サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年10月17日バックナンバー

2017年10月17日バックナンバー

今夜の注目材料は?10/17

 東京市場のドル/円は、112円台前半で方向感なくもみ合う展開となりました。昨日の111.60円台からの反発で下値模索の機運はひとまず後退したようですが、上値を追うにはエネルギー不足の模様です。欧州市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
10/17(火)
 
17:00   コンスタンシオECB副総裁、講演
17:15☆ カーニーBOE総裁、講演
17:30☆ 英9月消費者物価指数
17:30   英9月小売物価指数
17:30   英9月生産者物価指数
18:00   ユーロ圏9月消費者物価指数・改定値
18:00☆ 独10月ZEW景況感指数
18:00   ユーロ圏10月ZEW景況感指数
18:30   プラートECB理事、講演
20:00   モルガン・スタンレー7-9月期決算
20:30   ゴールドマン・サックス7-9月期決算
21:30   米9月輸入物価指数
22:15☆ 米9月鉱工業生産指数
22:15   米9月設備稼働率
23:00   米10月NAHB住宅市場指数
未定  NZフォンテラ社乳製品電子入札
26:00   ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
29:00   8月対米証券投資動向
29:00   IBM7-9月期決算
 
※☆は特に注目の材料
 
米9月鉱工業生産指数の発表が予定されていますが、このところのドル/円相場は米経済指標の結果に強く反応するケースは多くありません。大型ハリケーンの「ノイズ」が混じっているとの見方が強い事も影響しているのでしょう。また、今夜は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が講演を行いますが、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事でひとしきり盛り上がった直後とあって、市場の関心は強くなさそうです。ドル/円は112円台前半を中心にもみ合う展開が見込まれます。
 
一方、英国ではカーニーBOE総裁の講演と英9月消費者物価指数などインフレ指標の発表が予定されています。BOEは、欧州連合(EU)離脱にともなう英経済への打撃とポンド安によるインフレ高進という2つのリスクを睨んで難しい舵取りを迫られているだけに注目が集まっています。

ポンド/円、利上げ期待維持されるか

前月の英中銀(BOE)理事会の声明で「景気やインフレの加速が続けば『数カ月以内に』政策金利を引き上げる公算が大きい」との見方を示した事により、次回11月理事会での利上げ期待が高まっています。金利先物市場から見た11月理事会での利上げ確率は約82%に達しており、この期待を維持できるか、本日17時半に発表される英9月消費者物価指数に注目です。

市場予想は前年比+3.0%と、8月(+2.9%)から伸びの加速が見込まれています。予想を上回る伸びとなれば、BOEのインフレターゲットの上限を突破する事となるため、利上げ期待が一段と高まってポンドが買われる公算です。

ただ、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の難航によるハードブレグジット懸念がくすぶっており、前月をも下回る伸びに留まるようならば利上げ期待が後退してポンド売りの展開となりかねません。今回は期待が高まる中で迎える事から、発表直後は荒れた相場模様となりそうです。

今日のテクニカル見通し:ポンド/円

ポンド/円相場は、週足上に出現した三角もち合いを下抜けるも、一目均衡表の雲下限で切り返すと、それまでのもち合い上限を突破して152円台後半まで上昇しました。途中にだまし的な動きが入ったとはいえ、上値を切り上げたことで、上昇局面に入った可能性が高いと見ます。

GBPJPY_W171017.JPG
(上記ポンド/円・週足の外貨ネクストネオのチャートは10/17の10:45現在)

GBPJPY_171017.JPG
(上記ポンド/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは10/17の10:45現在)

○上値目処について
149円台にある10/13高値(149.265円)や20日線(149.633円)を突破すると、9/21高値(152.857円)リトライが見えてきます。なお、手前にボリンジャーバンド+2シグマ(152.492円)もあります。バンドを押し上げて高値更新するようならば上昇トレンド再開の公算が大きく、目先的には月足の一目均衡表の基準線(155.817円)や月足の一目均衡表の雲下限(156.341円)が位置する、155-6円に向けた一段高もあるでしょう。

○下値目処について
ボリンジャーバンド-2シグマ(146.773円)を割り込むようならば、調整局面入りの可能性が出てきます。その場合は、週足の一目均衡表の基準線(145.764円)や雲上限(143.358円)が機能するか注目です。

○上値目処
149.265円(10/13高値)
149.633円(20日線)
150.731円(15年6月高値195.883-16年10月安値122.821円の下げ幅38.2%戻し)
152.492円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
152.857円(9/21高値)
155.817円(月足の一目均衡表の基準線)
156.341円(月足の一目均衡表の雲下限)
159.352円(15年6月高値195.883-16年10月安値122.821円の下げ幅1/2戻し)

○下値目処
148.633円(6日線)
148.382円(日足の一目均衡表の基準線)
148.178円(日足の一目均衡表の転換線)
146.085円(週足の一目均衡表の転換線)
145.764円(週足の一目均衡表の基準線)
145.757円(13週線)
145.013円(26週線)
143.544円(日足の一目均衡表の雲上限)
143.391円(日足の一目均衡表の雲下限)
145.728円(75日線)
143.358円(週足の一目均衡表の雲上限)
143.091円(200日線)
142.452円(52週線)
142.290円(8/9安値) 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(10/17 火)

WS001211.JPG 
----------10/16ドル円相場概況---------------------

 
OP 111.815
HI 112.285
LO 111.651
CL 112.187
 
東京市場のドル円は、日経平均が21年ぶり高値を更新して強く始まると112円台を回復したが上値は伸ばせず失速。15時過ぎには111.70円台まで弱含んだ。欧州市場は序盤に111.651円まで下落したが下げ渋った。NY市場では、NY連銀製造業指数の好結果にも反応を見せずに111.70-80円台でもみ合ったが、次期FRB議長候補にジョンテイラー・スタンフォード大教授が浮上すると、米長期金利とドルが上昇。終盤には112.285円まで反発した。
 
-----------10/16主な出来事----------------------------
 
10:30 (中国) 9月消費者物価指数 (前年比) +1.6% 
前回+1.8% 
予想+1.6% 
10:30 (中国) 9月生産者物価指数 (前年比) +6.9% 
前回+6.3% 
予想+6.4% 
 
15日のオーストリア総選挙、反移民の中道右派・国民党の第1党躍進がほぼ確実に
 
18:00 (ユーロ圏) 8月貿易収支(季調前) +161億EUR 
前回+232億EUR 
予想+233億EUR 
 
21:30 (米) 10月NY連銀製造業景況指数 30.20
前回24.40 
予想20.40  
 
21:30 「欧州連合(EU)側が妥協を拒否した場合、英離脱交渉が崩壊するだろう」-英政府関係筋
 
27:10 FRB次期議長人事、トランプ大統領がジョン・テイラー・スタンフォード大学教授に好印象-ブルームバーグ
 
 
------------10/16株式・債券・商品----------------------
 WS001215.JPG
 
------------10/17きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
特になし
 
<海外>
06:45    NZ7-9月期消費者物価指数
09:30    10月RBA理事会議事要旨
17:00    コンスタンシオECB副総裁、講演
17:15    カーニーBOE総裁、講演
17:30    英9月消費者物価指数
17:30    英9月小売物価指数
17:30    英9月生産者物価指数
18:00    ユーロ圏9月消費者物価指数・改定値
18:00    独10月ZEW景況感指数
18:00    ユーロ圏10月ZEW景況感指数
18:30    プラートECB専務理事、講演
20:00    モルガン・スタンレー第3四半期決算
20:30    ゴールドマン・サックス第3四半期決算
21:30    米9月輸入物価指数
22:15    米9月鉱工業生産指数
22:15    米9月設備稼働率
23:00    米10月NAHB住宅市場指数
26:00    ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
29:00    8月対米証券投資動向
29:00    IBM第3四半期決算
 
------------10/17きょうのひとこと----------------------
 
次期FRB議長の選考レースで5番手前後に甘んじていた(個人的な見方です)米スタンフォード大学のテイラー教授が、ここにきて追い上げを見せています。氏と面談したトランプ大統領が好印象を持ったとの報道がブルームバーグから流れると、ドル買いが強まりました。テイラー教授は、マクロ経済指標の数値を計算式に代入して適正な政策金利を導き出す「テイラールール」の考案者であり、資産買い入れなどの非伝統的金融政策に批判的な立場を取っています。仮にテイラーFRB議長が誕生すれば、「テイラールール」にのっとり、FF金利は3%超に引上げられるとの思惑が米債利回りとドルを押し上げたようです。もっとも、選好レースはまだ中盤のようで、トランプ米大統領は週内にイエレン現FRB議長と面談を行うそうです。次期FRB議長人事は、ウォルシュ氏(タカ派)とパウエル氏(ハト派)の争いに、テイラー氏とイエレン氏が割って入る形でにわかに乱戦の様相を強めています。当面はこうしたニュースに敏感にならざるを得ないのでしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



通貨ペア別キャッシュバックキャンペーン

食べて美味しい保存食キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム