サイト内検索:

今夜の注目材料は?  - 外為リアルタイムレビュー

今夜の注目材料は? 

東京市場のドル/円相場は、本邦輸出筋からのドル売りを受けて123.90円付近まで下押すも、その後は日経平均が上昇すると124.20円台まで反発するなど、方向感が定まりませんでした。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

7/31(金)
18:00 (ユーロ圏) 6月失業率
18:00☆(ユーロ圏) 7月消費者物価指数・速報値
21:00 (南ア) 6月貿易収支
21:30☆(米) 4-6月期労働コスト指数
21:30☆(加) 5月GDP
22:45☆(米) 7月シカゴ購買部協会景気指数
23:00☆(米) 7月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
※☆は特に注目の材料


市場の関心が米利上げ開始時期に集まる中、米4-6月期労働コスト指数に注目です。事前予想(前期比+0.6%)を上回る伸びが示されれば、9月利上げ開始観測を絡めながらドルが買われる可能性があります。

また、ユーロ圏では7月消費者物価指数・速報値が発表されます。昨日の独7月消費者物価指数が予想を下回る伸びに留まった事から、本日の指標が下振れるとの見方も一部にあります。もし予想より低い伸びとなる場合は、ユーロ圏の低インフレが長期化するとの見方が強まってユーロ相場の重石となりそうです。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

応用の章  | 天使と学ぶ外国為替「天使のFX」

ホームページ |天使のFX



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム