サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年5月バックナンバー

2018年5月バックナンバー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/31 木)

WS001954.JPG
- ------------5/30ドル円相場--------------------------

 
イタリア懸念後退でリスクオフの巻き戻し。
 
OP108.728 HI109.073 LO108.350 CL108.887
  
-----------5/30主な出来事---------------------------
 
07:45 (NZ) 4月住宅建設許可 (前月比) -3.7%
前回+14.7%(+13.0%) 
  
10:30 (豪) 4月住宅建設許可 (前月比) -5.0%
前回+2.6%(+3.5%) 
予想-3.0%  
 
15:00 (独) 4月小売売上高指数 (前月比) +2.3% 
前回-0.6%→-0.4%
予想+0.5% 

16:33 イタリア、五つ星と同盟が再び政権樹立に取り組んでいる
 
16:55 (独) 5月失業者数 -1.1万人
前回-0.7万人→-0.8万人
予想-1.0万人  
(独) 5月失業率  5.2% 
前回5.3% 
予想5.3%
 
18:00 イタリア5年債、10年債入札を無難に消化
 
18:00 (ユーロ圏) 5月消費者信頼感・確報 0.2 
前回0.2
予想0.2 
 
21:00 (独) 5月消費者物価指数・速報 (前年比) +2.2% 
前回+1.6% 
予想+1.9%
 
21:15 (米) 5月ADP全国雇用者数 +17.8万人
前回+20.4万人→+16.3万人
予想+19.0万人  
 
21:30 (米) 1-3月期GDP・改定 (前期比年率) +2.2%
前回+2.3% 
予想+2.3%  
 (米) 1-3月期個人消費・改定 (前期比年率) +1.0%
前回+1.1% 
予想+1.2%  
 
21:30 (米) 4月卸売在庫 (前月比) 0.0% 
前回+0.3%→+0.4%
予想+0.5% 
 
21:30 (加) 1-3月期経常収支 -195.0億CAD 
前回-163.5億CAD→-164.9億CAD
予想-182.0億CAD 
 
23:00 (加) 加中銀政策金利を 1.25% に維持
「インフレ率は2%に近づいており、最近のガソリン価格の上昇を背景に4月予測よりも短期的にはやや高くなるだろう」「4月以降の動きはインフレを目標近く維持するため、利上げが正当化されるとの理事会の見解をさらに強化する」 
 
27:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・経済活動は緩慢から緩やかなペースで拡大
・大半の地区で賃金の伸びがなお緩慢
・貿易をめぐる不確実性に懸念
・製造業の活動が加速 
 
---------5/30株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22018.52▼339.91
豪ASX 5984.734 ▼28.824
上海総合 3041.443 ▼79.017
英FT 7689.57△56.93
独DAX 12783.76△117.25
NYダウ 24667.78△306.33
 
日10年債利回り 0.0350%△0.0010
豪10年債利回り 2.646%▼0.039
英10年債利回り 1.257%△0.060
独10年債利回り 0.372%△0.112
米2年債利回り 2.4115%△0.0924
米10年債利回り 2.8550%△0.0740
 
NY原油 68.21 △1.48
NY金  1306.50△2.40
 
------------5/31きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  4月鉱工業生産速報 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
19:00  外国為替平衡操作の実施状況(介入実績) 
 
<海外> 
10:00  5月NBNZ企業信頼感 
10:00  5月中国製造業PMI 
10:30  1-3月期豪民間設備投資 
14:45  1-3月期スイスGDP 
15:00  5月英ネーションワイド住宅価格指数 
15:45  4月仏卸生産者価指数 
15:45  5月仏消費者物価指数・改定値 
16:00  4月トルコ貿易収支
16:15  4月スイス小売売上高 
17:30  4月英消費者信用残高
17:30  4月英マネーサプライM4 
18:00  4月ユーロ圏失業率
18:00  5月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
18:30  4月南アフリカ生産者物価指数
19:00  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
20:30  5月米チャレンジャー人員削減数 
21:00  4月南アフリカ貿易収支
21:30  3月カナダGDP 
21:30  1-3月期カナダGDP
21:30  4月米個人消費支出(PCE) 
21:30  4月米個人所得
21:30  4月米PCEコアデフレータ
21:30  米新規失業保険申請件数
22:45  5月米シカゴ購買部協会景気指数
23:00  4月米住宅販売保留指数
24:00  EIA週間在庫統計 
25:30  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
26:00  ブレイナード米FRB理事、講演 
-----  G7財務相・中央銀行総裁会議(カナダ・ウィスラー、2日まで)
 
------------5/31きょうのひとこと---------------------
 
イタリア総悲観モードから経過観察モードへ
 
昨日は、イタリアで連立組閣を模索する動きが再開した事や、国債入札に一定の需要が見られた事で市場の不安が和らぐことになりました。とはいえ、イタリア政局についてはポピュリズム政権誕生の可能性が高い状況に変化があったわけではありません。市場は、「問答無用のユーロ売り」という総悲観モードから、「なにかあればユーロ売り」の経過観察モードに移ったという事でしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/30 水)

WS001952.JPG 
------------5/29ドル円相場--------------------------

 
イタリア政局不安でリスク回避の円買い強まる。伊債売り・米債買いで米長期金利が低下する中、4月23日以来の安値へと下落した。
 
OP109.389 HI109.468 LO108.113 CL108.711
  
-----------5/29主な出来事---------------------------
 
08:30 (日) 4月失業率  2.5%
前回 2.5% 
予想2.5% 
 
19:30 「五つ星運動」ディマイオ党首
「決してユーロ離脱を模索したことはない」
 
22:00 (米) 3月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) +6.79%
前回+6.80%→+6.76%
予想+6.40%  
 
23:30 「同盟」サルビーニ党首
「新政府の計画にユーロの即時離脱は含めていない」
 
23:00 (米) 5月消費者信頼感指数 128.0
前回128.7→125.6
予想128.0  
 
伊コッタレッリ暫定首相、閣僚指名できず、7.29に再選挙の可能性
 
---------5/29株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22358.43▼122.66
豪ASX 6013.558 △9.537
上海総合 3120.460 ▼14.622
英FT 7632.64▼97.64
独DAX 12666.51▼196.95
NYダウ 24361.45▼391.64
 
日10年債利回り 0.0340%▼0.0090
豪10年債利回り 2.685%▼0.068
英10年債利回り 1.197%▼0.125
独10年債利回り 0.260%▼0.084
米2年債利回り 2.3191%▼0.1567
米10年債利回り 2.7810%▼0.1504
 
NY原油 66.73 ▼1.15
NY金  1304.10▼4.90
 
------------5/30きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
09:00 黒田日銀総裁、あいさつ 
10:10 日銀国債買入れオペ(5-10年、10-25年、25年超)
 
<海外> 
07:45 4月NZ住宅建設許可件数 
10:10 オアRBNZ総裁、議会証言 
10:30 4月豪住宅建設許可件数
15:00 4月独小売売上高指数
15:00 4月独輸入物価指数
15:00 4月南アフリカマネーサプライM3
15:45 4月仏消費支出
15:45 1-3月期仏GDP改定値
16:00 5月スイスKOF景気先行指数
16:55 5月独雇用統計
18:00 5月ユーロ圏消費者信頼感指数・確定値
21:00 5月独消費者物価指数・速報値
21:15 5月ADP全米雇用報告
21:30 1-3月期カナダ経常収支
21:30 4月カナダ鉱工業製品価格
21:30 4月カナダ原料価格指数 
21:30 1-3月期米GDP改定値
23:00 カナダ中銀行政策金利発表
27:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック) 
 
 
------------5/30きょうのひとこと---------------------
 
五つ星運動と同盟が、再選挙でさらに勢力を拡大すると、イタリアはユーロを離脱することになるかもしれないとの不安が広がっています。これはさすがにやや行き過ぎの感もありますが、欧州景気の改善で政治リスクに無防備になっていたところに、イタリア政局ネタが降って湧いたため、市場はうまく受身を取れなかったものと思われます。もちろん、イタリア情勢については、今後の動向を注視しておく必要があるでしょう。ただ、16年秋の米大統領選でも、トランプ氏が勝ったらアメリカは大変な事になるという感情論が先行していましたが、実際に勝ったらトランプノミクスで米景気の拡大が加速という期待が高まりました。政治問題が市場に与える影響は解釈次第という面が強い事も認識しておく必要があると思います。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/29 火)

WS001948.JPG
------------5/28ドル円相場--------------------------
 
英米休場の中、北朝鮮懸念の緩和で109.783円へ上昇、イタリア・スペイン不安で109.234円へ下落と、外野の動きに振り回された。
 
OP109.783 HI109.783 LO109.234 CL109.413
  
-----------5/28主な出来事---------------------------
 
イタリア極右政党「同盟」サルビーニ氏
「ルールが変わらなければ欧州連合にとどまる意味はない」
 
イタリアポピュリズム政党「五つ星運動」ディ・マイオ氏
「イタリアに関する決定に国民を参加させないことを決めた体制の傲慢な態度に屈すべきではない」
 
スペイン議会、ラホイ首相の不信任投票を6月1日に実施
 
---------5/28株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22481.09△30.30
豪ASX 6004.021 ▼28.803
上海総合 3135.082▼6.221
英FT -----
独DAX 12863.46▼74.55
NYダウ -----
 
日10年債利回り 0.0430%△0.0020
豪10年債利回り 2.753%▼0.033
英10年債利回り ------
独10年債利回り 0.344%▼0.061
米2年債利回り -----
米10年債利回り -----
 
NY原油 -----
NY金  -----
------------5/29きょうの注目材料--------------------- 
<国内> 
08:30  4月完全失業率 
 
<海外> 
13:40  ブラード米セントルイス連銀総裁、東京で講演 
15:45  5月仏消費者信頼感指数
17:00  4月ユーロ圏マネーサプライM3
17:30  ビスコ・イタリア中銀総裁、講演 
18:30  メルシュECB専務理事、講演 
22:00  3月米ケース・シラー住宅価格指数
23:00  5月米消費者信頼感指数
24:30  ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
25:00  ビルロワ・フランス中銀総裁、講演 
25:00  クーレECB理事、講演 
 
------------5/29きょうのひとこと---------------------
 
 ロンドンとニューヨークという世界の2大市場が揃って休みという「安息日」のはずが、昨日はイタリアの株と国債が売られる中でユーロにも売り圧力がかかりました。イタリア大統領が反ユーロ派の入閣を拒否したまでは良かったのですが、入閣拒否で連立組閣を断念させられた「五つ星運動」と「同盟」は民意を無視したとして大統領批判を展開。再選挙になるとポピュリストがさらに勢力を増すとの疑念が拭えない中、一時的に買われたユーロは激しく反落する事になりました。この問題がこじれると、ECBとしても金融政策正常化などと言っていられなくなる可能性が高まるため、しばらくは経過観察が必要でしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
  

25日のドル円相場ときょうのひとこと(5/28 月)

 0525.PNG

------------5/25ドル円相場--------------------------
 
原油安・株安・債券高の逆風下でも109.10円台で下げ渋ると109円台半ばへ持ち直してクローズ。
 
OP109.255 HI109.741 LO109.113 CL109.441
  
-----------5/25主な出来事---------------------------
 
北朝鮮・金外務次官
「いつでも、どのような形であっても米国と対話する用意がある」
 
17:00(独) 5月Ifo景況感指数102.2
前回102.1(102.2)
予想102.0
 
17:30(英) 1-3月期GDP・改定 (前年比)+1.2%
前回+1.2%
予想+1.2%
 
21:30(米) 4月耐久財受注 (前月比)-1.7%
前回+2.6%(+2.7%)
予想-1.3%
(米) 4月耐久財受注 (前月比:除輸送用機器)+0.9%
前回+0.1%(+0.4%)
予想+0.5%
 
22:25 トランプ米大統領 
「6月12日に米朝首脳会談が行われる可能性はまだあり得る」 
 
23:00(米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報98.0
前回98.8
予想98.8
 
23:31 パウエルFRB議長 
 「米連邦準備理事会(FRB)のフォワードガイダンスは将来は小さな役割になるだろう」
 
---------5/25株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22450.79△13.78
豪ASX 6032.824 ▼4.257
上海総合 3141.303 ▼13.348
英FT 7730.28△13.54
独DAX 12938.01△82.92
NYダウ 24753.09▼58.67
 
日10年債利回り 0.0410%▼0.0080
豪10年債利回り 2.786%▼0.019
英10年債利回り 1.322%▼0.079
独10年債利回り 0.406%▼0.066
米2年債利回り 2.4758%▼0.0322
米10年債利回り 2.9313%▼0.0457
 
NY原油 67.88 ▼2.83
NY金  1309.00▼0.80
 
------------5/28きょうの注目材料---------------------
 
 5/28(月) 
<国内>
未定  森友・加計問題、国会集中審議
 
<海外>英・ロンドン休場、米・NY休場
16:00 ビルロワ仏中銀総裁、講演
22:00 メルケル首相、講演
 
------------5/28きょうのひとこと---------------------
 
米朝首脳会談は結局開催される事になりそうですが、当初の中止表明でもそれほどリスクオフにならなかった事を考えると、「やっぱり開催」でもそれほどのインパクトはないのかもしれません。きょうは英米が揃ってお休みという事もあって、動意は限られそうです。経過観察という意味合いで少し気にしておきたいのはスペインとイタリアの政治情勢でしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/25金)

 WS001942.JPG
------------5/24ドル円相場--------------------------

 
米政権、北朝鮮との首脳会談中止を通告。トランプリスクで一時109円割れ。
 
OP110.033 HI110.043 LO108.955 CL109.254
  
-----------5/24主な出来事---------------------------
 
07:45 (NZ) 4月貿易収支 -0.86億NZD
(-1.56億NZD) +1.98億NZD +2.63億NZD 
 
09:06トランプ米大統領 
「自動車などの輸入を巡り232条に基づく調査開始検討を商務省に要請」「輸入が米安全保障に影響するかどうか判断へ」 
 
15:00 (独) 1-3月期GDP・確報 (季調前:前年比) +1.6% 
前回+1.6% 
予想+1.6% 
 
15:45 (仏) 5月企業景況感 106
前回108 
予想108  
 
17:30 (英) 4月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) +1.6% 
前回-1.2%→-1.1%
予想+0.9% 
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.4万件
前回22.2万件→22.3万件
予想22.0万件  
 
22:00 (米) 3月住宅価格指数 (前月比)+0.1%
前回 +0.6%→+0.8%
予想+0.6%  
 
22:18 (南ア) SARB政策金利を予想どおりに 6.50%に維持
 
22:45 トランプ米大統領、米朝首脳会談の中止を通告
 
23:00 (米) 4月中古住宅販売件数  546万件
前回560万件 
予想555万件
 
---------5/24株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22437.01▼252.73
豪ASX  6037.081 △4.575
上海総合 3154.651 ▼14.313
英FT  7716.74▼71.70
独DAX 12855.09▼121.75
NYダウ 24811.76▼75.05
 
日10年債利回り 0.0490%△0.0030
豪10年債利回り 2.805%▼0.034
英10年債利回り 1.401%▼0.038
独10年債利回り 0.472%▼0.035
米2年債利回り 2.5081%▼0.0202
米10年債利回り 2.9770%▼0.0165
  
NY原油 70.71 ▼1.13
NY金  1309.80△15.00
 
 ------------5/25きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:10 日銀国債買入れオペ(1-3年、3-5年、5-10年) 
 
<海外> 
16:00  ビルロワ・フランス中銀総裁、講演 
16:15  1-3月期スイス鉱工業生産指数 
17:00  5月独Ifo企業景況感指数 
17:30  1?3月期英GDP改定値 
21:30  4月米耐久財受注額 
22:15  クーレECB理事、講演 
22:20  パウエル米FRB議長、ストックホルムで講演 
23:00  5月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 
24:45  カプラン米ダラス連銀総裁、エバンズ米シカゴ連銀総裁、ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
----  カーニーBOE総裁、リーカネン・フィンランド中銀総裁、パウエルFRB議長、スウェーデン中銀主催のパネル討論に出席
 
------------5/25きょうのひとこと---------------------

トランプ米大統領と金ジョンウン委員長がいかにアテにならないかについて、市場はある程度理解していたようで、あまり大きな混乱は起きていません。日経平均は前日終値を挟んだ値動きで、ドル円も109.60円前後まで戻しています。とはいえ、来週月曜日が米祝日とあって、週末に向けた調整ムードは残りそうなので、ドル円の109円台後半は重くなりそうです。
 
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/24 木)

WS001937.JPG
 ------------5/23ドル円相場--------------------------

 
北朝鮮、トルコ、イタリアなどをめぐる不透明感で円が全面高に。
 
OP110.875 HI110.916 LO109.555 CL110.089
  
-----------5/23主な出来事---------------------------
 
16:30 (独) 5月製造業PMI・速報 56.8 
前回58.1 
予想57.9 
16:30 (独) 5月サービス業PMI・速報 52.1
前回53.0 
予想53.0 
 
17:00 (ユーロ圏) 5月製造業PMI・速報 55.5 
前回56.2 
予想56.1 
17:00 (ユーロ圏) 5月サービス業PMI・速報 53.9
前回54.7 
予想54.7  
 
17:00 (南ア) 4月消費者物価指数 (前年比) +4.5%
前回+3.8% 
予想+4.7%  
 
17:30 (英) 4月消費者物価指数 (前年比) +2.4%
前回+2.5% 
予想+2.5%  
(英) 4月小売物価指数 (前年比) +3.4%
前回+3.3% 
予想+3.4%  
(英) 4月生産者物価指数 (前年比) +2.7%
前回+2.4%→+2.7%
予想+2.3%  
 
23:00 (米) 4月新築住宅販売件数 66.2万件 
前回69.4万件→67.2万件
予想68.0万件 
 
23:00 (ユーロ圏) 5月消費者信頼感・速報 0.2
前回0.4→0.3
予想 0.5  
 
25:20 トルコ中銀、緊急利上げ
後期流動性貸出金利を13.5%から16.5%へ引き上げ
 
27:00 (米) FOMC議事録(5月1-2日分)
・(一部メンバー)暫く物価上昇率2%超えそう
・(多くのメンバー)賃金上昇の圧力は引き続き緩やか
・(複数のメンバー)物価の基調はほぼ変わらず
・(大半のメンバー)近いうちに次の利上げが適切になる公算
・インフレの若干のオーバーシュートは有益 
 
---------5/23株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22960.34▼42.03
豪ASX  6041.871 ▼42.618
上海総合 3214.350 △0.510
英FT  7877.45△18.28
独DAX 13169.92△92.20
NYダウ 24834.41▼178.88
 
日10年債利回り 0.0550%▼0.0040
豪10年債利回り 2.864%▼0.024
英10年債利回り 1.523%△0.047
独10年債利回り 0.560%△0.037
米2年債利回り 2.5680%△0.0023
米10年債利回り 3.0597%±0.0000
  
NY原油 72.13 ▼0.11
NY金  1297.40△1.00
 
 ------------5/24きょうの注目材料---------------------
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
10:30  櫻井日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
07:45  4月NZ貿易収支
15:00  1-3月期独GDP改定値 
15:00  6月独Gfk消費者信頼感指数
16:00  カーニーBOE総裁、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演 
17:30  4月英小売売上高指数
17:30  プラートECB専務理事、講演 
20:30  ECB理事会議事要旨(4月26日分) 
21:30  米新規失業保険申請件数 
22:00  3月米住宅価格指数
23:00  4月米中古住宅販売件数
23:35  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
未定  南ア中銀(SARB)、政策金利発表 
26:00  米7年債(300億ドル)入札 
27:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
-----  ユーロ圏財務相会合 
 
------------5/24きょうのひとこと---------------------
 
昨日のドル円は、久しぶりの大型調整となり、一時109.50円台まで下値を切り下げる場面もありました。その後、110.30円台に値を戻したのも束の間で、FOMC議事録を受けて再び110.00円前後まで押し戻されるなど反発力はいまひとつでした。FOMC議事録が一時的なインフレの上ブレを容認する姿勢を示した事を受けて米10年債利回りが3%を割り込んでおり、日米金利差拡大によるドル買い・円売りは入りにくくなっています。ドル/円は昨日の下落で日足・一目均衡表の転換線を下抜けており、基準線が走る109.30円前後まで調整余地が広がったと考えられます。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/23 水)

WS001934.JPG 
------------5/22ドル円相場--------------------------

 
調整売り優位で111円台を維持できず。
 
OP111.036 HI111.182 LO110.796 CL110.899
  
-----------5/22主な出来事---------------------------
 
黒田日銀総裁
「現時点で出口に着手するタイミングを検討する状況にはない」 「物価2.0%に達する前に、出口に出てしまうことはない」 「物価2.0%に向けて物価上昇率高まり環境が整えば、いずれ出口の進め方について情報を発信する」
 
16:30 (スウェーデン) 4月失業率 6.8%
前回6.5% 
予想6.6% 
 
17:26 ブリハ英MPC委員 
「ブレグジットの長期的な影響はBOEの主要懸念ではない」
 
17:30 (英) 4月財政収支 -62億GBP
前回+3億GBP→+8億GBP
予想-71億GBP  
 
カーニーBOE総裁 
22日18:01「経済は2月の見通しに沿って進展しなかった」「家計や企業は金利が緩やかなペースで上昇する可能性があると理解している」 
 
18:01 ラムスデンBOE副総裁 
「私は利上げのガイダンスの詳細を伝えることについてブリハ委員よりも懐疑的」 
 
18:05 サンダース英MPC委員 
「四半期毎に正確な金利見通しを出すことに好意的でない」
 
 
21:30 (加) 3月卸売売上高 (前月比)+1.1%
前回 -0.8%→-0.4%
予想+0.9%  
 
23:00 (米) 5月リッチモンド連銀製造業指数 16
前回-3 
予想10  
 
トランプ米大統領
米朝首脳会談が行われない可能性「かなりある」
 
---------5/22株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22960.34▼42.03
豪ASX  6041.871 ▼42.618
上海総合 3214.350 △0.510
英FT  7877.45△18.28
独DAX 13169.92△92.20
NYダウ 24834.41▼178.88
 
日10年債利回り 0.0550%▼0.0040
豪10年債利回り 2.864%▼0.024
英10年債利回り 1.523%△0.047
独10年債利回り 0.560%△0.037
米2年債利回り 2.5680%△0.0023
米10年債利回り 3.0597%±0.0000
  
NY原油 72.13 ▼0.11
NY金  1297.40△1.00
 
 ------------5/23きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:10 日銀国債買入れオペ 
未定  5月月例経済報告 
 
<海外> 
16:00  5月仏製造業PMI速報値
16:00  5月仏サービス業PMI速報値 
16:30  5月独製造業PMI速報値
16:30  5月独サービス業PMI速報値 
17:00  ロウ豪RBA総裁、講演 
17:00  5月ユーロ圏製造業PMI速報値 
17:00  5月ユーロ圏サービス業PMI速報値
17:00  4月南アフリカ消費者物価指数
17:30  4月英消費者物価指数 
17:30   4月英小売物価指数 
17:30  4月英生産者物価指数 
23:00  4月米新築住宅販売件数 
23:00  5月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値) 
23:30  EIA週間在庫統計 
26:00  米5年債入札 (360億ドル)
27:00  米FOMC議事録(5月1-2日分) 
27:15  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
 
------------5/23きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は上げ一服の相場展開ですが、市場はFOMC議事録がドル買いの追加燃料になるか注目しています。ただ、6月FOMCの利上げはほぼ100%織り込まれており、この点についてはサプライズの余地はほとんどないでしょう。5月FOMC声明のトーンから見て、議事録が利上げに前のめりの姿勢を示す事も考えにくいところです。議事録が思ったほどタカ派的ではないと市場に受け止められた場合、ドル/円は200日移動平均線や日足の一目均衡表・転換線が通る110.20-30円前後をメドに調整する可能性もありそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/22 火)

WS001931.JPG
------------5/21ドル円相場--------------------------

 
4カ月ぶり高値を示現も、米長期金利の伸び悩みとともに利益確定売りに押されて一時111円台を割り込む。
 
OP110.867 HI111.393 LO110.814 CL110.029
  
-----------5/21主な出来事---------------------------
 
ムニューシン米財務長官
「(中国との)貿易戦争を保留し、今のところ関税措置についても保留にすることで合意した」
 
07:45 (NZ) 1-3月期小売売上高 (前期比) +0.1% 
前回+1.7%→+1.4%
予想+1.0% 
 
08:50 (日) 4月貿易収支 +6260億円
前回+7973億円→+7970億円
予想+4400億円  
 
22:35 NYダウが25000ドルを回復
 
25:00 NY原油が、3年半ぶりに72ドル台へ上昇
 
---------5/21株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 23002.37△72.01
豪ASX  6084.489 ▼2.869
上海総合 3213.840 △20.537
英FT  7859.17△80.38
独DAX ----
NYダウ 25013.29△298.20
 
日10年債利回り 0.0590%▼0.0020
豪10年債利回り 2.888%▼0.014
英10年債利回り 1.476%▼0.024
独10年債利回り 0.523%▼0.056
米2年債利回り 2.5656%△0.0189
米10年債利回り 3.0596%△0.0037
  
NY原油 72.24 △0.96
NY金  1290.90▼0.40
 
------------5/22きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
06:30  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
16:30  スウェーデン4月失業率 
17:15  カーニーBOE総裁、ラムスデンBOE副総裁、サンダースMPC委員、ブリハMPC委員、議会証言 
17:30  英4月財政収支
18:00  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演 
21:30  カナダ3月卸売売上高
23:00  米5月リッチモンド連銀製造業景気指数 
26:00  米2年債入札 (330億ドル)
 
 
------------5/22きょうのひとこと---------------------
 
先週後半に一時3.12%台まで上昇した米10年債利回りが、昨日は3.05%台で引けるなど米長期金利の上昇に一服感が出ています。それとともにドル買いの勢いも鈍っているようです。本日から明後日にかけて行われる米国債入札や明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けた米債市場の反応が注目されるところです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

18日のドル円相場ときょうのひとこと(5/21 月)

0518.PNG 

------------5/18ドル円相場--------------------------
 
4カ月ぶりの111円台示現も定着できずに110円台後半へ。
 
OP110.757 HI111.079 LO110.609 CL110.764
  
-----------5/18主な出来事---------------------------
 
中国、対米貿易黒字の2000億ドル削減を提案-米当局者
 
08:30(日) 4月全国消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比)+0.7%
前回+0.9%
予想+0.8%
 
15:00(独) 4月生産者物価指数 (前年比)+2.0%
前回+1.9%
予想+1.8%
 
18:00(ユーロ圏) 3月貿易収支 (季調前)+269億EUR
前回+189億EUR
 
対米貿易黒字2000億ドル削減提案の報道、正しくない-中国外務省
 
 
21:30(加) 4月消費者物価指数 (前年比)+2.2%
前回+2.3%
予想+2.3%
 
---------5/18株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22930.36△91.99
豪ASX  6087.358 ▼6.899
上海総合 3193.303△39.021
英FT  7778.79▼9.18
独DAX 0.579%▼0.060
NYダウ 24715.09△1.11
 
日10年債利回り 0.0610%▼0.0020
豪10年債利回り 2.902%▼0.020
英10年債利回り 1.500%▼0.063
独10年債利回り 0.579%▼0.060
米2年債利回り 2.5467%▼0.0180
米10年債利回り 3.0559%▼0.0553
  
NY原油 71.28 ▼0.21
NY金  1291.30△1.90
 
------------5/21きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  4月貿易統計(通関ベース) 
 
<海外> 
07:45  1-3月期NZ小売売上高 
16:00  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
17:30  4月香港消費者物価指数
25:15  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
27:05  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
 
------------5/21きょうのひとこと---------------------
 
18日の十字線(寄引同値線)は、4カ月ぶりの高値圏で出現しただけに、転換点のシグナルとしてやや気になるところです。ただ、週足は8連続陽線中で強い上昇トレンドを描いています。52週線(110.36円前後)を維持している限り、トレンド転換は考えられないわけで、弱気になる必要はないと考えています。と書いていたら、ドル円は111円台を回復してきましたね・・・
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/18 金)

WS001922.JPG 

 
------------5/17ドル円相場--------------------------
 
米長期金利高止まりでドル高持続。4カ月ぶり高値を更新。
 
OP110.333 HI110.857 LO110.073 CL110.752
  
-----------5/17主な出来事---------------------------
 
英テレグラフ紙
英国は、欧州連合(EU)離脱の移行期間終了後も関税同盟に残留する意向をEUに伝える見通し
 
08:50 (日) 3月機械受注 (前月比) -3.9%
前回+2.1% 
予想-3.0%  
 
10:30 (豪) 4月就業者数 +2.26万人
前回+0.49万人→-0.07万人
予想+2.00万人  
 
10:30 (豪) 4月失業率 5.6% 
前回5.5% 
予想5.5% 
 
17:32 メイ英首相
「英国は関税同盟を離脱する」「英国は関税のパートナーシップを交渉する」
 
18:00 (ユーロ圏) 3月建設支出 (前月比)  -0.3%
前回-0.5%→-0.7%
 
20:49 伊「五つ星運動」と極右「同盟」、最終合意には2500億ユーロの債務減免要求含まず
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 22.2万件 
前回21.1万件
予想 21.5万件 
 
21:30 (米) 5月フィラデルフィア連銀製造業指数 34.4
前回23.2 
予想21.0  
 
21:30 (加) 3月国際証券取引高 +61.5億CAD 
前回+39.6億CAD→+43.2億CAD
 
27:00 (メキシコ) メキシコ中銀政策金利を7.50%に維持
 
------------5/17株式・債券・商品---------------------
 
 
日経平均 22838.37△121.14
豪ASX  6094.257 ▼12.703
上海総合 3154.282 ▼15.283
英FT  7787.97△53.77
独DAX 13114.61△118.28
NYダウ 24713.98▼54.95
 
日10年債利回り 0.0630%△0.0060
豪10年債利回り 2.922%△0.040
英10年債利回り 1.563%△0.060
独10年債利回り 0.640%△0.034
米2年債利回り 2.5647%▼0.0204
米10年債利回り3.1112%△0.0149
 
NY原油 71.49 ±0.00
NY金 1289.40▼2.10
 
------------5/18きょうの注目材料----------------------
 
<国内> 
08:30  4月全国消費者物価指数
 
<海外> 
15:00  4月独卸売物価指数
15:00  4月独生産者物価指数
16:00  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演 
16:30  コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演 
17:00  3月ユーロ圏経常収支
18:00  3月ユーロ圏貿易収支
21:30  3月カナダ小売売上高 
21:30  4月カナダCPI 
22:15  カプラン米ダラス連銀総裁、講演 
22:15  ブレイナード米FRB理事、講演 
 
 
------------5/18きょうのひとこと---------------------
 
200日移動平均線付近で風待ちと思われたドル円相場でしたが、1)伊五つ星と同盟、ECBへの債務減免要求取り下げ、2)トランプ米大統領、北朝鮮に「リビア方式」の非核化を検討しない、3)中国が対米貿易黒字2000億ドル削減を提案、などが追風となり、111円台に接近しています。来週には990億ドル規模の米債入札が予定されているため、米長期金利は下がりにくく上がりやすい地合いでしょう。ドル円は週末でも上値追及の動きが続く(ポジ調整が出にくい)可能性がありそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/17 木)

WS001918.JPG
 ------------5/16ドル円相場--------------------------
 
米長期金利の高止まりで高値圏を維持するも上値は伸ばせず、110円台前半でもみ合った。
 
OP110.312 HI110.384 LO110.040 CL110.363
  
-----------5/16主な出来事---------------------------
 
08:50 (日) 1-3月期GDP・1次速報 (前期比年率) -0.6%
前回+1.6%→+0.6%
予想 -0.1% 
 
 北朝鮮国営放送
「米政府が北朝鮮の核プログラム放棄を一方的に主張し続けるならば、北朝鮮は米国との首脳会談開催を再考するかもしれない」
  
18:00 (ユーロ圏) 4月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) +1.2% 
前回+1.2% 
予想+1.2%
 
イタリアで連立協議を進めるポピュリズム政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」が、ECBに対し、イタリアの債務2500億ユーロの免除を要請する方針
 
20:00 (南ア) 3月小売売上高 (前年比) +4.8%
前回+4.9%→+4.2%
予想+4.7%  
 
21:30 (米) 4月住宅着工件数 128.7万件
前回131.9万件→133.6万件
予想131.0万件  
 (米) 4月建設許可件数 135.2万件
前回135.4万件→137.7万件
予想135.0万件  
 
21:30 (加) 3月製造業出荷 (前月比)+1.4%
前回 +1.9%→+2.7%
予想+0.9%  
 
22:15 (米) 4月鉱工業生産 (前月比) +0.7%
前回+0.5%→+0.7%
予想+0.6%  
 (米) 4月設備稼働率 78.0%
前回78.0%→77.6%
予想 78.4%  
 
------------5/16株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22717.23▼100.79
豪ASX  6106.960 △9.141
上海総合 3169.565 ▼22.553
英FT  7734.20△11.22
独DAX 12996.33△26.29
NYダウ 24768.93△62.52
 
日10年債利回り 0.0570%▼0.0030
豪10年債利回り 2.882%△0.053
英10年債利回り 1.503%▼0.014
独10年債利回り 0.606%▼0.039
米2年債利回り 2.5851%△0.0106
米10年債利回り3.0964%△0.0241
 
NY原油 71.49 △0.18
NY金 1291.50△1.20
 
------------5/17きょうの注目材料----------------------
 
<国内> 
08:50  3月機械受注 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
<海外> 
06:30  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
07:45  1-3月期NZ生産者物価指数 
10:30  4月豪雇用統計
18:00  3月ユーロ圏建設支出 
19:30  コンスタンシオECB副総裁、講演 
21:30  3月対カナダ証券投資 
21:30  米新規失業保険申請件数 
21:30  5月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
23:00  4月米景気先行指標総合指数
23:45  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
25:00  ホールデン英MPC委員、講演 
26:30  カプラン米ダラス連銀総裁、講演 
27:00  メキシコ中銀、政策金利発表 
 
------------5/17きょうのひとこと---------------------
 
ドル円は、15日に付けた110.45円前後の高値を超えれば111円に向けて流れが加速するとの見方もありますが、110円台半ばより上には本邦輸出企業のドル売りオーダーが控えているとの指摘もあります。アジアタイムはあまり上値追いを期待しないほうがよいかもしれません。また、今のところ市場はそれほど気にする素振りを見せていませんが、北朝鮮問題、米中通商問題、イタリア政局問題と不安の芽がちらほらと見え始めています。ドル円が111円台に向けて上昇を加速するには燃料不足のような気がしています。だからと言って下がりそうな気配もありません。200日移動平均線と52週移動平均線の付近で「次の風」を待つという事になりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/16 水)

WS001914.JPG 

 
------------5/15ドル円相場--------------------------
 
米小売後に米10年債利回りが7年ぶり高水準へ。ドル高継続で3カ月ぶりに110.40円台へ続伸。
 
OP109.679 HI110.452 LO109.650 CL110.365
  
-----------5/15主な出来事---------------------------
10:30 (豪) RBA議事録
・目先は政策変更の強い根拠がないとの認識で一致
・見通しは上下双方にリスク
・次の一手は利下げより利上げの可能性が高い
・インフレ率は当面低水準が続く見通し
・豪ドル高は成長とインフレ加速の鈍化につながる可能性
・賃金は緩やかな上昇見込みで、先行指数は一層の雇用拡大を示唆
・賃金・物価上昇の規模・ペースは不透明
・好調の雇用が家計消費を支えている 
 
11:00 (中国) 4月鉱工業生産 (前年比) +7.0%
前回+6.0% 
予想+6.4%  
11:00 (中国) 4月小売売上高 (前年比) +9.4%
前回+10.1% 
予想+10.0% 
 
15:00(独) 1-3月期GDP・速報 (季調前:前年比) +1.6%
前回+2.3% 
予想+1.7%  
 
17:30 (英) 4月失業者数 +3.12万人
前回+1.16万人→+1.57万人  
 (英) 4月失業率 2.5%
前回2.4%  
ILO失業率 4.2% 
前回4.2% 
予想4.2%
(英) 1-3月週平均賃金+2.6%
予想+2.6%
前回+2.8%
 
18:00 (独) 5月ZEW景気期待指数 -8.2 
前回-8.2 
予想-8.2 
 
18:00 (ユーロ圏) 5月ZEW景気期待指数 2.4
前回1.9  
 
18:00 (ユーロ圏) 3月鉱工業生産 (前月比)+0.5%
前回 -0.8%→-0.9%
予想+0.7%  
 
18:00(ユーロ圏) 1-3月期GDP・改定 (前年比) +2.5% 
前回+2.5% 
予想+2.5% 
 
21:12 カプラン米ダラス連銀総裁 
「中立に向かうことがFRBにとって正しい事」「中立レートは2.5?3.0%」「FRBは二大責務の両方を達成している」 
 
21:30 (米) 5月NY連銀製造業景況指数 20.10
前回15.80 
予想15.00  
21:30 (米) 4月小売売上高 (前月比) +0.3%
前回+0.6%→+0.8%
予想+0.3%  
(米) 4月小売売上高 (前月比:除自動車) +0.3%
前回+0.2%→+0.4%
予想+0.5%  
 
23:00 (米) 3月企業在庫 (前月比) 0.0%
前回+0.6% 
予想+0.1%  
 
23:00 (米) 5月NAHB住宅市場指数 70 
前回69→68
予想69 
 
23:40クラリダ次期FRB副議長 
「バランスシートの縮小が必要」「FRBは大統領から独立しているべき」 
 
24:29 ボウマン米FRB理事候補 
「FRBのバランスシート正常化は良い考え」 
 
26:10 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁 
「今年3?4回の利上げが金融政策の正しい方向」「2018年と2019年のGDP成長率は2.5%程度を予想」「足もとのインフレ上昇は合理的」「インフレ圧力が高まれば、利上げペースが速まる可能性」「金融政策は依然として緩和的」 
 
29:00 (米) 3月対米証券投資 +618億USD
前回+490億USD  
 
------------5/15株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22818.02▼47.84
豪ASX  6097.819 ▼37.478
上海総合 3192.118 △18.086
英FT  7722.98△12.00
独DAX 12970.04▼7.67
NYダウ 24706.41▼193.00
 
日10年債利回り 0.0600%△0.0070
豪10年債利回り 2.829%△0.058
英10年債利回り 1.517%△0.046
独10年債利回り 0.645%△0.034
米2年債利回り 2.5745%△0.0270
米10年債利回り3.0723%△0.0699
 
NY原油 71.31 △0.35
NY金 1290.30▼27.90
 
------------5/16きょうの注目材料----------------------
 
<国内> 
08:50 1-3月期GDP一次速報 
10:10 日銀国債買入れオペ(10-25年、25年超) 
 
<海外> 
15:00 独4月消費者物価指数・改定値 
16:00 トルコ3月鉱工業生産
18:00 ユーロ圏4月消費者物価指数(HICP)改定値 
20:00 南ア3月小売売上高
21:00 ドラギECB総裁、講演 
21:30 カナダ3月製造業出荷
21:30 米4月住宅着工件数
21:30 米4月建設許可件数 
21:30 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
21:30 クーレECB理事、講演 
22:15 米4月鉱工業生産指数
22:15 米4月設備稼働率
23:30 EIA週間在庫統計 
23:30 プラートECB専務理事、講演 
 
------------5/16きょうのひとこと---------------------
 
ドル/円は米長期金利上昇を背景に110.40円台まで上値を伸ばしました。今朝はやや利食い売り等に押されていますが、昨日突破した200日移動平均線でなんとか踏ん張っている様子。昨日までの上値抵抗を下値支持に変えられるか、東京市場ではここが見どころのひとつになりそうです。欧米市場のカギはやはり米長期金利(株が多少崩れてもドル円はあまり気にしなくなっているようです)になるのでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/15 火)

WS001910.JPG 

------------5/14ドル円相場--------------------------
 
手掛り難ではあったが米長期金利の上昇を背景に小幅高。米10年債利回りは終盤に3%回復。
 
OP109.306 HI109.667 LO109.209 CL109.638
  
-----------5/14主な出来事---------------------------
 
15:47 ビルロワ仏中銀総裁 
「ECBは資産購入の終わりに近づきつつある」「ECBは最初の利上げのタイミングに関する新たなガイダンスを公表する可能性がある」
 
24:01 トランプ米大統領
(米政府の制裁で主力事業が停止に追い込まれているZTEについて)「速やかに事業に戻る方策を同社に示すため、習中国国家主席と協力している」
 
26:29 ロス米商務長官 
「米中間の貿易に関するギャップは依然として広い」
 
------------5/14株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22865.86△107.38
豪ASX  6135.297 △19.110
上海総合 3174.032△10.769
英FT  7710.98▼13.57
独DAX 12977.71▼23.53
NYダウ 24899.41△68.24
 
日10年債利回り 0.0530%△0.0060
豪10年債利回り 2.771%▼0.009
英10年債利回り 1.471%△0.028
独10年債利回り 0.611%△0.052
米2年債利回り 2.5475%△0.0126
米10年債利回り3.0024%△0.0329
 
NY原油 70.96 △0.26
NY金 1318.20▼2.50
 
------------5/15きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
10:30  5月RBA理事会議事要旨 
11:00  4月中国鉱工業生産
11:00  4月中国小売売上高
15:00  1-3月期独GDP・速報値 
15:45  4月仏消費者物価指数・改定値
16:00  2月トルコ失業率
16:15  4月スイス生産者輸入価格 
17:30  4月英雇用統計
17:30  1-3月英失業率(ILO方式) 
17:30  1-3月英週平均賃金
18:00  3月ユーロ圏鉱工業生産 
18:00  1-3月期ユーロ圏GDP改定値
18:00  5月独ZEW景況感指数数
18:00  5月ユーロ圏ZEW景況感指数 
21:00  カプラン米ダラス連銀総裁、講演 
21:30  5月米ニューヨーク連銀製造業景気指数 
21:30  4月米小売売上高
23:00  3月米企業在庫 
23:00  5月米NAHB住宅市場指数 
23:00  クラリダ米FRB副議長候補、ボウマンFRB理事候補、米上院で承認に向けた公聴会 
26:00  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演 
29:00  3月対米証券投資動向 
 
 
------------5/15きょうのひとこと---------------------
 
きょうは昨日と打って変わって材料が盛りだくさんです。米10年債利回りが再び3%に乗せており、4月に付けた3.03%を超えて行けるかがきょうの焦点となりそうです。そうした中で最も注目したいのは米4月小売売上高です。雇用増や減税の効果によって消費が勢いを増した事が確認できれば米長期金利の押し上げ要因となり、ドル/円の110円台乗せも見えてくるでしょう。市場予想によると前月比+0.3%と3月の+0.6%から鈍化する見通しですが、自動車・関連部品を除いた4月の売上高は+0.5%と3月の+0.2%から加速する見込みとなっています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

11日のドル円相場ときょうのひとこと(5/14 月)

0511.PNG 

 
------------5/11ドル円相場--------------------------
 
決め手欠き値幅はおよそ40銭にとどまる。
 
OP109.356 HI109.569 LO109.149 CL109.367
  
-----------5/11主な出来事---------------------------
 
10:30(豪) 3月住宅ローン貸出 (前月比)-2.2%
前回-0.2%
予想-1.8%
 
21:30(加) 4月就業者数-0.11万人
前回+3.23万人
予想+2.00万人
 
21:30(加) 4月失業率5.8%
前回5.8%
予想5.8%
 
21:30(米) 4月輸入物価指数 (前月比)+0.3%
前回0.0%(-0.2%)
予想+0.5%
 
23:00
(米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報98.8
前回98.8
予想98.3
 
------------5/11株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22758.48△261.30
豪ASX  6116.187▼2.561
上海総合 3163.26▼11.15
英FT  7724.55△23.58
独DAX 13001.24▼21.63
NYダウ 24831.17△91.64
 
日10年債利回り 0.047%
豪10年債利回り 2.780%
英10年債利回り 1.443%
独10年債利回り 0.559%
米2年債利回り 2.5349%
米10年債利回り2.9695%  
 
NY原油 70.70▼0.66
NY金  1320.70▼1.60
 
------------5/14きょうの注目材料---------------------
<国内>
なし
 
 <海外>
15:30 ビルロワ仏中銀総裁、講演 
15:45 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演 
22:40 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
 
------------5/14きょうのひとこと---------------------
 
ドル円はひとまず110円で達成感めいたものが出ている様子。ただ、その割には109円台前半の下値も堅かった印象です。11日の日足は気迷いを示す十字線で引けており、きょうの動きが重要です。米経済指標などの注目イベントはありませんが、その分値動きに「ノイズ」が混じりにくいとも言えるでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/11 金)

WS001908.JPG
 ------------5/10ドル円相場--------------------------
 
110円にワンタッチするも上値は伸びず。米CPI予想下ブレで長期金利が低下すると109円台前半へ押し戻される。
 
OP109.712 HI110.015 LO109.299 CL109.390
  
-----------5/10主な出来事---------------------------
 
06:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレートを 1.75% に維持
「金利上昇予想を従来の2019年第2四半期から19年第3四半期に変更」「政策金利は相当な期間拡張的な水準で維持されるだろう」「インフレ率は2020年第4四半期に2%に到達すると予想(従来は2020年第3四半期)」 
 
07:00 オアRBNZ総裁 
10日07:04「我々はかなりの期間にわたって政策金利を据え置くことができる」「今回の政策決定は全会一致だった」「利上げも利下げも可能」「賃金インフレが抑圧されていることに困惑」「インフレが懸念であり、拡張的な金融政策を続ける理由」「私が総裁としてRBNZに変化をもたらす」
 
08:50 (日) 3月国際収支-経常収支 +3兆1223億円
前回+2兆760億円 
予想+2兆8990億円  
 (日) 3月国際収支-貿易収支 +1兆1907億円 
前回+1887億円 
予想+1兆231億円 
 
10:30 (中国) 4月消費者物価指数 (前年比) +1.8%
前回+2.1% 
予想+1.9%  
 (中国) 4月生産者物価指数 (前年比) +3.4% 
前回+3.1% 
予想+3.4% 
 
17:30 (英) 3月鉱工業生産 (前月比) +0.1%
前回+0.1% 
予想+0.2%  
 
17:30 (英) 3月貿易収支 -122.87億GBP
前回-102.03億GBP→-104.14億GBP
予想-113.00億GBP  
 
17:30 (英) 3月製造業生産 (前月比) -0.1% 
前回-0.2% 
予想-0.2% 
 
20:00 (英) BOE政策金利( 0.50%)と資産購入枠(4350億ポンド)を維持
20:00 (英) BOE議事録
7対2で金利据え置きを決定 
20:00 BOE四半期インフレリポート 
「2018年のGDP見通しを1.8%から1.4%へ下方修正」「2019年のGDP見通しを1.8%から1.7%へ下方修正」「1年後のインフレ率は2.13%(前回2.28%)」「2年後のインフレ率は2.03%(前回2.16%)」「3年後のインフレ率は2.00%(前回2.11%)」「CPIに対する過去のポンド安の影響は、以前考えられていたよりも少し早く消える可能性が高いと判断」「インフレ鈍化は予測よりも早くなる見通し。2年以内に2%へ」「今後数年で限定的な引き締めのみ必要」 
 
20:30 カーニーBOE総裁 
「英国経済は、利上げに対応した成長路線を辿っていない」「問題は、現状の景気減速が一時的なものか、それとも永続的なものかということだ」 「ブレグジットへの警戒感が、英国経済の足かせとなっている」 「MPCの多数派は、景況感の改善を見極めたいとしている」「経済のモーメンタムはいずれ力強さを増す見込み」 
 
21:30 (米) 4月消費者物価指数 (前月比) +0.2% 
前回-0.1% 
予想+0.3% 
(米) 4月消費者物価指数 (前年比) +2.5%
前回+2.4% 
予想+2.5%  
(米) 4月消費者物価指数 (コア:前年比) +2.1%  
前回+2.1%
予想+2.2% 
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 21.1万件
前回21.1万件 
予想21.9万件  
 
21:30 (加) 3月新築住宅価格指数 (前月比)  0.0% 
前回-0.2% 
予想0.0%
 
23:36 トランプ米大統領 
「最重要指名手配中のISISリーダー5名を捕まえた」「6月12日にシンガポールで金委員長と会談を行う」 
 
------------5/10株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22497.189△88.30
豪ASX  6118.748 △10.724
上海総合 3174.413△15.263
英FT  7700.97△38.45
独DAX 13022.87△79.81
NYダウ 24739.53△196.99
 
日10年債利回り 0.0530%▼0.0010
豪10年債利回り 2.774%▼0.006
英10年債利回り 1.430%▼0.027
独10年債利回り 0.557%▼0.002
米2年債利回り 2.5302%△0.0002
米10年債利回り2.9622%▼0.0420
 
NY原油 71.36 △0.22
NY金 1322.30△9.30
 
------------5/11きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
10:30  3月豪住宅ローン件数
17:30  1-3月期香港GDP
21:00  3月インド鉱工業生産 
21:30  4月米輸入物価指数 
21:30  4月カナダ雇用統計
21:30  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
22:15  ドラギECB総裁、講演 
23:00  5月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
 
------------5/11きょうのひとこと---------------------
 
米4月CPIは、内容的に弱いとは思えませんでしたが、FOMCのスタンスも考慮すれば、利上げ加速期待を高める内容でなかった事は間違いありません。ドル円の110円と同様に米10年債利回りの3.0%が壁になっているようなので、ドル高が小休止しそうな流れです。ドル円が大きく下落するとは思いませんが、万一108.65円前後(4日安値)を下抜けると「ダブルトップ」が完成しそうなだけに、ちょっと注意しておきたいところです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/10 木)

WS001897.JPG 

 
------------5/9ドル円相場--------------------------
 
米長期金利上昇でアジアタイムからドル買い・円売り優勢。リクルートによる米企業買収の報道も後押し。米10年債利回り3%回復でNYタイムには109.80円台まで上昇。
 
OP109.107 HI109.831 LO108.998 CL109.721
  
-----------5/9主な出来事---------------------------
 
21:30 (米) 4月生産者物価指数 (前月比) +0.1%
前回+0.3% 
予想+0.2%  
(米) 4月生産者物価指数 (前年比) +2.6%
前回+3.0% 
予想+2.8%  
(米) 4月生産者物価指数 (コア:前年比) +2.3%
前回+2.7% 
予想+2.4%  
 
21:30 (加) 3月建設許可件数 (前月比) +3.1%
前回-2.6%→-2.8%
予想+2.0%  
 
22:00 (メキシコ) 4月消費者物価指数 (前月比) -0.34% 
前回+0.32% 
予想-0.31% 
 
23:00 (米) 3月卸売在庫 (前月比) +0.5%
前回 +0.5% 
 
------------5/9株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22408.88▼99.81
豪ASX  6108.024 △16.139
上海総合 3159.150▼2.348
英FT  7662.52△96.77
独DAX 12943.06△30.85
NYダウ 24542.54△182.33
 
日10年債利回り 0.0540%△0.0010
豪10年債利回り 2.780%△0.041
英10年債利回り 1.457%△0.013
独10年債利回り 0.559%▼0.003
米2年債利回り 2.5300%△0.0206
米10年債利回り3.0042%△0.0282
 
NY原油 71.14 △2.08
NY金 1313.00▼0.70
 
------------5/10きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  日銀金融政策決定会合における主な意見(4月26-27日分) 
08:50  3月国際収支速報 経常収支/貿易収支 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース、2週分) 
 
<海外> 
08:01  4月英RICS住宅価格
10:10  オアRBNZ総裁、議会証言 
10:30  4月中国生産者物価指数 
10:30  4月中国消費者物価指数 
17:00  4月ECB月報 
17:30  3月英鉱工業生産指数
17:30  3月英製造業生産高
17:30  3月英貿易収支
20:00  BOE政策金利発表
20:00  BOE議事録 
20:00  BOE四半期インフレリポート 
20:30  カーニーBOE総裁、記者会見 
21:30  3月カナダ新築住宅価格指数
21:30  前週分の米新規失業保険申請件数
21:30  4月米消費者物価指数 
26:00  米30年債入札 (170億ドル)
27:00  4月米月次財政収支
 
------------5/10きょうのひとこと---------------------
 
手掛り難で動きそうもないと思っていた矢先に109.80円台まで上昇したドル円ですが、2日に付けた3カ月ぶり高値110.03円を視界に捉えました。これを超えれば110.20円前後の200日移動平均線も一気に攻略できそうな情勢です。ここにきて再び3%に乗せてきた米10年債利回りの動きがカギとなるでしょう。米4月CPIと米30年債入札、そして金利上昇に対する株式市場の反応がポイントとなりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/9水)

 WS001893.JPG

 
------------5/8ドル円相場--------------------------
 
109円を挟んだもみ合い継続。武田M&Aやパウエル講演、米のイラン核合意離脱にも大きな反応見せず。
 
OP109.072 HI109.347 LO108.823 CL109.131
  
-----------5/8主な出来事---------------------------
 
10:30 (豪) 3月小売売上高 (前月比) 0.0%
前回+0.6% 
予想+0.2%  
 
12:18 (中国) 4月貿易収支 +287.8億USD
前回-49.8億USD 
予想+277.5億USD 
 
14:45 (スイス) 4月失業率 2.7%
前回2.9% 
予想2.9%  
 
15:00 (独) 3月鉱工業生産 (前月比) +1.0%
前回-1.6%→-1.7%
予想+0.8%  
 
15:05 武田薬、シャイアーを総額約460億ポンで完全子会社化
 
15:00 (独) 3月貿易収支 +252億EUR 
前回+184億EUR→+185億EUR 
予想+225億EUR 
(独) 3月経常収支 +291億EUR 
前回+207億EUR→+217億EUR
予想+270億EUR 
 
21:15 (加) 4月住宅着工件数  21.44万件
前回22.52万件 
予想22.00万件 

27:20 トランプ米大統領、イラン核合意離脱を表明
 
------------5/8株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22508.69△41.53
豪ASX  6091.885 △7.412
上海総合 3161.498 △24.853
英FT  7565.75▼1.39
独DAX 12912.21▼35.93
NYダウ 24360.21△2.89
 
日10年債利回り 0.0530%△0.0080
豪10年債利回り 2.739%▼0.016
英10年債利回り 1.444%△0.045
独10年債利回り 0.561%△0.029
米2年債利回り 2.5094%△0.0124
米10年債利回り2.9760%△0.0263
 
NY原油 69.06 ▼1.67
NY金 1313.70▼0.40
 
------------5/9きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
---  日中韓首脳会談(都内) 
 
<海外> 
08:01  4月英BRC小売売上高調査 
15:45  3月仏鉱工業生産指数 
21:30  4月米生産者物価指数 
23:00  3月米卸売在庫 
23:30  EIA週間原油在庫統計 
26:00  米10年債入札 (250億ドル)
26:15  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
 
------------5/9きょうのひとこと---------------------
 
ここにきてドル円が109.50円を突破して上昇しています。時間外取引の米10年債利回りが再び3%に接近(2.9947%まで)しており、109.30円台の上値抵抗を突破した事で上昇に弾みが付いた面もあるようです。また、リクルートホールディングスが米オンライン求人サービス大手のグラスドアを12億ドルで買収すると発表した事もドル買い・円売りを後押ししている模様です。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/8 火)

 WS001887.JPG

------------5/7ドル円相場--------------------------
 
109円を挟んだ値動き。決め手なく寄引同値の十字線で終了。
 
OP109.084 HI109.394 LO108.754 CL109.083
  
-----------5/7主な出来事---------------------------
 
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨(3月8-9日開催分)
・物価2%実現になお距離、極めて緩和的な金融政策維持が必要
・現在の金融市場調節方針のもと、強力な金融緩和を進めることが適切
・景気の先行きは緩やかな拡大を続ける見込み
・労働需給は着実な引き締まりを続けている
・個人消費は緩やかに増加している
・物価の先行きは2%に向けて上昇率を高めていくとの見方 
 
15:00 (独) 3月製造業受注 (前月比) -0.9% 
前回+0.3%→-0.2%
予想+0.5% 
 
16:15 (スイス) 4月消費者物価指数 (前年比) +0.8%
前回+0.8% 
予想+0.9%  
 
21:40 武田、460億ポンドでのシャイアー買収を8日にも発表へ
 
28:00 (米) 3月消費者信用残高 +116.22億USD
前回+106.01億USD→+136.39億USD
予想+152.00億USD  
 
26:44 トランプ米大統領(ツイッター)
「イラン核合意からの離脱の是非に関する決定を8日14時(日本時間9日午前3時)に発表」
 
------------5/7株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22467.16▼5.62
豪ASX  6084.473△21.580
上海総合 3136.645 △45.612
英FT  -----
独DAX 12948.14△128.54
NYダウ 24357.32△94.81
 
日10年債利回り 0.0450%±0.0000
豪10年債利回り 2.755%▼0.015
英10年債利回り -----
独10年債利回り 0.532%▼0.012
米2年債利回り 2.4970%△0.0001
米10年債利回り2.9497%±0.0000
 
NY原油 70.73 △1.01
NY金 1314.10▼0.60
 
------------5/8きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
 なし
 
<海外> 
10:30  3月豪小売売上高 
未定  4月中国貿易収支
14:45  4月スイス失業率
15:00  3月独貿易収支
15:00  3月独経常収支
15:00  3月独鉱工業生産
16:15  パウエル米FRB議長、チューリッヒで講演 
21:15  4月カナダ住宅着工件数 
23:00  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演 
26:00  米3年債入札 (310億ドル)
27:00  トランプ米大統領、イラン核合意に関する判断を発表 
 
 
------------5/8きょうのひとこと---------------------
 
米国のイラン核合意を巡る(離脱or残留)判断に注目が集まっています。離脱ならリスクオフとの見方が一般的ですが、中東絡みの政治ネタがメインテーマになるとは思えず、離脱=円買い、残留=円売りのどちらにしても、反応は一時的かつ限定的でしょう。むしろ、パウエル米FRB議長の講演(パネルディスカッション)のほうが気になります。演目は「金融政策が世界の金融情勢および国際資本フローに及ぼす影響」です。FRBの利上げとドル高が、アルゼンチンやトルコなどの新興国にダメージを与え始めているだけに、こちらのお話のほうが重要だと思われます。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

4日のドル円相場ときょうのひとこと(5/7 月)

 05042.PNG

 
------------5/4ドル円相場--------------------------
 
米雇用統計で売り買い交錯。方向感ないまま小幅安で終了。
 
OP109.168 HI109.270 LO108.646 CL109.061
  
-----------5/4主な出来事---------------------------
 
10:30(豪) 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
・近々に政策金利を調整する強いケースは予測できない
・予想通りに経済が改善すれば、利上げすることがいつか適切になる
・著しい豪ドル高は経済成長とインフレ成長を削ぐ
・2018年末の失業率は5.5%予測(前回5.25%)、2020年中旬までに5.25%予測
・潜在的インフレ予測は2018年から2019年は2%、2020年中旬までに2.25%予測
・GDP成長率は2018年から2019年は3.25%、2020年中旬までに3%予測
 
18:00(ユーロ圏) 3月小売売上高 (前月比)+0.1%
前回+0.1%(+0.3%)
予想+0.5%
 
21:30(米) 4月非農業部門雇用者数+16.4万人
前回+10.3万人(+13.5万人)
予想+19.3万人
(米) 4月失業率3.9%
前回4.1%
予想4.0%
(米) 4月平均時給 (前月比)+0.1%
前回+0.3%(+0.2%)
予想+0.2%
(米) 4月平均時給 (前年比)+2.6%
前回+2.7%→+2.6%
予想+2.7%
 
23:00(加) 4月Ivey購買部景況指数71.5
前回59.8
 
 26:40 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁 
「本日発表された雇用統計はFRBの見通しにほぼ合致」 
「賃金の上昇率は緩やかであり、インフレ率も同様」 
「インフレ率の急伸は確認せず」 
「インフレ率は、しばらくの間2.0%目標をオーバーシュートする可能性」 
「インフレ率は2.0%の目標を上回ることも、下回ることもあるが、平均して2.0%だということを伝えるシグナルであり、『対称的』なものである」 
 
------------5/4株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 ----
豪ASX  6062.893 ▼35.382
上海総合 3091.033 ▼9.826
英FT  7567.14△64.45
独DAX 12819.6△129.45
NYダウ 24262.51△332.36
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 2.770%▼0.040
英10年債利回り 1.400%△0.010
独10年債利回り 0.544%△0.012
米2年債利回り 2.4969%△0.0207
米10年債利回り2.9497%△0.0039
 
NY原油 69.72 △1.29
NY金 1314.70△2.00
 
------------5/7きょうの注目材料---------------------
<国内> 
08:50 3月8-9日分の日銀金融政策決定会合議事要旨 
10:10 日銀国債買入れオペ(1-5年、10-25年、25年超)
 
<海外> 英国休場 (アーリーメイバンクホリデー)
08:00 クオールズ米FRB副議長、講演 
10:30 4月豪NAB企業景況感指数 
15:00 3月独製造業新規受注
16:15 4月スイス消費者物価指数 
21:25 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
27:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁、講演 
28:00 3月米消費者信用残高
28:30 カプラン米ダラス連銀総裁、エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
 
------------5/7きょうのひとこと---------------------
 
米4月雇用統計は、冴えないながらも失望的でもないというぬるま湯的な内容でした。ドル円は売買交錯で方向感なく推移。雇用統計後の安値(108.65円前後)と高値(109.27円前後)をどちらに抜けるのかがきょうのポイントとなりそうです。ユーロやポンドの弱さもあって、ドル買いの流れは止まっていないと見られますが、ドル円の109円以上の水準には、1)日足一目転換線の109.34円、2)2日に付けた3カ月ぶり高値110.03円、3)200日移動平均の110.20円と、関門が多いのも事実です。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/4 金)

0503.PNG  

------------5/3ドル円相場--------------------------
 
ドル高に調整の動きで終日軟調。ただし、109円割れでは底堅さも。
 
OP109.799 HI109.880 LO108.927 CL109.180
  
-----------5/3主な出来事---------------------------
 
10:30(豪) 3月貿易収支+15.27億AUD
前回+8.25億AUD(+13.49億AUD)
予想+8.65億AUD
 
10:30(豪) 3月住宅建設許可 (前月比)+2.6%
前回-6.2%(-4.2%)
予想+1.0%
 
+1.87%(トルコ) 4月消費者物価指数 (前年比)+10.85%
前回+10.23%
予想+10.45%
 
17:00(ノルウェー) ノルウェー中銀政策金利を0.50%に維持
 
17:30(英) 4月サービス業PMI52.8
前回51.7
予想53.5
 
18:00(ユーロ圏) 4月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比)+1.2%
前回+1.3%
予想+1.3%
 
18:00(ユーロ圏) 3月生産者物価指数 (前年比)+2.1%
前回+1.6%
予想+2.1%
 
20:30(米) 4月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比)-1.4%
前回+39.4%
 
21:30(米) 新規失業保険申請件数21.1万件
前回20.9万件
予想22.5万件
 
21:30(米) 3月貿易収支-490.0億USD
前回-576.0億USD(-577.0億USD)
予想-500.0億USD
 
21:30(米) 1-3月期非農業部門労働生産性・速報 (前期比年率)+0.7%
前回0.0%(+0.3%)
予想+0.9%
 
21:30(米) 1-3月期単位労働コスト・速報 (前期比年率)+2.7%
前回+2.5%(+2.1%)
予想+3.0%
 
21:30(加) 3月貿易収支-41.4億CAD
前回-26.9億CAD(-29.3億CAD)
予想-22.5億CAD
 
23:00(米) 4月ISM非製造業景況指数56.8
前回58.8
予想58.0
 
23:00(米) 3月製造業受注指数 (前月比)+1.6%
前回+1.2%(+1.6%)
予想+1.4%
 
------------5/3株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 ----
豪ASX  6098.275△48.090
上海総合 3100.859△19.682
英FT  7502.69 ▼40.51
独DAX 12690.15 ▼112.10
NYダウ 23930.15△5.17
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 2.765%
英10年債利回り 1.390%
独10年債利回り 0.532%
米2年債利回り  2.4762%
米10年債利回り 2.9458% 
 
NY原油 68.43 △0.50
NY金  11312.70 △7.10
 
------------5/4きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
みどりの日の祝日で休場 
 
<海外> 
10:30  RBA四半期金融政策報告 
10:45  4月財新中国サービス業PMI
15:45  3月仏貿易収支
15:45  3月仏経常収支 
15:45  3月仏財政収支 
16:45  コンスタンシオECB副総裁、講演 
16:50  4月仏サービス部門PMI改定値
16:55  4月独サービス部門PMI改定値 
17:00  4月ユーロ圏サービス部門PMI改定値 
18:00  3月ユーロ圏小売売上高
21:30  4月米雇用統計 
22:00  バイトマン独連銀総裁、講演 
23:00  4月カナダIvey購買部協会景気指数 
25:45  ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演 
29:00  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演 
-----  米中通商協議(北京、最終日)
 
------------5/4きょうのひとこと---------------------
 
昨日のドル円は比較的大きめに下落しましたが、下げ幅の大きさは3.22以来です。つまり、ここひと月半の上昇局面で最大の下げという事になります。それも、節目の110円にワンタッチした直後の反落だけに天井感が漂うところです。とはいえ、きょうは米4月雇用統計が発表されるほか、北京では米中通商協議が最終日を迎えており、これらの結果次第で流れはガラリと変わりそうです。米労働者の賃金は伸びているのか、米中貿易摩擦の回避に向けた動きが見られるのか、このあたりがきょうのテーマとなりそうです。なお、GW中ですが今夜も米雇用統計の発表に合わせてライブセミナーを開催しますのでぜひご参加ください。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/3 木)

0502.PNG  

------------5/2ドル円相場--------------------------
 
ドル高継続で110円にワンタッチ。FOMC後に反落する場面もあったが、米長期金利の低下が一巡すると再びドル買いに傾いた。
 
OP109.838 HI110.032 LO109.595 CL109.854
  
-----------5/2主な出来事---------------------------
 
07:45(NZ) 1-3月期失業率4.4%
前回4.5%
予想4.4%
(NZ) 1-3月期就業者数 (前期比)+0.6%
前回+0.5%(+0.4%)
予想+0.6%
 
10:45(中国) 4月財新/製造業PMI51.1
前回51.0
予想50.9
 
17:30(英) 4月建設業PMI52.5
前回47.0
予想50.5
 
18:00(ユーロ圏) 3月失業率8.5%
前回8.5%
予想8.5%
 
18:00(ユーロ圏) 1-3月期GDP・速報 (前年比)+2.5%
前回+2.7%(+2.8%)
予想+2.5%
 
21:15(米) 4月ADP全国雇用者数 +20.4万人
前回+24.1万人(+22.8万人)
予想+19.8万人
 
27:00(米) FOMC政策金利を1.50-1.75%に維持
「労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している」「過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている」「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「前年比ベースのインフレは中期的に2%付近で推移すると予想」「前年比ベースのインフレと食料・エネルギーを除くインフレは2%に近づいた」 「長期的なインフレはならしてみるとほぼ変わらず」「経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」
 
------------5/2株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22472.78 ▲35.25
豪ASX  6050.20△35.00
上海総合 3081.18▼1.05
英FT  7543.20 △22.84
独DAX 12802.25 △190.14
NYダウ 23924.98▼174.07
 
日10年債利回り 0.045%
豪10年債利回り 2.795%
英10年債利回り 1.457%
独10年債利回り 0.581%
米2年債利回り 2.4923%  
米10年債利回り 2.9756% 
 
NY原油 67.93 △0.68
NY金  1305.60 ▲1.20
 
------------5/3きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
憲法記念日の祝日で休場 
 
<海外> 
10:30  3月豪貿易収支
10:30  3月豪住宅建設許可件数 
16:00  ハンソン・エストニア中銀総裁、ビルロワ・フランス中銀総裁、講演 
16:00  4月トルコ消費者物価指数
17:00  ノルウェー中銀、政策金利発表
17:30  4月英サービス業PMI 
18:00  3月ユーロ圏生産者物価指数
18:00  4月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
20:00  プラートECB理事、講演 
20:30  4月米チャレンジャー人員削減数
21:00  コンスタンシオECB副総裁、講演 
21:30  クーレECB理事、講演 
21:30  3月カナダ貿易収支
21:30  米新規失業保険申請件数
21:30  3月米貿易収支
21:30  1-3月期米非農業部門労働生産性・速報値
23:00  4月米ISM非製造業指数
23:00  3月米製造業新規受注
 
 
------------5/3きょうのひとこと---------------------
 
FOMC声明は米経済の先行きを楽観視する明るめのトーンでした。とはいえ、今年3回(あと2回)の利上げペースをアップさせるほどインフレが加速する事はなさそうとの見方を示し「緩やかな利上げ」の基本スタンスを維持しました。声明発表直後にドルが売られたのは、「思ったほどタカ派的ではなかった」という評価の表れなのでしょう。米長期金利上昇の流れ自体は変わりそうになく、ドル高地合いが反転するきっかけにもならなかったと考えています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/2 水)

WS001876.JPG  

------------5/1ドル円相場--------------------------
 
米10年債利回り上昇再開で109.80円台へ。
 
OP109.287 HI109.885 LO109.229 CL109.849
  
-----------5/1主な出来事---------------------------
 
07:45 (NZ) 3月住宅建設許可 (前月比) +14.7%
前回+5.7%→+6.4%
 
13:30 (豪) RBA政策金利を 1.50%に維持
「低金利が引き続き経済を支援」 
「豪経済の経済成長は1年前よりも早いと予測」 
「失業率とインフレの改善は緩やかになる見通し」 
「インフレ率は当面の間、低水準での推移が見込まれる」 
「GDPは2018年と2019年は3%を少し上回ると予測」 
「豪ドル高は経済成長の回復を鈍化させる」 
「豪ドルはこの何年かのレンジの中で推移」 
「賃金上昇は低く、当面の間続く可能性がある」 
「最近のインフレ指標は我々の予想にそっている、CPIインフレ率は2018年内に2%を超えると予測」
 
17:30 (英) 4月製造業PMI 53.9 
前回55.1→54.9
予想 54.8 
 
17:30 (英) 3月消費者信用残高 +3億GBP 
前回+16億GBP→+17億GBP
予想+14億GBP 
 
18:50 ロウRBA総裁 
「インフレ目標達成には賃金の伸び加速が必要」 
「消費者物価指数は暫く現水準を維持」 
「消費者物価指数は今後2年間で2.5%に向けて徐々に上昇すると予想」
 
21:30 (加) 2月GDP (前月比) +0.4%
前回-0.1%
予想 +0.3%  
 
23:00 (米) 4月ISM製造業景況指数 57.3 
前回59.3 
予想58.5 
 
23:00 (米) 3月建設支出 (前月比) -1.7% 
前回+0.1%→+1.0%
予想+0.5% 
 
ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表
(中国訪問に先立ち)「目指すのは中国経済の開放で、経済システムの変更でない」
 
 
------------5/1株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22508.03△40.16
豪ASX 6015.234 △32.502
上海総合 -----
英FT  7520.36△11.06
独DAX -----
NYダウ 24099.05▼64.10
 
日10年債利回り 0.0430%▼0.0120
豪10年債利回り 2.756%▼0.013
英10年債利回り 1.405%▼0.014
独10年債利回り -----
米2年債利回り  2.5042%△0.0163
米10年債利回り 2.9644%△0.0113
 
NY原油 67.25 ▼1.32
NY金 1306.80▼12.40
 
------------5/2きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
07:45  1-3月期NZ雇用統計
10:45  4月財新・中国製造業PMI
16:15  3月スイス小売売上高 
16:30  4月スイス製造業PMI
16:50  4月仏製造業PMI改定値
16:55  4月独製造業PMI改定値
17:00  4月ユーロ圏製造業PMI改定値
17:30  4月英建設業PMI
18:00  3月ユーロ圏失業率
18:00  1-3月期ユーロ圏GDP・速報値 
21:15  4月ADP全米雇用報告
23:30  EIA週間原油在庫統計 
24:30  バイトマン独連銀総裁、講演 
27:00  米FOMC政策金利発表
-----  米財務省、四半期定例国債入札の概要発表
 
------------5/2きょうのひとこと---------------------
 
3%超えで一旦達成感が出ていた米10年債利回りが、ここにきて再び上昇しています。昨日はISM(総合指数)が弱かったにもかかわらず内訳の価格指数の上昇を見逃さずに金利上昇となりました。そうした中、本日は米FOMCとともに、米財務省が発表する四半期定例入札の概要にも注目しておきたいところです。トランプ政権の大型減税などで国債増発は避けられない見通しで、供給過剰(利回り上昇要因)懸念がくすぶっています。
 
一方、FOMCでは6月利上げの示唆が行われる可能性が高く、こちらも米債利回り上昇に繋がりやすそうです。米長期金利の上昇がドル高を後押しする流れは続くと見られ、ドル/円は110円台の回復から110.20円台の200日移動平均線突破を覗う展開も見込めそうです
 
ただ、米債利回りの上昇やドル高に対して米株式市場が拒絶反応を示さないか、「セル・イン・メイ」にも注意しておく必要がありそうですね。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(5/1 火)

WS001869.JPG
 ------------4/30ドル円相場--------------------------

 
ドル堅調地合いが継続。ただ、米10年債利回りが小幅に低下、米国株も失速したため高値更新には至らず。
 
OP109.074 HI109.449 LO109.021 CL109.313
  
-----------4/30主な出来事---------------------------
 
10:00(中国) 4月製造業PMI51.4
前回51.5
予想51.3
 
10:00(中国) 4月非製造業PMI54.8
前回54.6
予想54.5
 
10:00(NZ) 4月ANZ企業景況感-23.4
前回-20.0
--
 
15:00(独)3月小売売上高指数 (前月比)-0.6%
前回-0.7%(-0.2%)
予想+0.8%
 
21:00(独) 4月消費者物価指数・速報 (前年比)+1.6%
前回+1.6%
予想+1.5%
 
21:00(南ア) 3月貿易収支+95億ZAR
前回+4億ZAR(-6億ZAR)
予想+38億ZAR
 
21:30(米) 3月コアPCEデフレーター (前年比)+1.9%
前回+1.6%
予想+1.9%
(米) 3月個人所得 (前月比)+0.3%
前回+0.4%(+0.3%)
予想+0.4%
(米) 3月個人消費支出 (前月比)+0.4%
前回+0.2%
予想+0.4%
 
22:45 (米) 4月シカゴ購買部協会景気指数 57.6 
前回57.4 
予想58.0 
 
23:00 (米) 3月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) +0.4%
前回+3.1%→+2.8%
予想+0.7%  
 
------------4/30株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 -----
豪ASX 5982.732 △29.086
上海総合 -----
英FT  7509.30△7.09
独DAX 12612.11△31.24
NYダウ 24163.15▼148.04
 
日10年債利回り -----
豪10年債利回り 2.769%▼0.054
英10年債利回り 1.418%▼0.026
独10年債利回り 0.559%▼0.012
米2年債利回り  2.4879%△0.0042
米10年債利回り 2.9531%▼0.0037
 
NY原油 68.57 △0.47
NY金 1319.20▼4.20
 
------------5/1きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
特になし 
 
<海外> 
07:45  3月NZ住宅建設許可件数 
13:30  RBA策金利発表
17:30  3月英消費者信用残高
17:30  3月英マネーサプライM4 
17:30  4月英製造業PMI
18:20  ロウRBA総裁、あいさつ 
21:30  2月カナダGDP
23:00  3月米建設支出 
23:00  4月米ISM製造業景気指数 
27:30  ポロズ・カナダ中銀総裁、講演 
29:30  アップル1-3月期決算 
 
 
------------5/1きょうのひとこと---------------------
 
4月のドル円相場は約3円の上昇となりました。5月相場のスタートに注目が集まることになりますが、きょうはメーデーという事で、中国・香港・シンガポール・ドイツ・フランス・ブラジル・メキシコなど多くの国がお休みです。明日にはFOMC声明の発表も控えています。RBA声明や米ISM製造業景況指数などピンポイントで注目いておきたいイベントはありますが、金融市場全体としては静かな5月相場の滑り出しになるのではないかと考えています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

FXってなに? | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



上限なしキャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム