サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年10月31日バックナンバー

2017年10月31日バックナンバー

今夜の注目材料は?10/31

東京市場のドル/円は、一時113円台を割り込む場面もありましたが、日銀がインフレ見通しを下方修正した事などから下げ渋る展開でした。欧州市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。
 
10/31(火)
16:45    仏10月消費者物価指数速報値
18:15    ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
19:00    ユーロ圏9月失業率
19:00☆  ユーロ圏7-9月期GDP・速報値
19:00☆  ユーロ圏10月消費者物価指数・速報値
21:00    南ア9月貿易収支
21:30    カナダ8月GDP
21:30    カナダ9月鉱工業製品価格
21:30    カナダ9月原料価格指数
21:30    米7-9月期雇用コスト指数
22:00    米8月ケース・シラー住宅価格指数
22:45☆  米10月シカゴ購買部協会景気指数
23:00☆  米10月消費者信頼感指数
28:30    ポロズ・カナダ中銀総裁、議会証言
 
※☆は特に注目の材料
 
本日は月末最終日とあって、「フロー」に左右されやすい地合いとなりそうです。米10月シカゴ購買部協会景気指数や米10月消費者信頼感指数などの経済指標も気になるところではありますが、日本時間24時のロンドン・フィキシングの前後は大口「フロー」による急な値動きに警戒が必要です。 

豪ドル/円、三役逆転点灯で下値余地

豪ドル/円相場は今月25日に日足の一目均衡表の雲を下抜けたことで、下落サインと解される「三役逆転」が点灯する中、30日に9月上旬以来の安値となる86.70円台まで下落しました。週足を見ると転換線を明確に割り込んでおり、相場は調整局面を迎えた可能性が高そうです。目先は今年夏以降下値支持となっている週足の基準線が焦点となるでしょう。同線は今週は86円ちょうど付近に位置しており、割り込むようならば、雲上限(今週は84.421円)に向けた一段安もあると見ます。

今日のテクニカル見通し:ユーロ/ドル

前週27日のマネトレでも解説しましたが、ユーロ/ドルはH&Sのネックラインを下抜けた事で下落トレンドに入った可能性があります。

ただ、昨日の足形は前週金曜の陰線実体部にかぶさる陽線となっており、一旦は反発が入っても不思議ではありません。これからエントリーするのであれば、戻りを確認後の反落を探すのも手です。

(1)ユーロ/ドル日足(10/27マネトレより)
EURUSD_171027.JPG
 

(2)ユーロ/ドル日足、H&Sの下値目処10/27(マネトレより)
EURUSD2_171027.JPG

ただ、昨日は前週末の陰線実体部にかぶさる陽線引けとなっており、一旦はリバウンドが入る事も考えられます。これからエントリーするのであれば、戻りを確認した後の反落局面を待つのも手です。


EURUSD_171031.JPG
(上記ユーロ/ドル日足の外貨ネクストネオのチャートは10/26の10:54現在)


○下値目処について
10/27安値(1.15737ドル)を割ると、週足の一目均衡表の基準線(1.14656ドル)や1月安値1.03392ドル-9月高値1.20922ドルの上げ幅38.2%押し(1.14226ドル)などが位置する1.14ドル台前半から半ばまで主だった目処が見当らないため、心理的節目の1.15ドルちょうどが機能するかポイントです。

もし、前述の1.14ドル台前半から半ばを下抜けるようならば、H&Sの下値目標にあたる1.1240ドル前後(上図(2)参照)に向けた一段安も考えられます。

○上値目処について
まずは、8/17安値1.16621ドルと10/6安値1.16692ドルを結ぶトレンドライン1.1670ドル前後)に注目です。戻りが弱いと押し戻されるでしょう。仮に突破したとしても、10/12に付けた直近高値(1.18796ドル)を超える動きとならない限り、下値が意識されやすい展開が続くと見ます。

○下値目処
1.16103ドル(ボリンジャーバンド-2シグマ)
1.15737ドル(10/27安値)
1.15900ドル(26週線)
1.14656ドル(週足の一目均衡表の基準線)
1.14226ドル(1月安値1.03392ドル-9月高値1.20922ドルの上げ幅38.2%押し)
1.14000ドル前後(15年8月と16年5月の高値を結ぶトレンドライン
1.12932ドル(月足の一目均衡表の転換線)
1.1240ドル前後(上図(2)参照)
1.12157ドル(月足の一目均衡表の基準線)

○上値目処
1.1670ドル前後(8/17安値1.16621ドルと10/6安値1.16692ドルを結ぶトレンドライン
1.16871ドル(6日線)
1.17158ドル(日足の一目均衡表の転換線)
1.17267ドル(日足の一目均衡表の基準線)
1.17351ドル(14年5月高値1.39933ドル-17年1月安値1.03392ドルの下げ幅38.2%戻し)
1.17556ドル(20日線)
1.17560ドル(月足の一目均衡表の雲下限)
1.17634ドル(日足の一目均衡表の雲下限)
1.18070ドル(75日線)
1.18221ドル(13週線)
1.18330ドル(週足の一目均衡表の転換線)
1.18796ドル(10/12高値)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(10/31 火)

 WS001265.JPG
----------10/30ドル円相場概況---------------------

 
OP 113.702
HI 113.835
LO 113.026
CL 113.180
 
東京市場のドル円は、仲値公示にかけて113.835円まで買われるも後が続かず113.50円台へと弱含んだ。欧州市場でも113.70-50円台で上値が重い展開が続いた。NY市場に入ると、マナフォート氏の訴追でロシアゲート疑惑が再燃。株安・円高の流れとなり113円台前半へ下落。トランプ大統領の目玉政策である法人減税を5年間かけて段階的に引き下げる案を米下院が検討しているとの報道も株とドルの重しとなり、113.026円の安値を付けた。パウエル氏がFRB議長に就任する可能性が高まった事もドルを圧迫した。
 
-----------10/30主な出来事----------------------------
 
16:00 (独) 9月小売売上高指数 (前月比) +0.5%
前回-0.4%→-0.2%
予想+0.5%  
 
21:30 (米) 9月個人所得 (前月比) +0.4%
前回+0.2% 
予想+0.4% 
 (米) 9月個人消費支出 (前月比) +1.0%
前回+0.1% 
予想+0.9% 
(米) 9月コアPCEデフレーター (前年比) +1.3%
前回+1.3% 
予想+1.3%  
 
22:00 (独) 10月消費者物価指数・速報 (前年比)+1.6%
前回 +1.8%
予想 +1.7%  
 
トランプ陣営の元選挙対策本部長マナフォート氏が大陪審によって起訴
 
米下院、法人税の段階的引き下げを検討
 
トランプ米大統領はパウエル氏を次期FRB議長に任命する見込み-NYタイムス
 
------------10/30株式・債券・商品----------------------
 WS001266.JPG
 
------------10/31きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:30    9月完全失業率
08:30    9月有効求人倍率
08:50    9月鉱工業生産速報
未定    日銀金融政策決定会合
未定    経済・物価情勢の展望(10月、基本的見解)
15:30    黒田日銀総裁、定例会見
19:00    外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
 
<海外>
06:45    9月NZ住宅建設許可件数
09:00    10月NBNZ企業信頼感
09:01    10月英Gfk消費者信頼感指数
10:00    10月中国製造業PMI
15:30    7-9月期仏GDP速報値
16:45    10月仏消費者物価指数速報値
16:45    9月仏卸売物価指数
18:15    ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
19:00    9月ユーロ圏失業率
19:00    7?9月期ユーロ圏GDP速報値
19:00    10月ユーロ圏消費者物価指数速報値
21:00    9月南アフリカ貿易収支
21:30    8月カナダGDP
21:30    9月カナダ鉱工業製品価格
21:30    9月カナダ原料価格指数
21:30    7-9月期米雇用コスト指数
22:00    8月米ケース・シラー住宅価格指数
22:45    10月米シカゴ購買部協会景気指数
23:00    10月米消費者信頼感指数
29:30    ポロズ・カナダ中銀総裁、議会証言
 
 
------------10/31きょうのひとこと----------------------
 
ロシアゲート疑惑に絡んで初の訴追者が出たと報じられていますが、FBIに訴追されたマナフォート氏の罪状はウクライナとの取引に関するもので、トランプ陣営の元選対本部長としての活動に関するものではないそうです。「パウエル新FRB議長」についても、あくまでも対抗馬のテイラースタンフォード大教授に比べるとハト派寄りという評価にすぎません。いずれもドル売り材料としての賞味期限は長くなさそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



通貨ペア別キャッシュバックキャンペーン

食べて美味しい保存食キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム