サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年3月 2日バックナンバー

2018年3月 2日バックナンバー

まんがマンスリービュー(2月ドル/円)

0018030201.png 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/2 金)

WS001680.JPG
----------3/1ドル円相場--------------------------
 
米指標強く107.201円まで上昇するも、トランプ保護主義策の発表で106.160円まで急反落。
 
OP106.660 HI107.201 LO106.160 CL106.239
  
-----------3/1主な出来事---------------------------
 
09:30 豪10-12月期民間設備投資 前期比-0.2%
前回+1.0%→+1.9%
予想+1.0%
 
10:45 (中国) 2月財新/製造業PMI 51.6 
前回51.5 
予想51.3 
 
18:30 (英) 2月製造業PMI 55.2
前回55.3 
予想55.0  
 
18:30 (英) 1月消費者信用残高 +14億GBP
前回+15億GBP→+16億GBP
予想+14億GBP  
 
19:00 (ユーロ圏) 1月失業率  8.6%
前回8.7%→8.6%
予想8.6% 
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 21.0万件
前回22.2万件→22.0万件
予想 22.5万件  
 
22:30 (米) 1月個人所得 (前月比) +0.4%
前回+0.4% 
予想+0.3%  
(米) 1月個人消費支出 (前月比) +0.2% 
前回+0.4% 
予想+0.2% 
(米) 1月コアPCEデフレーター (前年比) +1.5% 
前回+1.5% 
予想+1.5% 
 
22:30 (加) 10-12月期経常収支 -163.5億CAD 
前回-193.5億CAD→-185.9億CAD
予想-176.5億CAD 
 
24:00 (米) 2月ISM製造業景況指数 60.8 
前回59.1 
予想58.7 
 
24:00 (米) 1月建設支出 (前月比) 0.0%
前回+0.7%→+0.8%
予想 +0.3%  
 
24:00 パウエルFRB議長
「決定的な賃金上昇を示す強い証拠みられない」
2日00:29「労働市場、インフレ引き起こさずさらに改善可能」「漸進的な利上げは引き続き適切な軌道だと考える」「インフレの対応、出遅れるのは望ましくない」
 
25:45、「欧州中央銀行(ECB)は8日の定例理事会で政策転換はしないものの、緩和バイアスの削除を検討する可能性がある」
 
26:28 トランプ米大統領
「鉄鋼・アルミ輸入に関税を賦課」
 
30:45 (NZ) 1月住宅建設許可 (前月比) +0.2%
前回-9.6%→-9.5% 
 
------------3/1株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21724.47▼343.77
豪ASX  5973.342 ▼42.617
上海総合 3273.755△14.347
英FT 7175.64▼56.27
独DAX 12190.94▼244.91
NYダウ 24608.98▼420.22
 
日10年債利回り 0.0430%▼0.0100
豪10年債利回り 2.752%▼0.056
英10年債利回り 1.467%▼0.034
独10年債利回り0.644%▼0.012
米2年債利回り 2.2117%▼0.0383
米10年債利回り 2.8078%▼0.0527
 
NY原油 60.99 ▼0.65
NY金 1305.20▼12.70
 
------------3/2きょうの注目材料---------------------
<国内>
08:30    1月完全失業率
13:00    黒田東彦日銀総裁の所信聴取
 
<海外>
06:45    NZ1月住宅建設許可件数
16:00    独1月小売売上高指数
16:00    独1月輸入物価指数
17:10    メルシュECB専務理事、講演
18:30    英2月建設業PMI
19:00    ユーロ圏1月生産者物価指数
19:00    カーニーBOE総裁、講演
22:30    カナダ12月GDP
22:30    カナダ10-12月期GDP
24:00    米2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
----  英メイ首相、ブレグジットについて演説
 
------------3/2きょうのひとこと----------------------
 
米新規失業保険申請件数がほぼ50年ぶりの水準まで改善したほか、ISM製造業景況指数が悪化予想に反して改善するなど、米景気の圧倒的な強さを見せ付けられた直後に、トランプ大統領が鉄鋼・アルミの関税賦課を発表。米政権の保護主義姿勢の強さを再確認することになりました。流れは株安・円高。今夜はブレグジットへの懸念が再燃しているイギリスでメイ首相が演説を行い、日曜日にはイタリア総選挙とドイツ第2党・SPDの党員投票(メルケルCDU・CSUとの大連立の是非を問う)が行われます。ポンド円やユーロ円由来の円高圧力にも注意しなければいけない金曜相場という事になります。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。  

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム