サイト内検索:

中国、Q4の住宅購入キャンセル10万件超 - 外為リアルタイムレビュー

中国、Q4の住宅購入キャンセル10万件超

21世紀経済報道が「中国の新築および中古の住宅販売のキャンセルが今年の第4四半期(10-12月)に10万件を超える可能性がある」と報じています。

政府の不動産価格抑制策の影響とされています。
この抑制策、メインは「大都市では1世帯の住居を1戸に制限」するなどというもの。

現在報道されている「抑制策採用都市」は
北京市、上海市、天津市、深セン市、杭州市、南京市、寧波市、福州市、厦門市、三亜市、広州市の11都市で、それ以上の不動産を購入しても不動産登録が認められないというかなり厳しいものだそうです。
(都市ごとに帰省の内容にある程度違いはあるようですが)


この規制の影響で、現時点でも新規購入者が続々とキャンセルに走っている状態で、
住宅販売業者と顧客とのトラブルも多発している模様
です。キャンセルだけでなく、新規の住宅購入製薬件数もこれまでと比べて2割減少する、との見方も出てきています。

中国の不動産高騰がバブルだったとするならば、これをきっかけに崩壊する可能性もあるわけで、ちょっと気になるニュースです。引き続き追っていきたいですね。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャンペーン

キャッシュバック上限なしキャンペーン

トルコで超トクトクキャンペーン

第9回 外為トレードバトルキャンペーン

のりかえも!おかえりも!キャンペーン

フレッシャーズ応援キャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム