サイト内検索:

今日のテクニカル見通し:ドル/円 - 外為リアルタイムレビュー

今日のテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は先月中旬以降ほぼ一直線で上昇すると、今月15日に118.60円台まで上値を伸ばしています。その後はやや下押したとはいえ、日足の一目均衡表の転換線や12日線を下抜けていない以上、上昇トレンドが終わったと考えるもはまだ早そうです。

もっとも、今週末はクリスマスです。例年市場参加者の減少が予想されますので、その前にポジション調整が出ると下押しが深くなる事も考えられる点にも注意が必要です。

USDJPY_161219.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは12/19の11:01現在)

まず上値目処は、本稿執筆時点では118円ちょうどがやや重そうです。突破できれば、12/15高値(118.661円)更新リトライの公算ですが、すぐ下にボリンジャーバンド2シグマ上限(118.400円)もあり、上伸を阻みそうです。この水準を突破できれば、15年6月高値125.853円-16年6月安値98.798円の下げ幅76.4%戻し(119.468円)や心理的節目の120円ちょうどが、次の目処として挙げられます。

反対に下値目処について、6日線(116.830円)を割ると、冒頭で触れた日足の一目均衡表の転換線(115.890円)や12日線(114.240円)を試す事となりそうです。なお、12日線を下抜けると日足の一目均衡表の基準線(112.695円)などが位置する112円台まで主だった目処が見当たりません。113円ちょうどの心理的目処が機能するか注目です。


○上値目処
118.400円(ボリンジャーバンド2シグマ上限)
116.835円(15年6月高値125.853円-16年6月安値98.798円の下げ幅2/3戻し)
118.661円(12/15高値)
119.468円(15年6月高値125.853円-16年6月安値98.798円の下げ幅76.4%戻し)

○下値目処
116.830円(6日線)
116.112円(12/12高値)
115.890円(日足の一目均衡表の転換線)
114.763円(12/14安値)
114.418円(20日線)
114.240円(12日線)
112.695円(日足の一目均衡表の基準線)
112.326円(月足の一目均衡表の基準線)
112.037円(週足の一目均衡表の雲上限)

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



お客さま超感謝祭キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム