サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー: 2017年8月 3日バックナンバー

2017年8月 3日バックナンバー

☆まんがマンスリービューをお届けします♪

17080301.png
毎月の相場展望をお届けする「外為マンスリービュー」を元にカンタン解説!

「まんがマンスリービュー」をお届けします♪

もっと詳しく知りたいという方は「外為マンスリービュー」をご覧ください。

「外為マンスリービュー」はひと目でわかる注目のデータ一覧や個人投資家の売買比率なども掲載しています♪

・北米編(ドル/円・カナダ/円)
・欧州編(ユーロ/円・ユーロ/ドル・ポンド/円・ポンド/ドル)
・南半球編(豪ドル/円・NZドル/円・南アランド/円)
と各種取り揃えていますよ(^^)

ポンド/円、注目点の多いスーパーサーズデー

本日、英中銀(BOE)が金融政策委員会(MPC)を行います。今回は議事録の公表に加え、四半期インフレレポートの公表や、カーニーBOE総裁の会見も予定されています。重要イベントが多数重なる事から、市場では「スーパーサーズデー」と呼ばれています。

事前予想では政策金利は据え置き(0.25%)が主流となっており、市場の関心は「何人利上げに賛成したか」に集まっています。前回は8人のうち3人が0.25%の利上げを主張した。今回は利上げを主張した一人であるフォーブス委員が退任し、後任のテンレイロ氏が投票します。同氏はハト派と見られており、市場では利上げ賛成は2人に減るとの見方が強まっています。もし2人以下だった場合は、利上げ観測が遠のいたとの見方からポンドが売られる可能性があります。

また、BOEはインフレ率を年2%±1%に収めるという目標を持っています。前回6月の理事会で「秋には3%を上回る」との見通しを示した事で、利上げ期待が高まってポンドが買われた経緯があります。今回のMPCでもその見方が変わらなければ利上げ期待が温存される事も考えられます。

今夜の注目材料は?8/3

 東京市場のドル/円は、安倍政権の内閣改造人事発表への反応も薄く、110円台後半の狭いレンジでもみ合いました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目イベントを確認しておきましょう。

 
8/3(木)
16:50   仏7月サービス業PMI改定値
16:55   独7月サービス業PMI改定値
17:00   ユーロ圏7月サービス業PMI改定値
17:00   ECB月報
17:30   英7月サービス業PMI
18:00   ユーロ圏6月小売売上高
20:00☆ BOE政策金利発表
20:00☆ BOE議事録
20:00☆ BOE四半期インフレレポート
20:30☆ カーニーBOE総裁、会見
20:30   米7月チャレンジャー人員削減数
21:30☆ 米新規失業保険申請件数
23:00☆ 米7月ISM非製造業景況指数
23:00   米6月製造業受注
 
8/4(金)
10:30☆ 豪6月小売売上高
10:30☆ RBA四半期金融政策報告 
 
※☆は特に注目の材料
 
今夜は、米7月ISM非製造業景況指数がカギとなりそうです。市場予想(56.9)を上回ればドル買い、下回ればドル売りという是々非々の反応を示しそうです。とはいえ、明日には米7月雇用統計を控えているため、値動きは限られるかもしれません。その雇用統計への思惑を左右する可能性がある米新規失業保険申請件数の結果にも注目です。
 
その他、今夜は英中銀(BOE)のイベントが重なる「スーパー・サーズデー」です。議事録で示される利上げ票の数やインフレレポートで示される物価見通しなどに注目が集まります。

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/3 木)

WS000884.JPG 

----------8/2ドル円相場概況---------------------
 
OP 110.301
HI 110.979
LO 110.284
CL 110.748
 
東京市場は、前日の110円割れから持ち直した動きを再評価する形で買いが先行。日本株の上昇も手伝って110.80円台まで上昇した。欧州市場ではやや伸び悩んだが110円台後半の高値圏をキープ。NY市場に入ると米長期金利の上昇とともに110.979円まで上値を伸ばした。なお、やや弱めのADPは前月分の上方修正もあってドル売りの反応は一時的だった。ただ、その後、米財務省が超長期債の発行を見送ると金利が急低下。ブラード総裁の発言と相まってドル売りが活発化すると110.284円まで急落した。ところが、メスター総裁の発言や、NYダウの史上最高値更新に支えられて金利が持ち直すと買戻しが入り110.70円台に反発した。
 
-----------8/2主な出来事----------------------------
 
07:45 (NZ) 4-6月期失業率 4.8%
前回4.9% 
予想4.8% 
 
07:45 (NZ) 4-6月期就業者数 (前期比) -0.2%
前回+1.2%→+1.1%
予想+0.7%
  
10:30 (豪) 6月住宅建設許可 (前月比) +10.9%
前回-5.6%→-5.4%
予想 +1.0% 
 
17:30 (英) 7月建設業PMI  51.9
前回54.8 
予想54.0 
 
18:00 (ユーロ圏) 6月生産者物価指数 (前年比) +2.5%
前回+3.3%→+3.4%
予想+2.5%  
 
21:15 (米) 7月ADP全国雇用者数 +17.8万人
前回+15.8万人→+19.1万人
予想 +19.0万人  
 
22:27 ブラード米セントルイス連銀総裁
「近い時期の追加行動を支持せず」
「軟調なインフレデータを懸念」
 
24:15 メスター米クリーブランド連銀総裁
「直近のインフレ鈍化は一部特殊要因」
「インフレ鈍化に市場は過剰反応すべきではない」
 
-----------8/2株式・債券・商品-----------------------
 
WS000889.JPG
 
---------8/3きょうの注目材料-------------------------
 
<国内>
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
 
<海外>
10:30    豪6月貿易収支
10:45    中国7月財新サービス業PMI
16:50    7月仏サービス業PMI改定値
16:55    7月独サービス業PMI改定値
17:00    7月ユーロ圏サービス業PMI改定値
17:00    ECB月報
17:30    7月英サービス業PMI
18:00    6月ユーロ圏小売売上高
20:00    BOE政策金利発表
20:00    BOE議事録
20:00    BOE四半期インフレリポート
20:30  カーニーBOE総裁、会見
20:30    米7月チャレンジャー人員削減数
21:30    米新規失業保険申請件数
23:00    7月米ISM非製造業景況指数
23:00    6月米製造業受注
 
--------8/3きょうのひとこと-------------------------
 
昨日のドル円は111円台に戻せず伸び悩みました。一昨日の下攻めで下値の堅さを確認し、昨日の戻しで上値の重さも確認した格好です。明日に米7月雇用統計を控えている事や、市場の関心が今夜のBOE・スーパーサーズデー集まっている事から、きょうのドル円には大きな値動きは期待しにくいところでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム