サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年1月17日バックナンバー

2018年1月17日バックナンバー

今夜の注目材料は?

京市場のドル/円は約4カ月ぶり安値水準である110.20円前後まで下押すも、その後はショートカバーが優勢となって110.90円台まで値を戻しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/17(水)
19:00  11月ユーロ圏建設支出
19:00  12月ユーロ圏消費者物価指数・確報
20:00  11月南アフリカ小売売上高
20:45  サンダース英MPC委員、講演
20:45  バンク・オブ・アメリカ決算
21:30  ゴールドマン・サックス決算
23:15☆12月米鉱工業生産
23:15  12月米設備稼働率
24:00☆カナダ中銀政策金利発表
24:00  1月米NAHB住宅市場指数
28:00  米地区連銀経済報告(ベージュブック)
29:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、カプラン米ダラス連銀総裁、講演
30:00  11月対米証券投資
30:30 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

東京市場では値を戻したとはいえ、昨日に続き111円ちょうどを前に伸び悩んでおり、上値は重めです。110円台を上下どちらにブレイクするか、欧米株価や米長期金利を眺めて方向感を模索する展開が続く見通しです。

なお、本日のカナダ中銀理事会について、市場では0.25%利上げが確実視されています。その際に発表される声明で、今後の政策スタンスに関する文言に注目です。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/17 水)

 WS001540.JPG 

 
----------1/16ドル円相場------------------------
 
買戻し続かず一時4カ月ぶり安値を更新
 
OP111.524 HI110.982 LO110.247 CL110.488
  
-----------1/16主な出来事--------------------------
 
18:30 (英) 12月消費者物価指数 (前年比) +3.0%
前回+3.1% 
予想+3.0%  
 
18:30 (英) 12月小売物価指数 (前年比) +4.1% 
前回+3.9% 
予想+3.9% 
 
18:30 (英) 12月生産者物価指数 (前年比) +3.3%
前回+3.0%→+3.1%
予想+2.9%  
 
22:30 (米) 1月NY連銀製造業景況指数 17.7
前回18.0→19.6
予想19.0 
 
「来週のECB理事会ではフォワードガイダンスの見直しは先送りされ、3月となる見込み」-ECB関係者
 
23:05 ビルロワ仏中銀総裁
「最近のユーロ高は不確実性を生み出す」
 
26:00バイトマン独連銀総裁
「年内の資産買い入れ終了が適切だろう」
 
------------1/16株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23951.81△236.93
豪ASX 6048.638▼28.444
上海総合 3436.594 △26.106
英FT 7755.93▼13.21
独DAX  13246.33△45.82
NYダウ 25792.86▼10.33
 
日10年債利回り 0.0830%△0.0060
豪10年債利回り 2.774%△0.003
英10年債利回り 1.303%▼0.019
独10年債利回り0.562%▼0.025
米2年債利回り 2.0142%△0.0166
米10年債利回り 2.5371%▼0.0091
 
NY原油 63.73 ▼0.57
NY金 1337.10△2.20
 
------------1/17きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    11月機械受注
 
<海外>
09:30    11月豪住宅ローン件数
17:55    ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
19:00    11月ユーロ圏建設支出
19:00    12月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
20:00    11月南アフリカ小売売上高
20:45    サンダース英MPC委員、講演
20:45    バンク・オブ・アメリカ(BOA)第4四半期決算
21:30    ゴールドマン・サックス第4四半期決算
23:15    12月米鉱工業生産指数
23:15    12月米設備稼働率
24:00    カナダ中銀政策金利発表
24:00    1月米NAHB住宅市場指数
28:00    米地区連銀経済報告(ベージュブック)
29:00    エバンズ米シカゴ連銀総裁、カプラン米ダラス連銀総裁、講演
30:00    11月対米証券投資動向
30:30  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
 
------------1/17きょうのひとこと----------------------
 
ドル円はなんとも上値が重い展開です。ドル売り・円買いの根拠は薄い気がしてなりませんが、流れに逆らうべき材料も見当たらないといったところかもしれません。仮想通貨の暴落はともかく、史上最高値更新後に急反落して大陰線で引けたNYダウの動きは気になるところです。そうした中では、すぐに流れが変わる事は考えにくく、ドル円はもうしばらく上値が重い展開を強いられそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム