サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年9月26日バックナンバー

2017年9月26日バックナンバー

ユーロ/ドル、調整への備え

ユーロ/ドル相場は今月8日に1.21ドル目前で頭打ちとなると、25日に1.1830ドル付近まで下落して今月安値を更新。同時に6日移動平均線が20日移動平均線を下抜く「ミニデッドクロス」も出現しており、年初からの上昇が一服を迎えつつあるようです。

EURUSD_170926.JPG
(上記ユーロ/ドル日足の外貨ネクストネオのチャートは9/26の16:35現在)

現在、ボリンジャーバンドの上下の幅が狭くなっており、バンド-2シグマを押し下げる陰線が出現するようならば、調整局面入りの公算が大きくなるでしょう。その場合、短期的には75日線(執筆時1.16640ドル)に向けた一段安もあると見ます。

 


今夜の注目材料は? 9/26

 東京市場のドル/円は111円台半ばに弱含むなど、北朝鮮を巡るリスクが意識されて小幅安の展開となりました。欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
9/26(火)
18:00   リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
21:00   プラートECB理事、講演
22:00   米7月S&P/ケースシラー住宅価格指数
22:30   メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
23:00☆ 米8月新築住宅販売件数
23:00☆ 米9月消費者信頼感指数
23:00   米9月リッチモンド連銀製造業景気指数
23:30   ブレイナード米FRB理事、講演
24:30   ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
25:45☆ イエレン米FRB議長、講演
26:00☆  米2年債入札(260億ドル)
※☆は特に注目の材料
 
北朝鮮絡みの続報も気になるところですが、今夜はイエレン米FRB議長の発言が予定されています。先日の連邦公開市場委員会(FOMC)後に会見を行ったばかりではありますが、「インフレ、不確実性、そして金融政策」についての講演という事で、市場の関心を集めそうです。

今日のテクニカル見通し:ユーロ/円

ユーロ/円相場は、今月22日に134.40円台に上昇して2014年高値(149.760円)-2016年安値(109.197円)の下げ幅61.8%戻し(134.265円)を上抜きましたが一時的となっており、昨日は131.90円台まで反落しています。

もっとも、昨日の下押しが反落局面の第一歩というには、いささか早計のように見えます。少なくとも、直近安値からのサポートラインを割る、週足の一目均衡表の転換線を割り込む、といった動きが必要と見ます。それまでは上昇基調が継続していると見たほうが良さそうです。

EURJPY2_170926.jpg
(上記ユーロ/円日足の外貨ネクストネオのチャートは9/26の11:05現在)

○下値目処について
冒頭で触れた、8/18と9/6の安値を結ぶサポートライン131.30円前後)や、週足の一目均衡表の転換線(130.988円)がポイントです。これらを割り込むと下押しが深くなる可能性が出てきます。その場合、75日線(129.441円)やボリンジャーバンド-2シグマ(128.827円)が下値を支えるか注目です。

○上値目処について
6日線(133.357円)を回復すると、9/22高値(134.410円)が見えてきます。ただ、すぐ近くにボリンジャーバンド+2シグマ(134.612円)があり、上値突破の際に抵抗となりそうです。そうした中で越えられれば、14年12月高値149.760円-16年6月安値109.197円の下げ幅2/3戻し(136.239円)や月足の一目均衡表の雲上限)や月足の一目均衡表の雲上限(137.927円)が見えてくるでしょう。


○上値目処
133.357円(6日線)
134.265円(14年12月高値149.760円-16年6月安値109.197円の下げ幅61.8%戻し)
134.410円(9/22高値)
134.612円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
136.239円(14年12月高値149.760円-16年6月安値109.197円の下げ幅2/3戻し)
137.927円(月足の一目均衡表の雲上限)

○下値目処
131.719円(20日線)
131.30円前後(8/18と9/6の安値を結ぶサポートライン
130.988円(週足の一目均衡表の転換線)
130.444円(13週線)
129.496円(日足の一目均衡表の転換線)
129.441円(75日線)
129.366円(9/6安値)
128.827円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/26 火)

WS001123.JPG
----------9/25ドル円相場概況---------------------

 
OP 112.173
HI 112.526
LO 111.468
CL 111.713
 
東京市場は、衆院解散・総選挙とセットの経済対策への期待もあって日本株が上昇する中、112.526円まで上値を伸ばした。しかし、5・10日の仲値公示を通過すると次第に売り優勢の展開となり、112.10円前後へと押し戻された。欧州市場は、安倍首相が衆院解散と追加経済対策を発表したが、事前報道どおりとあって反応薄。むしろ米長期金利が低下する中でドル売りに傾き一時112円台を割り込んだ。NY市場では、112.30円台に値を戻したが、北朝鮮外相の「宣戦布告に相当」発言を受けて急落。株安、長期金利低下、金安のリスク回避の動きと共に円買いが強まり111.468円まで下値を切り下げた。その後は、一時120ドル以上値下がりしていたNYダウが下げ幅を縮める中、111.70円台に小戻して取引を終えた。
 
-----------9/25主な出来事----------------------------

 
14:30 黒田日銀総裁
「今後とも強力な金融緩和を粘り強く推進していく方針」

17:00 (独) 9月Ifo景況感指数 115.2 
前回115.9 
予想116.0 
 
18:00 安倍首相
「新しい政策パッケージを年内に取りまとめる」「2兆円規模の新政策を実施する」「幼児教育無償化を一気に進める」「与党が過半数を取れなければ辞任」「連立政権で233議席が勝敗ライン」「この解散は国難突破解散」
 
18:19 メルシュ欧州中央銀行(ECB)専務理事
ECBの最優先は物価の安定」「ECBは正当化されるならば用心して政策を調整する」
 
21:30 ダドリー米ニューヨーク連銀総裁
「一時的で特殊な物価要因は薄れる見通し」「インフレ率は上昇し目標の2%近辺で安定する見通し」「FOMCは緩和政策の段階的解除を継続する見通し」
 
22:00 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「経済の拡大は現在しっかりとしており、ユーロ圏の国々や各分野に幅広く広がっている」「依然としてインフレ見通しにいくぶん不確実性がみられる」「極めて大規模な金融緩和が必要」「為替レートの変動は不透明性の源」

23:50 李容浩北朝鮮外相
「トランプ米大統領の発言は北朝鮮に宣戦布告を行ったもの」「北朝鮮は米国の戦略爆撃機の撃墜を含め、あらゆる対抗手段を講ずる権利を有する」
 
 
25:30 エバンズ米シカゴ連銀総裁
「経済ファンダメンタルズは健全であり、米国は完全雇用に近い」「インフレが大幅に強まるリスクは見当たらない」「インフレ期待が低過ぎることを懸念」「追加利上げにはインフレ上昇の明確な兆候が必要」
 
------------9/25株式・債券・商品----------------------
 
 WS001122.JPG
 
------------9/26きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
08:50    7月19-20日分の日銀金融政策決定会合議事要旨
 
 
<海外>
06:45    NZ8月貿易収支
07:30    カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
15:00    独8月輸入物価指数
16:00    リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
18:00    リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
21:00    プラートECB理事、講演
22:00    米7月ケース・シラー住宅価格指数
22:30    メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
23:00    米8月新築住宅販売件数
23:00    米9月消費者信頼感指数
23:00    米9月リッチモンド連銀製造業景気指数
23:30    ブレイナード米FRB理事、講演
24:30    ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
25:45    イエレン米FRB議長、講演
26:00    米2年債入札(260億ドル)
 
 
------------9/26きょうのひとこと----------------------
 
北朝鮮の「宣戦布告に相当」発言に対して、サンダース・ホワイトハウス報道官は「米国は北朝鮮に宣戦布告などしておらず、率直に言って馬鹿げた主張だ」とコメント。当たり前といえば当たり前のコメントなのですが、米側が「罵り合い」に応じなかった事に少しほっとしています。トランプ米大統領からも、今のところ「宣戦布告」発言についてのツイートはないようです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。
 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム