サイト内検索:

今日のテクニカル見通し:ポンド/ドル - 外為リアルタイムレビュー

今日のテクニカル見通し:ポンド/ドル

ポンド/ドル相場は、先月30日に1.35ドル台半ばまで上昇するも、9月高値(136ドル台半ば)に届かず伸び悩み。現状は6日線の下に沈んでいることや、同線の傾きが下向となっている事などから、上値模索の動きは一服したと考えられます。

もっとも、今年春以降は26週線がサポートとして機能している他、週足の一目均衡表で三役好転の点というが目前となっている事もあり、上昇基調は継続していると考えられます。したがって、下げが一巡したところでは反発狙いの買いに妙味がありそうです。

GBPUSD_171207.JPG
(上記ポンド/ドル・日足の外貨ネクストネオのチャートは12/7の11:09現在)

○上値目処について
6日線(1.34498ドル)を回復すると、ボリンジャーバンド+2シグマ(1.35517ドル)や12/1高値(1.35491ドル)が位置する1.35ドル台半ばが次のポイントです。この辺りを超えられれば、9/20高値(1.36490ドル)リトライが見えてくるでしょう。

なお、冒頭で触れた週足の一目均衡表について、来週以降は雲の上限が1.27ドル台に急低下します。しばらく1.30ドルより下で推移していますので、よほどのことがない限り三役好転が点灯しそうです。そうした流れの中で9/20高値(1.36490ドル)を超えられるかが、今後の相場を読む上で最大の注目点となるでしょう。

○下値目処について
まずは13週線(1.32934ドル)が位置する1.32ドル台後半に注目です。近くに週足の一目均衡表の転換線や日足の一目均衡表の基準線(共に1.32943ドル)もあり、下押しが浅いと反発が予想されます。割り込んだ場合でも、上昇基調に変化がなければ、26週線(1.31309ドル)が引き続きサポートになると見ます。


○上値目処
1.33851ドル(日足の一目均衡表の転換線)
1.34498ドル(6日線)
1.34974ドル(週足の一目均衡表の雲下限)
1.35491ドル(12/1高値)
1.35517ドル(ボリンジャーバンド+2シグマ)
1.36490ドル(9/20高値)
1.37383ドル(月足の一目均衡表の基準線)
1.38355ドル(16年2月安値)
1.38556ドル(16年6月高値1.50150ドル-10月安値1.19799ドルの下げ幅61.8%戻し)

○下値目処
1.33123ドル(20日線)
1.32943ドル(週足の一目均衡表の転換線、日足の一目均衡表の基準線)
1.32934ドル(13週線)
1.32677ドル(8/3安値)
1.32375ドル(75日線)
1.32118ドル(日足の一目均衡表の雲上限)
1.32115ドル(日足の一目均衡表の雲下限)
1.32096ドル(14年7月高値1.71903ドル-16年10月安値1.19799ドルの下げ幅23.6%戻し)
1.31393ドル(16年6月高値1.50150ドル-10月安値1.19799ドルの下げ幅38.2%戻し)
1.31309ドル(26週線)
1.31246ドル(7/18高値)
1.31190ドル(週足の一目均衡表の基準線)

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム