サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2018年1月11日バックナンバー

2018年1月11日バックナンバー

ユーロ/円、調整一巡なるか

ユーロ/円は今月5日に2015年10月以来の高値となる136.60円台まで上昇。その後3日連続で陰線引けとなって3円半近く下押したものの、日足の一目均衡表の雲(本日は132.837円?132.914円)や、昨年11月20日と12月15日の安値を結ぶサポートライン(同、132.80円台)が機能し、これらを前に下げ渋っています。本日の東京市場で133円台後半へと切り返しており、前述の一目均衡表の基準線(執筆時134.344円)を目処に反発する体勢に入った可能性があります。基準線を明確に突破できれば、5日高値に向けた一段高もあるでしょう。

今夜の注目材料は 1/11

 東京市場のドル/円は、中国が米国債投資に消極姿勢とする前日の報道を政府筋が否定した事を受けてドルに買戻しが入り、111.80円台まで反発しました。ただ、日本株が弱含む中で上値は伸びず112円台の回復には至りませんでした。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/11(木)
19:00   ユーロ圏11月鉱工業生産
21:30☆ ECB理事会議事要旨
22:30   カナダ11月新築住宅価格指数
22:30☆ 米12月生産者物価指数
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
27:00   米30年債入札(120億ドル)
28:00   米12月月次財政収支
29:30☆ 米ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演
30:45  NZ11月住宅建設許可
 
1/12(金)
08:50  日本11月国際収支(経常収支・貿易収支)
 
※☆は特に注目の材料
 
まずは、中国絡みの報道に対する欧米勢の反応が注目されます。改めてドル買い材料となれば112円台の回復が視野に入りそうです。その他、今夜は米12月生産者物価指数が発表されます。明日の消費者物価指数のほうが市場の関心は高そうですが、米国の懸案事項のひとつが低インフレですから本日の結果にも要注目です。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/11 木)

WS001525.JPG  

 
----------1/10ドル円相場------------------------
 
日銀の出口観測に中国の米債投資停止観測で円高・ドル安加速
 
OP112.632 HI112.783 LO111.270 CL111.483
  
-----------1/10主な出来事--------------------------
 
10:30 (中国) 12月消費者物価指数 (前年比) +1.8%
前回+1.7% 
予想+1.9%  
10:30 (中国) 12月生産者物価指数 (前年比) +4.9%
前回+5.8% 
予想+4.8%  
 
18:30 (英) 11月鉱工業生産 (前月比) +0.4%
前回0.0%→+0.2%
予想+0.4%  
 
18:30 (英) 11月製造業生産 (前月比) +0.4%
前回+0.1%→+0.3%
予想+0.3%  
 
18:30 (英) 11月貿易収支 -122.31億GBP
前回-107.81億GBP→-116.77億GBP
予想-109.50億GBP  
 
19:30 中国の外貨準備を見直す当局者らが米国債の購入を減らすか停止することを勧告
 
22:30 (加) 11月建設許可件数 (前月比)-7.7%
前回 +3.5%→+4.4%
予想-1.0%  
 
22:30 (米) 12月輸入物価指数 (前月比) +0.1%
前回+0.7%→+0.8%
予想+0.4%  
 
28:30 トランプ大統領はまもなくNAFTA離脱を公表するだろう
 
------------1/11株式・債券・商品----------------------
 
日経平均 23788.2▼61.79
豪ASX 6096.678 ▼39.129
上海総合 3421.834 △7.935
英FT 7748.51△17.49
独DAX  13281.34▼104.25
NYダウ 25369.13▼16.67
 
日10年債利回り 0.0860%△0.0150
豪10年債利回り 2.719%△0.046
英10年債利回り 1.286%△0.004
独10年債利回り 0.543%△0.077
米2年債利回り  1.9724%△0.0042
米10年債利回り 2.5568%△0.0037
 
NY原油 63.57 △0.61
NY金  1319.30△5.60
  
------------1/11きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    12月外貨準備高
10:10    日銀国債買いオペ(1-3年、3-5年、5-10年)
 
<海外>
09:30    豪11月小売売上高
19:00    ユーロ圏11月鉱工業生産
21:30    ECB理事会議事要旨
22:30    カナダ11月新築住宅価格指数
22:30    米12月卸売物価指数
22:30    米新規失業保険申請件数
27:00    米30年債入札(120億ドル)
28:00    米12月月次財政収支
29:30    ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
 
 
------------1/10きょうのひとこと----------------------
 
日銀が9日の国債買い入れオペを減額した事が円高材料となっていますが、(やや上向いたとはいえ)インフレ率が日銀目標を大きく下回る中で、デフレ圧力となりうる円高政策に敢えて踏み込む可能性は極めて低いと思います。また、中国が米債投資を停止するかもしれないとする理由のひとつに貿易摩擦を挙げており、政治的な「けん制」を狙った発言のように思われます。実際に、発言の後に行われた米債入札(10年)には旺盛な需要が見られ、市場が中国の動きを強く警戒している様子は感じられません。ドル円は200日移動平均線を割れた事で短期的には見方を弱気化せざるを得ませんが、材料を吟味すると弱気相場は長続きしそうにありません。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム