サイト内検索:

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(2/8 木) - 外為リアルタイムレビュー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(2/8 木)

WS001608.JPG 

----------2/7ドル円相場--------------------------
 
日米ともに株の買い戻し続かず。ドル高と円高の綱引きで方向感見出せず
 
OP109.557 HI109.713 LO108.919 CL109.271
  
-----------2/7主な出来事---------------------------
 
16:00 (独) 12月鉱工業生産 (前月比) -0.6%
前回+3.4%→+3.1%
予想-0.7%  
 
22:30 (加) 12月建設許可件数 (前月比) +4.8%
前回-7.7%→-7.3%
予想+2.0%  
 
17:51「ドイツ大連立交渉が合意」
 
23:24 ダドリーNY連銀総裁
「株式相場の急変、景気見通しに影響与えず」 
 
25:35 ノボトニー・オーストリア連銀総裁
「米財務省は意図的にドル押し下げを試みている」
 
26:50 米上院指導部、2年間の予算合意発表-政府機関閉鎖を回避へ
 
29:00 (NZ) RBNZ政策金利を 1.75%に維持
・政策は相当な期間緩和的
・多くの不確実性残り、政策は調整必要な可能性
・世界的なインフレからの圧力の兆候
・インフレ率は20年第3四半期に目標の2%に達すると予想(従来は18年第2四半期)
・第1四半期の成長見通し下方修正
・利上げは19年第2四半期を予想
 
29:00 (米) 12月消費者信用残高 +184.47億USD 
前回+279.51億USD→+310.19億USD
予想+200.00億USD 
------------2/7株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 21645.37△35.13
豪ASX 5876.808 △43.468
上海総合 3309.260▼61.392
英FT 7279.42△138.02
独DAX  12590.43△197.77
NYダウ 24893.35▼19.42
 
日10年債利回り 0.0760%▼0.0020
豪10年債利回り 2.843%△0.021
英10年債利回り 1.551%△0.030
独10年債利回り 0.745%△0.052
米2年債利回り 2.1235%△0.0184
米10年債利回り 2.8359%△0.0342
 
NY原油 61.79 ▼1.60
NY金 1314.60▼14.90
 
------------2/8きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    12月経常収支/貿易収支
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
10:30    鈴木日銀審議委員、あいさつ
15:20 黒田日銀総裁、衆院予算委に出席
 
<海外>
07:20    ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
09:00    スペンサーRBNZ総裁代行、議会証言
09:01    1月英RICS住宅価格
未定    1月中国貿易収支
16:00    12月独貿易収支
16:00    12月独経常収支
17:45    バイトマン独連銀総裁、講演
18:00    ロウRBA総裁、講演
18:00    1月ECB月報
18:15    カプラン米ダラス連銀総裁、講演
19:15    ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
19:30    メルシュECB専務理事、講演
19:45    プラートECB専務理事、講演
21:00    BOE政策金利発表
21:00    BOE議事録
21:00    BOE四半期インフレリポート
22:00    ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
22:15    1月カナダ住宅着工件数
22:30    12月カナダ新築住宅価格指数
22:30    米新規失業保険申請件数
23:00    カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
27:00    米30年債入札(160億ドル)
28:00    メキシコ中銀、政策金利発表
------- 南ア大統領施政方針演説
 
------------2/8きょうのひとこと----------------------
 
懸案の主要国株価は落ち着きを取り戻しつつあるようにも見えますが、日米ともに日中の上昇を維持できず、引けにかけて失速するなど反発力を欠いています。当面の株式市場は経過観察が必要と見られ、ドル/円の上値を抑える要因になりそうです。ただ、ダドリーNY連銀総裁が「株価急落は景気先行き観にほとんど影響しない」との認識を示したほか、カプラン・ダラス連銀総裁も「調整は健全だ」と述べており、米連邦準備制度理事会(FRB)が株価に配慮して利上げを休止するとの一部の見方を否定。日米金利差は今後も拡大すると見られ、株価が落ち着けばドル高・円安に作用する公算が大きいと考えています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



お客さま超感謝祭キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム