サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年8月16日バックナンバー

2017年8月16日バックナンバー

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は、夏休みシーズンで市場参加者が少ない中、110.60円を挟んでもみ合う展開となりました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

8/16(水)
17:30☆英7月雇用統計
18:00  ユーロ圏4-6月期GDP・改定値
20:00  南ア6月小売売上高
21:30  カナダ6月証券投資
21:30☆米7月住宅着工件数
21:30  米7月建設許可件数
23:30☆米EIA週間原油在庫統計
27:00☆米FOMC議事録(7月25・26日分)

8/17(木)
07:45  NZ4-6月期生産者物価指数
08:50  日7月貿易収支
10:30☆豪7月雇用統計
※☆は特に注目の材料


前日の米7月小売売上高などを受けて年内利上げ期待が再浮上しました。本日の米FOMC議事録でインフレについて強気な見通しが示されるようならば一段とドルが買われる公算です。インフレ見通しに関してどのような議論がなされたかが焦点です。

その他、明日朝に豪7月雇用統計が発表されます。事前予想は失業率が5.6%、就業者数は2.0万人増となっています。

 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/16 水)

 WS000949.JPG

 
----------8/15ドル円相場概況---------------------
 
OP 109.628
HI 110.845
LO 109.597
CL 110.676
 
東京市場は、北朝鮮リスクの緩和を背景に株高・円安の流れが強まり110円台を回復。午後も堅調推移が続き110.40円台まで上昇した。欧州市場では様子見ムードが強かったが、NY市場に入り、米7月小売売上高が予想以上に伸びると110.845円まで上値を伸ばした。その後は株価が伸び悩んだ事で戻り売りに押される場面もあったが、110.50円割れでは底堅く110.676円で取引を終えた。
 
-----------8/15主な出来事----------------------------
 
09:00 金正恩朝鮮労働党委員長
・(グアムへのミサイル発射計画について)決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する
 
10:30 (豪) RBA議事録
・豪ドルのさらなる上昇は経済成長やインフレを鈍化させる
・金利据え置き、成長・インフレ目標に整合的
・第2四半期からGDPは上向き、2018,2019年には約3%の成長を見込む
・住宅価格と家計債務は、依然として注意深く監視する必要 
 
 
15:00 (独) 4-6月期GDP・速報 (季調前・前年比) +0.8%
前回+2.9%→+3.2%
予想 +0.6%  
 
17:30 (英) 7月消費者物価指数 (前年比) +2.6%
前回+2.6% 
予想+2.7% 
(英) 7月小売物価指数 (前年比) +3.6%
前回+3.5% 
予想+3.5%  
(英) 7月生産者物価指数 (前年比) +3.2% 
前回+3.3% 
予想+3.1% 
 
21:30 (米) 8月NY連銀製造業景況指数 25.20 
前回9.80 
予想10.00
 
21:30 (米) 7月小売売上高 (前月比) +0.6%
前回-0.2%→+0.3%
予想 +0.3%  
(米) 7月小売売上高 (前月比:除自動車) +0.5%
前回-0.2%→+0.1%
予想 +0.3%  
 
21:30 (米) 7月輸入物価指数 (前月比) +0.1% 
前回-0.2% 
予想+0.1%
 
23:00 (米) 8月NAHB住宅市場指数 68 
前回64 
予想64 
 
23:50 ティラーソン米国務長官
・米国は北朝鮮との対話の模索に関心
 
29:00 (米) 6月対米証券投資 +344億USD 
前回+919億USD 
 
 
-----------8/15株式・債券・商品-----------------------
 
WS000948.JPG
 
---------8/16きょうの注目材料-------------------------
 
<国内>
なし
 
<海外>
17:30    英7月雇用統計
17:30    英4-6月週平均賃金
18:00    ユーロ圏4-6月期GDP・改定値
20:00    南ア6月小売売上高
21:30    カナダ6月証券投資
21:30    米7月住宅着工件数
21:30    米7月建設許可件数
23:30   EIA週間在庫統計
27:00    米FOMC議事要旨(7月25-26日分)
 
 
--------8/16きょうのひとこと-------------------------
 
昨日の米小売売上高はポジティブ・サプライズとなりました。7月の伸び率が予想を上回っただけでなく、5月と6月分がいずれも上方修正されており、6月分に至っては-0.2%から+0.3%にまさかのプラ転です。小売売上高は「前月比」の増減率が注目されるため、前月分が上方修正された上で、さらに当月分が予想を上回ったとなると2重のサプライズです。そう考えると、年内の追加利上げ期待が再燃するのも頷けるほど強い内容の小売統計だったと言えそうです。
 
 
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


人気No.1の米ドル/円で上限なしキャッシュバックキャンペーン

FXでも!FX積立でも!どどーんと大還元 高金利通貨Wキャンペーン

人気の複数通貨ペア スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

ロシアルーブル円特設

メキシコペソ円特設

南アランド円特設

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム