月)

WS002329.JPG  

------------9/7ドル円相場--------------------------
 
110.380まで売り先行も米雇用統計後に111.244まで反発。しかし、トランプ砲で110.70円台に反落。それでもドル買い根強く111円台を回復。右往左往しつつも小高く推移。
 
OP110.705 HI111.244 LO110.380 CL111.026
 
-----------9/7主な出来事---------------------------
 
10:30  (豪) 7月住宅ローン件数(前月比) +0.4% 
前回-1.1%(-0.8%) 
予想0.0% 
 
15:00  (独) 7月経常収支 +153億ユーロ
前回+262億ユーロ(266億ユーロ)
予想+ 200億ユーロ  
 
15:00  (独) 7月貿易収支 +165億ユーロ 
前回+218億ユーロ 
予想+195億ユーロ 
 
15:00  (独) 7月鉱工業生産(前月比) -1.1%
前回-0.9%(-0.7%) 
予想+0.2%  
 
18:00  (ユーロ) 4-6月期GDP・確定値(前年比) + 2.1%
前回+2.2% 
予想+2.2% 
 
19:45 バルニエEU首席交渉官
「英政府策定の離脱白書、多くが有用」
 
21:30  (加) 8月失業率  6.0%
前回5.8% 
予想5.9% 
21:30  (加) 8月新規雇用者数 -5.16万人
前回5.41万人 
予想0.50万人  
 
21:30  (米) 8月非農業部門雇用者数変化(前月比) +20.1万人  
前回+15.7万人(14.7万人)
予想+19.0万人
(米) 8月失業率 3.9% 
前回3.9%
予想3.8%
23:00  (加) 8月Ivey購買部協会指数 61.9 
前回61.8 
予想61.4 
(米) 8月平均時給(前年比) +2.9%
前回+2.7% 
予想+2.7%  
 (米) 8月平均時給(前月比) +0.4%
前回+0.3% 
予想+0.2%  
 
25:10 トランプ米大統領
「中国に対する追加関税2670億ドルを用意」 
 
---------9/7株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22307.06▼180.88
豪ASX  6143.814▼16.606
上海総合 2702.301 △10.708
英FT  7277.70▼41.26
独DAX 11959.63△4.38
NYダウ 25916.54▼79.33
 
日10年債利回り 0.1130%△0.0020
豪10年債利回り 2.548%▼0.019
英10年債利回り 1.459%△0.043
独10年債利回り 0.387%△0.032
米2年債利回り 2.7025%△0.0696
米10年債利回り 2.9388%△0.0657
 
NY原油 67.75 ▼0.02
NY金 1200.40▼3.90
 
------------9/10きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  4-6月期GDP・二次速報
08:50  7月国際収支速報  経常収支/貿易収支
 
<海外> 
07:45  4-6月期NZ製造業売上高 
10:30  8月中国生産者物価指数 
10:30  8月中国消費者物価指数
15:00  8月ノルウェー消費者物価指数 
16:00  4-6月期トルコGDP
17:30  7月英貿易収支
17:30  7月英鉱工業生産指数 
17:30  7月英製造業生産高
17:30  7月英GDP
25:00  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
29:00  7月米消費者信用残高
 
------------9/10きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は、20日移動平均線跨ぎの展開が続いています。米中貿易戦争でも日米貿易摩擦でも米雇用統計でも方向感が見出せなかった以上、20日線をセンターとするボリンジャーバンド±1シグマ(110.56-111.39)内の値動きが続く公算が大きいののでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/7 金)

 0907.PNGのサムネール画像

------------9/6ドル円相場--------------------------

 
調整的なドル売りで111円割れ。トランプ発言で日米貿易摩擦への懸念が再燃すると110.50円台へ下げが加速。
OP111.480 HI111.527 LO110.520 CL110.718
 
-----------9/6主な出来事---------------------------
 
10:30 (豪) 7月貿易収支+15.51億豪ドル
前回+18.73億豪ドル(19.37億豪ドル)
予想+14.00億豪ドル
15:00 (独) 7月製造業新規受注(前月比) -0.9%
前回-4.0%(-3.9%)
予想+1.8%
 
18:00 (南ア) 4-6月期四半期経常収支 -1638億ランド
前回-2290億ランド(-2194億ランド)
予想-1665億ランド
 
21:15 (米) 8月ADP雇用統計(前月比)+16.3万人
前回+21.9万人(21.7万人)
予想+19.0万人
 
21:30 (加) 7月住宅建設許可件数(前月比)-0.1%
前回-2.3%(-1.3%)
予想+1.3%
 
21:30 (米) 4-6月期四半期非農業部門労働生産性・改定値(前期比) +2.9%
前回+2.9%
予想+3.0%
 
21:30 (米) 前週分新規失業保険申請件数20.3万件
前回21.3万件
予想21.4万件
 
23:00 (米) 7月製造業新規受注(前月比) -0.8%
前回+0.7%(0.6%)
予想-0.6%
 
23:00 (米) 8月ISM非製造業景況指数(総合)58.5
前回55.7
予想56.8
 
29:00 米大統領はWSJに貿易で次に日本との争いの公算と示唆?CNBC 
 
---------9/6株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22487.94▼92.89    
豪ASX   6160.420▼70.027
上海総合 2691.593▼12.744
英FT  7318.96▼64.32 
独DAX   11955.25▼85.21
NYダウ  25995.87 △20.88
 
日10年債利回り 0.1110%▼0.0040
豪10年債利回り 2.565%  △0.013
英10年債利回り 1.416% ▼0.026
独10年債利回り 0.355%  ▼0.025
米2年債利回り 2.6330% ▼0.0163
米10年債利回り  2.8731% ▼0.0291
 
NY原油  67.77▼0.95
NY金   1204.30△3.00 
 
------------9/7きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
06:30  オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁、講演 
10:30  7月豪住宅ローン件数
14:45  8月スイス失業率
15:00  7月独貿易収支
15:00  7月独経常収支
15:00  7月独鉱工業生産
15:45  7月仏貿易収支
15:45  7月仏経常収支 
15:45  7月仏財政収支 
15:45  7月仏鉱工業生産指数
18:00  4-6月期ユーロ圏域内総生産(GDP)確定値 
21:30  ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演 
21:30  8月カナダ雇用統計
21:30  8月米雇用統計
22:00  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演 
22:00  8月メキシコ消費者物価指数
23:00  8月カナダIvey購買部協会景気指数 
25:45  カプラン米ダラス連銀総裁、講演 
 
------------9/7きょうのひとこと---------------------
 
トランプ大統領が、次は日米貿易戦争、との見解を示したそうで、円高に振れています。ただ、よく考えると(よく考えなくても)、米中貿易戦争はドル高・元安材料で、米加のNAFTA再交渉難航もドル高・カナダドル安材料とされます。円が「安全通貨」とはいえ、日米の貿易摩擦だけがドル安材料というのは合理性を欠くような気がしてなりません。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/6 木)

WS002314.JPG  

------------9/5ドル円相場--------------------------
 
小幅に続伸もポンド発の乱気流に巻き込まれる形で111円台を一進一退の動き。
 
OP111.431 HI111.758 LO111.344 CL111.509
 
-----------9/5主な出来事---------------------------
 
10:30  (豪) 4-6月期GDP(前年比) + 3.4%
前回+3.1%(+3.2%)
赤字+2.8% 
 
10:30  (豪) 4-6月期GDP(前期比) +0.9%
前回+1.0%(+1.1%) 
赤字+0.7%  
 
10:45  (中国) 8月財新サービス業PMI 51.5 
前回52.8 
赤字52.6 
 
18:00  (ユーロ) 7月小売売上高(前月比) -0.2% 
前回+0.3% 
赤字-0.2% 
 
21:30  (加) 7月貿易収支  -1.1億カナダドル 
前回-6.3億カナダドル(-7.4億カナダドル) 
赤字-11.3億カナダドル
 
21:30  (米) 7月貿易収支 -501億ドル 
前回-463億ドル(-457億ドル) 
赤字-503億ドル 

22:05 独英はブレグジットに関する主要な要求を取り下げ
 
23:00  (加) カナダ中銀政策金利を1.50% に維持

24:22 独はブレグジットに関するこれまでの方針を維持(前報道を否定)
 
---------9/5株式・債券・商品-----------------------
 
 
日経平均 22580.83▼116.07
豪ASX  6230.447 ▼62.624
上海総合 2704.337 ▼46.243
英FT  7383.28▼74.58
独DAX 12040.46▼169.75
NYダウ 25974.99△22.51
 
日10年債利回り 0.1150%▼0.0080
豪10年債利回り 2.550%△0.023
英10年債利回り 1.442%△0.013
独10年債利回り 0.380%△0.023
米2年債利回り 2.6493%▼0.0041
米10年債利回り 2.9022%△0.0036
 
NY原油 68.72 ▼1.15
NY金 1201.30△2.20
 
------------9/6きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
10:30  片岡日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
10:30  7月豪貿易収支
14:45  4?6月期スイスGDP
15:00  7月独製造業新規受注 
16:30  スウェーデン中銀、政策金利発表
18:00  4?6月期南アフリカ経常収支
20:30  8月米チャレンジャー人員削減数 
20:45  ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
21:15  8月ADP全米雇用報告 
21:30  米新規失業保険申請件数
21:30  7月カナダ住宅建設許可件数
23:00  ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁、講演 
23:00  8月米ISM非製造業景況指数 
23:00  7月米製造業新規受注
24:00  EIA週間在庫統計 
 
------------9/6きょうのひとこと---------------------
 
相変わらずドルと円が同じ方向に動く(昨日はポンドを軸にドル安・円安)ため、ドル円は方向感を見出せずにもみ合っています。貿易問題や新興国問題では決め手にならない(乱暴に言えば改善しようが悪化しようが)という事でしょう。米加通商協議や米の対中関税第3弾ではなく、今夜のADPやISM非製造業と明日の雇用統計で市場の関心を米ファンダメンタルズに引き戻せるか、注目しましょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/5 水)

WS002307.JPG  

------------9/4ドル円相場--------------------------
 
ドル買い優勢。ISM強く、米長期金利上昇。
 
OP111.023 HI111.531 LO110.899 CL111.470
 
-----------9/4主な出来事---------------------------
 
10:30  (豪) 4-6月期経常収支 -135億豪ドル
前回-105億豪ドル(-117億豪ドル) 
予想-115億豪ドル  
 
13:30  (豪) 豪準備銀行政策金利を 1.50%に維持 
 
16:15  (スイス) 8月消費者物価指数(前月比)  0.0% 
前回-0.2% 
予想0.0%
 
17:30  (英) 8月建設業PMI52.9
前回55.8 
予想55.0  
 
18:00  (ユーロ) 7月卸売物価指数(前年比) +4.0%
前回+3.6% 
予想+3.9%  
 
18:30  (南ア) 4-6月期GDP(前期比年率) -0.7%
前回-2.2%(-2.6%) 
予想+0.6% 
 
20:30 ロウRBA総裁 
「金利のいかなる変更もまだ先」 
「豪経済は正しい方向に向かっている」 
「次の金融政策の変更は利上げで、利下げではない」 
「豪ドルの下落は成長とインフレ見通しを改善する」 
 
21:15 カーニーBOE総裁 
「財務相と任期について議論している」 
「ブレグジットにおける円滑な移行を望んでいる」 
 
23:00  (米) 8月ISM製造業景況指数 61.3 
前回58.1
予想57.7 
 
---------9/4株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22696.9▼10.48
豪ASX  6293.071 ▼17.804
上海総合 2750.580 △29.846
英FT  7457.86▼46.74
独DAX 12210.21▼136.20
NYダウ 25952.48▼12.34
 
日10年債利回り 0.1230%△0.0050
豪10年債利回り 2.524%△0.005
英10年債利回り 1.429%△0.025
独10年債利回り 0.357%△0.024
米2年債利回り 2.6533%△0.0264
米10年債利回り 2.8985%△0.0382
 
NY原油 69.87 △0.07
NY金 1199.10▼7.60
 
------------9/5きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
10:30  4-6月期豪GDP
10:45  8月財新中国サービス業PMI
16:50  8月仏サービス部門PMI改定値
16:55  8月独サービス部門PMI改定値
17:00  8月ユーロ圏サービス部門PMI改定値
17:30  8月英サービス部門PMI
17:30  プラートECB専務理事、講演 
18:00  7月ユーロ圏小売売上高
21:30  7月カナダ貿易収支
21:30  7月米貿易収支
22:20  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
23:00  カナダ中銀行政策金利発表
29:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
-----  NAFTA再交渉の米加2国間協議再開 
 
------------9/5きょうのひとこと---------------------
 
米8月ISM製造業景況指数の強さは予想外でした。貿易戦争の影響を全く感じさせない好結果(貿易戦争が激化する前の駈け込み受注増加を指摘する弱気派も中にはいるようですが)で、米経済の腰の強さを改めて見せ付けられた思いです。なお、アトランタ連銀の予測モデル「GDPナウ」によると、7-9月期の成長率は+4.7%になる見込みです。貿易戦争リスクで投機筋のドル買いは慎重姿勢との見方もありますが、ドル売りには慎重どころか尻込みせざるを得ないところではないでしょうか。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/4 火)

WS002303.JPG  

------------9/3ドル円相場--------------------------
 
新興国と貿易摩擦への懸念で円買い・ドル買い。NY休場もあって値動き限定。
 
OP111.080 HI111.185 LO110.851 CL111.114
 
-----------9/3主な出来事---------------------------
 
10:30  (豪) 7月小売売上高(前月比) 0.0%
前回0.4% 
予想0.3%  
 
10:45  (中国) 8月財新製造業PMI50.6
前回 50.8 
予想50.6  
 
英タイムズ紙
「20人の与党・保守党議員がメイ首相の離脱計画に反対する運動を支持」
 
16:00  (トルコ) 8月消費者物価指数(前年比) +17.90%
前回+15.85% 
予想+17.60%  
 
16:55  (独) 8月製造業PMI改定値 55.9 
前回56.1 
予想56.1 
 
17:00  (ユーロ) 8月製造業PMI改定値54.6 
前回54.6 
予想54.6  
 
17:30  (英) 8月製造業PMI 52.8 
前回54.0(53.8) 
予想53.9 
 
---------9/3株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22707.38▼157.77
豪ASX  6310.875 ▼8.623
上海総合 2720.734 ▼4.516
英FT  7504.60△72.18
独DAX 12346.41▼17.65
NYダウ ----
 
日10年債利回り 0.1180%△0.0110
豪10年債利回り 2.519%±0.000
英10年債利回り 1.404%▼0.023
独10年債利回り 0.333%△0.006
米2年債利回り ---
米10年債利回り ---
 
NY原油 ---
NY金 ---
 
------------9/4きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし
 
<海外> 
10:30  4-6月期豪経常収支
13:30  RBA政策金利発表
16:15  8月スイス消費者物価指数
17:30  8月英建設業PMI 
18:00  7月ユーロ圏卸売物価指数
18:30  4-6月期南アGDP
18:30  ロウRBA総裁、あいさつ 
21:15  カーニーBOE総裁、ホールデンMPC委員、テンレイロMPC委員、議会証言
22:45  8月米製造業PMI改定値 
23:00  7月米建設支出 
23:00  8月米ISM製造業景況指数
 
------------9/4きょうのひとこと---------------------
 
昨日は、NY休場でドル円は動意薄の展開でした。ただ、そうした中でもドルインデックスは1週間ぶりの高値へと上昇しています。貿易問題や新興国問題への不透明感も相まって、高金利通貨ドルへの需要は根強いようです。こうした中、ドル円はリスク回避局面でも下げにくい展開が続くと見られます。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

31日のドル円相場ときょうのひとこと(9/3 月)

WS002301.JPG  

------------8/31ドル円相場--------------------------
 
新興国不安と米中貿易摩擦への懸念で円買い先行もNY市場ではドル買いが優位に。
 
OP111.010 HI111.132 LO110.685 CL111.096
 
-----------8/31主な出来事---------------------------
 
08:30  (日) 7月失業率 2.5%
前回2.4% 
予想2.4%  
08:30  (日) 7月有効求人倍率 1.63
前回1.62 
予想1.62 
 
08:50  (日) 7月鉱工業生産・速報値(前月比) -0.1% 
前回-1.8% 
予想+0.2% 
10:00  (中国) 8月製造業購買担当者景気指数(PMI)51.3 
前回 51.2 
予想 51.0 
 
15:00 15:00  (独) 7月小売売上高指数(前月比) -0.4%
前回1.2%(0.9%) 
予想-0.2%  
 
17:00 日銀、9月国債買入れ方針
・中期と長期の通知回数を5回とし従来から1回減
・1回あたりのオファー金額のレンジ上限をいずれも1000億円引き上げ
 
18:00  (ユーロ) 7月失業率 8.2% 
前回8.3%(8.2%) 
予想8.2% 
 
18:00  (ユーロ) 8月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比) +2.0% 
前回+2.1% 
予想+2.1% 
 
22:45  (米) 8月シカゴ購買部協会景気指数 63.6 
前回65.5 
予想63.0 
 
23:00  (米) 8月ミシガン大学消費者態度指数・確報値 96.2
前回95.3 
予想95.5  
 
28:30 米・加通商協議(NAFTA再交渉)、合意見送り
・5日に協議再開へ
 
---------8/31株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22865.15▼4.35
豪ASX  6319.498 ▼32.264
上海総合 2725.250▼12.487
英FT  7432.42▼83.61
独DAX 12364.06▼130.18
NYダウ 25964.82▼22.10
 
日10年債利回り 0.1070%▼0.0040
豪10年債利回り 2.519%▼0.052
英10年債利回り 1.427%▼0.028
独10年債利回り 0.326%▼0.020
米2年債利回り 2.6269%▼0.0223
米10年債利回り 2.8604%△0.0054
 
NY原油 69.80 ▼0.45
NY金 1206.70△1.70
 
------------9/3きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
14:40  黒田日銀総裁、講演
 
<海外> 米国、カナダがレーバーデーの祝日で休場
10:30  7月豪小売売上高(予想:前月比0.3%) 
10:45  8月財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:50.6) 
16:00  8月トルコ消費者物価指数(CPI、予想:前月比2.23%/前年比17.60%) 
16:15  7月スイス小売売上高 
16:30  8月スイスSVME購買部協会景気指数(予想:60.8) 
16:50  8月仏製造業PMI改定値(予想:53.7) 
16:55  8月独製造業PMI改定値(予想:56.1) 
17:00  8月ユーロ圏製造業PMI改定値(予想:54.6) 
17:30  8月英製造業PMI(予想:53.8) 
 
------------9/3きょうのひとこと---------------------
 
31日は、ドルと円が同じ「安全通貨」なら金利が高いドルに資金が向かうのは自然な流れと言わんばかりの展開でした。もっとも、シカゴIMMのポジションは円売り超なので、リスクオフの局面では投機筋から円に買戻しが入りやすいという面もあります。9月に入っても、5日に米加通商協議再開、6日に米の対中関税第3弾のパブコメ募集期間終了と、貿易戦争問題に絡むイベントに市場の関心が集まる中(残念ながら米雇用統計への関心はそれほど高くなさそう)、ドル円には明確な方向感が出にくいのかもしれません。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



お客さま超感謝祭キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム