サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年1月16日バックナンバー

2018年1月16日バックナンバー

ユーロ/円、高値更新なるか注目

ユーロ/円は今月10-11日にかけて133円台前半まで下押すも、75日移動平均線付近で下げ渋り。11日に公表された欧州中銀(ECB)理事会議事録で早期の緩和縮小観測が浮上した事などを背景に、ユーロ買いが活発化すると、本日の東京市場で136.10円付近まで上昇して、5日高値(136.635円)に迫りました。

一連の動きにより調整が一巡したとの見方が強まる中、目先は前述の5日高値が焦点となるでしょう。5日高値を突破すると、2015年10月以来となる高値水準に到達することとなり、上値模索の機運が一段と高まる公算です。上値目処として、昨年後半のレンジ(10月高値134.498円?11月安値131.176円)幅の倍返しにあたる137.820円が挙げられます。
 

今夜から明朝の注目材料は?1/16

 東京市場のドル/円は、本邦輸入企業のドル買い観測などを支えに110.50円割れで下げ渋ると、買戻しに弾みが付き111円台目前まで反発しました。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/16(火)
18:30☆ 英12月消費者物価指数
18:30   英12月小売物価指数
18:30   英12月生産者物価指数
20:00   リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:00   シティ・グループ第4四半期決算
22:30☆ 米1月NY連銀製造業景況指数
 
1/17(水)
08:50  日本11月機械受注 
09:30  豪11月住宅ローン件数
 
※☆は特に注目の材料
 
東京市場のドル買いの流れが本物かどうか(一時的なものか)を確認する上でも米1月NY連銀製造業景況指数の結果が注目されるところです。市場予想は19.0となっており、前回(18.0)から上昇する見込みです。そのほか、休場明けの米国株や米国債の動きにも注目しましょう。

今日のテクニカル見通し:ポンド/ドル

ポンド/ドル相場は、前週末に昨年高値(9月20日に付けた1.36490ドル)を突破すると、昨日1.38ドル台まで一段高となりました。週足を見ると、チャート上の窓を埋めた事や、一目均衡表で三役好転が点灯している事などから、上昇トレンドが再開した可能性が高そうです。

 
直近高値は2016年6月に付けた同年高値(1.50160ドル)であり、それまでは主だった目処が見当りません。目先は、2014年-2016年の下げに対する戻しと、2016年高安に対する戻しの、両面を意識しつつ相場を追いかける事となりそうです。


GBPUSD_W180116.JPG
(上記ポンド/ドル・週足の外貨ネクストネオのチャートは1/16の11:12現在)


GBPUSD_180116.JPG
(上記ポンド/ドル・日足の外貨ネクストネオのチャートは1/16の11:12現在)

○上値目処について
現状の上昇について、冒頭で触れた下げ幅に対する戻り局面と考えますと、
1.38556ドル(16年6月高値1.50150ドル-10月安値1.19799ドルの下げ幅61.8%戻し)
1.39703ドル(14年高値1.71903ドル-16年10月安値1.19799ドルの下げ幅38.2%戻し)
が機能するか、引き続き注目です

なお、1.40ドルの大台に乗せると、16年6月高値(1.50150ドル)まで主だった目処は見当りません。心理的節目の1.45ドルちょうどなどが機能するか注目です。仮に20日線(1.35144ドル)を割ったとしても、26週線(1.32774ドル)がサポートになると見ます。

○上値目処
1.38196ドル(1/15高値)
1.38355ドル(16年2月安値)
1.38556ドル(16年6月高値1.50150ドル-10月安値1.19799ドルの下げ幅61.8%戻し)
1.39703ドル(14年高値1.71903ドル-16年10月安値1.19799ドルの下げ幅38.2%戻し)

○下値目処
1.37872ドル(ボリンジャーバンド+2シグマ)
1.36504ドル(6日線)
1.36490ドル(9/20高値)
1.36384ドル(日足の一目均衡表の転換線)
1.36098ドル(月足の一目均衡表の基準線)
1.35610ドル(日足の一目均衡表の基準線)
1.35491ドル(12/1高値)
1.35144ドル(20日線)
1.35026ドル(週足の一目均衡表の転換線)
1.33927ドル(13週線)
1.33691ドル(日足の一目均衡表の雲上限)
1.33242ドル(75日線)
1.32880ドル(日足の一目均衡表の雲下限)
1.32773ドル(26週線)
1.32677ドル(8/3安値)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/16 火)

WS001537.JPG  

 
----------1/15ドル円相場------------------------
 
米祝日でもドル安止まらず4カ月ぶり安値
 
OP111.072 HI111.183 LO110.328 CL110.513
  
-----------1/15主な出来事--------------------------
 
09:24 黒田日銀総裁
「物価は2%に向けて上昇率を高めていく」「2%の物価実現を目指して必要な時まで緩和を継続する」
 
19:00 (ユーロ圏) 11月貿易収支(季調前) +263億EUR 
前回+189億EUR 
 
25:17 ハンソン・エストニア中銀総裁
「経済とインフレが現在のように進展すれば、量的緩和(QE)は9月以降に終了する可能性がある」
 
27:16 テンレイロ英MPC委員
「今後3年で2回の利上げが必要になるだろう」
 
------------1/15株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23714.88△61.06
豪ASX 6077.082 △7.029
上海総合 3410.488 ▼18.453
英FT 7769.14▼9.50
独DAX  13200.51▼44.52
NYダウ -----
 
日10年債利回り 0.0770%▼0.0010
豪10年債利回り 2.771%△0.018
英10年債利回り 1.323%▼0.016
独10年債利回り0.587%△0.007
米2年債利回り -----
米10年債利回り -----
 
NY原油 -----
NY金 -----
 
------------1/16きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
なし
 
<海外>
16:00    独12月卸売物価指数
16:00    独12月消費者物価指数・改定値
18:30    英12月消費者物価指数
18:30    英12月小売物価指数
18:30    英12月生産者物価指数
20:00    リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:00    シティ・グループ第4四半期決算
22:30    米1月NY連銀製造業景気指数
 
------------1/16きょうのひとこと----------------------
 
ドル円は、祝日のNY市場で4カ月ぶりの安値に沈みましたが、20日移動平均との下方乖離が1.8%に達した点(2%超の乖離は稀)や、RSI(短期=9日)が20%台前半に低下した点(中期=14日でも20%台後半)からは、「売られ過ぎ」のシグナルが読み取れました。そんな見方も影響してか今朝は反発していますが、あとはどこまで戻せるかに注目です。中長期トレンドの要、200日移動平均線(111.70円前後)はまだ遠いイメージですね。
 
本日もよろしくお願いいたします。 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム