サイト内検索:

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/13 水) - 外為リアルタイムレビュー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(9/13 水)

WS001063.JPG  

 
----------9/12ドル円相場概況---------------------
 
OP 109.359
HI 110.248
LO 109.239
CL 110.180
 
東京市場は、リスクオンムードの中、109.50円台に上昇したが、国連の制裁決議に対する北朝鮮の反応を気にした様子もあって伸び悩んだ。欧州市場に入ると、英インフレ統計の上ブレで欧州債利回りが上昇すると米債利回りも連れて上昇。こうした中、ドル円は109.80円台まで上昇した。NY市場では、前週の反動的な株高・債券安(金利上昇)・ドル高の動きが継続。1日以来の110円台を回復すると終盤には110.248円まで上値を伸ばした。
 
-----------9/12主な出来事----------------------------
 
07:12 国連安保理、北朝鮮への追加制裁を全会一致で決定
・石油禁輸は含まず
・北朝鮮からの繊維製品の輸入禁止
・北朝鮮の出稼ぎ労働者への就労許可停止
 
17:30 (英) 8月消費者物価指数 (前年比) +2.9%
前回+2.6% 
予想+2.8%  
(英) 8月小売物価指数 (前年比) +3.9%
前回+3.6% 
予想+3.7%  
(英) 8月生産者物価指数 (前年比) +3.4%
前回+3.2% 
予想+3.1%  
 
21:45  ムニューシン米財務長官
・イエレン氏を含む数人をFRB議長候補として検討
・トランプ大統領は理想的には税率を15%に引き下げたい考えだが、予算問題などを踏まえると達成可能かどうかは分からない。ただ、われわれは非常に競争的な水準で決着を付けたいと考えている
 
------------9/12株式・債券・商品----------------------
WS001064.JPG
 
------------9/13きょうの注目材料---------------------
 
<国内>
なし
 
<海外>
15:00    8月独卸売物価指数
15:00    8月独消費者物価指数・改定値
17:30    8月英雇用統計
18:00    7月ユーロ圏鉱工業生産
20:00    7月南アフリカ小売売上高
21:30    8月米生産者物価指数
23:30    EIA週間原油在庫統計
26:00    プラートECB理事、講演
26:00    米30年債入札(120億ドル)
27:00    8月米月次財政収支
 
 
------------9/13きょうのひとこと----------------------
 
昨日は、トランプ米大統領の「炎と猛威発言」から25営業日めでしたが、ドル円はちょうどその日に25日移動平均線を突破。3日の水爆実験で1日と4日の間に空けた下マドも埋めました。水準的には北朝鮮リスクを克服したといって良さそうです。市場の関心は米経済情勢(特にインフレ動向)に回帰していくと見られ、今夜の米生産者物価指数と明日の米消費者物価指数に注目が集まりそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

G-1 BATTLE

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム