サイト内検索:

今日のテクニカル見通し:南アフリカランド/円 - 外為リアルタイムレビュー

今日のテクニカル見通し:南アフリカランド/円

ランド/円相場は、10月に三角もち合いを下抜けた事で下落トレンド入りの可能性が高まりましたが、週足の一目均衡表の雲下限手前で下げ渋り。その後、三角もち合いの上限のみならず、雲上限も突破すると、18日おに8.956円まで続伸して3月に付けた今年高値(8.963円)に接近しました。

ZARJPY_M171219.jpg
(出典:ブルームバーグ)

ここから先ですが、9円の心理的節目が3月上値トライ時より重要になってきます。来月から雲の下限が9.0円台に下落してくる事が挙げられます。もし上抜く事が出来れば、2006年4月高値を基点とする下落トレンドが終了する可能性が高まります。その場合、下げ幅の38.2%戻し(11.380円)や50%水準(12.977円)に向けた一段高もあり得ます。

ZARJPY_W171219.JPG
(上記ランド/円週足の外貨ネクストネオのチャートは12/19の11:08現在)

○上値目処について
8.90円台は過去の安値(14年2月安値8.944円)と直近高値(3/21高値8.963円)があり、攻防の分岐点となっています。ちょうど9円の大台目前という事もあり、このあたりが上値抵抗ゾーンとなっている様子です。もしと派できれば、冒頭で触れた月足の一目均衡表の雲上抜けへの挑戦権獲得となりそうです。

○下値目処について
現状はボリンジャーバンド+2シグマ(8.762円)より上で推移しており、上昇の過熱感が窺われます。こうした中、6日線(8.531円)を割り込んで線の向きが下向に変わる、もしくは価格がバンド上限に届かなくなるところがあれば、上昇相場はいったん終わる可能性があります。その場合、以前の三角もち合い上限8.40円前後)や200日線(8.370円)などが8.40円前後に位置しており、これらの水準が下値指示となるか注目です。下抜けた場合は日足の一目均衡表の雲(8.040円-8.162円)に向けた一段安もあるでしょう。

○上値目処
8.944円(14年2月安値)
8.963円(3/21高値)
9.050円(14年11月高値10.804円-16年1月安値6.213円の下げ幅61.8%戻し)
9.162円(15年9月高値)
9.332円(月足の一目均衡表の雲上限)

○下値目処
8.762円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
8.587円(日足の一目均衡表の転換線)
8.531円(6日線)
8.423円(週足の一目均衡表の雲上限)
8.420円(52週線)
8.40円前後(三角もち合い上限
8.383円(日足の一目均衡表の基準線)
8.370円(200日線)
8.366円(週足の一目均衡表の転換線、基準線)
8.329円(26週線)
8.287円(20日線)
8.229円(13週線)
8.238円(75日線)
8.162円(日足の一目均衡表の雲上限)
8.10円台(三角もち合い下限
8.040円(日足の一目均衡表の雲下限)

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム