サイト内検索:

15日のドル円相場ときょうのひとこと(6/18 月) - 外為リアルタイムレビュー

15日のドル円相場ときょうのひとこと(6/18 月)

0618.PNG 

 ------------6/15ドル円相場--------------------------
 
日銀の大規模緩和継続スタンスが円売りを誘うも110.900円で頭打ち。一方、米中貿易戦争懸念の円買いでも下値は110.385円どまり。終わってみれば110.60円台でほぼ寄り引け同値。
 
OP110.627 HI110.900 LO110.385 CL110.661
 
  -----------6/15主な出来事---------------------------
 
12:25(日) 日銀金融政策決定会合
(マイナス金利0.1%維持、長期国債買入ペースの年間80兆円めどを維持)
・生鮮食品を除く消費者物価の前年比は0%台後半(下方修正)
・予想物価上昇率は横ばい
・景気の先行き緩やかに拡大
・物価の先行き2%に向けて上昇率を高める
・今後も物価安定に向けたモメンタムを維持
 
15:30 黒田日銀総裁 
「超金融緩和政策の副作用)現時点で金融仲介機能の安定、確保されている」 
「現時点では超金融緩和による問題生じていない、ただちに政策を変更する必要ないと判断」 
「現在の金融フレームワークは維持可能」 
「地域金融機関などへの影響を注視」 
「現在の金融フレームワークには物価押し上げ効果が内在されている、継続していくことが重要」 
「金融政策)総括的な検証が必要とは思わず」 
「欧米の金融政策正常化)各国の動向に沿った政策が行われている、日本にとって適切な政策行う」 
「日本だけ物価が上がらないが)日本は低成長が続き、デフレマインドが残っている」 
「ETF買い入れによるリスクプレミアムへの働きかけ、大きな役割果たしてきた」 
「出口に関しては適切な時期になってから対話しなければ混乱を招く」 
「新興国への影響)個別の国の状況があり、新興国全体に影響が及ぶとは思わず」 
「アジアほか他の新興国にも影響が及ぶ可能性は1つのリスクだが、現在は問題ないと思う」 
 
16:30 米国、1000億ドル相当の対中追加関税製品リストほぼ完成=関係筋
 
18:00(ユーロ圏) 4月貿易収支(季調前)+167億EUR
前回+269億EUR
 
18:00(ユーロ圏) 5月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比)+1.9%
前回+1.9%
予想+1.9%
 
19:20 「キリスト教社会連盟(CSU)のゼーホーファー党首がメルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)との連立を解消すると宣言した」
 
19:30 CSU幹部「CDUとの連立解消の報道は馬鹿げている」
 
21:00トランプ米大統領「中国が報復すれば、米国は一段の関税を追求する」
 
21:30 中国政府、「米国に対して同規模の報復措置を直ちに講じる」
 
21:30(米) 6月NY連銀製造業景況指数25.00
前回20.10
18.80
 
21:30(加) 4月国際証券取引高+91.3億CAD
前回+61.5億CAD(+64.0億CAD)
 
21:30(加) 4月製造業出荷 (前月比)-1.3%
前回+1.4%
予想+0.6%
 
22:15(米) 5月鉱工業生産 (前月比)-0.1%
前回+0.7%(+0.9%)
予想+0.2%
 
22:15(米) 5月設備稼働率77.9%
前回78.0%(78.1%)
予想78.1%
 
23:00(米) 6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報99.3
前回98.0
予想98.5
 
29:00(米) 4月対米証券投資+939億USD
前回+618億USD
 
---------6/15株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22851.75△113.14
豪ASX  6094.029 △77.394
上海総合 3021.901 ▼22.259
英FT  7633.91▼131.88
独DAX 13010.55▼96.55
NYダウ 25090.48▼84.83
 
日10年債利回り 0.0380%▼0.0050
豪10年債利回り 2.693%▼0.029
英10年債利回り 1.328%▼0.006
独10年債利回り 0.403%▼0.024
米2年債利回り 2.5471%▼0.0163
米10年債利回り  2.9205%▼0.0146
 
NY原油 65.06 ▼1.83
NY金  1278.50▼29.80
 
------------6/18きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50 5月貿易統計(通関ベース) 
 
<海外> 中国、香港休場(端午節)
16:00  3月トルコ失業率 
21:45  ダドリー元米NY連銀総裁、講演 
23:00  6月米NAHB住宅市場指数
26:00  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
26:30  ドラギECB総裁、あいさつ 
29:00  ウィリアムズ新米NY連銀総裁、講演 
 
------------6/18きょうのひとこと---------------------
 
「金融政策のコントラスト」によるドル高・円安と「貿易戦争をめぐる懸念」の円高・ドル安
 
ドル/円は、どちらの影響力が強いかを模索しながら方向感を探る事になりそうです。ただ、米国による関税強化は、諸外国の対米輸出(ドル売り)を減少させる政策という観点に立てば、ドル売りの根拠として弱いと言えるでしょう。そんな見方もあってか、このところ市場はこのネタにはあまり強く反応しなくなっているようです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

FXってなに? | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



上限なしキャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム