サイト内検索:

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/21木) - 外為リアルタイムレビュー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/21木)

WS002043.JPG 

------------6/20ドル円相場--------------------------
 
貿易戦争への警戒が緩み、株価反発・米債反落(利回り上昇)。
 
OP110.062 HI110.449 LO109.851 CL110.352
  
-----------6/20主な出来事---------------------------
 
07:45 (NZ) 1-3月期経常収支 +1.82億NZドル
前回-27.45億NZドル
予想+0.50億NZドル
 
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨(4月26-27日開催分)
・景気は緩やかに拡大している
・海外経済は、総じてみれば着実な成長が続いている
・輸出は海外経済の着実な成長を背景に増加基調
・設備投資は増加傾向を続けている
・物価2%実現になお距離、極めて緩和的な金融政策維持が必要
・現在の金融市場調節方針のもと、強力な金融緩和を進めることが適切
・景気の先行きは緩やかな拡大を続ける見込み
・労働需給は着実な引き締まりを続けている
・個人消費は緩やかに増加している
・物価の先行きは2%に向けて上昇率を高めていくとの見方 
 
15:00 (独) 5月生産者物価指数 (前年比) +2.7%
前回+2.0% 
予想+2.5%  
 
17:00 (南ア) 5月消費者物価指数 (前年比) +4.4% 
前回+4.5%
予想+4.6% 
 
17:10 ノボトニー・オーストリア中銀総裁 
「ユーロは対ドルで下落すると予想」
 
21:30 (米) 1-3月期経常収支 -1241億USD 
前回-1282億USD→-1161億USD
予想-1290億USD 
 
22:30 ECBフォーラム パウエルFRB議長 
「段階的な利上げを継続する根拠が強い」「雇用市場は一段と強く、賃金成長を後押ししている」「米経済は非常に良好」「幾つかの資産は高いが、過度なレバレッジはみられない」 
「政策金利はなお緩和的であり、中立金利から1%下回る可能性」 
 
ロウ豪準備銀行(RBA)総裁 
20日22:57「豪企業は労働力不足について不満」 
20日23:55「貿易政策への移行を非常に懸念」 
 
黒田日銀総裁 
「日本経済は著しく改善した」「賃金と物価は比較的弱い伸びが続いている」 
 
23:00 (米) 5月中古住宅販売件数 543万件
前回546万件→545万件   
予想552万件
 
---------6/20株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22555.43△276.95
豪ASX  6172.580 △70.456
上海総合 2915.731 △7.909
英FT  7627.40△23.55
独DAX 12695.16△17.19
NYダウ 24657.80▼42.41
 
日10年債利回り 0.0390%△0.0050
豪10年債利回り 2.654%△0.033
英10年債利回り 1.297%△0.014
独10年債利回り 0.377%△0.004
米2年債利回り 2.5659%△0.0208
米10年債利回り 2.9389%△0.0421
 
NY原油 66.22 △1.15
NY金  1274.50▼4.10
 
------------6/21きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
10:30  布野日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
07:45  1-3月期NZ・GDP
15:45  6月仏企業景況感指数
16:00  ビルロワ仏中銀総裁、講演 
16:30  スイス中銀、政策金利発表
17:00  ノルウェー中銀、政策金利発表 
17:00  1-3月期南アフリカ経常収支
17:30  5月香港消費者物価指数
18:45  バイトマン独連銀総裁、講演 
20:00  BOE政策金利発表(
20:00  BOE議事録
21:30  4月カナダ卸売売上高
21:30  米新規失業保険申請件数
21:30  6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:00  4月米住宅価格指数
22:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
22:30  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、レイネッシュ・ルクセンブルク中銀総裁、講演 
23:00  5月米景気先行指標総合指数 
23:00  6月ユーロ圏消費者信頼感指数・速報値 
27:00  メキシコ中銀、政策金利発表
29:15  カーニーBOE総裁、講演 
 
------------6/21きょうのひとこと---------------------
 
上値追いには「燃料不足」か
 
昨日は、主要国の株価が総じて反発。米長期金利も上昇する中、ドル買い・円売りが優勢でした。もっとも、米中貿易戦争をめぐる懸念が後退した訳ではないので、過度なリスク回避の動きに対する修正が入っただけと見ておきたいところです。ドル/円については、現状では月初来高値の110.90円前後を超えるには「燃料不足」でしょう。一方で、109.70-80円台のサポートも堅そうなので、200日移動平均線(110.23円前後)を挟んだ動きになりやすいとみています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



総額100万円!全員集合キャンペーン

お客さま超感謝祭キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム