サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年1月15日バックナンバー

2018年1月15日バックナンバー

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、対ユーロを中心にドル売りが強まった影響などから昨年9月以来となる110.50円台まで下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/15(月)
19:00  11月ユーロ圏貿易収支
27:15  テンレイロ英MPC委員、講演
※☆は特に注目の材料

本日米国はキング牧師誕生日のため祝日であり、株式・債券市場が休場です。また、欧州でも目玉となりそうな経済イベントが見当たりません。ドル/円は引き続き、ユーロやポンドの動きを眺めて方向感を模索する事となりそうです。
 

今日のテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は、112円ちょうど前後を割り込んだあたりから下げが加速し、本日は110.60円台まで続落しています。

中長期的には、(1)概ね107-114円のレンジ、(2)2015年高値を基点とする三角もち合い、の2つがあります。三角もち合い下限(109.80円前後)を割るようならば下落局面入りの可能性が高まると共に、目先はレンジ下限と目される107円台前半割れがいやおうなく意識されると見ます。

USDJPY_180115.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは1/15の11:17現在)


○下値目処について
9/8安値107.318円-1/6高値114.732円の上げ幅61.8%押し(110.150円)を割ると、三角もち合い下限(109.80円前後)が試されると見ます。すぐ上に週足の一目均衡表の雲下限(109.927円)もわり、下押しが弱いと反発の可能性があるものの、明確に割り込むようならば、昨年春以降のレンジ下限(9/8安値107.318円)が次の目処となりそうです。

○上値目処について
現状はボリンジャーバンド-2シグマ(110.934円)より下で推移しており、下げが級との印象があります。同線を回復して終わるようならば、下げが一服する事も考えられます。もっとも、6日線(111.696円)や20日線(112.577円)が下向となる中、いずれも上値抵抗となる事が予想されます。したがって、三角もち合い上限113.10円台)は近くて遠い水準にあるように見えます。


○下値目処
110.623円(現時点での、1/15安値)
110.150円(9/8安値107.318円-1/6高値114.732円の上げ幅61.8%押し)
109.927円(週足の一目均衡表の雲下限)
109.80円前後(三角もち合い下限
107.318円(9/8安値)

○上値目処
110.934円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
111.025円(月足の一目均衡表の転換線、週足の一目均衡表の基準線)
111.068円(11/23安値)
111.233円(月足の一目均衡表の基準線)
111.523円(日足の一目均衡表の雲下限)
111.696円(6日線)
111.704円(200日線)
111.714円(26週線)
111.729円(週足の一目均衡表の雲上限)
111.858円(52週線)
112.017円(日足の一目均衡表の転換線)
112.197円(週足の一目均衡表の転換線、日足の一目均衡表の基準線)
112.577円(20日線)
112.624円(13週線)
112.781円(75日線)
112.787円(日足の一目均衡表の雲上限)
112.956円(10/31安値)
113.10円台(三角もち合い上限

12日のドル円相場ときょうのひとこと(1/15 月)

WS001534.JPG  

 
----------1/12ドル円相場------------------------
 
米コアCPI上ブレでもドル安止まらず
 
OP111.256 HI111.693 LO110.914 CL111.044
  
-----------1/12主な出来事--------------------------

08:50 (日) 11月国際収支-経常収支 +1兆3473億円 
前回+2兆1764億円 
予想+1兆8361億円 
 
08:50 (日) 11月国際収支-貿易収支  +1810億円 
前回+4302億円 
予想+3106億円
 
12:03 (中国) 12月貿易収支 +546.9億USD 
前回+402.1億USD→+389.8億USD
予想+370.0億USD 

17:30 メルケル独首相と社会民主党(SPD)、連立に向けた予備協議で暫定合意
 
22:30 (米) 12月消費者物価指数 (前月比) +0.1% 
前回+0.4%
予想 +0.1% 
(米) 12月消費者物価指数 (前年比) +2.1%
前回+2.2% 
予想+2.1%  
(米) 12月消費者物価指数 (コア:前年比) +1.8% 
前回+1.7% 
予想+1.7% 
 
22:30 (米) 12月小売売上高 (前月比) +0.4%
前回+0.8%→+0.9%
予想+0.5%  
 
(米) 12月小売売上高 (前月比:除自動車) +0.4%
前回+1.0%→+1.3%
予想+0.3%  
 
24:00 (米) 11月企業在庫 (前月比) +0.4%
前回-0.1%
予想 +0.4%  
 
 
「オランダとスペイン財務省は、英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)交渉において、英国とEUとの関係を極力近づける努力をする点で協力すると合意した」
 
------------1/12株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23653.82▼56.61
豪ASX 6070.053 △2.431
上海総合 3428.941 △3.596
英FT 7778.64△15.70
独DAX  13245.03△42.13
NYダウ 25803.19△228.46
 
日10年債利回り 0.0780%△0.0060
豪10年債利回り 2.753%△0.019
英10年債利回り 1.339%△0.030
独10年債利回り 0.581%±0.000
米2年債利回り 1.9976%△0.0190
米10年債利回り 2.5462%△0.0094
 
NY原油 64.30 △0.50
NY金 1334.90△12.40
 
------------1/15きょうの注目材料---------------------
<国内>
09:30頃    黒田日銀総裁、あいさつ
10:10  日銀国債買入れオペ
14:00    日銀地域経済報告(さくらレポート)
 
<海外>米国(キング牧師誕生日)、休場
09:01    1月ライトムーブ英住宅価格
19:00    11月ユーロ圏貿易収支
27:15    テンレイロ英MPC委員、講演
 
------------1/15きょうのひとこと----------------------
 
黒田日銀総裁は、今朝の日銀支店長会議の挨拶で「2%の物価実現を目指して必要な時まで緩和を継続」と改めて発言。また、日銀は国債買い入れオペの金額を据え置き(減額せず)ましたが、円買いの勢いは弱まりません。きょうは米国が祝日のため、流れを反転させる(ドル反発の)きっかけも見出しにくいのでしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム