サイト内検索:

外為リアルタイムレビュー

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/22 金)

WS002046.JPG
 ------------6/21ドル円相場--------------------------
 
フィリー指数悪化で貿易戦争の影響を懸念。米株安と米長期金利低下で110円割れ。
 
OP110.345 HI110.755 LO109.840 CL109.969
  
-----------6/21主な出来事---------------------------
 
07:45 (NZ) 1-3月期GDP (前年比) +2.7%
前回+2.9% 
予想+2.7%  
 
16:30 (スイス) スイス中銀政策金利を-0.75%に維持
 
17:00 (ノルウェー) ノルウェー中銀政策金利を 0.50%に維持
「2018年9月に利上げの公算最も大きい」「向こう数年で緩やかな金利上昇見込む」
 
20:00 (英) BOE政策金利を 0.50% 、資産買い入れ規模を4350億ポンドに維持 
 (英) BOE議事録
・6人が金利据え置きを支持
・3人が利上げ支持、0人が利下げ支持(従来2人)
・第1四半期の景気減速は一時的
・家計消費が力強く上昇
・利上げ支持メンバーは、賃金と労働コストの上昇リスクを指摘
・将来における利上げは漸進的
・インフレの上昇率は予想より強め 
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 21.8万件
前回21.8万件→22.1万件
予想22.0万件  
 
21:30 (米) 6月フィラデルフィア連銀製造業指数 19.9 
前回34.4 
予想29.0 
 
22:00 (米) 4月住宅価格指数 (前月比)+0.1%
前回 +0.1%→+0.2%
予想+0.5%  
 
23:00 (ユーロ圏) 6月消費者信頼感・速報 -0.5
前回0.2 
予想0.0 
 
27:00 (メキシコ) メキシコ中銀政策金利を 7.50%から7.75% に引き上げ
 
---------6/21株式・債券・商品-----------------------
 
 
日経平均 22693.04△137.61
豪ASX  6232.134 △59.554
上海総合 2875.810 ▼39.921
英FT  7556.44▼70.96
独DAX 12511.91▼183.25
NYダウ 24461.70▼196.10
 
日10年債利回り 0.0400%△0.0010
豪10年債利回り 2.673%△0.019
英10年債利回り 1.277%▼0.020
独10年債利回り 0.335%▼0.042
米2年債利回り 2.5369%▼0.0290
米10年債利回り 2.8967%▼0.0421
 
NY原油 65.54 ▼0.68
NY金  1270.50▼4.00
 
------------6/22きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:30 5月全国消費者物価指数
 
 
<海外> 
15:45 1-3月期仏GDP確定値
16:00 6月仏製造業PMI速報値
16:00 6月仏サービス業PMI速報値 
16:30 6月独製造業PMI速報値 
16:30 6月独サービス業PMI速報値
17:00 6月ユーロ圏製造業PMI速報値 
17:00 6月ユーロ圏サービス業PMI速報値
21:30 4月カナダ小売売上高 
21:30 5月カナダ消費者物価指数
22:45 6月米製造業PMI速報値 
22:45 6月米サービス部門PMI速報値 
22:45 6月米総合PMI速報値 
----- OPEC総会 
24日(日)トルコ大統領選と総選挙 
 
------------6/22きょうのひとこと---------------------
 
フィリー指数悪化で貿易戦争の影響を懸念
 
フィラデルフィア連銀製造業指数が大幅に悪化した事で、貿易摩擦の実体経済への影響が気になり始めました。フィリー指数の内訳の新規受注指数は5月の40.6から17.9に落ち込んでいます。きょうは米6月製造業PMIに注目しましょう。ISMと同系列の指標とあってそこまで注目度が高い指標ではありませんがタイミングがタイミングなだけに結果が気になるところです。市場予想は56.1で、5月の56.4から僅かに低下する見込みとなっています。「僅か」で済めばいいのですが・・・
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/21木)

WS002043.JPG 

------------6/20ドル円相場--------------------------
 
貿易戦争への警戒が緩み、株価反発・米債反落(利回り上昇)。
 
OP110.062 HI110.449 LO109.851 CL110.352
  
-----------6/20主な出来事---------------------------
 
07:45 (NZ) 1-3月期経常収支 +1.82億NZドル
前回-27.45億NZドル
予想+0.50億NZドル
 
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨(4月26-27日開催分)
・景気は緩やかに拡大している
・海外経済は、総じてみれば着実な成長が続いている
・輸出は海外経済の着実な成長を背景に増加基調
・設備投資は増加傾向を続けている
・物価2%実現になお距離、極めて緩和的な金融政策維持が必要
・現在の金融市場調節方針のもと、強力な金融緩和を進めることが適切
・景気の先行きは緩やかな拡大を続ける見込み
・労働需給は着実な引き締まりを続けている
・個人消費は緩やかに増加している
・物価の先行きは2%に向けて上昇率を高めていくとの見方 
 
15:00 (独) 5月生産者物価指数 (前年比) +2.7%
前回+2.0% 
予想+2.5%  
 
17:00 (南ア) 5月消費者物価指数 (前年比) +4.4% 
前回+4.5%
予想+4.6% 
 
17:10 ノボトニー・オーストリア中銀総裁 
「ユーロは対ドルで下落すると予想」
 
21:30 (米) 1-3月期経常収支 -1241億USD 
前回-1282億USD→-1161億USD
予想-1290億USD 
 
22:30 ECBフォーラム パウエルFRB議長 
「段階的な利上げを継続する根拠が強い」「雇用市場は一段と強く、賃金成長を後押ししている」「米経済は非常に良好」「幾つかの資産は高いが、過度なレバレッジはみられない」 
「政策金利はなお緩和的であり、中立金利から1%下回る可能性」 
 
ロウ豪準備銀行(RBA)総裁 
20日22:57「豪企業は労働力不足について不満」 
20日23:55「貿易政策への移行を非常に懸念」 
 
黒田日銀総裁 
「日本経済は著しく改善した」「賃金と物価は比較的弱い伸びが続いている」 
 
23:00 (米) 5月中古住宅販売件数 543万件
前回546万件→545万件   
予想552万件
 
---------6/20株式・債券・商品-----------------------
 
日経平均 22555.43△276.95
豪ASX  6172.580 △70.456
上海総合 2915.731 △7.909
英FT  7627.40△23.55
独DAX 12695.16△17.19
NYダウ 24657.80▼42.41
 
日10年債利回り 0.0390%△0.0050
豪10年債利回り 2.654%△0.033
英10年債利回り 1.297%△0.014
独10年債利回り 0.377%△0.004
米2年債利回り 2.5659%△0.0208
米10年債利回り 2.9389%△0.0421
 
NY原油 66.22 △1.15
NY金  1274.50▼4.10
 
------------6/21きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
10:30  布野日銀審議委員、あいさつ 
 
<海外> 
07:45  1-3月期NZ・GDP
15:45  6月仏企業景況感指数
16:00  ビルロワ仏中銀総裁、講演 
16:30  スイス中銀、政策金利発表
17:00  ノルウェー中銀、政策金利発表 
17:00  1-3月期南アフリカ経常収支
17:30  5月香港消費者物価指数
18:45  バイトマン独連銀総裁、講演 
20:00  BOE政策金利発表(
20:00  BOE議事録
21:30  4月カナダ卸売売上高
21:30  米新規失業保険申請件数
21:30  6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:00  4月米住宅価格指数
22:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 
22:30  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、レイネッシュ・ルクセンブルク中銀総裁、講演 
23:00  5月米景気先行指標総合指数 
23:00  6月ユーロ圏消費者信頼感指数・速報値 
27:00  メキシコ中銀、政策金利発表
29:15  カーニーBOE総裁、講演 
 
------------6/21きょうのひとこと---------------------
 
上値追いには「燃料不足」か
 
昨日は、主要国の株価が総じて反発。米長期金利も上昇する中、ドル買い・円売りが優勢でした。もっとも、米中貿易戦争をめぐる懸念が後退した訳ではないので、過度なリスク回避の動きに対する修正が入っただけと見ておきたいところです。ドル/円については、現状では月初来高値の110.90円前後を超えるには「燃料不足」でしょう。一方で、109.70-80円台のサポートも堅そうなので、200日移動平均線(110.23円前後)を挟んだ動きになりやすいとみています。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/20 水)

 WS002040.JPG

 
------------6/19ドル円相場--------------------------
 
米中の報復関税合戦で貿易戦争懸念が高まりリスクオフ。109.50円台では下げ渋り、NY市場で110円台を回復したが、東京市場の下げは埋まらず。
 
OP110.540 HI110.572 LO109.550 CL110.079
  
-----------6/19主な出来事---------------------------
 
トランプ米大統領 
「中国に一段の措置を取る必要がある」 「USTRに関税で2000億ドル規模の中国製品特定を指示」 
 
中国商務省 「米国の関税に関する決定は市場のルール違反」 「米国が追加関税を決定するなら、中国は対抗措置」 
 
10:30 (豪) RBA議事録
・低金利が経済を支援、政策据え置きは目標と整合的
・失業とインフレの改善は緩やかにとどまる見込み
・先行指標は失業率の緩やかな低下を示唆
・最近の経済指標は18年末までGDPが3%超まで加速するとの予測と一致
・インフレ率は当面低水準を維持するも、段階的に2%超へ上向く見込み
・豪ドルの上昇、成長とインフレ回復に支障
・賃金の伸びは低い水準も安定的、多くの企業は伸びが加速する見込み 
 
17:30 ドラギECB総裁 
「インフレは徐々にターゲットに近づいている」 
「ユーロ圏の景気は拡大傾向」 
「金融政策は我慢強く、慎重に実施すべき」 
「ECBは1回目の利上げタイミングを決定することに、辛抱強くあるべき」 
「1回目の利上げ後は、漸進的なアプローチをとるべき」 
 
18:00 (ユーロ圏) 4月建設支出 (前月比) +1.8% 
前回-0.3%→-0.2%
 
21:30 (米) 5月住宅着工件数 135.0万件
前回128.7万件→128.6万件
予想131.1万件  
 
21:30 (米) 5月建設許可件数 130.1万件
前回135.2万件→136.4万件
予想135.0万件  
 
 
---------6/19株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22278.48▼401.85
豪ASX  6102.124 ▼2.003
上海総合 2907.822 ▼114.079
英FT  7603.85▼27.48
独DAX 12677.97▼156.14
NYダウ 24700.21▼287.26
 
日10年債利回り 0.0340%▼0.0060
豪10年債利回り 2.621%▼0.051
英10年債利回り 1.283%▼0.041
独10年債利回り 0.373%▼0.025
米2年債利回り 2.5452%▼0.0041
米10年債利回り 2.8967%▼0.0201
 
NY原油 65.07 ▼0.78
NY金  1278.60▼1.50
 
------------6/20きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  日銀金融政策決定会合議事要旨 (4月26-27日分)
15:35  雨宮日銀副総裁、講演 
 
<海外> 
07:45  1-3月期NZ経常収支
15:00  5月独生産者物価指数
16:30  ビルロワ・フランス中銀総裁、講演 
17:00  5月南アフリカ消費者物価指数 
17:00  ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
17:00  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
18:45  クノット・オランダ中銀総裁、講演 
19:30  クーレECB理事、講演 
21:30  1-3月期米経常収支
22:30  ドラギECB総裁、パウエル米FRB議長、黒田日銀総裁、ロウRBA総裁、パネル討議に参加 
23:00  5月米中古住宅販売件数
23:30  EIA週間原油在庫統計 
 
------------6/20きょうのひとこと---------------------
 
米中貿易戦争は中国の分が悪い?
 
貿易問題をめぐる米中の確執で世界の株価が下落しています。昨日は、日経平均-1.77%、香港ハンセン-2.78%、中国上海総合-3.78%、英FT-0.36%、独DAX-1.10%、NYダウ-1.15%と、アジア株の下げが欧米に比べきつかったのが印象的でした。米国の対中輸出が1500億ドルで、中国の対米輸出は5050億ドルということなので、関税合戦になれば輸出額が大きい中国の分が悪い。ひいては中国への依存度が高いアジア経済にとって痛手になるという評価なのでしょう。きょうも、アジア株の動きに注目です。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/19 火)

WS002035.JPG 

------------6/18ドル円相場--------------------------
 
米中貿易戦争と大阪北部地震で円買い先行。下値は堅かったが戻りも鈍く小幅安で終了。
 
OP110.656 HI110.668 LO110.301 CL110.541
  
-----------6/18主な出来事---------------------------
 
08:50 (日) 5月貿易収支 -5783億円
前回+6260億円→+6246億円
予想-2052億円  
 
23:00 (米) 6月NAHB住宅市場指数 68
前回70 
予想70  
 
---------6/18株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22680.33▼171.42
豪ASX  6104.127 △10.098
上海総合 ----
英FT  7631.33▼2.58
独DAX 12834.11▼176.44
NYダウ 24987.47▼103.01
 
日10年債利回り 0.0400%△0.0020
豪10年債利回り 2.672%▼0.021
英10年債利回り 1.324%▼0.004
独10年債利回り 0.398%▼0.005
米2年債利回り 2.5492%△0.0021
米10年債利回り 2.9169%▼0.0037
 
NY原油 65.85 △0.79
NY金  1280.10△1.60
 
------------6/19きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
未定  6月月例経済報告 
 
<海外> 
10:30  1-3月期豪住宅価格指数
10:30  6月RBA理事会議事要旨 
16:30  5月スウェーデン失業率
17:00  4月ユーロ圏経常収支
17:00  ドラギECB総裁、講演 
17:30  プラートECB専務理事、講演 
18:00  4月ユーロ圏建設支出 
20:00  レーン・アイルランド中銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 
21:30  5月米住宅着工件数
21:30  5月米建設許可件数
 
------------6/19きょうのひとこと---------------------
 
きょうも大きな動きはなさそうと見て、気持ちは早くも21時のキックオフに向かっていましたが、そこにトランプ砲が打ち込まれました。「米大統領、関税で2000億ドルの中国製品確認するようUSTRに指示」だそうです。中国に米農産物関税を引上げられたら、トランプ支持層の農民にしわ寄せが行くので、中間選挙を睨んでこのネタはエスカレートしないはずと読んでいましたが・・・どうやら甘かったようですね・・・
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

15日のドル円相場ときょうのひとこと(6/18 月)

0618.PNG 

 ------------6/15ドル円相場--------------------------
 
日銀の大規模緩和継続スタンスが円売りを誘うも110.900円で頭打ち。一方、米中貿易戦争懸念の円買いでも下値は110.385円どまり。終わってみれば110.60円台でほぼ寄り引け同値。
 
OP110.627 HI110.900 LO110.385 CL110.661
 
  -----------6/15主な出来事---------------------------
 
12:25(日) 日銀金融政策決定会合
(マイナス金利0.1%維持、長期国債買入ペースの年間80兆円めどを維持)
・生鮮食品を除く消費者物価の前年比は0%台後半(下方修正)
・予想物価上昇率は横ばい
・景気の先行き緩やかに拡大
・物価の先行き2%に向けて上昇率を高める
・今後も物価安定に向けたモメンタムを維持
 
15:30 黒田日銀総裁 
「超金融緩和政策の副作用)現時点で金融仲介機能の安定、確保されている」 
「現時点では超金融緩和による問題生じていない、ただちに政策を変更する必要ないと判断」 
「現在の金融フレームワークは維持可能」 
「地域金融機関などへの影響を注視」 
「現在の金融フレームワークには物価押し上げ効果が内在されている、継続していくことが重要」 
「金融政策)総括的な検証が必要とは思わず」 
「欧米の金融政策正常化)各国の動向に沿った政策が行われている、日本にとって適切な政策行う」 
「日本だけ物価が上がらないが)日本は低成長が続き、デフレマインドが残っている」 
「ETF買い入れによるリスクプレミアムへの働きかけ、大きな役割果たしてきた」 
「出口に関しては適切な時期になってから対話しなければ混乱を招く」 
「新興国への影響)個別の国の状況があり、新興国全体に影響が及ぶとは思わず」 
「アジアほか他の新興国にも影響が及ぶ可能性は1つのリスクだが、現在は問題ないと思う」 
 
16:30 米国、1000億ドル相当の対中追加関税製品リストほぼ完成=関係筋
 
18:00(ユーロ圏) 4月貿易収支(季調前)+167億EUR
前回+269億EUR
 
18:00(ユーロ圏) 5月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比)+1.9%
前回+1.9%
予想+1.9%
 
19:20 「キリスト教社会連盟(CSU)のゼーホーファー党首がメルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)との連立を解消すると宣言した」
 
19:30 CSU幹部「CDUとの連立解消の報道は馬鹿げている」
 
21:00トランプ米大統領「中国が報復すれば、米国は一段の関税を追求する」
 
21:30 中国政府、「米国に対して同規模の報復措置を直ちに講じる」
 
21:30(米) 6月NY連銀製造業景況指数25.00
前回20.10
18.80
 
21:30(加) 4月国際証券取引高+91.3億CAD
前回+61.5億CAD(+64.0億CAD)
 
21:30(加) 4月製造業出荷 (前月比)-1.3%
前回+1.4%
予想+0.6%
 
22:15(米) 5月鉱工業生産 (前月比)-0.1%
前回+0.7%(+0.9%)
予想+0.2%
 
22:15(米) 5月設備稼働率77.9%
前回78.0%(78.1%)
予想78.1%
 
23:00(米) 6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報99.3
前回98.0
予想98.5
 
29:00(米) 4月対米証券投資+939億USD
前回+618億USD
 
---------6/15株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22851.75△113.14
豪ASX  6094.029 △77.394
上海総合 3021.901 ▼22.259
英FT  7633.91▼131.88
独DAX 13010.55▼96.55
NYダウ 25090.48▼84.83
 
日10年債利回り 0.0380%▼0.0050
豪10年債利回り 2.693%▼0.029
英10年債利回り 1.328%▼0.006
独10年債利回り 0.403%▼0.024
米2年債利回り 2.5471%▼0.0163
米10年債利回り  2.9205%▼0.0146
 
NY原油 65.06 ▼1.83
NY金  1278.50▼29.80
 
------------6/18きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50 5月貿易統計(通関ベース) 
 
<海外> 中国、香港休場(端午節)
16:00  3月トルコ失業率 
21:45  ダドリー元米NY連銀総裁、講演 
23:00  6月米NAHB住宅市場指数
26:00  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
26:30  ドラギECB総裁、あいさつ 
29:00  ウィリアムズ新米NY連銀総裁、講演 
 
------------6/18きょうのひとこと---------------------
 
「金融政策のコントラスト」によるドル高・円安と「貿易戦争をめぐる懸念」の円高・ドル安
 
ドル/円は、どちらの影響力が強いかを模索しながら方向感を探る事になりそうです。ただ、米国による関税強化は、諸外国の対米輸出(ドル売り)を減少させる政策という観点に立てば、ドル売りの根拠として弱いと言えるでしょう。そんな見方もあってか、このところ市場はこのネタにはあまり強く反応しなくなっているようです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/15 金)

WS002029.JPG
-----------6/14ドル円相場--------------------------
 
一時1010円割れも底堅く推移。米小売の好結果に加え、ECB後のドル高(ユーロ安)にも支援されて110.60円台へ上昇。
 
OP110.353 HI110.691 LO109.919 CL110.618
  
-----------6/14主な出来事---------------------------
 
10:30 (豪) 5月就業者数 +1.20万人
前回+2.26万人(+1.83万人) 
予想+1.90万人  
10:30 (豪) 5月失業率 5.4%
前回5.6% 
予想5.5%  
 
11:00 (中国) 5月鉱工業生産 (前年比) +6.8% 
前回+7.0% 
予想+7.0% 
11:00 (中国) 5月小売売上高 (前年比) +8.5%
前回+9.4% 
予想+9.6%  
 
17:30 (英) 5月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) +1.3%
前回+1.6%(+1.8%) 
予想+0.5%  
 
20:45  ECB声明 
「政策金利は少なくとも2019年夏まで据え置き」「資産買い入れを12月末で終了」「9月から12月までの資産買い入れ額を月間150億ユーロに縮小」「保有債券の償還元本を必要な限り再投資する」
 
21:30 ドラギECB総裁 
「ECBはインフレの進展の慎重な見直しに取り掛かった」「インフレの調整にかなり進展が見られる」「市場のボラティリティのリスクが監視を正当化する」「ECBは利上げ時期を協議しなかった」「不確実性が増している」「インフレ見通しの変更は主に原油価格を反映」「見通しに対して存在するリスクを軽視したくない」「決定は全会一致」「理事会は経済状況について幅広く協議した」「理事会はインフレに著しい改善があったと見ている」「資産買い入れは将来においても通常の政策手段のまま」「ECBは量的緩和縮小の選択肢を協議しなかった」 
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 21.8万件
前回22.2万件 
予想22.3万件  
 
21:30 (米) 5月小売売上高 (前月比) +0.8%
前回+0.3%(+0.4%) 
予想+0.4%  
(米) 5月小売売上高 (前月比:除自動車) +0.9%
前回+0.3%(+0.4%)
 予想+0.5%  
 
21:30 (米) 5月輸入物価指数 (前月比) +0.6%
前回+0.3%(+0.6%)
予想+0.5%  
 
21:30 (加) 4月新築住宅価格指数 (前月比) 0.0%
前回0.0% 
予想0.0% 
 
23:00 (米) 4月企業在庫 (前月比) +0.3%
前回0.0%(-0.1%) 
予想+0.3%  
 
---------6/14株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22738.61▼227.77
豪ASX 6016.635 ▼6.898
上海総合 3044.160 ▼5.636
英FT 7765.79△62.08
独DAX 13107.1△216.52
NYダウ 25175.31▼25.89
 
日10年債利回り 0.0430%▼0.0110
豪10年債利回り 2.722%▼0.054
英10年債利回り 1.334%▼0.035
独10年債利回り 0.426%▼0.056
米2年債利回り 2.5635%▼0.0040
米10年債利回り 2.9351%▼0.0312
 
NY原油 66.89 △0.25
NY金 1308.30△7.00
 
------------6/15きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
未定  日銀金融政策決定会合
15:30  黒田日銀総裁、定例記者会見 
 
<海外> 
17:30  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
17:45  クーレECB理事、講演 
18:00  4月ユーロ圏貿易収支
18:00  5月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値 
21:30  4月対カナダ証券投資 
21:30  4月カナダ製造業出荷
21:30  6月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15  5月米鉱工業生産指数
22:15  5月米設備稼働率
23:00  6月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
26:30  カプラン米ダラス連銀総裁、講演 
29:00  4月対米証券投資動向 
 
------------6/15きょうのひとこと---------------------

周回遅れの日銀
 
昨日は、ECBが量的緩和の年内終了を決めながらも早期の利上げには慎重な姿勢を強調した事でユーロ安(ドル高)が進行。一昨日のFOMCで米景気の先行きに強気な見方を示し、年内の利上げペース加速を示唆した米FRBとのスタンスの違いが浮き彫りになりました。さて、ここで我らが日銀の登場です。コアインフレ率が目標の半分にも届かず、直近四半期がマイナス成長という逆風下にあって、黒田総裁は出口なんておこがましいという姿勢を維持する公算です。米FRBは言うに及ばず、ECBと比べてもハト派的なスタンスが際立つ事になるのでしょう。あとは、出口レースで周回遅れの日銀を市場がどう評価するのかという事になります。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
  

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/14 木)

WS002023.JPG 
-----------6/13ドル円相場--------------------------

FOMC利上げペースアップ示唆を受けて110.80円台へ上伸するも、対中関税発動リスクで急反落の「往って来い」。
 
OP110.359 HI110.847 LO110.271 CL110.354
  
-----------6/13主な出来事---------------------------
 
12:30 ロウRBA総裁 
「利上げはまだ先の話」「金融政策の調整が必要となる短期的な強い根拠はない」
 
17:30 (英) 5月消費者物価指数 (前年比) +2.4% 
前回+2.4% 
予想+2.4% 
(英) 5月生産者物価指数 (前年比) +2.9%
前回+2.7%→+2.5%
予想+2.9%  
 (英) 5月小売物価指数(前年比) +3.3% 
前回 +3.4% 
予想 +3.4% 
 
18:00 (ユーロ圏) 4月鉱工業生産 (前月比)-0.9% 
前回 +0.5%→+0.6%
予想-0.7% 
20:00 (南ア) 4月小売売上高 (前年比) +0.5%
前回+4.8%→+4.6%
予想+4.4%  
 
21:30 (米) 5月生産者物価指数 (前月比) +0.5%
前回+0.1%
予想 +0.3%  
 
(米) 5月生産者物価指数 (コア:前月比) +0.3% 
前回+0.2% 
予想+0.2% 
 
(米) 5月生産者物価指数 (前年比) +3.1% 
前回+2.6% 
予想+2.8% 
 
(米) 5月生産者物価指数 (コア:前年比) +2.4%
前回+2.3% 
予想+2.3%  
 
27:00 (米) FOMC政策金利を1.50-1.75%から 1.75-2.00% へ引き上げ
「労働市場が引き続き強化され、経済活動が堅調に上昇」「インフレは2%に近づいた」 「長期的なインフレはならしてみるとほぼ変わらず」「政策を全会一致で決定」「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」
※「FF金利は当面、長期的に到達すると見込まれる水準を下回るレベルで推移する可能性がある」の一文を削除
 
27:30 パウエルFRB議長
「米経済は非常に良好」「失業率とインフレは低い」「来年1月から毎回のFOMC終了後に記者会見を行う意向」「最近のインフレ指標は心強い。勝利宣言には時期尚早」「フォワードガイダンスを削除するのに適切な時期」「FRBは緩やかな追加利上げを想定」「2020年のFF金利見通しは長期的水準をやや上回る」「インフレに関する考えは3月から変わっていない」 「金利は比較的早期に中立水準になるだろう」
 
---------6/13株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22966.38△88.03
豪ASX 6023.533 ▼30.904
上海総合 3049.796▼30.006
英FT 7703.71▼0.10
独DAX 12890.58△48.28
NYダウ 25201.20▼119.53
 
日10年債利回り 0.0540%±0.0000
豪10年債利回り 2.776%▼0.026
英10年債利回り 1.369%▼0.032
独10年債利回り 0.482%▼0.009
米2年債利回り 2.5675%△0.0288
米10年債利回り 2.9663%△0.0055
 
NY原油 66.64 △0.28
NY金 1301.30△1.90
 
------------6/14きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
13:30  4月鉱工業生産確報 
 
<海外> 
08:01  5月英RICS住宅価格 
10:30  5月豪雇用統計 
11:00  5月中国鉱工業生産
11:00  5月中国小売売上高
15:00  5月独消費者物価指数・改定値
15:45  5月仏CPI改定値
17:30  5月スウェーデンCPI 
17:30  5月英小売売上高指数 
20:45  ECB理事会、政策金利発表
21:30  ドラギECB総裁、記者会見 
21:30  4月カナダ新築住宅価格指数 
21:30  米新規失業保険申請件数 
21:30  5月米小売売上高 
21:30  5月米輸入物価指数
23:00  4月米企業在庫
 
------------6/14きょうのひとこと---------------------
 
お決まりのトランプリスク
 
昨日のドル円は、WSJが「トランプ米政権は中国製品への追加関税を早ければ15日にも発動する可能性」と報じた事をきっかけに、FOMCの上げ幅を吐き出すどころか、利上げ前の水準を下回って反落するという展開でした。「トランプリスク」がドル/円の上値を阻むというお約束のパターンです。ただ、市場には「トランプリスク」への耐性がある程度備わっていることでしょう。きょうは市場の関心がECBに向かう公算のため、ドル円は脇役という事になりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/13 水)

 WS002017.JPG
-----------6/12ドル円相場--------------------------

 
米朝首脳会談期待で月初来高値更新。その後は上げ渋るもFOMCを控えて底堅く推移。
 
OP110.016 HI110.491 LO109.966 CL110.368
  
-----------6/12主な出来事---------------------------
 
06:24 トランプ米大統領、米朝の実務者協議「うまくいっている」
 
10:30 (豪) 4月住宅ローン件数 (前月比) -1.4%
-2.2%→-2.3%
予想 -1.8%  

13:39 トランプ大統領(米朝首脳会談を終えて)
「(共同声明に)署名する事になる」「大きな進展-予想以上のものだ」

17:21トランプ米大統領
「朝鮮戦争はまもなく終わる」 「対北朝鮮制裁は維持される」「北朝鮮はミサイルエンジンの試験場を破棄」 「可能な限り早期に合意内容の実行に向けて精力的な協議を行うことで合意した」 
 
17:30 (英) 2-4月ILO失業率 4.2% 
予想4.2% 
前回4.2% 
 (英) 2-4月週平均賃金(前年比)+2.5%
予想+2.5%
前回+2.6%
 
18:00 (独) 6月ZEW景気期待指数 -16.1 
前回-8.2 
予想-14.0 
18:00 (ユーロ圏) 6月ZEW景気期待指数 -12.6 
前回2.4
 
21:30 (米) 5月消費者物価指数 (前月比) +0.2%
予想 +0.2%
前回 +0.2% 
(米) 5月消費者物価指数 (前年比) +2.8%
前回+2.5% 
予想+2.8%  
(米) 5月消費者物価指数 (コア:前年比) +2.2% 
前回+2.1% 
予想+2.2% 
 
英議会、EU離脱関連修正法案を否決-メイ首相に軍配
 
パウエルFRB議長が、年8回すべてのFOMC後に記者会見を開くことを検討-WSJ
 
---------6/12株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22878.35△74.31
豪ASX 6054.437 △9.254
上海総合 3079.802 △27.019
英FT 7703.81▼33.62
独DAX 12842.3▼0.61
NYダウ 25320.73▼1.58
 
日10年債利回り 0.0540%△0.0050
豪10年債利回り 2.802%△0.025
英10年債利回り 1.401%▼0.006
独10年債利回り 0.491%▼0.002
米2年債利回り 2.5387%△0.0185
米10年債利回り 2.9608%△0.0092
 
NY原油 66.36 △0.26
NY金 1299.40▼3.80
 
------------6/13きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
10:10 日銀国債買い入れオペ(5-10年)
 
<海外> 
12:20  ロウRBA総裁、講演 
16:00  4月トルコ鉱工業生産(予想:前月比0.7%) 
16:15  5月スイス生産者輸入価格 
16:15  1-3月期スイス鉱工業生産指数 
17:30  5月英消費者物価指数
17:30  5月英小売物価指数
17:30  5月英卸売物価指数
18:00  4月ユーロ圏鉱工業生産
20:00  4月南アフリカ小売売上高
21:30  5月米生産者物価指数
23:30  EIA週間在庫統計 
27:00  米FOMC政策金利発表
27:00  FOMC、経済・金利見通し発表 
27:30  パウエル米FRB議長、定例記者会見 
 
------------6/13きょうのひとこと---------------------
 
G7首脳会議と米朝首脳会談を終えて、いよいよ今週のメインイベントFOMCを迎えます。0.25%利上げは確実な情勢で、今後の利上げペースを金利見通しでどう示唆してくるかに焦点が当たっています。それと、昨日WSJが報じた議長会見を毎回行う案についても注目が集まりそうです。FRBは、議長会見が開かれるFOMC以外では利上げしないというのが暗黙のルールになっていただけに、会見が毎会合行われる事になれば、タカ派的なメッセージとなります。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/12 火)

WS002013.JPG
 -----------6/11ドル円相場--------------------------

 
G7対立で円買いスタートも下値は堅く、イタリア懸念後退や米朝首脳会談期待で110円台を回復。
 
OP109.332 HI110.16 LO109.323 CL110.034
  
-----------6/11主な出来事---------------------------
 
トリア伊経済・財務相「イタリアがユーロ圏を離脱するという議論はない。政権全体のはっきりした方針だ」-週末の新聞インタビュー
 
08:50 (日) 4月機械受注 (前月比) +10.1%
前回-3.9% 
予想+2.4%  
 
16:00 (トルコ) 1-3月期GDP (前年比) +7.4%
前回+7.3% 
予想+7.0%  
 
17:30 (英) 4月鉱工業生産 (前月比) -0.8%
前回+0.1% 
予想+0.1%  
17:30 (英) 4月製造業生産 (前月比) -1.4%
前回-0.1% 
予想+0.3%  
17:30 (英) 4月貿易収支 -140.35億GBP 
前回-122.87億GBP→-120.03億GBP
予想-113.00億GBP 
 
20:45 ポンペオ米国務長官
「北朝鮮に対して非核化実現まで制裁を維持する」
「非核化は、北朝鮮にとって悪い結末をもたらすものではないどころか、その正反対で、北朝鮮の人々のため明るくより良い未来に導くものであると北側が安心感を得られるよう、十分な確実性を提示するための行動を起こすつもりだ」
 
---------6/11株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22804.04△109.54
豪ASX -----
上海総合 3052.783 ▼14.365
英FT 7737.43△56.36
独DAX 12842.91△76.36
NYダウ 25322.31△5.78
 
日10年債利回り 0.0490%△0.0020
豪10年債利回り -----
英10年債利回り 1.407%△0.019
独10年債利回り 0.493%△0.045
米2年債利回り 2.5202%△0.0225
米10年債利回り 2.9516%△0.0055
 
NY原油 66.10△0.36
NY金  1303.20△0.50
 
------------6/12きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
なし
 
<海外> 
10:00  米朝首脳会談(シンガポール) 
10:30  5月豪NAB企業景況感指数 
10:30  4月豪住宅ローン件数
17:00  トランプ米大統領記者会見(シンガポール)
17:30  5月英雇用統計
17:30  2-4月英失業率
18:00  6月独ZEW景況感指数
18:00  6月ユーロ圏ZEW景況感指数 
21:30  5月米消費者物価指数 
26:00  米30年債入札 (140億ドル)
27:00  5月米月次財政収支
 
 
------------6/12きょうのひとこと---------------------
 
トランプ大統領のちゃぶ台返しがない事を願うばかり
 
史上初の米朝首脳会談が始まりました。トランプ米大統領が「米朝のスタッフレベル協議は上手くいっている」とツイートした事などもあって、市場は会談成功を先取りする形で株買い・円売りの動きとなっています。G7後のようなトランプ大統領のちゃぶ台返しがない事を願うばかりです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

8日のドル円相場ときょうのひとこと(6/11 月)

WS002007.JPG 
-----------6/8ドル円相場--------------------------

 
G7対立への警戒感から一時1週間ぶりに109.20円へ下落。日欧株安も重しに。ただ、米株が堅調につき下値は限られ、NY市場では109円台半ばに小戻してクローズ。
 
OP109.662 HI109.850 LO109.200 CL109.535
  
-----------6/8主な出来事---------------------------
 
07:04 トランプ米大統領
「トルドー加首相とマクロン仏大統領に、彼らは莫大な課税を課さなくてはいけないと伝えてくれ。EUは1510億ドルの対米貿易黒字を得て、カナダは米国の農民を失業させている」
08:44 トランプ米大統領
「加首相は米加関係について何年もの間の話を色々持ち出すが、カナダが米国産の乳製品に300%の課税していることは持ち出さない。(カナダは)米国の農民を傷つけ、米国の農業を殺している」
 
08:50 (日) 4月国際収支-経常収支 +1兆8451億円 
前回+3兆1223億円 
予想+2兆765億円 
(日) 4月国際収支-貿易収支 +5738億円
前回+1兆1907億円 
予想+7423億円  
 
08:50 (日) 1-3月期GDP・2次速報 (前期比年率) -0.6%
前回-0.6% 
予想-0.4%  
 
12:24 (中国) 5月貿易収支 +249.2億USD 
前回+287.8億USD→+283.0億USD
予想+332.5億USD 
 
15:00 (独) 4月鉱工業生産 (前月比) -1.0%
前回+1.0%→+1.7%
予想 +0.3%  
 
15:00 (独) 4月貿易収支 +204億EUR 
前回+252億EUR→+247億EUR
予想+202億EUR 
 
15:00 (独) 4月経常収支 +227億EUR 
前回+291億EUR→+296億EUR
予想+200億EUR 
 
19:16 トランプ米大統領 
「カナダは米国の農家に対して公平でない」
19:25 トランプ米大統領
G7では不公平な貿易取引きの矯正を楽しみにしている。それができなければ、我々はいっそう強く出る!
 
21:15 (加) 5月住宅着工件数  19.56万件
前回21.44万件→21.68万件
予想22.00万件 
 
21:30 (加) 5月就業者数 -0.75万人
前回-0.11万人 
予想+2.35万人  
 
21:30 (加) 5月失業率 5.8%
前回5.8% 
予想5.8%  
 
23:00(米) 4月卸売在庫 (前月比)+0.1%
前回0.0%
予想0.0%
 (米) 4月卸売売上高 (前月比)+0.8%
前回 +0.3%→+0.4%  
 
---------6/8株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22694.5▼128.76
豪ASX 6045.183 ▼12.109
上海総合 3067.148 ▼42.351
英FT 7681.07▼23.33
独DAX 12766.55▼44.50
NYダウ 25316.53△75.12
 
日10年債利回り 0.0470%▼0.0080
豪10年債利回り 2.775%▼0.067
英10年債利回り 1.388%▼0.011
独10年債利回り 0.449%▼0.035
米2年債利回り 2.4977%△0.0101
米10年債利回り 2.9461%△0.0257
 
NY原油 65.74 ▼0.21
NY金  1302.70▼0.30
 
------------6/11きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50  5月マネーストックM2
08:50  4月機械受注
 
<海外> 
15:00  5月ノルウェー消費者物価指数 
16:00  1-3月期トルコGDP
17:30  4月英貿易収支
17:30  4月英鉱工業生産指数
17:30  4月英製造業生産高
24:30  米3年債入札 (320億ドル)
26:00  米10年債入札 (220億ドル)
 
------------6/11きょうのひとこと---------------------
 
トランプ大統領のちゃぶ台返し
 
週末に行われたG7首脳会議は、一時は採択が危ぶまれた共同声明をなんとかまとめ上げましたが、後になってこれをトランプ米大統領が「承認しない」といい始めたからさあ大変です。クドロー米NEC委員長の解説によると、大統領は12日の米朝首脳会談を前に弱腰の姿勢を見せるわけにはいかなかったとの事でした・・・つまり強がり?
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/8 金)

 WS001999.JPG
-----------6/7ドル円相場--------------------------

 
110円台死守できず。G7や米朝首脳会談への不安で一時109.50円割れへ。
 
OP110.144 HI110.218 LO109.476 CL109.690
  
-----------6/7主な出来事---------------------------
 
10:30 (豪) 4月貿易収支 +9.77億AUD 
前回+15.27億AUD→+17.31億AUD
予想+10.00億AUD 
 
15:00 (独) 4月製造業受注 (前月比) -2.5%
前回-0.9%→-1.1%
予想+0.8%  
 
20:00 (トルコ) トルコ中銀政策金利を16.50%から17.75% に引き上げ
 
20:40メイ英首相とデービス英EU離脱担当相がブレグジット交渉で衝突
 
21:11 英国、EU離脱時に関税同盟から離脱する
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 22.2万件
前回22.1万件→22.3万件
予想 22.0万件  
 
25:45 トランプ米大統領「北朝鮮が核プログラムを放棄しなければ合意はない」
 
28:00 (米) 4月消費者信用残高 +92.62億USD 
前回+116.22億USD→+122.78億USD
予想+140.00億USD 
 
---------6/7株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22823.26△197.53
豪ASX 6057.292 △32.186
上海総合 3109.499 ▼5.681
英FT 7704.40▼7.97
独DAX 12811.05▼19.02
NYダウ 25241.41△95.02
 
日10年債利回り 0.0550%±0.0000
豪10年債利回り 2.842%△0.081
英10年債利回り 1.400%△0.026
独10年債利回り 0.484%△0.019
米2年債利回り 2.4876%▼0.0285
米10年債利回り 2.9204%▼0.0513
 
NY原油 65.95 △1.22
NY金  1303.00△1.60
 
------------6/8きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50 4月国際収支速報 経常収支/貿易収支
08:50 1-3月期GDP・2次速報 
10:10 日銀国債買入れオペ(10-25年、25年超)
 
<海外> 
未定  5月中国貿易収支
15:00 4月独貿易収支 
15:00 4月独経常収支
15:00 4月独鉱工業生産
15:45 4月仏鉱工業生産指数
16:15 メルシュECB専務理事、講演 
21:15 5月カナダ住宅着工件数
21:30 1-3月期カナダ設備稼働率
21:30 5月カナダ雇用統計
23:00 4月米卸売在庫
23:00 4月米卸売売上高 
----  G7首脳会議(カナダ・シャルルボワ、9日まで) 
 
------------6/8きょうのひとこと---------------------
 
金融政策から通商政策へ
 
一昨日の米欧VS日本の金融政策格差を意識した円売り相場から一転して昨日は通商政策を睨んだリスクオフの円買い相場となりました。本日開幕するG7首脳会議では、トランプ米大統領は貿易協議で強硬姿勢を崩さない構えだと報じられています(byカドローNEC委員長)。一方、メルケル独首相やマクロン仏大統領からは共同声明への署名を危ぶむ声が上がるなど、対立構図が鮮明となっています。まあ、いつものことなので過度の不安はありませんが、週末のマーケット心理には重しとなりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(6/7 木)

 WS001994.JPG
-----------6/6ドル円相場--------------------------

 
米欧の金融政策正常化期待で円が全面安。5月23日以来の110.20円台へ上伸。
 
OP109.776 HI110.264 LO109.775 CL110.202
  
-----------6/6主な出来事---------------------------
 
10:30 (豪) 1-3月期GDP (前期比) +1.0%
前回+0.4%→+0.5%
予想 +0.9%  
(豪) 1-3月期GDP (前年比) +3.1%
前回+2.4% 
予想+2.8%  
 
15:36 プラートECB理事 
「インフレ期待と目標との整合性が増している」
 
16:17 バイトマン独連銀総裁 
「年末までの資産購入プログラム終了という市場の期待は妥当」 
 
18:08 クノット・オランダ中銀総裁 
「まもなく資産買入れの終了を宣言することは合理的」
 
16:15 (スイス) 5月消費者物価指数 (前年比) +1.0% 
前回+0.8% 
予想+0.9% 
 
21:30 (米) 4月貿易収支 -462.0億USD 
前回-490.0億USD→-472.0億USD
予想-490.0億USD 
 
21:30 (米) 1-3月期非農業部門労働生産性・確報 (前期比年率) +0.4%
前回+0.7% 
予想+0.6%  
(米) 1-3月期単位労働コスト・確報 (前期比年率)  +2.9% 
前回+2.7% 
予想+2.8%
 
21:30 (加) 4月貿易収支 -19.0億CAD
前回-41.4億CAD→-39.3億CAD
予想-34.0億CAD  
 
21:30 (加) 4月建設許可件数 (前月比) -4.6%
前回+3.1%→+1.3%
予想-1.0%  
 
23:00 (加) 5月Ivey購買部景況指数  62.5
前回71.5 
 
---------6/6株式・債券・商品---------------------
 
日経平均 22625.73△86.19
豪ASX 6025.106 △30.230
上海総合 3115.180 △0.974
英FT 7712.37△25.57
独DAX 12830.07△42.94
NYダウ 25146.39△346.41
 
日10年債利回り 0.0550%△0.0010
豪10年債利回り 2.761%△0.036
英10年債利回り 1.374%△0.091
独10年債利回り 0.465%△0.096
米2年債利回り 2.5161%△0.0244
米10年債利回り 2.9717%△0.0440
 
NY原油 64.73 ▼0.79
NY金  1301.40▼0.80
------------6/7きょうの注目材料---------------------
 
<国内> 
08:50 5月外貨準備高 
08:50 対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
 
 
<海外> 
10:30 4月豪貿易収支
14:45 5月スイス失業率
15:00 4月独製造業新規受注
15:45 4月仏貿易収支
15:45 4月仏経常収支 
18:00 1-3月期ユーロ圏GDP確定値 
20:00 トルコ中銀、政策金利発表
21:30 米新規失業保険申請件数 
22:00 5月メキシコ消費者物価指数
24:00 ラムスデンBOE副総裁、講演 
28:00 4月米消費者信用残高
----- 日米首脳会談(ワシントン) 
 
------------6/7きょうのひとこと---------------------
 
金利か政治か
 
昨日は、ECBタカ派3兄弟の発言によってECBの金融政策正常化が意識される中、独債利回りの上昇につれて米債利回りも上昇。超低金利の円だけが取り残される形で独歩安となりました。イタリアの政局不安後退で、市場の関心が来週12-13日の米FOMCや14日のECB理事会にシフトしている模様です。ついでと言ってはなんですが14-15日には日銀金融政策決定会合も。ただ、その前に8-9日にはトランプ米大統領の孤立化が予想されるG7首脳会議が。12日にはそのトランプ大統領と北朝鮮の金ジョンウン朝鮮労働党委員長という予測不能なふたりの会談も予定されています。再び政治リスクに焦点が当たる可能性もあるため要注意です。
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 
 


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使と学ぶ外国為替「天使のFX」



無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

RSSで購読

カテゴリ

最新の記事

外為どっとコム