サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年7月バックナンバー

2018年7月バックナンバー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/31 火)

WS002180.JPG
 ------------7/30ドル円相場--------------------------
 
日銀待ちで小幅な値動き。日銀指値オペや米株続落にも目立った反応を見せず111.00円を挟んでもみ合った。
 
OP110.951 HI111.161 LO110.890 CL111.054
-----------7/30主な出来事-------------------------
 
14:00 日銀が今月3回目の「指値オペ」
 
18:00   (ユーロ) 7月消費者信頼感(確定値)   -0.6   
前回-0.6  
予想-0.6 

 
21:00   (独) 7月消費者物価指数(CPI、速報値)(前月比)+ 0.3% 
前回  0.1%   
予想+0.4%  
 
23:00   (米) 6月住宅販売保留指数(前月比)+ 0.9%
前回 -0.5%   
予想+0.1%   
 
---------7/30株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22544.84▼167.91
豪ASX 6278.392 ▼21.835
上海総合 2869.050 ▼4.544
英FT 7700.85▼0.46
独DAX 12798.2▼62.20
NYダウ 25306.83▼144.23
 
日10年債利回り 0.1020%▼0.0020
豪10年債利回り 2.649%△0.005
英10年債利回り 1.343%△0.063
独10年債利回り 0.446%△0.042
米2年債利回り 2.6613%▼0.0081
米10年債利回り 2.9728%△0.0186
 
NY原油 70.13 △1.44
NY金 1231.50▼1.20
 
------------7/31きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:30  6月完全失業率
08:30  6月有効求人倍率 
08:50  6月鉱工業生産速報
未定  日銀金融政策決定会合
未定  経済・物価情勢の展望(7月、基本的見解) 
15:30  黒田日銀総裁、定例記者会見 
19:00  外国為替平衡操作の実施状況(介入実績) 
 
<海外> 
07:45  6月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数 
08:01  7月英Gfk消費者信頼感指数
10:00  7月NBNZ企業信頼感 
10:00  7月中国製造業PMI
10:30  6月豪住宅建設許可件数
15:00  6月独小売売上高指
15:45  7月仏消費者物価指数・速報値
16:00  6月トルコ貿易収支
16:55  7月独雇用統計
18:00  6月ユーロ圏失業率
18:00  7月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
18:00  4-6月期ユーロ圏GDP・速報値
21:00  6月南アフリカ貿易収支
21:30  6月カナダ鉱工業製品価格
21:30  6月カナダ原料価格指数 
21:30  5月カナダGDP
21:30  6月米個人消費支出(PCE) 
21:30  6月米個人所得
21:30   6月米PCEコアデフレータ
21:30  4-6月期米雇用コスト指数 
22:00  5月米ケース・シラー住宅価格指数
22:00  4-6月期メキシコGDP
22:45  7月米シカゴ購買部協会景気指数 
23:00  7月米消費者信頼感指数
29:30  アップル4?6月期決算 
 
 
------------7/31きょうのひとこと---------------------
 
きょうは日銀に注目が集まっています。昨日のロイターの「米金融・債券市場」の解説記事にはこんな一節もありました。「日銀が『金融引き締め』に動けば、日本国債利回りは上昇し、高利回りを求める日本の投 資家が代替投資先として選好してきた米債利回りも押し上げられることになる」。やはり海外勢は、緩和策の修正を「柔軟化」ではなく「引き締め」と捉えているのでしょう。事実上0-0.1%の10年債利回り誘導目標レンジを0-0.25%に拡大したら、やはり「利上げ」ですよね。インフレ見通しを引き下げるのに利上げするなんて、いくらなんでもムリ筋すぎると思いますが、果たしてどうなる事やら・・・
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 

27日のドル円相場ときょうのひとこと(7/30 月)

0727.PNG 

------------7/27ドル円相場--------------------------
 
日銀が午前のオペで「指値オペ」を見送ると111円割れ。午後のオペで「指値オペ」を通知すると111円台を回復と、日銀のスタンスをめぐって神経質に上下。その後は、トランプ大統領の思わせぶり発言などで期待が高まっていた米GDPが予想通りとなり再び111円台を割り込んだ。
 
OP111.218 HI111.246 LO110.798 CL111.006
 
-----------7/27主な出来事---------------------------
 
10:30 (豪) 4-6月期四半期卸売物価指数(PPI)(前年同期比) 1.5%
前回1.7%
 
14:00 日銀、10年債0.10%で指値オペを通知
 
14:30 (仏) 4-6月期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)0.2%
前回0.2%
予想0.3%
 
15:00 (独) 6月輸入物価指数(前月比)0.5%
前回1.6%
予想0.2%
 
21:30 (米) 4-6月期GDP・速報値(前期比年率) 4.1%
2.0% (2.2%)
4.2%
 
23:00 (米) 7月ミシガン大学消費者態度指数・確報値 97.9
前回97.1
予想97.1
 
---------7/27株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22712.75△125.88
豪ASX  6300.227 △55.729
上海総合 2873.594 ▼8.631
英FT  7701.31△38.14
独DAX 12860.4△51.17
NYダウ 25451.06▼76.01
 
日10年債利回り 0.1040%△0.0100
豪10年債利回り 2.644%▼0.040
英10年債利回り 1.280%△0.002
独10年債利回り 0.403%▼0.001
米2年債利回り  2.6694%▼0.0121
米10年債利回り  2.9542%▼0.0222
 
NY原油  68.69 ▼0.92
NY金  1232.70▼2.60
 
------------7/30きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
16:00  7月スイスKOF景気先行指数
16:30  4-6月期スウェーデンGDP速報値
17:30  6月英消費者信用残高
17:30  6月英マネーサプライM4 
18:00  7月ユーロ圏消費者信頼感指数
21:00  7月独消費者物価指数・速報値
23:00  6月米住宅販売保留指数
 
------------7/30きょうのひとこと---------------------
 
米4-6月期GDPは、トランプ大統領が好結果を煽った割には・・・という評価でしょうか。それよりも、日銀の動きが気になるところでしょう。週末の報道によると、日銀は物価見通しを引き下げて大規模緩和を継続する方針だそうです、副作用への配慮などから緩和策の微修正があっても、それはあくまでも緩和の持続性を高めるための措置という説明になると見られます。日銀に問われるのは、「市場との対話力」という事になりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/27 金)

WS002177.JPG 

------------7/26ドル円相場--------------------------
 
日銀が金利上昇容認の思惑で110.591円まで円高に振れるも、ECB理事会後のドル高(ユーロ安)の流れに沿って111円台を回復。
 
OP111.010 HI111.249 LO110.591 CL111.232
 
-----------7/26主な出来事---------------------------
 
15:00   (独) 8月GFK消費者信頼感調査  10.6  
前回10.7   
予想10.7   
  
20:45 (ユーロ) ECB政策金利    0.00%   に維持
  
21:30   (ユーロ) ドラギECB総裁、定例記者会見    
「大規模な金融緩和は引き続き必要」 
「成長見通しのリスクは概ね均衡している」 
「年内のインフレ率は現在の水準近辺で推移すると見込み」 
「基礎的インフレ率は年末に向けて持ち直し、中期的にも段階的に上昇する見込み」 
「ECBは必要に応じて全ての手段を調整する用意がある」 
「為替水準は政策目標ではない」 
「ECBは再投資の方針は議論しなかった」 
「ECBは現時点でガイダンスの修正は必要ないとの見方」       
  
21:30   (米) 前週分新規失業保険申請件数 21.7万件 
前回  20.7万件 (20.8万件) 
予想 21.5万件  
  
21:30 (米) 6月耐久財受注(前月比) 1.0% 
前回  -0.6% (-0.3%)  
予想3.0% 
 
21:30  (米) 6月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比) 0.4% 
前回  -0.3% (0.3%) 
予想 0.5%  
 
23:31 ペンス米副大統領 
「牧師が解放されなければ、米国はトルコに制裁措置を取ると警告」 
 
25:13 バルニエEU・ブレグジット交渉官
「離脱後の通商条件で英国案の主要部分を拒否」
 
29:21 トランプ米大統領
「GDPの数値はすばらしいものになると思う」
 
---------7/26株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22614.25△103.77
豪ASX 6247.646 ▼18.196
上海総合 2903.647 ▼1.915
英FT 7658.26▼50.79
独DAX 12579.33▼110.06
NYダウ 25414.10△172.16
 
日10年債利回り 0.0740%▼0.0120
豪10年債利回り 2.679%▼0.040
英10年債利回り 1.274%▼0.002
独10年債利回り 0.396%±0.000
米2年債利回り 2.6694%△0.0364
米10年債利回り 2.9746%△0.0260
 
NY原油 69.30 △0.78
NY金 1241.00△6.40
 
------------7/27きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:10 日銀オペ
 
<海外> 
10:30  4-6月期豪生産者物価指数 
14:30  4-6月期仏GDP・速報値 
15:00  6月独輸入物価指数
21:30  4-6月期米GDP速報値
23:00  7月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
-----  BRICS首脳会議(南ア・ヨハネスブルグ、最終日)
 
------------7/27きょうのひとこと---------------------
 
1)来週の日銀金融政策決定会合への不透明感が円高要因(円安抑制要因)、2)今夜の米GDPへの期待がドル高要因(円高抑制要因)、という状況です。1)については10:10のオペタイムに注目です。指値オペなどで0.1%前後で高止まりしている長期金利の上昇をけん制してくるのか注目しましょう。2)については、トランプ大統領は5%近い伸びを期待しているとか。ただし、アトランタ連銀のGDPNOWは+3.8%となっています。円高が強いかドル高が強いか決戦の金曜日です。
 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/26 木)

WS002175.JPG
 ------------7/25ドル円相場--------------------------
 
日銀絡みの日経報道で勇み足的に一時110.60円台まで下落。ただ、米欧貿易摩擦回避で合意も111円台が重い。
 
OP111.173 HI111.381 LO110.654 CL110.946
 
-----------7/25主な出来事---------------------------
 
07:45   (NZ) 6月貿易収支   -1.13億NZドル
前回 2.94億NZドル (2.08億NZドル)  
予想2.00億NZドル   
 
10:30   (豪) 4-6月期四半期消費者物価(前年同期比) +2.1%   
前回+1.9%   
予想+2.2%   
 
17:00   (独) 7月IFO企業景況感指数  101.7 
前回 101.8   
予想101.5  
 
23:00   (米) 6月新築住宅販売件数(年率換算件数)   63.1万件
前回68.9万件 (66.6万件) 
予想 67.0万件   
 
23:45 米政府顧問、外国製自動車2000億ドル相当に25%関税発動予想-米紙
 
26:45 日銀がETFの購入配分を見直しへ、副作用に配慮-日経
 
28:42 「トランプ米大統領、貿易戦争へEUの譲歩を確保」「トランプ米大統領とユンケル欧州委員長、貿易緊張の緩和で合意」-報道
 
---------7/25株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22614.25△103.77
豪ASX 6247.646 ▼18.196
上海総合 2903.647 ▼1.915
英FT 7658.26▼50.79
独DAX 12579.33▼110.06
NYダウ 25414.10△172.16
 
日10年債利回り 0.0740%▼0.0120
豪10年債利回り 2.679%▼0.040
英10年債利回り 1.274%▼0.002
独10年債利回り 0.396%±0.000
米2年債利回り 2.6694%△0.0364
米10年債利回り 2.9746%△0.0260
 
NY原油 69.30 △0.78
NY金 1241.00△6.40
 
------------7/26きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
10:30  4-6月期豪輸入物価指数
15:00  8月独GFK消費者信頼感指数
16:30  6月スウェーデン失業率
18:30  6月南アフリカ生産者物価指数 
20:45  ECB理事会、政策金利発表
21:30  ドラギECB総裁、定例記者会見 
21:30  米新規失業保険申請件数
21:30  6月米耐久財受注額
26:00  米7年債入札 (300億ドル)
29:00  インテル第2四半期決算 
29:01  アマゾン・ドット・コム第2四半期決算 
----   BRICS首脳会議(南ア・ヨハネスブルク、27日まで)
 
------------7/26きょうのひとこと---------------------
 
「日銀が上場投資信託(ETF)の購入配分を見直しへ」との報道に110.60円台まで円買いで反応したのは市場の勇み足でしょう。6兆円の購入を減額しようというのではなく、あくまでも配分を見直そうという話です。米欧首脳会談の貿易摩擦回避に向けた取り組み合意についても、ユーロ高で反応していますが、勝者はやはり譲歩を引き出したトランプ大統領(ドル)でしょう。ドル売り・円買いは続かないと見ており、110円台後半で値固めを行いつつ、上昇再開のきっかけを探る展開を見込んでいます。
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/25 水)

 WS002170.JPG

 
------------7/24ドル円相場--------------------------
 
111円台半ばの上値は重かった一方、110円台後半の下値も堅く、小陰線引け。
 
OP111.319 HI111.511 LO110.961 CL111.201
 
-----------7/24主な出来事---------------------------
 
16:30   (独) 7月製造業PMI速報値     57.3 
前回55.9   
予想55.5
 
17:00  (ユーロ) 7月製造業PMI速報値    55.1 
前回54.9   
予想54.6
 
17:00   (ユーロ) 7月総合PMI速報値54.3
前回 54.9
予想 54.8
 
20:00   トルコ中銀、政策金利    17.75%   
 
20:29 トランプ米大統領
「関税は最高にすばらしい」
 
22:00   (米) 5月住宅価格指数(前月比)  +0.2%  
前回 +0.1% (+0.2%)  
予想+0.3%  
 
22:45   (米) 7月製造業PMI速報値    55.5 
前回55.4   
予想55.4 
 
22:50 メイ英首相
「私がEUとの交渉を率い、EU離脱担当相を私の補佐に」
 
23:00   (米) 7月リッチモンド連銀製造業指数  20  
前回20 (21)  
予想18   
 
---------7/24株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22510.48△113.49
豪ASX  6265.842△38.286
上海総合 2905.562 △46.020
英FT 7709.05△53.26
独DAX 12689.39△140.82
NYダウ 25241.94△197.65
 
日10年債利回り 0.0860%±0.0000
豪10年債利回り 2.719%△0.049
英10年債利回り 1.276%△0.004
独10年債利回り 0.397%▼0.010
米2年債利回り 2.6331%△0.0043
米10年債利回り 2.9541%△0.0610
 
NY原油 68.52 △0.63
NY金 1234.60△0.20
 
------------7/25きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
07:45  6月NZ貿易収支
10:30  4-6月期豪消費者物価指数
15:45  6月仏卸売物価指数
17:00  6月ユーロ圏マネーサプライM3 
17:00  7月独Ifo企業景況感指数
23:00  6月米新築住宅販売件数 
23:30  EIA週間在庫統計 
26:00  米5年債入札 (360億ドル)
----   米EU首脳会談(ワシントン) 
----   BRICS首脳会議(南ア・ヨハネスブルク、27日まで)
 
------------7/25きょうのひとこと---------------------
 
トランプ米大統領が「欧州連合(EU)は貿易上の敵」と言い切るなど米とEUの溝は深く、本日の米欧首脳通商協議の行方は不透明と言わざるを得ません。ドル/円が112円台に復帰するシナリオは描きづらいところです。もっとも、貿易戦争は「ドル高要因」との見方もあります。また、27日に発表される米4-6月期国内総生産(GDP)が年率5%近い高成長を示すとの期待もあります。ドル/円の110円台後半は引き続きサポートになると見ています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/24 火)

WS002166.JPG 

------------7/23ドル円相場--------------------------
 
110.70円台までドル売り・円買いが先行するも、米大統領の批判にもめげず米長期金利が上昇する中、ドルが持ち直すと111.50円台を回復。
 
OP111.403 HI111.541 LO110.753 CL111.355
 
-----------7/23主な出来事---------------------------
 
21:30  (加) 5月卸売売上高(前月比)  1.2%
前回  0.1% (-0.1%)  
予想0.6%  
 
23:00   (ユーロ) 7月消費者信頼感(速報値) -0.6
前回 -0.5(-0.6)  
予想-0.7  
 
23:00  (米) 6月中古住宅販売件数(年率換算件数)  538万件 
前回  543万件 (541万件)  
予想544万件  
 
---------7/23株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22396.99▼300.89
豪ASX  6227.556 ▼58.295
上海総合 2859.542 △30.271
英FT 7655.79▼23.00
独DAX 12548.57▼12.85
NYダウ 25044.29▼13.83
 
日10年債利回り 0.0860%△0.0510
豪10年債利回り 2.670%△0.054
英10年債利回り 1.272%△0.040
独10年債利回り 0.406%△0.037
米2年債利回り 2.6287%△0.0356
米10年債利回り 2.9541%△0.0610
 
NY原油 67.89 ▼2.57
NY金 1234.40▼6.00
 
------------7/24きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
14:00  5月景気動向指数改定値 
 
<海外> 
16:00  7月仏製造業PMI速報値 
16:00  7月仏サービス業PMI速報値
16:30  7月独製造業PMI速報値
16:30  7月独サービス業PMI速報値 
17:00  7月ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00  7月ユーロ圏サービス業PMI速報値
20:00  トルコ中銀、政策金利発表
22:00  5月米住宅価格指数
22:45  7月米製造業PMI速報値
22:45  7月米サービス業PMI速報値
22:45  7月米総合PMI速報値 
23:00  7月米リッチモンド連銀製造業景気指数
26:00  米2年債入札 (350億ドル)
 
------------7/24きょうのひとこと---------------------
 
昨日の米長期金利上昇とドルの持ち直しについては、「トランプ大統領の利上げやドル高への批判は『的外れ』」という市場の評価ではないでしょうか。減税やインフラ投資で景気のアクセルを吹かしつつ、関税まで強化しておいて、「利上げはするな、ドル高は嫌だ」はさすがにムシが良すぎるということでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 
 

20日のドル円相場ときょうのひとこと(7/23 月)

WS002159.JPG
------------7/20ドル円相場--------------------------
 
トランプ米大統領の利上げ&ドル高への苦言で下落圧力高まり11日以来の111.30円台へ軟化。
 
OP112.422 HI112.624 LO111.381 CL111.447
 
-----------7/20主な出来事---------------------------
 
08:30 (日) 6月全国消費者物価指数(生鮮食料品除く前年比)+0.8%
前回+0.7%
予想
+0.8%
15:00 (独) 6月生産者物価指数(前年比) +3.0%
前回+2.7%
予想+3.0%

17:00 (ユーロ) 5月経常収支 224億ユーロ
前回284億ユーロ(296億ユーロ)
21:30 (加) 5月小売売上高(前月比)+2.0%
前回-1.2%(-0.9%)
予想
+1.0%
 
21:30(加) 6月消費者物価指数(前年比) +2.5%
前回+2.2%
予想+2.3%
 
19:21 トランプ米大統領 -CNBC
「中国製品に対する5000億ドル相当の輸入関税を課す準備がある」
 
21:51 トランプ米大統領 -ツイッター
「中国、欧州連合(EU)や他国は自国通貨を操作し、政策金利を低く抑えている。一方で米国は金利を上げて、ドルはよりいっそう強くなっている」 
 
23:00 「日銀は次回会合で緩和政策の持続可能性を高める方策を議論」「政策の持続性確保へ長期金利目標などの柔軟化も検討」-ロイター
 
27:10 トランプ米大統領はFRBが年内にあと2回利上げするのを懸念している-CNBC
 
29:50 ムニューシン米財務長官 
「相場操縦の兆候がないか、最近の人民元安を注意深く監視」 「人民元安は中国に不当な利益を生み出す、次回の為替報告書で慎重に行動を検討する」 「ドル高は米国にとって長期的に重要、短期的なドルの問題にはコメントしない」 「トランプ米大統領はFRBやパウエルFRB議長の独立性を尊重」
 
---------7/20株式・債券・商品---------------------
日経平均 22697.88▼66.80
豪ASX  6285.851△23.151
上海総合 2829.271 △56.726
英FT 7678.79▼5.18
独DAX 12561.42▼124.87
NYダウ 25058.12▼6.38
 
日10年債利回り 0.0350%▼0.0070
豪10年債利回り 2.616%▼0.041
英10年債利回り 1.232%△0.047
独10年債利回り 0.370%△0.040
米2年債利回り 2.5931%△0.0024
米10年債利回り 2.8931%△0.0551
 
NY原油 70.46 △1.00
NY金 1231.10△7.10
------------7/23きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
21:30  5月カナダ卸売売上高 
23:00  7月ユーロ圏消費者信頼感指数・速報値
23:00  6月米中古住宅販売件数 
26:00  ブロードベントBOE副総裁、講演 
 
------------7/23きょうのひとこと---------------------

トランプ米大統領の度重なる口先介入と日銀緩和の微調整に絡む観測報道で、ドル買い・円売りに傾いたポジションが盛大に「リバース」した格好です。少し前までレジスタンスとして意識され、上抜けたことで上昇に弾みが付いた111円前後が今度はサポートとして機能するか注目しましょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
-------------------
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/20金)

WS002155.JPG 

------------7/19ドル円相場--------------------------
 
半年ぶり高値更新からのトランプ砲炸裂で失速。
 
OP112.818 HI113.162 LO112.063 CL112.473
 
-----------7/19主な出来事-------------------------
 
08:50  日本6月貿易統計(通関ベース)  7214億円
前回  -5783億円 (-5805億円)  
予想5312億円   
 
10:30  豪 6月新規雇用者数    5.09万人 
前回1.20万人 (1.34万人)  
予想1.65万人 
豪6月失業率    5.4%  
予想 5.4%  
前回5.4% 
 
17:30   英6月小売売上高指数(前月比)  -0.5%
前回 +1.3% (+1.4%) 
予想+ 0.2%   
 
21:30 米前週分新規失業保険申請件数    21.4万件 
(21.5万件)  22.0万件  20.7万件 
 
21:30   7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数   25.7
前回 19.9   
予想22.0
   
23:00  6月景気先行指標総合指数(前月比)  0.5%
前回  0.2% (0.0%) 
予想0.4%   
 
26:17 トランプ米大統領
「金利の上昇、嬉しくない」「人民元は石のように転げ落ちている」「ドル上昇で米国は不利な立場に」
 
26:55 ホワイトハウス
「大統領はFRBの独立性を尊重」「大統領はFRBの決定に介入していない」
 
---------7/19株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22764.68▼29.51
豪ASX  6262.700△17.589
上海総合 2772.545 ▼14.712
英FT 7683.97△7.69
独DAX 12686.29▼79.65
NYダウ 25064.50▼134.79
 
日10年債利回り 0.0420%▼0.0030
豪10年債利回り 2.657%△0.022
英10年債利回り 1.185%▼0.041
独10年債利回り 0.330%▼0.012
米2年債利回り 2.5907%▼0.0185
米10年債利回り 2.8380%▼0.0312
 
NY原油 69.46 △0.70
NY金 1224.00▼3.90
 
------------7/20きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:30 6月全国消費者物価指数 
08:50 対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
13:30 5月全産業活動指数
 
<海外> 
15:00 6月独生産者物価指数 
17:00 5月ユーロ圏経常収支(季節調整済み) 
21:20 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
21:30 5月カナダ小売売上高
21:30 6月カナダ消費者物価指数
29:00?ゼネラル・エレクトリック(GE)4-6月期決算 
 
------------7/20きょうのひとこと---------------------
 
トランプ米大統領が「利上げは喜ばしくない」と発言した事で市場がザワついています。エルドアン・トルコ大統領とキャラが丸かぶりですね・・・それはともかく、ホワイトハウスが即座にこのお騒がせ発言の火消しに動くと、金利が元に戻りドルも買い戻されたところをみると、市場は大統領が本気で利上げを止めたりドル安に誘導するとは考えていないようです。現時点では、昨日のドルの下落は調整の一環と見るのが妥当でしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/19 木)

WS002152.JPG 

 
 ------------7/18ドル円相場--------------------------
 
半年ぶりに113円乗せも、年初来高値を前に失速気味。
 
OP112.849 HI113.137 LO112.705 CL112.825
 
-----------7/18主な出来事-------------------------
 
17:00   (南ア) 6月消費者物価指数(前年比) +4.6% 
前回4.4%   
予想4.8%  
 
17:30  (英) 6月消費者物価指数(前月比)  0.0%
前回0.4%   
予想0.2%
(英) 6月消費者物価指数(前年比)  +2.4% 
前回2.4%   
予想2.6% 
(英) 6月消費者物価指数(コア前年比)  +1.9% 
前回+2.1%
予想+2.1%
(英) 6月小売物価指数(前年比)  +3.4% 
前回3.3%   
予想3.5% 
 (英) 6月卸売物価指数(前年比)  +2.1%
前回2.1%   
予想2.1%   
 
18:00  (ユーロ) 6月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年比) +2.0%   
前回2.0%  
予想2.0% 
 
21:30   (米) 6月住宅着工件数(年率換算)   117.3万件
前回  135万件 133.7万件
予想132.0万件  
(米) 6月建設許可件数(年率換算)    127.3万件 
前回130.1万件   
予想133.0万件  
 
23:00 (米) パウエル米FRB議長
「バランスシートが通常へ戻るのに3?4年かかると予想」 「現在、金融バブルは見られない」 
「財政政策はある程度の期間、持続不能な軌道になるだろう」 「債務より速いペースで経済を成長させる必要がある」 
       
27:00   (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)   
「12地域中10地域で経済活動が緩やかに拡大」 「全ての地域で物価が緩やかに上昇」 「全ての地域で製造業者が関税に懸念を表明」 「全ての地域で労働市場は引き締まった」 
 
---------7/18株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22794.19△96.83
豪ASX  6245.111 △41.471
上海総合 2787.257 ▼10.869
英FT 7676.28△49.95
独DAX 12765.94△104.40
NYダウ 25199.29△79.40
 
日10年債利回り 0.0450%△0.0020
豪10年債利回り 2.635%▼0.022
英10年債利回り 1.226%▼0.032
独10年債利回り 0.342%▼0.004
米2年債利回り 2.6093%▼0.0061
米10年債利回り 2.8692%△0.0092
 
NY原油 68.76 △0.68
NY金 1227.90△0.60
 
------------7/19きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50 6月貿易統計(通関ベース) 
未定  7月月例経済報告 
 
<海外> 
10:30  6月豪雇用統計
17:30  6月英小売売上高指数
21:30  前週分の米新規失業保険申請件
21:30  7月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:00  クオールズ米FRB副議長、講演 
未定  南ア準備銀行(SARB)政策金利発表
23:00  6月米景気先行指標総合指数
29:09  マイクロソフト4?6月期決算 
 
------------7/19きょうのひとこと---------------------
 
昨日のドル円は、やや上ヒゲが長い十字線引けとなりました。十字線は気迷い線とも呼ばれ、トレンドの転換点に出現するとされています。それだけに、反落への備えが必要かもしれません。ただ、足元の「米経済1人勝ち」「米ドル1強」の見方に変化がない限り、ドルが売り込まれる公算は小さいのではないでしょうか。そう考えると、ドル円の下値も限られそうです。そうした中、もし昨日高値(113.14円前後)を上抜ければ、年初来高値をあっさり更新する事になるかもしれません。いずれにしても、昨日の十字線の意味を決めるのは、きょうの動きという事になるのでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/18 水)

 WS002149.JPG

 
------------7/17ドル円相場--------------------------
 
ドル買い再開。パウエルFRB議長の証言で上昇加速し、1月9日以来の112.90円台へ。
 
OP112.272 HI112.923 LO112.222 CL112.858
 
-----------7/17主な出来事---------------------------
 
07:45   NZ4-6月期四半期消費者物価(前年比) 1.5%
前回1.1%   
予想1.6%   

10:30 RBA議事録
「短期的に金融政策を調整する強い証拠はない」「経済が予想通り改善すれば、次の行動は利上げ」「しばらく金利を据え置くことが適切」 「豪ドルは下落したが、依然として過去2年間のレンジ」「最近のデータは今年から来年にGDP成長が3%を若干上回るとの予想と一致」「世界成長に対して下方向のリスクが増し、貿易摩擦は有害」  
 
17:30   英6月失業保険申請件数    0.78万件
前回 -0.77万件→-0.30万件
予想-0.21万件  
6月失業率    2.5%      
前回2.5% 
英3-5月失業率(ILO方式) 4.2% 
前回 4.2%   
予想4.2% 
英3-5月週平均賃金 +2.5%
予想+2.5%
前回+2.5%
 
22:15  米6月鉱工業生産(前月比)  0.6%  
前回-0.1% (-0.5%)  
予想0.6%   
6月設備稼働率  78.0%
前回  77.9% (77.7%)  
予想78.3%   
 
23:00 パウエルFRB議長 、上院銀行員会で証言
「当面、漸進的な利上げ継続が最善策」「FOMCは利上げが速過ぎたり、遅過ぎたりするリスクを承知している」「インフレは2%の対照的な目標を上回ったり、下回ったりすることもある」「緩やかな賃金上昇は雇用市場が高インフレを引き起こしていないことを伝えている」「最新の経済データは第2四半期の米成長がかなり強いことを示唆している」「最近のインフレは心強い」「経済に対する全体的なリスクは概ねバランスがとれている」「雇用市場は強く、労働者はより良い状態にある」「賃金上昇は依然としてインフレの傾向を上回る」「保護政策は経済的悪影響をもたらす」「労働参加率の上昇は非常に健全な兆し」「一部の資産価格は高い」「米貿易の不確実性が賃金成長の脅威となる可能性」「イールドカーブの形状は長期金利に関するメッセージ」 
  
23:00  米7月NAHB住宅市場指数    68   
前回68 
予想 68 

英テレグラフ 「欧州委員会は、英国以外の欧州連合(EU)加盟国に対し、EUとの合意が成立しないまま英国が離脱する事態への備えを強化するよう求める計画だ」
 
英下院議会が、通商法修正案を否決-メイ首相、面目維持
         
29:00  5月対米証券投資(短期債除く) 456億ドル 
前回  939億ドル (940億ドル)    
 
---------7/17株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22697.36△100.01
豪ASX  6203.640 ▼37.878
上海総合 2798.126 ▼15.916
英FT 7626.33△25.88
独DAX 12661.54△100.52
NYダウ 25119.89△55.53
 
日10年債利回り 0.0430%△0.0030
豪10年債利回り 2.657%△0.022
英10年債利回り 1.258%▼0.022
独10年債利回り 0.346%▼0.018
米2年債利回り 2.6154%△0.0187
米10年債利回り 2.8600%△0.0018
 
NY原油 68.08 △0.02
NY金 1227.30▼12.40
 
------------7/18きょうの注目材料---------------------
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
09:00  ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演 
17:00  6月南アフリカ消費者物価指数 
17:30  6月英消費者物価指数
17:30   6月英小売物価指数
17:30  6月英卸売物価指数
18:00  5月ユーロ圏建設支出 
18:00  6月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値 
20:00  モルガン・スタンレー第2四半期決算 
20:00  5月南アフリカ小売売上高
21:30  6月米住宅着工件数
21:30   6月米建設許可件数 
23:00  パウエルFRB議長、米下院金融サービス委員会で証言 
23:30  EIA週間在庫統計 
27:00  米地区連銀経済報告(ベージュブック) 
29:05  IBM第2四半期決算 
 
------------7/18きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は、2日間の休養(調整)を挟むという理想的な上昇の展開で113円台に乗せています。誰もが注目する年初来高値の113.40円前後を前に、東京市場では上げ渋っていますが、欧米勢のアニマルスピリットに期待しましょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/17火)

WS002146.JPG 

------------7/16ドル円相場--------------------------
 
小幅続落。買い先行も前週末高値に届かず失速。ポジション調整のドル売りが主導。
 
OP112.314 HI112.562 LO112.230 CL112.269
 
-----------7/16主な出来事---------------------------
 
11:00   中国4-6月期GDP(前年比)   6.7%
前回 6.8%   
予想6.7% 
  
中国6月小売売上高(前年比)    9.0% 
前回 8.5%   
予想9.0% 
中国6月鉱工業生産(前年比)   6.0%
前回 6.8%   
予想6.5%   
 
18:00   ユーロ圏5月貿易収支    165億ユーロ 
前回167億ユーロ    
 
21:30  米 7月ニューヨーク連銀製造業景気指数   22.6 
前回 25.0   
予想22.0  
 
21:30   6月小売売上高(前月比)  0.5%
前回  0.8% →1.3%
予想 0.5%   
6月小売売上高(除自動車・前月比)   0.4% 
前回  0.9% →1.4% 
予想 0.3% 
 
---------7/16株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 -----
豪ASX  6241.518▼26.873
上海総合 2814.042 ▼17.142
英FT 7600.45▼61.42
独DAX 12561.02△20.29
NYダウ 25064.36△44.95
 
日10年債利回り ----
豪10年債利回り 2.635%△0.006
英10年債利回り 1.280%△0.008
独10年債利回り 0.363%△0.024
米2年債利回り 2.5966%△0.0187
米10年債利回り 2.8582%△0.0311
 
NY原油 68.06 ▼2.95
NY金 1239.70▼1.50
 
------------7/17きょうの注目材料---------------------
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
07:45 4-6月期NZ消費者物価指数
10:30 7月RBA理事会議事要旨 
16:00 5月トルコ鉱工業生産 
17:00 カーニーBOE総裁、カンリフBOE副総裁、講演 
17:30 6月英雇用統計
17:30 3-5月英失業率(ILO方式) 
17:30 3-5月英週平均賃金
20:30 ゴールドマン・サックス第2四半期決算 
21:30 5月カナダ製造業出荷
22:15 6月米鉱工業生産指数
22:15  6月米設備稼働率
23:00 7月米NAHB住宅市場指数
23:00 パウエル米FRB議長、米上院銀行委員会で経済と金融政策について証言 
29:00 5月対米証券投資動向 
 
------------7/17きょうのひとこと---------------------
 
金・月とドル円は小幅に調整。昨日などは米小売売上高の好結果にも強いドル買いの反応は見せませんでした。本日行われる「パウエルFRB議長の議会証言待ち」との事です。パウエル議長は先週のラジオ番組で「米経済は非常に良好」としながらも、「通商政策変更による経済への影響を巡る懸念の高まりを耳にしている」と指摘していました。証言のトーンが明るめなのか暗めなのか気になるところではあります。なお、議会証言については原稿が事前に発表される慣行なので、発表時刻が判明したら、ツイッター等(ツイッターアカウント @KandaTakuya)でお知らせするつもりです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
---【お知らせ】----
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 

13日のドル円相場ときょうのひとこと(7/16 月)

0713.PNG 

 
------------7/13ドル円相場--------------------------
 
ドル買い一服、5日ぶりに小反落。欧州序盤に半年ぶり高値を更新するも、週末を控えてNY市場で軟化。
 
OP112.499 HI112.798 LO112.277 CL112.363
 
-----------7/13主な出来事---------------------------
 
(中) 6月貿易収支(米ドル)+416.1億ドル
前回+249.2億ドル(242.3億ドル)
予想+276.1億ドル
 
15:00 (独) 6月卸売物価指数(WPI)(前月比) +0.5%
前回+0.8%
 
21:30 (米) 6月輸入物価指数(前月比)-0.4%
前回+0.6% (+0.9%)
予想-0.1%
 
23:00 (米) 7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 97.1
前回98.2
予想98.2
 
---------7/13株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22597.35△409.39
豪ASX  6268.391△0.086
上海総合 2831.184▼6.475
英FT  
独DAX 
NYダウ 25019.41 △94.52 
 
日10年債利回り 0.0400%±0.0000
豪10年債利回り 2.629%±0.000
英10年債利回り 1.273%
独10年債利回り 0.340%
米2年債利回り  2.5780%▼0.0079
米10年債利回り  2.8271%▼0.0183
 
NY原油  71.01△0.68
NY金  1241.20▼5.40
 
------------7/16きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 海の日の祝日で休場 
なし
 
<海外> 
08:01  7月ライトムーブ英住宅価格 
11:00  4-6月期中国GDP
11:00  6月中国鉱工業生産
11:00  6月中国小売売上高
16:00  4月トルコ失業率
18:00  5月ユーロ圏貿易収支
19:45  バンク・オブ・アメリカ(BOA)4-6月期決算 
21:30  5月対カナダ証券投資 
21:30  7月米ニューヨーク連銀製造業景気指数 
21:30  6月米小売売上高
23:00  5月米企業在庫
 
------------7/16きょうのひとこと---------------------
 
13日のドル円の下落については、4連騰後の週末とあって調整やむなしといったところで、きょうの動きこそが重要となります。「貿易戦争でも米経済は堅調」との評価の下、ドルが最強通貨の座を維持できるか、6月米小売売上高の結果に注目です。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
------【お知らせ】-------
 
為替の仕組みを解説する本を書きました。
 
『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)
 
特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。
特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html
 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/13 金)

WS002140.JPG
 ------------7/12ドル円相場--------------------------
 
ドル高から円安にメインドライバーをチェンジして半年ぶり高値へ。
 
OP111.951 HI112.625 LO111.911 CL112.512
 
-----------7/12主な出来事---------------------------
 
18:00  ユーロ圏5月鉱工業生産(前月比)   1.3%
前回  -0.9% (-0.8%) 
予想 1.2%  
 
19:29 トランプ米大統領 
「米国はNATOから離脱する必要はない」「米国のNATOへのコミットメントは依然として非常に強い」「ドイツが国防費引き上げに合意してくれたことは非常に喜ばしい」 
 
20:30 ECB理事会議事要旨          
 
21:30 米新規失業保険申請件数   21.4万件
前回23.1万件 (23.2万件)  
予想22.5万件   
 
21:30  米6月消費者物価指数(CPI)(前月比)    0.1% 
前回0.2%   
予想0.2% 
6月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 2.9% 
前回 2.8%   
予想2.9%  
6月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)  2.3%
前回2.2%   
予想2.3%  
    
21:30   5月新築住宅価格指数(前月比) 0.0% 
前回 0.0%  
予想 0.1%  
 
22:46 ムニューシン米財務長官 
「関税が経済に与える影響を非常に注意深く監視している」中国保有の米国債について懸念していない」「明日、メキシコを訪問する。焦点はNAFTA」 
 
27:00 6月月次財政収支  -749億ドル
前回 -1468億ドル   
予想-982億ドル   
 
27:13 パウエルFRB議長 
「昨年、賃金は若干上昇した」「生産性は非常に低い」「インフレは徐々に上昇し2%に迫っている。我々は目標に近づいている」「経済は良好だが、インフレ目標は完全には達成していない」 「鈍かった賃金上昇率について、本当の原因はまだ見つけられていない」「斬新的な利上げ結果に満足している」「インフレは我々の目標にかなり近づいている」 
 
---------7/12株式・債券・商品---------------------
 
 
日経平均 22187.96△255.75
豪ASX  6268.305 △52.706
上海総合 2837.659△59.888
英FT  7651.33△59.37
独DAX 12492.97△75.84
NYダウ 24924.89△224.44
 
日10年債利回り 0.0400%▼0.0030
豪10年債利回り 2.629%△0.020
英10年債利回り 1.282%▼0.013
独10年債利回り 0.357%▼0.010
米2年債利回り 2.5859%△0.0083
米10年債利回り 2.8454%▼0.0037
 
NY原油 70.33 ▼0.05
NY金  1246.60△2.20
 
------------7/13きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
09:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、討論会に参加 
未定  6月中国貿易収支
15:00  6月独卸売物価指数 
16:15  6月スイス生産者輸入価格 
19:45  JPモルガン・チェース第2四半期決算 
20:00  カンリフBOE副総裁、講演 
21:00  ウェルズ・ファーゴ第2四半期決算 
21:00  シティ・グループ第2四半期決算 
21:30  6月米輸入物価指数 
23:00  7月米ミシガン大消費者態度指数・速報値
25:30  ボスティック米アトランタ連銀総裁、討議に参加 
----   米英首脳会談(ロンドン) 
 
------------7/13きょうのひとこと---------------------
 
一昨日はリスクオフでドル高、昨日はリスクオンで円安と、どっちにしてもドル円は上昇するという「いいとこどり」の展開となりました。気が付けば年初来高値(113.40円)が視界に入ってきています。ただ、日足RSI(14日)が「買われ過ぎゾーン」の74%台に上昇している点や、ボリンジャーバンドの+3シグマが113.11円前後にある点などから、113円台乗せはあっても定着は難しいのではないでしょうか。個人的には「いいとこどり」が長く続く事はないのでは?と少しナナメから見ています。

---【お知らせ】----

為替の仕組みを解説する本を書きました。

『いちばんやさしい為替の教本』(インプレス刊)

特別ページで「【Chapter1】為替の基礎知識」をすべて無料公開中です。

特別ページ:http://www.gaitamesk.com/sp/book2.html

-------------------

 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/12 木)

WS002128.JPG 

------------7/11ドル円相場--------------------------
 
貿易戦争激化懸念でドル売り先行も、欧米市場では同じ懸念でドル買いに転換し、半年振りに112円台へ。
 
OP110.946 HI112.173 LO110.768 CL111.998
 
-----------7/11主な出来事---------------------------
 
07:54 ライトハイザーUSTR代表 
「2000億ドル相当の対中関税リストを公表」「米国は中国と交渉する用意がある」「対中関税リスト、2カ月間の意見公募期間」 
 
10:30  豪5月住宅ローン件数(前月比)   1.1%
前回 -1.4% (-0.9%)  
予想-2.0%   
 
13:24 中国商務省
「新たな米関税に報復せざるを得ないだろう」「米国をWTOに提訴する」
 
21:30  6月卸売物価指数(前月比)  0.3%
前回0.5%   
予想0.2%  
6月卸売物価指数・コア指数(前年同月比) 2.8%
前回 2.4%   
予想2.6%    
6月卸売物価指数)(前年同月比) 3.4%
前回 3.1%  
予想 3.2%   
 
21:21「ECB理事会は2019年の利上げ時期で意見分かれる」「一部メンバーは2019年7月の利上げを想定」
 
23:00   5月卸売在庫(前月比)   0.6%  
前回  0.5%  
予想 0.5% 
 
23:00 カナダ中銀、政策金利を1.50%に引き上げ
「7月予測には最近米国が課した鉄鋼・アルミ関税の影響が含まれる」「一部の産業とその労働者には困難な調整が行われる」「カナダ成長とインフレに対するこれらの措置の影響は控えめと予想」「CPIと中銀のコアインフレ指標は2%付近にとどまるだろう」「CPIインフレ率は約2.5%までさらに上昇し、2019年後半までに2%まで落ち着くと予想」「インフレ目標に近づくため利上げは正当化される」「データに基づいて段階的なアプローチを取ると予想」 
 
---------7/11株式・債券・商品---------------------
 
 
日経平均 21932.21▼264.68
豪ASX  6215.599▼42.498
上海総合 2777.771 ▼49.854
英FT  7591.96▼100.08
独DAX 12417.13▼192.72
NYダウ 24700.45▼219.21
 
日10年債利回り 0.0430%▼0.0020
豪10年債利回り 2.609%▼0.024
英10年債利回り 1.294%▼0.007
独10年債利回り 0.367%△0.048
米2年債利回り 2.5776%△0.0083
米10年債利回り 2.8491%±0.0000
 
NY原油 70.38 ▼3.73
NY金  1244.40▼11.00
 
------------7/12きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
08:01  6月英王立RICS住宅価格 
15:00  6月独消費者物価指数(CPI)改定値
15:45  6月仏CPI改定値
16:30  6月スウェーデンCPI
18:00  5月ユーロ圏鉱工業生産 
20:30  ECB理事会議事要旨(6月14日分) 
21:30  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
21:30  5月カナダ新築住宅価格指数
21:30  前週分の米新規失業保険申請件数 
21:30  6月米CPI
25:15  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
26:00  米30年債入札 (140億ドル)
27:00  6月米月次財政収支
-----  ユーロ圏財務相会合 
 
------------7/12きょうのひとこと---------------------
 
 
世界的株安・米長期金利低下の中で進んだドル高・円安に違和感を覚える向きが多いようです。私としても「リスク回避」のドル高は想定内でしたが、1ドル=112円台まで一気に進んだ円安の動きには、さすがに違和感を感じました。例えるなら傾いた床に置いた玉が下から上に向かって転がるという、良くできたトリックアートを見せられた気分です。なお、こうした時こそ(ドルの動きがわかりにくい時こそ)、原点の米経済ウォッチに立ち返る事が重要だと考えており、今夜の米6月CPIに注目しています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/11 水)

WS002125.JPG 

------------7/10ドル円相場--------------------------
 
5月戻り高値の目前まで上昇も、貿易戦争リスク再燃で失速。
 
OP110.795 HI111.350 LO110.795 CL111.091
  
-----------7/10主な出来事---------------------------
 
10:30  (中) 6月消費者物価指数(前年比) 1.9% 
前回1.8%   
予想1.9%  
 
10:30 (中) 6月生産者物価指数(前年比)   4.7%
前回 4.1%   
予想4.5%  
 
10:30   (豪) 6月NAB企業景況感指数  15 
前回   15 (14)   
 
17:30   (英) 5月貿易収支  -123.62億ポンド 
前回  -140.35億ポンド (-123.96億ポンド)  
予想-120.00億ポンド  
 
17:30   (英) 5月鉱工業生産指数(前月比) -0.4% 
前回   -0.8% (-1.0%) 
予想 0.5%  
 
17:30   (英) 5月製造業生産指数(前月比) 0.4%
前回   -1.4% (-1.3%)  
予想0.9%  
 
18:00   (独) 7月ZEW景況感指数  -24.7 
前回-16.1   
予想-18.0  
 
18:00   (ユーロ) 7月ZEW景況感指数   -18.7
前回  -12.6    
 
21:15   (加) 6月住宅着工件数 24.81万件
前回   19.56万件 (19.39万件)  
予想21.00万件  
 
21:30   (加) 5月住宅建設許可件数(前月比)  4.7%
前回-4.6% (-4.7%)  
予想2.0%   
 
29:52 米当局、2000億ドル相当の対中関税リストを公表の方向-関係者
 
---------7/10株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22196.89△144.71
豪ASX  6258.097 ▼27.943
上海総合 2827.625 △12.515
英FT  7692.04△4.05
独DAX 12609.85△65.96
NYダウ 24919.66△143.07
 
日10年債利回り 0.0450%△0.0050
豪10年債利回り 2.633%△0.022
英10年債利回り 1.302%△0.050
独10年債利回り 0.320%△0.020
米2年債利回り 2.5693%△0.0103
米10年債利回り 2.8491%▼0.0073
 
NY原油 74.11 △0.26
NY金  1255.40▼4.20
 
------------7/11きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
10:30  5月豪住宅ローン件数
16:00  ドラギECB総裁、講演 
16:30  プラートECB専務理事、講演 
21:00  メルシュECB専務理事、講演 
21:30  6月米卸売物価指数
23:00  カナダ中銀行、政策金利発表
23:00  5月米卸売売上高
23:00  5月米卸売在庫
23:30  EIA週間在庫統計 
24:15  ポロズカナダ中銀総裁、記者会見 
24:35  カーニーBOE総裁、講演 
26:00  米10年債入札 (220億ドル)
29:30  ウィリアムズ米NY連銀総裁、講演 
---   NATO首脳会議(ブリュッセル、12日まで) 
 
------------7/11きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は、前日の「陽のつつみ線」の示唆に沿って上昇していたところに、貿易戦争に絡むトランプ砲が炸裂。結果的に、直近高値を超えられずに失速してしまった格好で、長めに伸びた上ヒゲが上値探査ムードの萎縮を示唆する事になりました。ただ、米中貿易戦争については、2000億ドル相当の対中追加関税は、発動まで2カ月の猶予期間があり、その間も米中間で交渉が続くとの事なので、「いますぐ」開戦という危機感は薄いようです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/10 火)

WS002118.JPG 

 
------------7/9ドル円相場--------------------------
 
前週末安値を僅かに更新してからの切り返しで前週末の高値を更新する力強い動き。日足は「陽のつつみ線」に。
 
OP110.397 HI110.899 LO110.354 CL110.824
  
-----------7/9主な出来事---------------------------
 
07:45 デービス英EU離脱担当相が辞任-メイ首相の「穏健離脱」に反発
 
08:50  (日) 5月国際収支・経常収支  +1兆9383億円 
前回1兆8451億円   
予想1兆2402億円   
 
08:50   (日) 5月国際収支・貿易収支   -3038億円
前回 5738億円   
予想-4831億円   
 
15:00   (独) 5月貿易収支   +197億ユーロ
 前回204億ユーロ (201億ユーロ) 
 予想202億ユーロ   
 (独) 5月経常収支    126億ユーロ 
前回 227億ユーロ   
予想198億ユーロ 
 
22:00  (ユーロ) ドラギECB総裁
」「成長見通しのリスクは概ね均衡している」「少なくとも2019年夏にかけて金利を据え置くと予想」
 
23:00 ジョンソン英外相が辞任-EU離脱の「顔」
 
---------7/10株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22052.18△264.04
豪ASX  6286.040△13.749
上海総合 2815.110 △67.881
英FT  7687.99△70.29
独DAX 12543.89△47.72
NYダウ 24776.59△320.11
 
日10年債利回り 0.0400%△0.0070
豪10年債利回り 2.611%▼0.013
英10年債利回り 1.252%▼0.014
独10年債利回り 0.300%△0.009
米2年債利回り 2.5590%△0.0225
米10年債利回り 2.8564%△0.0347
 
NY原油 73.85 △0.05
NY金  1259.60△3.80
 
------------7/10きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし 
 
<海外> 
08:01  6月英BRC小売売上高調査 
10:30  6月中国卸売物価指数
10:30  6月中国消費者物価指数 
10:30  6月豪NAB企業景況感指数 
15:00  6月ノルウェーCP
15:45  5月仏鉱工業生産指数
17:30  5月英鉱工業生産指数
17:30  5月英製造業生産高
17:30  5月英貿易収支 
18:00  7月独ZEW景況感指数
18:00  7月ユーロ圏ZEW景況感指数 
21:15  6月カナダ住宅着工件数
21:30  5月カナダ住宅建設許可件数
26:00  米3年債入札 (330億ドル)
26:00  ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
 
------------7/10きょうのひとこと---------------------
 
大変失礼いたしました。ロシアW杯のフランス対ベルギー戦は昨夜ではなく今夜でした(今朝、少し早めに起きてテレビをつけましたがやっていなくて愕然としてしまいました・・・)。気を取り直してきょうも一日がんばります。さて、ドル円は「陽のつつみ線」が出現しており、111円台乗せから月初来高値(111.14円前後)、さらには5月高値(111.39円前後)を奪回するきっかけとなるか注目しましょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

6日のドル円相場ときょうのひとこと(7/9 月)

WS002109.JPG
 ------------7/6ドル円相場--------------------------
 
米中関税合戦には反応限定も、米雇用統計で賃金の伸びが予想に届かずドル売りに傾く。
 
OP110.629 HI110.784 LO110.380 CL110.475
  
-----------7/6主な出来事---------------------------
 
13:01 米国の対中関税第1弾(340億ドル相当の中国製品に25%の関税賦課)発動
 
13:10 中国商務省 「対中関税に報復せざるを得ない」
 
15:00  独 5月鉱工業生産(前月比)  2.6%
前回-1.0% (-1.3%) 
予想0.3%   
 
21:30 カナダ5月貿易収支    -27.7億カナダドル 
前回-19.0億カナダドル →-18.6億カナダドル
予想-22.0億カナダドル  
   
21:30 カナダ6月新規雇用者数    3.18万人  
前回-0.75万人   
予想2.40万人  
 
カナダ6月失業率    6.0% 
前回5.8%  
予想5.8%  
  
21:30  米5月貿易収支    -431億ドル 
前回-462億ドル (-461億ドル) 
予想-437億ドル 
 
21:30  米6月非農業部門雇用者数変化(前月比) 21.3万人
前回+22.3万人 (+24.4万人)  
予想+19.5万人   
 
米6月失業率    3.8%     
4.0% 
3.8%
 
米6月平均時給(前月比)  0.2% 
前回+0.3%  
予想+0.3%  
 
米6月平均時給(前年比) +2.7%
前回+2.8%
予想+2.8%
 
23:00  6月Ivey購買部協会指数   63.1
前回  62.5    
予想 
 
29:03メイ英首相 「内閣はBREXITについて共通した姿勢で合意に達した」
 
---------7/6株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21788.14△241.15
豪ASX  6272.291 △56.772
上海総合 2747.229 △13.347
英FT  7617.70△14.48
独DAX 12496.17△31.88
NYダウ 24456.48△99.74
 
日10年債利回り 0.0330%▼0.0050
豪10年債利回り 2.624%△0.030
英10年債利回り 1.267%△0.009
独10年債利回り 0.292%▼0.007
米2年債利回り 2.5365%▼0.0141
米10年債利回り 2.8217%▼0.0073
 
NY原油 73.80 △0.86
NY金  1255.80▼3.00
 
------------7/9きょうの注目材料---------------------
<国内> 
08:50  5月経常収支
08:50    5月貿易収支
09:30頃 黒田日銀総裁、あいさつ 
 
<海外> 
14:45  6月スイス失業率
15:00  5月独貿易収支
15:00  5月独経常収支
16:50  ブロードベントBOE副総裁、講演 
20:00  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
22:00  6月メキシコ消費者物価指数
22:00  ドラギECB総裁、講演 
28:00  5月米消費者信用残高
 
------------7/9きょうのひとこと---------------------
 
米中の関税発動に米6月雇用統計と、ひととおりイベントを消化しましたが、ドル円は110円台で方向感が出ないまま週を越えました。貿易戦争が良好な米経済を圧迫するとの懸念は拭えないものの、いまのところはその兆候なしという事で、とりあえず様子見の参加者が多い模様です。ロシアW杯が佳境に入っている事も様子見ムードの広がりの一因かもしれません。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/6 金)

WS002101.JPG 

 
------------7/5ドル円相場--------------------------
 
日中の株安で110.29円前後まで下げるも、ユーロ円の急伸びに支えられて反発。ADP,ISM,FOMC議事録も決め手にならず小幅高で取引を終えた。
 
OP110.468 HI110.715 LO110.290 CL110.664
  
-----------7/5主な出来事---------------------------
 
15:00   5月製造業新規受注(前月比)    -2.5% 
(-1.6%)  1.1%  2.6% 
 
15:00 太陽日酸、欧州事業を50億ユーロで買収
 
19:00   カーニーBOE総裁
「さらなる金融政策の引き締めが必要」「英経済は5月の予想通りに成長している」「ブレグジットをめぐる環境は常に不透明」「この環境下では、今後数年の利上げは緩やかで段階的なものになるだろう」 
         
20:30   米6月チャレンジャー人員削減数(前年比)   19.6% 
前回-4.8%      
 
21:15   米6月ADP雇用統計(前月比) +17.7万人 
前回+17.8万人→18.9万人 
予想+19.0万人   
 
21:30  米新規失業保険申請件数 23.1万件
前回  22.7万件 →22.8万件
予想 22.5万件   
 
23:00  米6月ISM非製造業景況指数59.1 
前回58.6  
予想58.3  
   
27:00   米FOMC議事要旨 
「大半のメンバーは貿易政策をめぐるリスクが強まったと指摘」「数人のメンバーはインフレが一時的に2%を超えるもののインフレ期待は抑制されていると指摘」「多くのメンバーは新興国と欧州市場の下振れリスクを指摘」「数人のメンバーは財政政策が経済成長を支えていると指摘」「経済が非常に強い中で漸進的な利上げが必要」「声明の“引き続き緩和的”との文言について協議した」 
 
---------7/5株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21546.99▼170.05
豪ASX  6215.519 △32.132
上海総合 2733.882 ▼25.244
英FT  7603.22△30.13
独DAX 12464.29△146.68
NYダウ 24356.74△181.92
 
日10年債利回り 0.0380%△0.0090
豪10年債利回り 2.594%△0.010
英10年債利回り 1.258%▼0.019
独10年債利回り 0.299%▼0.006
米2年債利回り 2.5507%△0.0264
米10年債利回り 2.8291%▼0.0018
 
NY原油 72.94 ▼1.20
NY金  1258.80△5.30
 
------------7/6きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
13:01  米国、対中関税発動
15:00  5月独鉱工業生産
15:45  5月仏貿易収支 
15:45  5月仏経常収支 
21:30  5月カナダ貿易収支 
21:30  6月カナダ雇用統計 
21:30  5月米貿易収支 
21:30  6月米雇用統計
23:00  6月カナダIvey購買部協会景気指数 
 
------------7/6きょうのひとこと---------------------
 
米国の対中関税は織り込み済みでしょう。アジア市場が中国の報復までの一連の動きを無難に消化できれば、米国の雇用統計に改めて焦点が当たる事になりそうです。FOMCが議事録で示したように、通商問題が米経済にマイナスの影響を与えていないか確認するためにも、今夜の雇用統計は重要となりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/5 木)

WS002098.JPG  

------------7/4ドル円相場--------------------------
 
朝方の下落は続かず。買い戻し一巡後は米祝日で手控えムード。
 
OP110.545 HI110.597 LO110.277 CL110.488
  
-----------7/4主な出来事---------------------------
 
10:30  豪5月貿易収支    +8.27億豪ドル
前回+ 9.77億豪ドル(4.72億豪ドル) 
予想12.00億豪ドル  
 
10:30  豪5月小売売上高(前月比)   0.4%
前回 0.4% (0.5%) 
予想 0.3%  
 
10:45  中国6月財新サービス業PMI 53.9 
前回52.9    
  
17:30 英6月サービス業PMI   55.1
前回 54.0   
予想54.0  
 
25:22 ECBメンバーの一部、(市場が見込む)2019年末の利上げは遅すぎると認識-関係者
 
---------7/4株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21717.04▼68.50
豪ASX  6183.387 ▼26.819
上海総合 2759.126 ▼27.762
英FT  7573.09▼20.20
独DAX 12317.61▼31.53
NYダウ ----
 
日10年債利回り 0.0290%▼0.0040
豪10年債利回り 2.584%▼0.031
英10年債利回り 1.277%△0.034
独10年債利回り 0.305%△0.011
米2年債利回り ----
米10年債利回り -----
 
NY原油 74.14 △0.20
NY金  1253.50△11.80
 
------------7/5きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
10:30  政井日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
15:00  5月独製造業新規受注 
16:15  6月スイス消費者物価指数 
19:00  カーニーBOE総裁、講演 
19:30  メルシュECB専務理事、ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
20:15  バイトマン独連銀総裁、講演 
20:30  6月米チャレンジャー人員削減数
21:15  6月ADP全米雇用報告 
21:30  米新規失業保険申請件数
23:00  6月米ISM非製造業景況指数
24:00  EIA週間原油在庫統計 
27:00  米FOMC議事録(6月12-13日分) 
 
------------7/5きょうのひとこと---------------------
 
きょうは、米国が祝日だったきのうと打って変わって材料が豊富です。中でも、米6月ADP全国雇用者数や米新規失業保険申請件数などの雇用関連指標は、明日の米6月雇用統計への期待値に影響するでしょう。明日は、雇用統計よりも対中関税第一弾(340億ドル相当)に注目する向きもあるようですが、貿易戦争ネタについては米実体経済への影響がカギだと思っています。つまり、貿易戦争が米景気を圧迫する兆候がない限りドル安にはなりにくいと考えています。その意味では米6月ISM非製造業景況指数の結果も要注目です。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/4 水)

WS002093.JPG 

 
------------7/3ドル円相場--------------------------
 
1ヵ月半ぶり高値へと買いが先行するも、米祝日前の調整ムードに押されて6日ぶりに反落。
 
OP110.851 HI111.132 LO110.509 CL110.579
  
-----------7/3主な出来事---------------------------
 
10:30 豪5月住宅建設許可件数 (前月比) -3.2%
前回-5.0% (-5.6%)
予想1.0%
 
13:30 豪準備銀行(RBA)政策金利を1.50%に維持
「政策スタンスを変更しないことが経済の持続可能な成長と、時間をかけてインフレ目標を達成することに一致すると判断」「豪ドル相場は小幅に下落したが、過去2年間にわたる範囲内にとどまっている」「インフレは人件費の低成長と小売競争の激化を反映して、しばらくの間低水準での推移が続くだろう」
 
15:16 易綱・中国人民銀行総裁 
「人民元を均衡のとれた水準で安定的に維持する」「最近の為替市場のボラティリティはドル高や不透明感によるもの」 
 
17:30 英6月建設業PMI53.1
前回52.5
予想52.5
 
18:00 ユーロ圏5月卸売物価指数(前年比) 2.0% 
前回(1.9%)2.7%
予想3.0%
 
18:00 ユーロ圏5月小売売上高(前月比)0.0%
前回0.1% (-0.1%)
予想0.1%
 
23:00 米5月製造業新規受注(前月比)0.4%
-前回0.8% (-0.4%)
予想0.0%
 
---------7/3株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21785.54▼26.39
豪ASX  6210.206 △32.414
上海総合 2786.888 △11.331
英FT  7593.29△45.44
独DAX 12349.14△110.97
NYダウ 24174.82▼132.36
 
日10年債利回り 0.0330%△0.0080
豪10年債利回り 2.615%△0.020
英10年債利回り 1.243%▼0.012
独10年債利回り 0.294%▼0.010
米2年債利回り 2.5242%▼0.0243
米10年債利回り  2.8309%▼0.0402
NY原油 74.14 △0.20
NY金  1253.50△11.80
 
------------7/4きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:10 日銀国債買い入れオペ
10:30 原田日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 米国休場 (独立記念日)
10:30 5月豪貿易収支
10:30 5月豪小売売上高
10:45 6月財新中国サービス業PMI 
16:50 6月仏サービス業PMI改定値 
16:55 6月独サービス業PMI改定値 
17:00 6月ユーロ圏サービス部門PMI改定値 
17:30 6月英サービス業PMI
 
------------7/4きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は昨日、6日ぶりに反落しました。きょうが米独立記念日ということで、休み前の調整が入ったと見られます。きょうは米国勢が不在。そして明後日には米6月雇用統計と米国の対中関税第1弾が発動予定です。「ちょっと様子を見るか」という空気になりがちでしょう。とはいえ、中国動向(株や人民元)やトランプ動向(不規則ツイート)のチェックは怠れません。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(7/3 火)

WS002082.JPG 

 
------------7/2ドル円相場--------------------------
 
111円台を一時回復。アジア株軟調で反落も下値は堅く小幅続伸で「5陽連」を達成。
 
OP110.656 HI111.060 LO110.604 CL110.864
  
-----------7/2主な出来事---------------------------
 
08:50 日本4-6月期日銀短観・大企業製造業業況判断DI21
前回24
予想22
 
10:45 中国6月Caixin製造業PMI51.0
前回51.1
予想51.0
 
16:55 ドイツ6月製造業PMI改定値 55.9
前回55.9
予想55.9
 
17:00 ユーロ圏6月製造業PMI改定値54.9
前回55.0
予想55.0
17:30 イギリス6月製造業PMI54.4
前回54.4 (54.3)
予想54.0
18:00 ユーロ圏5月失業率8.4%
前回8.5% (8.4%)
予想8.5%
22:45 アメリカ6月製造業PMI改定値 55.4
前回54.6
23:00 アメリカ5月建設支出(前月比)0.4%
前回1.8% (0.9%)
予想0.5%
 
23:00 アメリカ6月ISM製造業景況指数 60.2
前回58.7
予想58.1
 
29:10 メルケル独首相とゼーホーファー内務相が、難民らの流入抑制策で一致。
 
---------7/2株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21811.93▼492.58
豪ASX  6177.792 ▼16.841
上海総合 2775.557 ▼71.861
英FT  7547.85▼89.08
独DAX 12238.17▼67.83
NYダウ 24307.18△35.77
 
日10年債利回り 0.0250%▼0.0110
豪10年債利回り 2.595%▼0.036
英10年債利回り 1.255%▼0.023
独10年債利回り 0.304%△0.002
米2年債利回り 2.5485%△0.0203
米10年債利回り  2.8711%△0.0110
NY原油 73.94 ▼0.21
NY金  1241.70▼12.80
 
------------7/3きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  6月マネタリーベース 
 
<海外> (米株式・債券市場は短縮取引 )
10:30  5月豪住宅建設許可件数 
13:30  RBA政策金利発表
15:45  5月仏財政収支 
16:00  6月トルコ消費者物価指数
16:30  スウェーデン中銀政策金利発表 
17:30  6月英建設業PMI
18:00  5月ユーロ圏小売売上高
18:00  5月ユーロ圏卸売物価指数 
23:00  5月米製造業新規受注
25:00  プラートECB専務理事、講演 
 
 
------------7/3きょうのひとこと---------------------
 
上海株を中心に、アジア株の動向には本日も一定の警戒が必要でしょう。ただ、独メルケル政権の存続が決定的となったほか、対立激化が懸念されていたメキシコ新大統領とトランプ米大統領が対話の継続で合意するなど、欧米市場には「リスク・オン」の芽も出はじめています。本日のドル円については、明日の米独立記念日を前にNY市場が半休暇モード(株式と債券市場は短縮取引)となるため大幅高は期待しづらいところです。とはいえ、日足チャート上には「5陽連」が出現しており、先高期待を抱かずにはいられないところでもあります。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

29日のドル/円相場ときょうのひとこと(7/2 月)

WS002071.JPG 

------------6/29ドル円相場--------------------------
 
4日続伸して月初来高値を更新も111円手前で伸び悩む。
 
OP110.492 HI110.940 LO110.373 CL110.705
  
-----------6/29主な出来事---------------------------
 
07:45(NZ) 5月住宅建設許可 (前月比)+7.1%
前回-3.7%(-3.6%)
 
08:30(日) 5月失業率2.2%
前回2.5%
予想2.5%
 
08:50(日) 5月鉱工業生産・速報 (前月比)-0.2%
前回+0.5%
予想-1.0%

11:30 EU首脳、移民・難民問題で合意 
 
15:00(独) 5月小売売上高指数 (前月比)-2.1%
前回+2.3%(+1.6%)
予想-0.5%
 
15:45(仏) 6月消費者物価指数 (前年比)+2.1%
前回+2.0%
予想+2.1%
 
16:55(独) 6月失業者数-1.5万人
前回-1.1万人(-1.2万人)
予想-0.8万人
(独) 6月失業率5.2%
前回5.2%
予想5.2%
 
17:30(英) 5月消費者信用残高+14億GBP
前回+18億GBP
予想+15億GBP
 
17:30(英) 1-3月期経常収支-177億GBP
前回-184億GBP(-195億GBP)
予想-179億GBP
 
17:30(英) 1-3月期GDP・確報 (前期比)+0.2%
前回+0.1%
予想+0.1%
(英) 1-3月期GDP・確報 (前年比)+1.2%
前回+1.2%
予想+1.2%
 
18:00(ユーロ圏) 6月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比)+2.0%
前回+1.9%
予想+2.0%

トランプ大統領が米国の世界貿易機関(WTO)からの脱退を希望-米政治サイト

ムニューシン米財務長官「WTOに関する報道は間違い」

21:00(南ア) 5月貿易収支+35億ZAR
前回+11億ZAR(+12億ZAR)
予想+58億ZAR
 
21:30(加) 4月GDP (前月比)+0.1%
前回+0.3%
予想0.0%
 
21:30(米) 5月個人消費支出 (前月比)+0.2%
前回+0.6%(+0.5%)
予想+0.4%
(米) 5月個人所得 (前月比)+0.4%
前回+0.3%(+0.2%)
予想+0.4%
(米) 5月コアPCEデフレーター (前年比)+2.0%
前回+1.8%
予想+1.9%
 
22:45(米) 6月シカゴ購買部協会景気指数64.1
前回62.7
予想60.0
 
23:00(米) 6月ミシガン大消費者信頼感指数・確報98.2
前回99.3
予想99.0
 
---------6/29株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22304.51△34.12
豪ASX  6194.633 ▼20.755
上海総合 2847.418△60.522
英FT  7636.93△21.30
独DAX 12306△128.77
NYダウ 24271.41△55.36
 
日10年債利回り 0.0360%±0.0000
豪10年債利回り 2.631%△0.015
英10年債利回り 1.278%△0.015
独10年債利回り 0.302%▼0.018
米2年債利回り 2.5282%△0.0182
米10年債利回り  2.8601%△0.0237
 
NY原油 74.15 △0.70
NY金  1254.50△3.50
 
------------7/2きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  日銀・企業短期経済観測調査(短観、6月調査) 
 
 <海外> 
10:45  6月財新中国製造業PMI
16:15  6月スイス小売売上高 
16:30  6月スイスSVME購買部協会景気指数
16:50  6月仏製造業PMI改定値
16:55  6月独製造業PMI改定値
17:00  6月ユーロ圏製造業PMI改定値
17:30  6月英製造業PMI
18:00  5月ユーロ圏失業率
22:45  6月米製造業PMI改定値 
23:00  5月米建設支出
23:00  6月米ISM製造業景気指数
 
------------7/2きょうのひとこと---------------------
 
今年も前半戦が終了して、きょうから後半戦がスタートします。先週に見られたようなリパトリのドル買いは一服する公算なので、ドル円が111円台に乗せるためにはフロー以外の原動力が必要となりそうです。まずは、今夜のISM製造業景況指数に期待したいところですが、トランプ米政権が仕掛ける貿易戦争が企業マインドの悪化に繋がっていないか一抹の不安も残ります。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

FXってなに? | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



上限なしキャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム