サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年12月 8日バックナンバー

2017年12月 8日バックナンバー

今夜から週末の注目材料は?

東京市場のドル/円は、日経平均が堅調に推移する中で113.40円台まで上昇しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/8(金)
18:30  10月英鉱工業生産
18:30  10月英貿易収支
22:15  11月カナダ住宅着工件数
22:30  7-9月期カナダ設備稼働率
22:30☆11月米雇用統計
24:00  10月米卸売売上高
24:00  12月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報

12/9(土)
10:30  11月中国消費者物価指数
10:30  11月中国生産者物価指数
※☆は特に注目の材料

米国で11月雇用統計が発表されます。市場予想は失業率が4.1%、非農業部門雇用者数は19.5万人増。注目の平均賃金は前月比+0.3%、前年比+2.7%となっています。賃金の伸びが確認されれば、利上げ期待が一段と高まってドル/円の上昇を後押しする可能性が高そうです。
 

今日これからのテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は、日足の一目均衡表の転換線をサポートとして反発。目先は雲の上限を突破できるか注目です。

USDJPY_171208.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは12/8の14:20現在)


○上値目処について
冒頭で触れた日足の一目均衡表の雲上限(113.376円)を突破すると、調整一巡との見方から反発局面入りとなる可能性が高まります。ボリンジャーバンド+2シグマ(113.887円)を押し上げる陽線が出現するようならば、今年春以降のレンジ上限である114円台半ば-後半突破が次のテーマとなるでしょう。

○下値目処について
日足の一目均衡表の基準線(112.787円)や転換線(112.159円)を割るようならば、先月に続いて雲下限(110.883円)割れを試す事となりそうです。なお、すぐ下には110円ちょうどの心理的節目や、9/8安値107.318円-1/6高値114.732円の上げ幅61.8%押し(110.150円)もあり、こちらも注目です。

○上値目処
113.376円(日足の一目均衡表の雲上限)
113.887円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
114.732円(11/6高値)
115.503円(3/10高値)
115.977円(16年1月安値)
116.094円(月足の一目均衡表の雲上限)

○下値目処
112.956円(10/31安値)
112.787円(週足の一目均衡表の転換線、日足の一目均衡表の基準線)
112.647円(6日線)
112.598円(13週線)
112.352円(20日線)
112.334円(52週線)
112.308円(週足の一目均衡表の雲上限)
112.159円(日足の一目均衡表の転換線)
112.109円(75日線)
111.668円(200日線)
111.657円(26週線)
111.274円(月足の一目均衡表の基準線)
111.068円(11/23安値)
111.025円(月足の一目均衡表の転換線、週足の一目均衡表の基準線)
110.883円(日足の一目均衡表の雲下限)
110.817円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
110.150円(9/8安値107.318円-1/6高値114.732円の上げ幅61.8%押し)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/8 金)

------------12/7ドル円相場概況-----------------------
WS001421.JPG
 
米長期金利上昇でドル反発
 
OP-112.252 HI-113.155 LO-112.220 CL-113.087
 
-----------12/7主な出来事----------------------------
 
09:30 (豪) 10月貿易収支  +1.05億AUD 
前回+17.45億AUD→+16.04億AUD
予想+14.00億AUD
 
15:45 (スイス) 11月失業率 3.1%
前回3.0% 
予想3.1%  
 
16:00 (独) 10月鉱工業生産 (前月比) -1.4%
前回-1.6%→-0.9%
予想 +0.9%  
 
21:30 (米) 11月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) +30.1%
前回-3.0% 
  
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.6万件 
前回23.8万件 
予想24.0万件 
 
22:30 (加) 10月建設許可件数 (前月比) +3.5%
前回+3.8%→+4.9%
予想+1.0%  
 
23:00 (メキシコ) 11月消費者物価指数 (前月比) +1.03% 
前回+0.63% 
予想+1.01% 
 
24:00 (加) 11月Ivey購買部景況指数 63.0
前回63.8 
予想62.5 
 
 
26:50「社会民主党(SPD)、党大会でメルケル首相率いる与党との連立協議支持を可決」
 
27:00 「交渉が急速に進展し、数時間のうちに英国とアイルランドが国境問題で合意する可能性」
 
28:03 「トランプ大統領、来年1月に予定される一般教書演説の前に、インフラ投資計画を発表する用意がある」
 
------------12/7株式・債券・商品---------------------
 
 WS001422.JPG
 
------------12/8きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    10月国際収支速報/経常収支・貿易収支
08:50    7-9月期GDP・2次速報
 
<海外>
06:45    7-9月期NZ製造業売上高
09:30    10月豪住宅ローン件数
未定    11月中国貿易収支
15:50  トゥスクEU大統領、Brexitについて記者発表
16:00    10月独貿易収支
16:00    10月独経常収支
16:45    10月仏財政収支
16:45    10月仏鉱工業生産指数
18:30    10月英鉱工業生産指数
18:30    10月英貿易収支
22:15    11月カナダ住宅着工件数
22:30    7-9月期カナダ設備稼働率
22:30    11月米雇用統計
24:00    10月米卸売在庫
24:00    12月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
 
 
------------12/8きょうのひとこと---------------------
 
米国で、税制改革法案の年内成立期待に続いてインフラ投資拡大への期待も浮上しています。これらはいずれも、景気刺激と財政悪化の両面から長期金利の上昇要因となる訳ですが、米10年債利回りはまだ2.4%手前で10月に付けた直近最高(2.475%)には届いていません。きょうの米11月雇用統計の平均時給が、長期金利とドルの上昇を後押しできるか、注目が集まりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム