サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年8月 7日バックナンバー

2017年8月 7日バックナンバー

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は、日経平均が堅調に推移するも反応は薄く、110.60-80円台でもみ合う展開となりました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

8/7(月)
23:45  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
26:25  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
28:00  6月米消費者信用残高
--:--  OPECと非加盟国の専門家会合(?8日)

8/8(火)
08:50  6月日貿易収支
※☆は特に注目の材料

本日は目玉となる経済イベントが見当りません。前週末の米7月雇用統計を通過した直後のため出尽くし感が漂っている事もあり、ドル/円は東京市場に続いて小動きとなる事も考えられます。

なお、今日?明日にかけて石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の専門家会合が行われます。減産枠の順守に向けた言及があるかが、ポイントとなるでしょう。
 

8/4に発表されたIMMポジション

以下、ポイントです。

・円
112196枚ショートと、前週比9293枚減。内訳(図3)を見ると、ロングが8千枚以上増加しており、円先高感が浮上していた様子が窺える。もっとも、ショートはほとんど減っていない事から、円高見通しは大きくは広がらなかった様子。


図1:IMMポジションとドル/円相場(下記チャートのドル/円レートは外為どっとコムを基に、IMMポジションはCFTCを基に外為どっとコム総研作成)
CFTC_YEN_170807.jpg

図2:IMMポジション(CFTCを基に外為どっとコム総研作成)

通貨枚数前週比
112196枚ショート9293枚減
ユーロ82637枚ロング8205枚減
ポンド29452枚ショート3255枚増
スイスフラン1440枚ロング2990枚増
カナダドル40638枚ロング14025枚増
豪ドル60713枚ロング4339枚増
メキシコペソ113549枚ロング659枚増
ニュージーランドドル34938枚ロング133枚増

図3:投機筋の円ポジションの内訳(CFTCを基に外為どっとコム総研作成)

 17/08/0417/07/28
Long36,44528,018
Short148,641149,507
Net-112,196-121,489

今日のテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は、今月に入り110円を割る場面が見られるも、同水準では底堅く推移。週足では何とか52週線に支えられた格好となってます。日足では、金曜の足形が前日木曜の陰線に覆いかぶされるような陽線となっている他、6日線の傾きがほぼ横ばいとなっている事もあり、底入れムードが感じられます。

もっとも、111円台後半に20日線や75日線が控えている他、今月に入り引値で111円台乗せは達成していません。底入れムードが反発局面に向かうか、これらのポイントに注目です。


USDJPY_170807.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは8/7の11:24現在)

○上値目処について
8/4高値(111.047円)を突破すると、次は111円台半ばば焦点です。同水準に20日線(111.573円)や75日線(111.736円)など、多数の目標値が位置しており、上伸を阻みそうです。これらを超えると200日線(112.266円)が見えてくるでしょう。

○下値目処について
6日線(110.456円)を再び下抜けると、8/4安値(109.848円)リトライの可能性が出てきます。割るとボリンジャーバンド‐2シグマ(109.377円)や4月と6月の安値を結ぶサポートラインが位置する109.40円前後が次の目処です。このあたりを割ってしまうようならば、6/14安値(108.787円)や4/17安値(108.134円)を試して下押す事も考えられます。

○上値目処
111.016円(日足の一目均衡表の転換線)
111.047円(8/4高値)
111.353円(13週線)
111.573円(20日線)
111.575円(日足の一目均衡表の雲下限)
111.639円(週足の一目均衡表の転換線)
111.662円(26週線)
111.668円(日足の一目均衡表の雲上限)
111.736円(75日線)
111.819円(週足の一目均衡表の基準線)
112.200円(週足の一目均衡表の雲上限)
112.169円(日足の一目均衡表の基準線)
112.266円(200日線)


○下値目処
110.456円(6日線)
110.272円(52週線)
109.924円(月足の一目均衡表の転換線)
109.848円(8/4安値)
109.40円付近(4月と6月の安値を結ぶサポートライン
109.377円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
108.787円(6/14安値)
108.730円(週足の一目均衡表の雲下限)
108.134円(4/17安値)

4日のドル円相場ときょうのひとこと(8/7 月)

WS000908.JPG
----------8/4ドル円相場概況---------------------
 
OP 110.006
HI 110.047
LO 109.848
CL 110.671
 
東京市場は、売りが先行するも109.848円で下げ止まると、実質5・10日の仲値に向けて買戻しが入り110円台を回復。その後は110.10円を挟んだ狭小レンジでもみ合った。欧州市場もほぼ同水準で膠着。NY市場に入ると、米7月雇用統計の好結果を受けて110.70円台に急伸。さらに、コーンNEC委員長の減税示唆に反応して111.047円まで上値を伸ばした。その後は、週末を控えたポジション調整的な売りに押され、110.671円で取引を終えた。
 
-----------8/4主な出来事----------------------------
 
10:30 (豪) 6月小売売上高 (前月比) +0.3% 
前回+0.6% 
予想+0.2% 
 
10:30 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
・豪ドルの一段の上昇、経済成長とインフレを押し下げる
・金利据え置き、成長・インフレ目標に整合的
・最近の豪ドル高は経済の見通しをやや下振れさせた
・2017年のGDP予想を0.5%下方修正し 2-3%に
・基調インフレは2017年下期に2%前後に達成する見込み、その後は小幅に上昇
・失業率は2019年末までに5.5%をやや下回る見込み
・2018年GDP予想は2.75-3.75%に据え置き、2019年は3-4%に引き上げ 
 
15:00 (独) 6月製造業受注 (前月比) +1.0%
前回+1.0%→+1.1%  
予想+0.5%
 
21:30 (米) 7月非農業部門雇用者数 +20.9万人
前回+22.2万人→+23.1万人
予想+18.0万人  
7月失業率 4.3% 
前回4.4% 
予想4.3%
7月平均時給 (前月比) +0.3% 
前回+0.2% 
予想+0.3% 
7月平均時給 (前年比) +2.5% 
前回+2.5% 
予想+2.4% 
 
21:30 (米) 6月貿易収支 -436.0億USD 
前回-465.0億USD→-464.0億USD
予想-445.0億USD 
 
21:30 (加) 7月就業者数 +1.09万人
前回+4.53万人 
予想+1.25万人  
21:30 (加) 7月失業率 6.3% 
前回6.5% 
予想6.5% 
 
21:30 (加) 6月貿易収支 -36.0億CAD
前回-10.9億CAD→-13.6億CAD
予想-12.5億CAD  
 
23:00 (加) 7月Ivey購買部景況指数 60.0 
前回61.6

23:37 コーン米NEC委員長
・法人税率を現行の35%からOECD平均の23%程度に引き下げるべき
・企業が対外資産引き揚げ(リパトリエーション)を行いやすいように税制改革を 
 
-----------8/4株式・債券・商品-----------------------
 
WS000909.JPG
 
---------8/7きょうの注目材料-------------------------
 
<国内>
08:50    7月外貨準備高
 
<海外>
15:00    6月独鉱工業生産
16:15    7月スイス消費者物価指数
23:45    ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
26:25    カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
28:00    6月米消費者信用残高
-----  OPECと非加盟国の専門家会合(アブダビ、8日まで)
 
--------8/7きょうのひとこと-------------------------
 
ドル円は、米雇用統計の好結果とコーンNEC委員長の減税トークで一時111円台を回復しました。またしても52週線にタッチして反発しており、「2度ある事は3度ある」を証明した格好です。この動きによってひとまず底入れ(きょうの動きが堅調なら)と見て良さそうですが、強気見通しに傾くためには、少なくとも20日移動平均線(111.57円前後)を回復する必要がありそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム