サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年8月10日バックナンバー

2017年8月10日バックナンバー

ドル/円、目先はレンジ下抜けを警戒

ドル/円相場は、4月と6月の安値を結ぶサポートライン(本日は109.40円台)と、5月や7月の高値が位置する114円台半ばのレジスタンスで、レンジを形成。こうした中、今月9日に一時109.50円台まで下落してサポートラインに迫りました。

今月に入り日足の一目均衡表の転換線を下回って推移している点などから、下値模索の動きが先行しやすいと考えられます。仮に前述のサポートラインを割るようならば、下値余地拡大との見方が浮上するでしょう。この場合は6月安値(108.787円)の攻防が焦点となると見ます。付近に週足の一目均衡表の雲下限(今週は108.730円)もあり、同水準をも割り込むようならば、週足上でも下落トレンド入りの可能性が出てくるので要注意です。
 

今夜の注目材料は?8/10


東京市場のドル/円は、110円ちょうどを挟んでもみ合う方向感に乏しい相場展開となりました。3連休を前に値幅も限定的でした。欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目イベントを確認しておきましょう。
 
8/10(木)
17:30☆ 英6月鉱工業生産指数
17:30   英6月製造業生産高
17:30☆ 英6月貿易収支
21:30   カナダ6月新築住宅価格指数
21:30☆ 米新規失業保険申請件数
21:30☆ 米7月生産者物価指数                
23:00☆ ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
26:00   米30年債入札(150億ドル)
27:00☆ メキシコ中銀、政策金利発表
 
※☆は特に注目の材料
 
今夜は、米インフレ指標のひとつとして7月生産者物価指数が注目されます。ダドリーNY連銀総裁の講演内容も気になるところです。足元の北朝鮮リスクが一服すれば、市場の関心は米金融政策に戻る事になるでしょう。そのためにも、米国のインフレ動向や連邦公開市場委員会(FOMC)主要メンバーのコメントはチェックが欠かせません。
 

今日のテクニカル見通し:ポンド/円

ポンド/円相場は、昨日日足の一目均衡表の雲を下抜けた事で三役逆転が点灯しましたが、昨年10月と今年4月の安値を結ぶサポートラインや、週足の一目均衡表の基準線がサポートとなり、今のところ踏みとどまっています。目先はこの辺りの攻防戦の行方に注目です。


GBPUSD_170810.JPG
(上記ポンド/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは8/10の11:51現在)


○下値目処について
冒頭で触れた、昨年10月と今年4月の安値を結ぶサポートライン142.20円付近)がポイントです。すぐ下に200日線(141.901円)や週足の一目均衡表の基準線(141.861円)といった重要な目処があり、この辺りで下げ渋るようならば、三役逆転はダマシとの見方からリバウンドする事もありそうです。ただし、割ると下値余地が拡大する事が予想されます。52週線(139.660円)を下抜けると、138円台後半(138.754円・・・週足の一目均衡表の雲下限、138.671円・・・6/12安値)が次の目処となるでしょう。

○上値目処について
143円台前半に週足の一目均衡表の転換線(143.222円)や週足の一目均衡表の雲上限(143.460円)があり、上値を抑えそうです。雲について、2014年末に割り込んでからは一度も引値で突破していないため、超えると上値余地が拡大しそうです。その場合は、144円台や145円台にある目標値をこなしながら、147-8円台を目指す事も考えられます。

○下値目処
142.290円(8/9安値) 
142.20円付近(昨年10月と今年4月の安値を結ぶサポートライン
142.293円(26週線)
141.901円(200日線)
141.861円(週足の一目均衡表の基準線)
139.660円(52週線)
138.754円(週足の一目均衡表の雲下限)
138.671円(6/12安値)

○上値目処
143.222円(週足の一目均衡表の転換線)
143.398円(日足の一目均衡表の雲下限)
143.460円(週足の一目均衡表の雲上限)
143.705円(日足の一目均衡表の雲上限)
143.804円(6日線)
143.964円(13週線)
144.410円(75日線)
144.536円(日足の一目均衡表の転換線)
145.032円(日足の一目均衡表の基準線)
145.187円(20日線)
145.279円(7/12安値)
146.783円(8/3安値)
147.774円(7/11高値)
148.125円(5/10高値)
148.455円(16年12/15高値)

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/10 木)

WS000929.JPG 

 
----------8/9ドル円相場概況---------------------
 
OP 110.326
HI 110.355
LO 109.558
CL 110.059
 
東京市場は、北朝鮮のグアム攻撃示唆にリスク回避の円買いが活発化。早々に110円を割り込むと109.70円台まで下落した。その後は買戻しの動きも見られたが、110円台に乗ると上値が重くなった。欧州市場では、北朝鮮リスクの伝染による株安が進行する中、円買いが再開。独英金利に連れて米長期金利が低下した事が重しとなり109.558円まで下値を切り下げた。ただその後は、Bクラスの米経済指標群が良好だった事でドルを買い戻す動きが強まると110.10円台に反発。午後は110円ちょうどを挟んだもみ合いとなった。
 
-----------8/9主な出来事----------------------------
 
08:20 ケント豪中銀(RBA)総裁補佐
・商品相場と関連のない豪ドル高は成長を阻害も
 
10:30 (中国) 7月消費者物価指数 (前年比) +1.4%
前回+1.5% 
予想+1.5%  
10:30 (中国) 7月生産者物価指数 (前年比) +5.5%
前回+5.5% 
予想+5.6% 
 
10:30 (豪) 6月住宅ローン貸出 (前月比) +0.5%
前回+1.0%→+1.1%
予想 +1.5%  
 
21:15 (加) 7月住宅着工件数 22.23万件
前回21.27万件→21.29万件
予想 20.50万件  
(加) 6月建設許可件数 (前月比) +2.5%
前回+8.9%→+10.7%
予想-1.9%  
 
21:30 (米) 4-6月期非農業部門労働生産性・速報 (前期比年率)+0.9%
前回 0.0%→+0.1%
予想+0.7%  
(米) 4-6月期単位労働コスト・速報 (前期比年率) +0.6%
前回+2.2%→+5.4%
予想+1.1%  
 
21:30 (米)6月卸売在庫(前月比)+0.7%
前回+0.6%
予想+0.6%
 
22:00 (メキシコ) 7月消費者物価指数 (前月比) +0.38%
前回+0.25% 
予想+0.32%  
 
-----------8/9株式・債券・商品-----------------------
WS000933.JPG
 
---------8/10きょうの注目材料-------------------------
 
<国内>
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
08:50    6月機械受注
 
 
<海外>
07:00    ウィーラーRBNZ総裁、会見
08:01    7月英RICS住宅価格
15:45    6月仏鉱工業生産指数
17:30    6月英鉱工業生産指数
17:30    6月英製造業生産高
17:30    6月英貿易収支
21:30    6月カナダ新築住宅価格指数
21:30    前週分の米新規失業保険申請件数
21:30    7月米生産者物価指数                
23:00    ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
26:00    米30年債入札(150億ドル)
27:00    7月米月次財政収支
27:00    メキシコ中銀、政策金利発表
 
--------8/10きょうのひとこと-------------------------
 
明日は山の日の祝日ですが、北朝鮮リスクを意識せずにはいられない3連休となりそうです。そう考えると、今朝の日本株の上昇と円売りが東京市場の引けまで持つのかどうかちょっと心配になりますね。ただ、ドル円に関しては今局面で109円台でNYクローズを迎えた事はありません。特別なチカラが働いたかのようにクローズ間際に110円台を回復するケースも見られます。はたして、今夜はどうでしょうか?
 
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム