サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年9月25日バックナンバー

2017年9月25日バックナンバー

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、ゴトー(5・10)日の仲値公示に向けたドル買いのほか、安倍首相の「2兆円規模の経済対策の年内策定を指示」との発言もあり、112.50円台まで値を上げましたが、その後は112.10円台まで下押す場面も見られました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

9/25(月)
17:00☆9月独Ifo景況感指数
18:00☆安倍首相、会見
未 定  メルシュECB理事、講演
21:30☆ダドリー米NY連銀総裁、講演
22:00☆ドラギECB総裁、講演
25:40  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

この後安倍首相が会見を行う予定となっており、衆議院を解散する意向を示すとされています。また、米国では今週ライアン米下院議長が税制改革の概要を発表するとされています。日米の政局や政策が材料視されるか、海外勢の反応に注目です。
 

今日のテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は、日足のみならず週足の雲も突破しており、目先的には1月に付けた年初来高値からのレジスタンスラインを巡る攻防が焦点となっています。突破できれば、春以降上値抵抗となっている114円台前半から半ばに向けた一段高もあると見ます。

USDJPY_170925.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは9/25の12:12現在)

○上値目処について
冒頭で触れた1月高値118.603円からのレジスタンスライン112.80円台)が、目先の焦点です。突破できれば上値余地が拡大する公算です。この上の水準について、114円台半ばまで主だった目処が見当らないため、まずは113円ちょうどの心理的節目が試されそうです。

○下値目処について
まずは、200日線(112.139円)や6日線(111.999円)が機能するかポイントです。割ってしまうと、75日線(110.976円)まで下値余地が広がりそうです。この水準は8月から9月始めにかけての上値抵抗であり、下値支持に変えられるか注目です。なお、110-111円台に目標値が多数集まっており、110円を割った場合は、下値支持と目される107-108円台割れを試す動きにつながりそうです。

○上値目処
112.716円(9/21高値)
112.990円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
112.80円台(1月高値118.603円からのレジスタンスライン
112.960円(月足の一目均衡表の転換線)
114.491円(7/11高値)
114.640円(昨年12月高値118.661円-今年4月安値108.134円の61.8%戻し)

○下値目処
112.139円(200日線)
112.037円(月足の一目均衡表の基準線)
111.999円(6日線)
111.661円(9/18高値)
111.547円(日足の一目均衡表の雲上限)
111.364円(週足の一目均衡表の雲上限)
111.367円(52週線)
111.129円(日足の一目均衡表の転換線)
111.047円(8/4高値)
110.976円(75日線)
110.932円(26週線)
110.904円(週足の一目均衡表の基準線)
110.367円(20日線)
110.765円(13週線)
110.254円(日足の一目均衡表の雲下限)
110.017円(日足の一目均衡表の基準線、週足の一目均衡表の転換線)

22日のドル円相場ときょうのひとこと(9/25 月)

0922.PNG  

 
----------9/22ドル円相場概況---------------------
 
OP 112.472
HI 112.556
LO 111.652
CL 111.982
 
東京市場は、北朝鮮リスク再燃で112円割れ。北朝鮮外相の水爆実験発言をきっかけに円買いが強まると、断続的にストップロスを巻き込みながら111.652円まで下落した。その後は下げ渋ったが、112円台に戻すと上値が重い。欧州市場は、きっかけ待ちの様相で112円ちょうどを挟んでもみ合った。NY市場に入っても、株や長期金利に大きな動きなく推移。北朝鮮への警戒感はアジア市場ほどには高まらなかったが、FRB要人発言にも耳を貸すことなく小動きが継続。112.00円ちょうどを挟んだもみ合いのままクローズへと向かった。
 
-----------9/22主な出来事----------------------------
 
07:10 キム朝鮮労働党委員長(トランプ米大統領の制裁強化に対して)
・史上最高の強硬対抗措置を慎重に検討
 
09:50 李北朝鮮外相
・太平洋で過去最大級のの水爆実験も
 
16:00(仏) 9月製造業PMI・速報 56.0
前回55.8
予想55.5
(仏) 9月サービス業PMI・速報57.1
前回54.9
予想54.8
 
16:30(独) 9月製造業PMI・速報60.6
前回59.3
予想59.0
(独) 9月サービス業PMI・速報55.6
前回53.5
予想53.7
 
17:00(ユーロ圏) 9月製造業PMI・速報58.2
前回57.4
予想57.2
(ユーロ圏) 9月サービス業PMI・速報55.6
前回54.7
予想54.8
 
20:10 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
・年内にもう一度利上げが行われる可能性はある
・FF金利の新たな中立水準は2.5%程度
・今後数年間はFF金利が優先的な政策ツールになる
 
21:30(加) 8月消費者物価指数 (前月比)+0.1%
前回0.0%
予想+0.2%
(加) 8月消費者物価指数 (前年比)+1.4%
前回+1.2%
予想+1.5%
 
21:30(加) 7月小売売上高 (前月比)+0.4%
前回+0.1%→0.0%
予想+0.2%
(加) 7月小売売上高 (前月比:除自動車)+0.2%
前回+0.7%→+0.4%
予想+0.4%
 
22:30 メイ英首相
・EUにとって最大の友人かつパートナーになることを模索する
・1月に打ち出した英国の目標、変わっていない
・離脱交渉、具体的な進展あった
・英国は単一市場と関税同盟から離脱する
・関税を課す必要はない」
・EUに移行期設定を求める
・移行期は時間制限があるべきだ」
・英国が求める移行期は2年前後
 
22:43 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁
・FRBの見通しはインフレが2%に達する確信を示す
 
コンスタンシオ欧州中央銀行(ECB)副総裁
22日23:35「ビットコインは一種の投機であり、通貨ではない」
 
26:48 カプラン米ダラス連銀総裁
・ハリケーンハービーから打撃を受けた第3四半期のGDPは、第4四半期に立ち直るだろう
・12月の利上げに対して予断を持っていない
・インフレ減速、一部は一過性のものではない
 
29:38
ムーディーズ、英格付けを「Aa1」から「Aa2」に引き下げ 見通しは「安定的」
 
------------9/22株式・債券・商品----------------------
WS001119.JPG
 
 ------------9/25きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
未定    9月月例経済報告
14:00    7月景気動向指数改定値
14:30    黒田日銀総裁、あいさつ
 
<海外>
16:00    コンスタンシオECB副総裁、講演
17:00    9月独Ifo景況感指数
18:15    メルシュECB理事、講演
21:30    ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
22:00    ドラギECB総裁、講演
25:40    エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
 
 
------------9/25きょうのひとこと----------------------
 
北朝鮮とアメリカの罵りあいは、いつの間にか殴りあいに変わらないか心配になってくるほどエスカレートしています。それでもリスク回避の円買いに大きく傾かないのは、日米の「金融政策の温度差」や、米減税期待に本邦解散総選挙(後の追加経済対策)などがドル買い・円売りに繋がる材料として意識されているためでしょう。ドル円相場は、強弱双方の材料が混在する中、どちらがより強いか吟味しつつ、方向感を探るタイミングに差し掛かっているようです。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム