サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年11月14日バックナンバー

2017年11月14日バックナンバー

ポンド/円、20日線割れで下押し余地

ポンド/円相場は、10月末から11月始めにかけて日足のボリンジャーバンド+2シグマ突破を試すも伸び悩み。その後、20日移動平均線を割り込むと13日に一時148.00円台まで下落してボリンジャーバンド-2シグマに迫っており、目先的には下落方向が意識されやすくなっています。

GBPJPY_171114.JPG
(上記ポンド/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは11/14の16:28現在)

こうした中、目先は前述のボリンジャーバンド-2シグマ(148.084円)が焦点となるでしょう。仮にバンド下限を押し下げる陰線が出現するようならば、下落トレンドに入る可能性が高まりそうです。その場合は75日線(同、146.675円)や200日線(143.916円)短期の下値目処となるでしょう。

今夜から明朝の注目材料は?11/14

東京市場のドル/円は113円台後半で小幅な値動きにとどまりました。注目の日経平均株価は、やや不安定な動きを見せてほぼ横ばいで引けましたが、為替相場にはあまり響きませんでした。欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。
 
11/14(火)
17:05  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
17:15  スイス10月生産者輸入価格
18:00  ラウテンシュレーガーECB理事、講演
18:30☆英10月消費者物価指数
18:30☆英10月小売物価指数
18:30☆英10月生産者物価指数
19:00☆ユーロ圏9月鉱工業生産
19:00☆独11月ZEW景況感指数
19:00  ユーロ圏11月ZEW景況感指数
19:00  ユーロ圏7-9月期GDP改定値
19:00☆ドラギECB総裁、イエレンFRB議長、カーニーBOE総裁、黒田日銀総裁、パネルディスカッション
21:45  ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
22:15  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
22:30☆米10月生産者物価指数
26:30  カンリフBOE副総裁、講演
27:05  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
 
11/15(水)
08:50☆日本7-9月期GDP・1次速報
 
※☆は特に注目の材料
 
ここ数日間、世界的に株価は不安定ですが米長期金利(10年債利回り)は上昇基調です。ドル/円が方向感を欠いているのはこのためでしょう。きょうも欧米株式市場の動向と米長期金利の動きがカギとなりそうです。その他、今夜は欧州中銀(ECB)主催のパネルディスカッションに主要先進国の中銀トップが揃って登壇します。どんな話が飛び出すのか要注目です。 

今日のテクニカル見通し:豪ドル/円

豪ドル/円相場は、先月はボリンジャーバンド+2シグマ押上げが期待されましたが、底までの力はなかったのか、押し上げる事無く反落。その後の下押しで-2シグマが下方向に拡大しており、短期的に調整局面を迎えた可能性があります。

なお、週足を見ると、一目均衡表は「雲<ローソク足」となっていることや、移動平均は「13週線>ローソク足>26週線>52週線」である事から、上昇トレンドは継続している様子です。とはいえ、これらの図式が崩れるようならばトレンドが変化する可能性も出てきますので、慎重な対応が求められる局面に入ったと考えられます。


AUDJPY_171114.JPG
(上記豪ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは11/14の10:45現在)

○下値目処について
ボリンジャーバンド-2シグマ(86.213円)を押し下げる陰線が出現するようならば、週足の一目均衡表の基準線(86.051円)や200日線(86.035円)、52週線(85.899円)などが位置する86円ちょうど前後が次のメドとなるでしょう。このあたりでも下げ止まらない場合は週足の一目均衡表の雲上限(84.231円)に向けた下押しも考えられます。

○上値目処について
87.70円前後に75日線(87.628円)や13週線(87.709円)があるほか、88円台前半に日足の一目均衡表の雲上限(88.216円)や週足の一目均衡表の転換線(88.388円)があり、上値を阻みそうです。仮にこれらを突破したとしても、ボリンジャーバンド+2シグマ(88.958円)を押し上げる陽線が出現しないようならば、上値余地は限られそうです。

○上値目処
87.628円(75日線)
87.709円(13週線)
87.766円(日足の一目均衡表の基準線)
87.882円(日足の一目均衡表の雲下限)
88.216円(日足の一目均衡表の雲上限)
88.388円(週足の一目均衡表の転換線)
88.728円(月足の一目均衡表の雲下限)
88.958円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
89.067円(10/23高値)
90.312円(9/21高値)
90.720円(15年12月高値)
91.187円(14年11月高値102.837円-16年6月安値72.339円の下げ幅61.8%戻し)
91.047円(月足の一目均衡表の雲上限)

○下値目処
87.585円(20日線)
87.275円(日足の一目均衡表の転換線)
87.255円(10/10安値)
86.999円(6日線)
86.731円(26週線)
86.213円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
86.051円(週足の一目均衡表の基準線)
86.035円(200日線)
85.904円(月足の一目均衡表の転換線)
85.898円(52週線)
85.451円(8/11安値)
84.231円(週足の一目均衡表の雲上限)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/14 火)

 ----------11/13ドル円相場概況---------------------
WS001324.JPG

 日・欧株安で113.714円から113.245円へと下げたが、米株上昇で113.60円台に持ち直した
 
OP-113.466 HI-113.714 LO-113.245 CL-113.615
 
-----------11/13主な出来事----------------------------
 
「英議会の保守党(与党)議員40人がメイ首相に対する不信任を表明する書簡の署名に同意」-英サンデータイムス(12日)
 
09:12 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「低インフレを懸念」「労働市場にたるみは見られない」「バランスシートの最終的な規模は今後決定する」「バランスシートの縮小、退屈で自動操縦に」
 
 
18:36 コンスタンシオECB副総裁
「ユーロ圏の回復は幅広く安定感があり活発」「金融安定リスクは抑制されている」
 
19:55 ホールデン英MPC委員
「英CPIは今後数年間は目標を上回るだろう」
 
26:51 黒田日銀総裁
「日銀は強力な金融緩和を進めている」「2%の物価安定目標の実現にはなお距離がある」
 
 
------------11/13株式・債券・商品---------------------
 
WS001325.JPG 
 
------------11/14きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
なし
 
<海外>
09:30    10月豪NAB企業景況感指数
11:00    10月中国鉱工業生産
11:00    10月中国小売売上高
16:00    7-9月期独GDP速報値
16:00    10月独消費者物価指数改定値
17:05    エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
17:15    10月スイス生産者輸入価格
18:00    ラウテンシュレーガーECB理事、講演
18:30    10月英消費者物価指数
18:30    10月英小売物価指数
18:30    10月英卸売物価指数
19:00    9月ユーロ圏鉱工業生産
19:00    11月独ZEW景況感指数
19:00    11月ユーロ圏ZEW景況感指数
19:00    7-9月期ユーロ圏GDP改定値
19:00    ドラギECB総裁、イエレンFRB議長、カーニーBOE総裁、黒田日銀総裁、パネルディスカッション
21:45    ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
22:15    ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
22:30    10月米生産者物価指数
26:30    カンリフBOE副総裁、講演
27:05    ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
 
------------11/14きょうのひとこと---------------------
 
昨日のドル円は、日経平均の300円安に続き、メイ英首相の求心力低下を嫌気して欧州株が下げると113.20円台へと下落する場面がありました。しかし、NYダウがプラ転すると113.60円台を回復するなど、株価睨みの相場展開となりました。きょうも株価睨みの相場展開となりそうですが、まずは、このところ不安定な値動きが続く日経平均の動きに注目です。昨日の米株上昇を支えに下げ止まるのか、米株高にもかかわらず続落してしまうのかによって投資家心理は大きく違ってきそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム