サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年12月28日バックナンバー

2017年12月28日バックナンバー

ユーロ/円、レンジ上抜けで上昇トレンド再開か

ユーロ/円相場は9月以降、概ね131円台後半を底、134円台半ばを天井とするレンジを形成してきましたが、今月に入りレンジを上抜けると、27日に135円目前まで上値を伸ばしました。レンジ形成前が上昇トレンドである事から、これにより上昇トレンドが再開した可能性が高いと見たほうが良さそうです。

こうした中で27日に上値を阻んだ135円台に乗せられるようならば、教科書的には、レンジ幅(約3.3円)の倍返しにあたる137.80円台を目標値として一段高となる事も考えられます。

今夜の注目材料は 12/28

 東京市場のドル/円は20日以来の113円台割れとなり、一時112.70円台まで下落しました。米メディアが「北朝鮮がミサイル発射準備の兆候」と伝えた事が株安と円高を誘発した模様です。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
12/28(木)
18:00   ECB月報
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
23:45   米12月シカゴ購買部協会景気指数
25:00   EIA週間原油在庫統計
27:00   米7年債入札(280億ドル)
※☆は特に注目の材料
 
今夜も決め手になりそうな材料は見当たりません。北朝鮮のミサイルネタについても、日本以外のアジア株が全面高になっているところを見ると、市場が特に問題視している訳でもないようです。だとすると、ドル/円には多少の戻りを期待してもよさそうですが、大口オプションの影響などから113.00円を挟んだ動きになりやすいのかもしれません。

今日のテクニカル見通し:ポンド/円

ポンド/円相場は、日足の三角もち合いを上抜けた事で上昇トレンドが再開。週足は上昇チャネルに沿った動きとなっています。

こうした中、長期トレンドでも上昇局面入りとなるかは、月足の一目均衡表の雲下限や基準線が位置する155-6円レベルを超えてゆけるかが焦点となるでしょう。

GBPJPY_M171228.JPG
(上記ポンド/円・月足の外貨ネクストネオのチャートは12/28の10:38現在)

GBPJPY_W171228.JPG
(上記ポンド/円・週足の外貨ネクストネオのチャートは12/28の10:36現在)

GBPJPY_171228.JPG
(上記ポンド/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは12/28の10:35現在)

○上値目処について
ボリンジャーバンドの上下の幅が狭くなっており、バンド+2シグマ(152.429円)を押し上げる陽線が出現するようならば、上昇トレンド再開の可能性が高まります。その際は、週足のチャネル上限(154.80円前後)に向けた一段高もあるでしょう。

月足の視点では、冒頭で触れた155-6円台が焦点です。このあたりを突破できれば上値余地が拡大する公算ではありますが、雲上限は180円付近とかなり上であり、突破のハードルは高そうです。当面は15-16年の下げ幅に対する戻りを確かめる展開が見込まれます。その50%戻し(159.352円)が近い160円ちょうどに注目です。

○下値目処について
ボリンジャーバンドの上下の幅が狭くなっているということは、もし-2シグマ(150.201円)を押し下げる陰線が週t減するようならば、下押し局面に移行する事も考えられます。その場合は以前の三角もち合い下限146.90円台)割れを再び試す事も考えられます。


○上値目処
152.429円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
152.857円(9/21高値)
153.417円(12/8高値)
155.817円(月足の一目均衡表の基準線)
156.341円(月足の一目均衡表の雲下限)
159.352円(15年6月高値195.883-16年10月安値122.821円の下げ幅1/2戻し)

○下値目処
151.587円(5日線)
151.315円(20日線)
150.863円(日足の一目均衡表の転換線)
150.80円前後(以前の三角もち合い上限
150.201円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
150.190円(週足の一目均衡表の転換線、日足の一目均衡表の基準線)
150.005円(75日線)
149.396円(12/15安値)
149.215円(日足の一目均衡表の雲上限)
148.794円(13週線)
148.986円(日足の一目均衡表の雲下限)
146.964円(11/28安値)
146.90円台(以前の三角もち合い下限

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/28 木)

------------12/27ドル円相場概況-----------------------
WS001499.JPG
一際動きが鈍いドル円
 
OP-113.184 HI-113.375 LO-113.149 CL-113.327
 
-----------12/27主な出来事----------------------------
 
24:00 (米) 12月消費者信頼感指数 122.1
前回129.5→128.6
予想128.0  
 
24:00 (米) 11月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) +0.2%
前回+3.5% 
予想-0.4%  
 
------------12/27株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22911.21 △18.52
上海総合 3275.783 ▼30.342
英FT 7620.68△28.02  
独DAX 13070.02▼2.77      
NYダウ 24774.30△28.09
       
日10年債利回り 0.0560%△0.0070
英10年債利回り 1.172%▼0.069
独10年債利回り 0.385%▼0.036           
米2年債利回り 1.8930%▼0.0061
米10年債利回り 2.4107%▼0.0650
 
NY原油  59.64 ▼0.33             
NY金 1291.40△3.90
 
------------12/28きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    日銀金融政策決定会合における主な意見(12月20-21日分)
08:50    11月鉱工業生産速報
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
 
<海外>
18:00    12月ECB月報
22:30    米新規失業保険申請件数
23:45    米12月シカゴ購買部協会景気指数
25:00    EIA週間原油在庫統計
27:00    米7年債入札(280億ドル)
 
------------12/28きょうのひとこと---------------------
 
欧米勢がクリスマス休暇から復帰したはずの昨日のドル円は、20銭ちょっとという狭い値幅で膠着状態となりました。年末調整モードとはいっても他の通貨ペア(ユーロ円は2年2カ月ぶり高値)に比べると値動きの悪さが際立っています。113.00円と113.50円の大口オプションに挟まれて身動きが取れないとの見方もありますが、残り少なくなったプレーヤーらが値動きの悪いドル円に見切りを付けたため、さらに値動きが細るという悪循環のようにも見えてしまいます。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム