サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年1月18日バックナンバー

2018年1月18日バックナンバー

南アフリカランド/円、SARB理事会に注意

本日の南ア中銀(SARB)理事会について、市場予想は金利据え置きが優勢です。ただし、昨年11月のインフレ率が前年比+4.6%と7月に並ぶ低い伸びに留まったのを始め、南ア経済の低迷が続いている事や、ランドは対ドル相場では2015年以来の高水準となっている事などから、本日の会合でSARBが利下げに動く可能性があります。仮に利下げとなれば、直後の市場はランド売りで反応する公算が大きいと見ます。ランド/円は1月10日安値(8.866円)やボリンジャーバンド-2シグマ(執筆時8.869円)が位置する8.80円台半ばを明確に下抜けるようならば、昨年11月安値?12月高値の上げ幅38.2%押し(8.681円)に向けた一段安もあるでしょう。

今夜の注目材料は 1/18

 東京市場のドル/円は、前日終盤の上げ基調を引き継いで始まると111.50円目前へと上昇しました。しかし、26年ぶりに24000円台に乗せた日経平均株価が利益確定の売りに押されて反落すると111.10円前後まで弱含む冴えない展開となりました。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/18(木)
17:15☆ バイトマン独連銀総裁、クーレECB理事、講演
20:00   トルコ中銀政策金利発表
21:00   モルガン・スタンレー10-12月期決算
22:30☆ 米12月住宅着工件数
22:30   米12月建設許可件数
22:30   米1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30   米新規失業保険申請件数
未定    南ア中銀(SARB)政策金利発表
25:00   米EIA週間原油在庫統計
26:30☆ ビルロワ仏中銀総裁、記者会見
 
※☆は特に注目の材料
 
昨日の欧米市場でドルが全面的に反発したきっかけのひとつが欧州中銀(ECB)高官によるユーロ高けん制発言でした。本日は米12月住宅着工件数の結果も気になりますが、バイトマン独連銀総裁やクーレECB理事やビルロワ仏中銀総裁の発言にも注意です。そのほか、昨日大幅高を演じた米国株の動きにも注目しておきたいところです。
 

今日のテクニカル見通し:NZドル/円

NZドル/円相場は、今年に入り81円台を回復するも伸び悩み。ただ、その後下押す場面では20日線付近で切り返しており、底堅い印象も受けます。目先的には上下どちらをブレイクするか注目です。そうなる前は上昇局面であったため、どちらかといえば上抜けが期待される形ではありますが、さてどうなるでしょうか。

NZDJPY_180118.JPG
(上記NZドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは1/18の10:41現在)

○上値目処について
81.30円前後に、1/9高値(81.303円)があるほか、ボリンジャーバンド+2シグマ(81.353円)もあります。現在バンド+2シグマはほぼ横ばいとなっており、バンドを押し上げる陽線が出現するようならば、上昇トレンド入りの可能性が高まります。その場合、月足の一目均衡表の雲上限(82.657円)に向けた一段高も考えられます。

○下値目処について
20日線(80.265円)がポイントです。すぐ下に週足の一目均衡表の基準線&月足の一目均衡表の転換線(79.996円)もあります。これらを割ると、200日線(79.517円)やバンド-2シグマ(79.177円)に向けた一段安もあるでしょう。

○上値目処
81.055円(日足の一目均衡表の雲上限)
81.303円(1/9高値)
81.353円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
82.657円(月足の一目均衡表の雲上限)
82.739円(9/21高値)
83.915円(7/27高値)

○下値目処
80.779円(日足の一目均衡表の基準線)
80.666円(6日線)
80.375円(週足の一目均衡表の雲上限)
80.265円(20日線)
79.996円(週足の一目均衡表の基準線、月足の一目均衡表の転換線)
79.882円(日足の一目均衡表の転換線)
79.651円(52週線)
79.614円(日足の一目均衡表の雲下限)
79.575円(26週線)
79.517円(200日線)
79.177円(ボリンジャーバンド-2シグマ)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/18 木)

WS001543.JPG  

 
----------1/17ドル円相場------------------------
 
米株買戻しとECB高官のユーロ高けん制でドルが反発
 
OP110.473 HI111.334 LO110.195 CL111.329
  
-----------1/17主な出来事--------------------------
 
08:50 (日) 11月機械受注 (前月比) +5.7%
前回+5.0% 
予想-1.4%  
 
09:30 (豪) 11月住宅ローン貸出 (前月比) +2.1%
前回-0.6% 
予想0.0%  
 
15:54 コンスタンシオ欧州中央銀行(ECB)副総裁
「フォワードガイダンス変更は差し迫っていない」「ユーロの上昇はファンダメンタルズに即してない」
 
17:59 ノボトニー・オーストリア中銀総裁
「ユーロの水準を監視する必要がある」
 
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) +1.4% 
前回+1.4% 
予想+1.4% 
 
20:00 (南ア) 11月小売売上高 (前年比) +8.2% 
前回+3.2%→+3.5%
予想+3.5% 
 
23:15 (米) 12月鉱工業生産 (前月比) +0.9%
前回+0.2%→-0.1%
予想+0.5% 
 
23:15 (米) 12月設備稼働率 77.9%
前回77.1%→77.2%
予想77.4%  
 
24:00 (加) 加中銀政策金利を1.00%から1.25%へ引き上げ
 
24:00 (米) 1月NAHB住宅市場指数 72
前回74 
予想72  
 
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・昨年11月から年末にかけて経済成長は継続
・ほとんどの地域で、物価は緩慢から緩やかに上昇している
・ほとんどの地域で、労働市場は引き締め傾向
・ほとんどの地域では、賃金上昇は緩やか
 
------------1/17株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23868.34▼83.47
豪ASX 6015.814▼32.824
上海総合 3444.671△8.077
英FT 7725.43▼30.50
独DAX  13183.96▼62.37
NYダウ 26115.65△322.79
 
日10年債利回り 0.0900%△0.0070
豪10年債利回り 2.789%△0.015
英10年債利回り 1.308%△0.005
独10年債利回り0.562%±0.000
米2年債利回り 2.0431%△0.0290
米10年債利回り 2.5904%△0.0534
 
NY原油 63.97 △0.24
NY金 1339.20△2.10
 
------------1/18きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
13:30    11月鉱工業生産確報
 
<海外>
06:30    メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
09:01    12月英RICS住宅価格
09:30    12月豪雇用統計
 
16:00    10-12月期中国GDP
16:00    12月中国小売売上高
16:00    12月中国鉱工業生産
17:15    バイトマン独連銀総裁、クーレECB理事、講演
20:00    トルコ中銀、政策金利発表
21:00    モルガン・スタンレー第4四半期決算
22:30    12月米住宅着工件数
22:30    12月米建設許可件数
22:30    1月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30    米新規失業保険申請件数
未定     南ア中銀(SARB)政策金利発表
25:00    EIA週間在庫統計
26:30     ビルロワ・フランス中銀総裁、記者会見
 
------------1/18きょうのひとこと----------------------
 
ドル円の日足チャート上には、相場の反転シグナルになりうる「下ヒゲ大陽線」が出現しましたが、7日続落のあとだけに半信半疑の念も拭えません。単なる「アヤ戻し」の可能性も排除せずに今日の動きをウォッチしたいところです。200日線や一目転換線が集まる111.70円台がポイントでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム